柘植 知彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/25 14:44
 
アバター
研究者氏名
柘植 知彦
 
ツゲ トモヒコ
URL
http://www.eonet.ne.jp/~tsuge/index.html
所属
京都大学
部署
化学研究所 生体機能化学研究系 生体分子情報研究領域
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
独立行政法人理化学研究所

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
1997年
 理化学研究所 フロンティア研究員
 
1997年
 - 
2003年
 米国 イェ−ル大学 博士研究員
 
2003年
 - 
2004年
 農業生物資源研究所 博士研究員
 
2004年
 - 
2007年
 京都大学化学研究所 助手
 
2005年
   
 
-  理化学研究所 共同研究員(兼任)
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京大学 理学系研究科 生物科学専攻
 
 
 - 
1993年
早稲田大学 理工学研究科 応用生物化学専攻
 
 
 - 
1991年
早稲田大学 理工学部 応用化学科
 

論文

 
Napoli N, Ghelli R, Brunetti P, De Paolis A, Cecchetti V, Tsuge T, Serino G, Matsui M, Mele G, Rinaldi G, Palumbo GA, Barozzi F, Costantino P, Cardarelli M
The Plant cell   30(3) 620-637   2018年3月   [査読有り]
Koeduka Takao, Fujita Yoshiyuki, Furuta Takumi, Suzuki Hideyuki, Tsuge Tomohiko, Matsui Kenji
PLANT BIOTECHNOLOGY   34(4) 193-198   2017年12月   [査読有り]
Hao L, Wei X, Zhu J, Shi J, Liu J, Gu H, Tsuge T, Qu LJ
Journal of integrative plant biology   59(9) 629-641   2017年9月   [査読有り]
Koeduka T, Kajiyama M, Furuta T, Suzuki H, Tsuge T, Matsui K
Journal of bioscience and bioengineering   122(6) 679-684   2016年12月   [査読有り]
Koeduka T, Kajiyama M, Suzuki H, Furuta T, Tsuge T, Matsui K
Planta   244(3) 725-736   2016年9月   [査読有り]
Wu Z, Zhu D, Lin X, Miao J, Gu L, Deng X, Yang Q, Sun K, Zhu D, Cao X, Tsuge T, Dean C, Aoyama T, Gu H, Qu LJ
The Plant cell   28(1) 55-73   2016年1月   [査読有り]
Li N, Teranishi M, Yamaguchi H, Matsushita T, Watahiki MK, Tsuge T, Li SS, Hidema J
Plant & cell physiology   56(10) 2014-2023   2015年10月   [査読有り]
Lin Q, Ohashi Y, Kato M, Tsuge T, Gu H, Qu LJ, Aoyama T
The Plant cell   27(10) 2894-2906   2015年10月   [査読有り]
Wada Y, Kusano H, Tsuge T, Aoyama T
The Plant journal : for cell and molecular biology   81(3) 426-437   2015年2月   [査読有り]
Zhu D, Wu Z, Cao G, Li J, Wei J, Tsuge T, Gu H, Aoyama T, Qu LJ
Molecular plant   7(4) 601-615   2014年4月   [査読有り]
Li R, Li J, Li S, Qin G, Novák O, Pěnčík A, Ljung K, Aoyama T, Liu J, Murphy A, Gu H, Tsuge T, Qu LJ
PLoS genetics   10(1) e1003954   2014年1月   [査読有り]
Franciosini A, Lombardi B, Iafrate S, Pecce V, Mele G, Lupacchini L, Kondou Y, Gusmaroli G, Aki S, Tsuge T, Deng XW, Matsui M, Vittorioso P, Costantino P, *Serino G.
Mol Plant, ,   6(5) 1616-1629   2013年9月   [査読有り]
*Pick E, Golan A, Zimbler JZ, Guo L, Sharaby Y, Tsuge T, Hofmann K, Wei N.
PLoS One, 7, e43980   7(8) e43980   2012年8月   [査読有り]
Aki S, Nakai H, Aoyama T, Oka A, *Tsuge T.
Plant Cell Physiol, 52, 1330-9   52(8) 1330-1339   2011年8月   [査読有り]
*Tsuge T, Menon S, Tong Y, Wei N.
Protein Cell, 2, 423-32   2(5) 423-432   2011年5月   [査読有り]
Luo Y, Qin G, Zhang J, Liang Y, Song Y, Zhao M, Tsuge T, Aoyama T, Liu J, Gu H, *Qu LJ.
Plant Cell, 23, 1352-72   23(4) 1352-1372   2011年4月   [査読有り]
She KC, Kusano H, Koizumi K, Yamakawa H, Hakata M, Imamura T, Fukuda M, Naito N, Tsurumaki Y, Yaeshima M, Tsuge T, Matsumoto K, Kudoh M, Itoh E, Kikuchi S, Kishimoto N, Yazaki J, Ando T, Yano M, Aoyama T, Sasaki T, Satoh H, *Shimada H.
Plant Cell, 22, 3280-94   22(10) 3280-3294   2010年10月   [査読有り]
Cho KH, Lee EJ, Tsuge T, Jo A, Kim JC, Cheong GW, Yoon HS, *Kim GT.
Can J Plant Sci, 90, 293-8   90(3) 293-298   2010年5月   [査読有り]
Taniguchi YY, Taniguchi M, Tsuge T, Oka A, *Aoyama T.
Planta, 231, 491-497   231(2) 491-497   2010年1月   [査読有り]
Comparative analysis of local green tea in Korea by STS-RFLP.
Cho KH, Jo A, Tsuge T, Kim JC, Kim R, Yoon HS, *Kim GT.
J Life Sci , 20, 1415-9      2010年   [査読有り]
Liu J, Zhang Y, Qin G, Tsuge T, Sakaguchi N, Luo G, Sun K, Shi D, Aki S, Zheng N, Aoyama T, Oka A, Yang W, Umeda M, Xie Q, Gu H, Qu LJ
The Plant cell   20(6) 1538-1554   2008年6月   [査読有り]
Kusano H, Testerink C, Vermeer JE, Tsuge T, Shimada H, Oka A, Munnik T, *Aoyama T.
Plant Cell, 20, 367-80   20(2) 367-380   2008年2月   [査読有り]
Menon S, Tsuge T, Dohmae N, Takio K, *Wei N.
BMC Biochem, 9, 1   9(1) 1   2008年1月   [査読有り]
Li LC, Qin GJ, Tsuge T, Hou XH, Ding MY, Aoyama T, Oka A, Chen Z, Gu H, Zhao Y, *Qu LJ.
New Phytol, 179, 751-764   179(3) 751-764   2008年   [査読有り]
Targeted degradation of ICK4/KRP6 by the RING type E3 ligases RHF1a and RHF2a is essential for mitotic cell cycle progression during Arabidopsis gametogenesis.
Liu J, Zhang Y, Qin G, Tsuge T, Sakaguchi N, Luo G, Sun K, Shi D, Aki S, Zheng N, Aoyama T, Oka A, Yang W, Umeda M, Xie Q, Gu H, *Qu LJ.
