葛葉 泰久

J-GLOBALへ         更新日: 08/12/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
葛葉 泰久
 
クズハ ヤスヒサ
所属
三重大学
部署
大学院生物資源学研究科 共生環境学専攻
職名
教授
学位
京都大学博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
   
 
- 防災科学技術研究所 研究員,主任研究官,主任研究員
 
2004年4月
   
 
- 三重大教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 工学研究科 交通土木工学専攻
 
 
 - 
1985年
京都大学  交通土木工学科
 

委員歴

 
 
   
 
水文・水資源学会編集出版委員会 副委員長,委員長(理事),アドバイザー
 
 
   
 
土木学会水工学委員会水文部会委員
 

受賞

 
2007年
2007.9 日本自然災害学会 学会賞(学術賞)
 

Misc

 
Y.Kuzuha, K.Tomosugi, T.Kishii and Y.Komatsu, COEFFICIENT OF VARIATION OF ANNUAL FLOOD PEAKS: VARIABILITY OF FLOOD PEAK AND RAINFALL INTENSITY, Hydrological Processes.(accepted)
Kuzuha,Y., M.Sivalpalan, K.Tomosugi and T.Kishii, 2006, ROLE OF SPATIAL VARIABILITY OF RAINFALL INTENSITY: IMPROVEMENT OF EAGLESON’S CLASSICAL MODEL TO EXPLAIN THE RELATION OF CV OF ANNUAL MAXIMUM DISCHARGE AND CATCHMENT SIZE, Hydrological Processes, 2・・・
Kuzuha,Y., M.Sivalpalan, K.Tomosugi and T.Kishii, 2006, ROLE OF SPATIAL VARIABILITY OF RAINFALL INTENSITY: IMPROVEMENT OF EAGLESON’S CLASSICAL MODEL TO EXPLAIN THE RELATION OF CV OF ANNUAL MAXIMUM DISCHARGE AND CATCHMENT SIZE, Hydrological Process...
Kuzuha,Y., T.M.Over, K.Tomosugi and T.Kishii, 2004, ANALYSIS OF MULTIFRACTAL PROPERTIES OF TEMPORAL AND SPATIAL PRECIPITATION DATA IN JAPAN, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 22(2), 59-78.

書籍等出版物

 
葛葉泰久: 例題2-4及び例題2-5. 水理公式集例題プログラム集, 1の4のp1 - 1の5のp6, 土木学会編, 丸善, 2002.
葛葉泰久: 気候変動と水災害(米谷・葛葉・岸井編). 信山社サイテック, 256pp, 2002.

競争的資金等の研究課題

 
硝酸態窒素の流域内動態のメカニズム解明
研究期間: 2005年 - 2018年
非線型科学的アプローチによる水文・気象現象の解析
研究期間: 2000年 - 2018年
降水・洪水を scaling, multifractal という観点から解析する
効果的な治水計画策定手順に関する研究
研究期間: 2004年 - 2018年