Plant Cell, 20, 1589-600      2008年   [査読有り]
Pick E, Lau OS, Tsuge T, Menon S, Tong Y, Dohmae N, Plafker SM, Deng XW, *Wei N.
Mol Cell Biol, 27, 4708-19   27(13) 4708-4719   2007年7月   [査読有り]
Katou S, Kuroda K, Seo S, Yanagawa Y, Tsuge T, Yamazaki M, Miyao A, Hirochika H, *Ohashi Y.
Plant Cell Physiol, 48, 332-44   48(2) 332-344   2007年2月   [査読有り]
Taniguchi M, Sasaki N, Tsuge T, *Aoyama T, Oka A.
Plant Cell Physiol, 48, 263-77   48(2) 263-277   2007年2月   [査読有り]
Li L, Hou X, Tsuge T, Ding M, Aoyama T, Oka A, Gu H, Zhao Y, *Qu LJ.
Plant Cell Rep, 27, 575-84   27(3) 575-584   2007年   [査読有り]
Tsuge T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   51(10 Suppl) 1352-1357   2006年8月   [査読有り]
Imai KK, Ohashi Y, Tsuge T, Yoshizumi T, Matsui M, Oka A, *Aoyama T.
Plant Cell, 18, 382-96   18(2) 382-396   2006年2月   [査読有り]
植物の光形態形成とユビキチン. (Review)
柘植知彦.
「蛋白質 核酸 酵素 」8月号増刊ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー, 10, 1352-7      2006年
The ubiquitin regulation in photomorphogenesis. (in Japanese) (Review)
Tsuge T.
Tanpakushitsu Kakusan Koso, 51, 1352-7      2006年
オーキシン受容体の発見 -植物ホルモンが制御するSCF型ユビキチンリガーゼ-. (Review)
柘植知彦.
「蛋白質 核酸 酵素 」8月号増刊ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー, 51, 1358      2006年
The unique auxin perception by SCF-mediated pathways. (in Japanese) (Review)
Tsuge T.
Tanpakushitu Kakusan Koso, 51, 1358      2006年
植物の光情報伝達の解明はがん治療に役立つか ーCOP9シグナロソーム研究の最前線. (Review)
柘植知彦, 岡穆宏.
月刊「化学」化学同人, 60, 26359      2005年
"Latest Topics" Will the research in plant light signaling contribute to the cure of cancer? ?The frontier research of COP9 Signalosome. (in Japanese) (Review)
Tsuge T, Oka A.
Chemistry, Kagakudojin, 60, 26359      2005年
Serino G, Su H, Peng Z, Tsuge T, Wei N, Gu H, *Deng XW.
Plant Cell, 15, 719-31   15(3) 719-731   2003年3月   [査読有り]
Yang X, Menon S, Lykke-Andersen K, Tsuge T, Di Xiao, Wang X, Rodriguez-Suarez RJ, Zhang H, *Wei N.
Curr Biol, 12, 667-72   12(8) 667-672   2002年4月   [査読有り]
Kim GT, Shoda K, Tsuge T, Cho KH, Uchimiya H, Yokoyama R, Nishitani K, Tsukaya H
The EMBO journal   21(6) 1267-1279   2002年3月   [査読有り]
Lyapina S, Cope G, Shevchenko A, Serino G, Tsuge T, Zhou C, Wolf DA, Wei N, Shevchenko A, *Deshaies RJ.
Science, 292, 1382-5   292(5520) 1382-1385   2001年   [査読有り]
Tsuge T, Inagaki N, Yoshizumi T, Shimada H, Kawamoto T, Matsuki R, Yamamoto N, *Matsui M.
Mol Genet Genomics, 265, 43-50   265(1) 43-50   2001年   [査読有り]
Serino G, Tsuge T, Kwok S, Matsui M, Wei N, Deng X.-W.
Plant Cell   11(10) 1967-1979   1999年   [査読有り]
Karniol B, Yahalom A, Kwok S, Tsuge T, Matsui M, Deng XW, *Chamovitz DA.
FEBS Lett, 439, 173-9   439(1/2) 173-179   1998年   [査読有り]
Kwok SF, Solano R, Tsuge T, Chamovitz DA, Ecker JR, Matsui M, *Deng XW.
Plant Cell, 10, 1779-90   10(11) 1779-1790   1998年   [査読有り]
Shibata D, Seki M, Mitsukawa N, Hayashida N, Ito T, Taji T, Tsuge T, Matsui M, Anai T, Liu YG, Whittier RF, *Shinozaki K.
Gene, 225, 41517   225(1/2) 31-38   1998年   [査読有り]
Wei N, Tsuge T, Serino G, Dohmae N, Takio K, Matsui M, *Deng XW.
Curr Biol, 8, 919-22   8(16) 919-922   1998年   [査読有り]
Anai T, Kono N, Takai R, Tsuge T, Matsui M, Kosemura S, Yamamura S, *Hasegawa K.
DNA Seq, 8, 235-9   8(4) 235-239   1998年   [査読有り]
Anai T, Miyata M, Kosemura S, Yamamura S, Tsuge T, Matsui M, Uchida H, Hasegawa K.
Journal of Plant Physiology   151(4) 446-449   1997年   [査読有り]
Tsuge T, Tsukaya H, Uchimiya H.
Development   122(5) 1589-1600   1996年   [査読有り]
Genetic analysis of cell-expansion processes in leaves of Arabidopsis thaliana. (Review)
*Tsukaya H, Tsuge T, Kim GT, Uchimiya H.
Plant Morph, 7, 41585      1995年   [査読有り]
*Tsukaya H, Tsuge T, Uchimiya H.
Planta, 195, 309-12   195(2) 309-312   1994年   [査読有り]
Kidou S, Umeda M, Tsuge T, Kato A, *Uchimiya H.
Plant Mol Biol, 24, 545-7   24(3) 545-547   1994年   [査読有り]
Leaf development in dicotyledons - A genetic approach using the model plant, Arabidopsis. (in Japanese) (Review)
Tsuge T, *Tsukaya H.
Acta Phytotax Geobot, 45, 151-64      1994年   [査読有り]
Kidou S, Anai T, Umeda M, Aotsuka S, Tsuge T, Kato A, *Uchimiya H.
FEBS Lett, 332, 282-6   332(3) 282-286   1993年   [査読有り]
鉄酸化細菌の固定による第一鉄イオンの連続酸化.
宇佐美昭次*, 桐村光太郎, 柘植知彦, 高橋信之.
水処理技術 , 34, 163-6      1993年   [査読有り]
Continuous oxidization system of ferrous ion (Fe+) using a bio-reactor fixed with Thiobacillus ferrooxidans. (in Japanese)
*Usami S, Kirimura K, Tsuge T, Takahashi N.
Mizushorigijutsu, 34, 163-166      1993年   [査読有り]

Misc

 
肥塚崇男, 古田巧, 柘植知彦
Aroma Research   19(2) 126‐127   2018年5月
島村亮太, 谷口(山本)幸美, 加藤真理子, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会(Web)   59th ROMBUNNO.P.153   2018年
肥塚崇男, 肥塚崇男, 梶山眞未, 望月智史, 古田巧, 鈴木秀幸, 柘植知彦, 松井健二, 松井健二
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   34th 123   2016年8月
柘植知彦, 柘植知彦, 鈴木史朗, 肥塚崇男
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2014/2015 13‐14   2016年2月
齊藤涼, 和田悠貴香, 加藤真理子, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   56th 249   2015年3月
加藤真理子, 柘植知彦, 前島正義, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   56th 250   2015年3月
後藤翔, 野元美佳, 多田安臣, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   56th 277   2015年3月
島村亮太, 谷口(山本)幸美, 谷口雅俊, 加藤真理子, 柘植知彦, 林謙一郎, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   56th 357   2015年3月
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   55th 144   2014年3月
島村亮太, 安斎尚子, 加藤真理子, 谷口雅俊, 大橋洋平, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   55th 193   2014年3月
張俊, 安喜史織, 後藤翔, 中井秀人, 青山卓史, 嘉瞿礼, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   55th 207   2014年3月
後藤翔, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   55th 207   2014年3月
青山卓史, 柘植知彦, 矢崎一史
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2012/2013 41-42   2014年3月
後藤翔, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   54th 167   2013年3月
安喜史織, 張俊, 後藤翔, 中井秀人, 岡穆宏, 青山卓史, 瞿礼嘉, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   54th 167   2013年3月
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   54th 138   2013年3月
柘植知彦, 安喜史織, 中井秀人, 片岡麻由子
岩谷直治記念財団研究報告書   35 20-24   2012年8月
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   53rd 166   2012年3月
和田悠貴香, 安田敬子, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   53rd 223   2012年3月
青山卓史, 柘植知彦, 矢崎一史
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2010/2011 127-128   2012年2月
柘植知彦, 安喜史織, 中井秀人, 片岡麻由子
岩谷直治記念財団研究報告書   34 98-101   2011年8月
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   52nd(0) 304-760   2011年3月
COP9シグナロソーム (CSN)は核内で情報伝達を制御するタンパク質複合体である。CSN1サブユニットのN末端領域 (CSN1N)は、動物で転写抑制能を示し、植物では生存に不可欠である。CSN1Nが担う分子機構を解明するために、シロイヌナズナを用いてCSN1Nと相互作用する因子群を解析した結果、植物固有のTrihelix型転写因子と推定されるタンパク質を得た。このタンパク質は、アミノ末端側に3つのヘリックス、カルボキシル末端側にα-ヘリックスを形成することが予測され、配列の相...
安齋尚子, 大橋洋平, 谷口雅俊, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   52nd 232   2011年3月
安喜史織, 中井秀人, 岡穆宏, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   52nd(0) 304-759   2011年3月
COP9シグナロソーム(CSN)の生体における機能を明らかにするため、CSNと直接結合する因子を探索し、SAP130を同定した。SAP130は、スプライソソームを形成するU2snRNP構成因子であり、遺伝子転写調節複合体であるSTAGA/TFTCにおいても同定されているが、SAP130そのものの機能や複合体間での動態は明らかでない。<br> シロイヌナズナSAP130は、第3染色体上の2つの遺伝子(AtSAP130a, AtSAP130b)にコードされている。これらの遺伝子...
安齋 尚子, 大橋 洋平, 谷口 雅俊, 柘植 知彦, 青山 卓史
日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集   2011(0) 482-482   2011年
ホスホリパーゼD(PLD)は生体膜の構成成分の一つであるホスファチジルコリンをコリンとホスファチジン酸(PA)に加水分解する酵素で、細胞内情報伝達に関わる。シロイヌナズナのPLDには、真核生物に保存されているPX-PH PLDと、植物特異的なC2 PLDの2つのタイプが存在する。PX-PH PLDをコードするPLD&zeta;1遺伝子は転写因子GL2に直接制御され、根毛の発生パターン形成や細胞形態形成に関与する。そこで我々はPLD&zeta;1の根毛形成過程における細胞内機能...
青山卓史, 柘植知彦, 矢崎一史
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2008/2009 3-5   2010年9月
和田悠貴香, 草野博彰, 安田敬子, 柘植知彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   51st 106   2010年3月
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   51st(0) 319-863   2010年3月
COP9シグナロソーム (CSN)は核内で情報伝達を制御するタンパク質複合体である。CSN1サブユニットのN末端領域 (CSN1N)は、動物で転写抑制能を示し、植物では生存に不可欠である。CSN1Nが担う分子機構を解明するためにCSN1Nと相互作用する因子群を、シロイヌナズナのcDNAライブラリを用いたYeast Two-Hybrid法によって単離した。その結果、植物固有の転写因子と推定される機能未知のタンパク質を得た。<br> このタンパク質には、既知のドメイン構造はなく、よく保存され...
和田 悠貴香, 草野 博彰, 安田 敬子, 柘植 知彦, 青山 卓史
日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集   2010(0) 21-21   2010年
根毛形成には細胞内極性の確立と維持が必須であり、その過程におけるフォスファチジルイノシトール-4,5-二リン酸(PI(4,5)P2)とその生成酵素であるフォスファチジルイノシトール-4-リン酸-5-キナーゼ(PIP5K)の重要性が示されている。一方、土壌中のリン酸欠乏時に根毛形成が促進されることが知られるが、その制御機構は明らかではない。本研究ではシロイヌナズナのPIPK234遺伝子に注目し、リン酸欠乏時の根毛伸長の制御機...
片岡麻由子, 安喜史織, 堂前直, 岡穆宏, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   50th(0) 251-553   2009年3月
COP9シグナロソーム(CSN)は8つのサブユニットからなるタンパク質の複合体である。CSNサブユニット1(CSN1)はCSNがもつタンパク質分解調節機能とは独立に、遺伝子の転写抑制などを介して情報伝達の制御を行なっている。この機能部位はCSN1のN末端領域(CSN1N)に存在し、植物の生存に必須である。本研究では、CSN1の制御メカニズムを解明するためにCSN1Nに結合する因子を網羅的に同定することを目指す。<br>これまで、動物ではCSN1N相互作用因子としてmRNA代謝に関わるタンパ...
中井秀人, 安喜史織, HEYL Alexander, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   50th(0) 325-843   2009年3月
COP9シグナロソーム (CSN)は8つのサブユニットからなる複合体であり、核内で情報伝達を制御する。この制御機構を解明するためにCSN1サブユニットの機能に着目して解析をすすめている。CSN1のN末端領域 (CSN1N)は、動物で転写抑制能を示し、植物では生存に不可欠である。この分子機構を明らかにするためにCSN1Nと相互作用する因子群を、シロイヌナズナのcDNAライブラリからYeast Two-Hybrid法を用いて単離した。<br> その結果、結合候補因子として転写因子を新たに2つ...
安喜史織, 岡穆宏, 青山卓史, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   50th(0) 325-842   2009年3月
COP9シグナロソーム(CSN)は、ユビキチン・プロテアソーム系を介したタンパク質分解を制御するタンパク質複合体であり、動植物の発生に不可欠である。本研究は、シロイヌナズナを用いてCSNサブユニット1(CSN1)とその結合因子との相互作用を解析することにより、CSNの生体内での新規機能を明らかにすることを目的とする。<br> CSN1相互作用因子の一つであるSAP130は、スプライソソームを形成するU2snRNP構成因子であり、遺伝子転写調節複合体であるSTAGAやTFTC、N-CoRで...
松井南, 大久保やよい, 大久保やよい, 新島薫, LOMBARDI Benedetta, SERINO Giovanna, 柘植知彦, 清末智宏, 眞鍋勝司, 高橋直紀, 近藤陽一
日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd(Vol.1) 27   2009年
青山 卓史, 柘植 知彦, 矢崎 一史
生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2008 3-5   2009年
青山卓史, 柘植知彦, 矢崎一史
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2007 3-6   2008年6月
草野博彰, TESTERINK Christa, VERMEER Joop E. M., 安田敬子, 柘植知彦, 島田浩章, 岡穆宏, MUNNIK Teun, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   49th(0) 309-824   2008年3月
ホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸[PtdIns(4,5)P2] は膜上で局所的シグナルとして働き細胞骨格の再構成と膜輸送を調節する。PtdIns(4,5)P2 は根毛と花粉管では先端に局在するため、植物細胞の局所的な伸長(先端伸長)に関係することが示唆される。しかしながら、これらの細胞の先端でPtdIns(4,5)P2の時空間的分布がどのようにして確立されているのか、また...
谷口幸美, 柘植知彦, 岡穆宏, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   49th(0) 195-368   2008年3月
ホスホリパーゼD(PLD)は生体膜の主成分であるリン脂質の1つ、ホスファチジルコリン(PC)をフォスファチジン酸(PA)とコリンに加水分解する酵素であり、シロイヌナズナには12存在している。これら12のPLD遺伝子はそのタンパク質構造から植物に特有の構造をもつタイプと、動物や酵母と共通の構造をもつタイプに大別される。我々は後者である動物型のPLDに着目して解析を進めてきた。<br> PLDz1が植物体全体で常時発現しているのに対し、PLDz2は通常の生育条件では根端および雄蘂のみで強い発...
安喜 史織, 片岡 麻由子, 谷口 雅俊, 堂前 直, Menon Suchithra, Wei Ning, 岡 穆宏, 柘植 知彦
日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集   2008(0) 764-764   2008年
COP9シグナロソーム(CSN)は、動植物において保存されており、生存に不可欠な核内タンパク質複合体である。CSNは、CRL型のE3ユビキチンリガーゼのE3活性に関わるcullinサブユニットの脱Rub化を調節する。その結果、転写因子などの核内タンパク質の分解を制御する。<br>我々は、強い転写抑制機能をもつCSN1サブユニットのN末端部位に着目し、その相互作用因子群として、SAP130、DdxX15、CF Im68などのmRNAの代謝に関与するタンパク質群を同定した。<br>SAP130...
柘植知彦, 安喜史織, 谷口雅俊, 堂前直, MENON Suchithra, PICK Elah, WEI Ning, 岡穆宏
日本植物生理学会年会要旨集   48th(0) 296-806   2007年3月
COP9シグナロソーム(CSN)は、8つのサブユニットから成る核内タンパク質複合体である。CSNは生物の発生と分化に不可欠で、その機能不全個体は動植物で致死になる。また、CSNにはE3ユビキチンリガーゼ活性を調節する脱Rub活性があり、タンパク質の分解を調節する。<br>そこでCSNの分子機構を解析するため、CSN1サブユニットに着目して研究を進めた結果、そのN末端部位(CSN1N)がヒトのJNK1/SAPK情報伝達経路の信号を抑制することが判明した。この抑制がタンパク分解系を介さない新規...
安喜史織, 岡穆宏, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   48th(0) 135-179   2007年3月
COP9シグナロソーム(CSN)は、ユビキチン・プロテアソーム系を介したタンパク質分解を制御するタンパク質複合体であり、動植物の発生に不可欠である。本研究は、シロイヌナズナを用いてCSNサブユニット1(CSN1)とその結合因子との相互作用を解析することにより、CSNの生体内での新規機能を明らかにすることを目的としている。<br> CSN1結合因子の一つであるSAP130は、スプライソソームを形成するU2snRNPを構成するタンパク質であり、遺伝子転写調節に関わるSTAGAやTFTCタンパ...
青山 卓史, 柘植 知彦, 矢崎 一史
生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2007 3-6   2007年
Cullin Neddylation and functions of CSN1 and CSN8.
Wei N ,Menon S, Pick E, Tsuge T, Dohmae N, Flavell R, Wei N
ZOMES-IV The Fourth International Symposium on COP9 Signalosome, Proteasome, and eIF3 ,Yale University Campus, New haven, CT USA      2006年6月   [査読有り]
COP9 Signalosome Subunit1 interacts with components of the transcription processing complex.
Tsuge T ,Tsuge T, Aki S, Taniguchi M, Dohmae N, Menon S, Pick E, Wei N, Oka A
ZOMES-IV The Fourth International Symposium on COP9 Signalosome, Proteasome, and eIF3 ,Yale University Campus, New haven, CT USA      2006年6月   [査読有り]
Regulation by the COP9 Signalosome of AtPIC2, a novel F-box protein from Arabidopsis thaliana.
Serino G ,Iafrate S, Moubayidin L, Heyl A, Tsuge T, Deng XW, Constantino P, Serino G
ZOMES-IV The Fourth International Symposium on COP9 Signalosome, Proteasome, and eIF3 ,Yale University Campus, New haven, CT USA      2006年6月   [査読有り]
Human DET1 complexes contain canonical ubiquitin E2 enzymes and regulate CUL4A E3 activity.
Pick E ,Pick E, Tsuge T, Tong Y, Menon S, Dohmae N, Deng XW, Wei N
ZOMES-IV The Fourth International Symposium on COP9 Signalosome, Proteasome, and eIF3 ,Yale University Campus, New haven, CT USA      2006年6月   [査読有り]
Regulation by the COP9 Signalosome of PIC2, a novel F-box protein from Arabidopsis thaliana.
Serino G ,Moubayidin L, Iafrate S, Tsuge T, Heyl A, Deng XW, Constantino P, Serino G
3rd EPSO Conference '06 "Plant Dynamics: from Molecules to Ecosystems" ,Thermal Hotel, Visegrad, HUNGARY      2006年5月   [査読有り]
シロイヌナズナにおけるCSN1とSAP130の相互作用
安喜 史織 ,安喜 史織、岡 穆宏、柘植 知彦
第47回日本植物生理学会年会 ,筑波大学、茨城県つくば市      2006年3月   [査読有り]
Tsuge T ,Tsuge T, Aki S, Dohmae N, Menon S, Pick E, Wei N, Oka A
The 47th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists ,Tsukuba University, Tsukuba IBARAKI      2006年3月   [査読有り]
柘植知彦, 安喜史織, 堂前直, MENON Suchithra, PICK Elah, WEI Ning, 岡穆彦
日本植物生理学会年会要旨集   47th(0) 321-861   2006年3月   [査読有り]
COP9シグナロソーム(CSN)は、動植物に共通する核内タンパク質複合体である。CSNの機能不全個体は、植物の茎頂出現、マウスの胚発生、ハエの幼虫発生のプロセスに障害を受けて死に至る。これまで、CSNがユビキチン・プロテアソーム系のタンパク分解調節を介して、形態形成や環境応答に不可欠であることが明らかになっている。<br> CSN制御の分子機構をさらに詳細に解析するために、CSN1サブユニットに着目して研究を進めた結果、CSN1のN末端部位(CSN1N)がヒトのJNK1/SAPK情報伝達...
In vitro contribution of the ARR1 in vitro recognition sequence in an ARR6 promotor recognition to transactivation by ARR1.
Taniguchi M ,Taniguchi M, Aoyama T, Tsuge T, Oka A
The 47th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists ,Tsukuba University, Tsukuba IBARAKI      2006年3月   [査読有り]
谷口雅俊, 青山卓史, 柘植知彦, 岡穆宏
日本植物生理学会年会要旨集   47th(0) 207-410   2006年3月   [査読有り]
サイトカイニンは植物細胞の分化・増殖を介して、植物体の形態形成を制御する植物ホルモンである。Arabidopsisのサイトカイニンシグナルの初期細胞伝達は、細胞膜に存在するCRE1などの受容体から転写因子型レスポンスレギュレター(タイプB ARR)へのHis-Aspリン酸リレーによって行われている。我々は、ARR1がサイトカイニン初発応答遺伝子群(Cytokinin Primary Responsive Genes, CPRGs)を...
Interaction studies of CSN1 and SAP130.
Aki S ,Aki S, Oka A, Tsuge T
The 47th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists ,Tsukuba University, Tsukuba IBARAKI      2006年3月   [査読有り]
今井久美子, 大橋洋平, 柘植知彦, 吉積毅, 松井南, 岡穆彦, 青山卓史
日本植物生理学会年会要旨集   47th(0) 87-S050   2006年3月
Endoreduplicationは有糸分裂をせずにDNAの複製を繰り返して細胞のploidy(倍数性)が上昇する細胞周期で、特に植物では様々な組織の発生・分化に関わっており、例えばシロイヌナズナでは成熟ロゼット葉を構成する細胞のほぼ8割で起きている。植物体ではこの現象によって上昇するploidyは組織に応じてほぼ一定の範囲内に制御されているが、動物では癌化に関連して無秩序に起こる場合が多く、主に細胞周期の異常としてそれが起こる原因についての研究が進められてきた。植物においても、通常の細胞...
安喜史織, 岡穆宏, 柘植知彦
日本植物生理学会年会要旨集   47th(0) 112-45   2006年3月
COP9シグナロソーム(CSN)は、タンパク質分解系を介して植物の光形態形成を抑制する核内タンパク質複合体であるが、その機能はさらに多岐にわたると考えられている。動物CSN1サブユニットのN末部位(CSN1N)はJNK1/SAPK情報伝達経路においてJNK1の転写を抑制する。この抑制機能は阻害剤などを用いた実験の結果、タンパク質分解系を介さないことが強く示唆された。この新規機能を解析するため、CSN1Nに直接結合する因子(NBP)群を探索した。<br> 得られたNBPの一つであるSAP1...
青山卓史, 柘植知彦, 矢崎一史
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書   2006 1-2   2006年
環境情報とかたち作りとを結ぶCOP9シグナロソームの新規制御メカニズムの解析
柘植 知彦 ,柘植 知彦、安喜 史織、堂前 直、Suchithra Menon、Ning Wei、岡 穆宏
第28回日本分子生物学会年会 ,福岡ヤフードーム、福岡県福岡市      2005年12月   [査読有り]
A novel regulation of COP9 Signalosome: a master regulator of signal transduction in morphogenesis.
Tsuge T ,Tsuge T, Aki S, Dohmae N, Menon S, Wei N, Oka A
The 28th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan ,Yahoo Dome Fukuoka, Fukuoka FUKUOKA      2005年12月   [査読有り]
柘植知彦, 安喜史織, 堂前直, MENON Suchithra, WEI Ning, 岡穆宏
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th(0) 650-870   2005年11月
 COP9シグナロソーム(CSN)は、植物の光形態形成を抑制する核内タンパク質複合体である。シロイヌナズナのcsn変異体が暗所で明所形態を示すため、CSNは光とかたち作りとをつなぐ重要な制御因子と考えられる。これまでにCSNが、ユビキチン・プロテアソーム系のタンパク分解調節を介して、光や植物ホルモンなどの情報伝達経路を制御し、器官形成やストレス応答に不可欠であることが明らかになった。<br> CSNによる制御の分子機構を詳細に解析するために、CSN1サブユニットに着目して解析...
Revealing the novel regulation of COP9 Signalosome (CSN).
Tsuge T ,Tsuge T, Dohmae N, Wei N, Oka A
The 16th International Conference on Arabidopsis Research ,University of Wisconsin Madison, Wisconsin Madison, WI USA      2005年6月   [査読有り]
AtCYCA2;3, is a key regulator in the termination of endoreduplication rounds in Arabidopsis.
Imai K ,Imai K, Ohashi Y, Tsuge T, Yoshizumi T, Matsui M, Oka A, Aoyama T
The 16th International Conference on Arabidopsis Research ,University of Wisconsin Madison, Wisconsin Madison, WI USA      2005年6月   [査読有り]
DDB1-DET1 complex At the crossroad between ubiquitin pathway enzymes.
Pick E ,Pick E, Tsuge T, Dohmae N, Wei N
CSHL Meeting on The Ubiquitin Family ,Cold Spring Harbor Laboratory, Woodbury, NY USA      2005年4月   [査読有り]
柘植 知彦 ,柘植 知彦、堂前 直、Ning WEI、岡 穆宏
第46回日本植物生理学会年会 ,新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ、新潟県新潟市      2005年3月   [査読有り]
Novel regulation of COP9 Signalosome (CSN): a master regulator of signal transduction in plant morphogeneis.
Tsuge T ,Tsuge T, Dohmae N, Wei N, Oka A
The 46th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists ,Niigata Convention Center Toki Messe, Niigata NIIGATA      2005年3月   [査読有り]
柘植知彦, 堂前直, WEI Ning, 岡穆彦
日本植物生理学会年会要旨集   46th 322   2005年3月
シロイヌナズナAtCycA2;3はendoreduplicationの終了において主要な働きをする
今井 久美子 ,今井 久美子、大橋 洋平、吉積 毅、松井 南、柘植 知彦、岡 穆宏、青山 卓史
第27回日本分子生物学会年会 ,神戸ポートアイランド、兵庫県神戸市      2004年12月   [査読有り]
Arabidopsis AtCycA2;3 is a key regulator of termination system of endoreduplication.
Imai K ,Imai K, Ohashi Y, Yoshizumi T, Matsui M, Tsuge T, Oka A, Aoyama T
The 27th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan ,Kobe Port Island, Kobe HYOGO      2004年12月   [査読有り]
植物のかたち作りと環境応答をつなぐ鍵:COP9 Signalosome (CSN)
柘植 知彦 ,柘植 知彦、岡 穆宏
第104回化学研究所研究発表会 ,京都大学化学研究所、京都府宇治市      2004年12月   [査読有り]
CSN: The key complex linking environmental signals to morphogenesis in plants.
Tsuge T ,Tsuge T, Oka A
The 104th Institute for Chemical Research Annual Symposium ,Kyoto University, Uji KYOTO      2004年12月   [査読有り]
今井久美子, 大橋洋平, 吉積毅, 松井南, 柘植知彦, 岡穆宏, 青山卓史
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 554   2004年11月
稲垣言要, 柘植知彦, 吉積毅, 河本公威, 松木吏弓, 山本直樹, 松井南
日本植物生理学会年会要旨集   40th 246   2000年3月
柘植知彦, 吉積毅, 関根友紀子, DENG X‐W, 松井南
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   20th 476   1997年12月
柘植知彦, 吉積毅, DENG X‐W, 松井南
日本植物生理学会年会要旨集   37th(1997) 149   1997年3月
松井南, 柘植知彦, 堂前直, 瀧尾こう士, 山本義治, CHAMOWITZ D, DENG X‐W
日本植物生理学会年会要旨集   37th(1997) 68   1997年3月
松井 南, 柘植 知彦, 山本 義治, FRANCES Shannon, DENG Xing-wang
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19    1996年8月
松井南, 柘植知彦, 山本義治, FRANCES S, DENG X‐W
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th 836   1996年7月
柘植知彦, 塚谷裕一, 内宮博文
日本植物生理学会年会要旨集   36th(1996) 204   1996年3月
柘植知彦, 塚谷裕一, 内宮博文
日本植物学会大会研究発表記録   59th 194   1995年9月
塚谷裕一, 柘植知彦, 内宮博文
日本植物学会大会研究発表記録   59th 194   1995年9月
塚谷裕一, 松浦京子, 柘植知彦, 内宮博文
日本植物生理学会年会要旨集   35th(1995) 120   1995年3月
柘植 知彦, 塚谷 裕一
植物分類,地理   45(2) 151-164   1995年
地上部を構成する基本構成要素である葉の形態形成過程について, 特に双子葉植物を材料としてこれまでに報告されてきた研究を概説し, モデル植物アラビドプシスを用いた最新の研究成果について解説した。葉の形成機構を支配している遺伝子群を解明することは, 植物全体の形態形成を理解する上で重要である。植物系統学上も, 分類基準として用いている葉の形質についての理解にも重要な手がかりを与えるであろう。しかしこれまで双子葉植物においては, その形態形成過程で細胞の分裂と伸長が同所的かつ同時的に行なわれるた...
柘植知彦, 塚谷裕一, 内宮博文
日本植物生理学会年会要旨集   34th(1994) 163   1994年3月
柘植知彦, 塚谷裕一, 内宮博文
日本植物学会大会研究発表記録   58th 276   1994年
塚谷裕一, 松浦京子, 柘植知彦, 内宮博文
日本植物学会大会研究発表記録   58th 276   1994年

書籍等出版物

 
Chapter1 Photoreceptors and light signal transduction. (in Japanese)
Tsuge T, Aki S.
, , 23-50   2011年   
第1章 光受容体と光情報伝達.
柘植知彦, 安喜史織.
, , 23-50   2011年   
柘植 知彦, 京都大学化学研究所
[柘植知彦]   2008年   
Chapter3 Regulation of ploidy - aiming to create bigger and stronger plants. (in Japanese)
Oka A, Tsuge T.
, ,   2008年   
第3章 倍数性の制御—大きくて丈夫な植物の創造に向けて.
岡穆宏, 柘植知彦.
, , 35-44   2008年   
Shoot - The architecture of plant module. (in Japanese)
Tsuge T, Tsukaya H.
Plantmimetics - learning from plants, ,   2006年   
植物のモジュールと配置 -シュート.
柘植知彦, 塚谷裕一.
プラントミメティクッス-植物に学ぶ-., ,   2006年   
COP9 Signalosome is involved in morphogenesis and responses to environmental stimuli. (in Japanese)
Tsuge T.
, , 163-9   2004年   
COP9シグナロソームと形態形成・環境応答.
柘植知彦.
「植物の環境応答と形態形成のクロストーク」 (Springer Verlag Tokyo), , 163-9   2004年   

講演・口頭発表等

 
「植物の生きるための戦略をひも解く」-植物を研究するということ『多様なかたちの謎に迫る』
兵庫県立小野高校・科学総合コース講演会(第1回)   2006年7月14日   小野高校、兵庫県小野市
Understanding plant survival strategies _ Research in plant science “Revealing the mysteries of diversity”.
Invited Lecture for Ono High School Students   2006年7月14日   
植物cyclin A2によるendoreduplicationの終了制御
第47回日本植物生理学会年会   2006年3月19日   筑波大学、茨城県つくば市
Regulation of endoreduplicationby plant cyclin A2.
The 47th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists   2006年3月19日   
植物の環境応答とかたち作り
21世紀COE「京都大学化学連携研究教育拠点」ケミカルバイオロジー・ミニシンポジウム   2006年3月15日   京都大学化学研究所、京都府宇治市
Plant morphogenesis responding to environmental stimuli.
COE Seminar "Chemicalbiology Mini-Symposium"   2006年3月15日   
生物のかたち作りと環境情報をつなぐ鍵:COP9 Signalosome (CSN)
理化学研究所セミナー   2006年3月10日   理化学研究所 中央研究所、埼玉県和光市
Arabidopsis A-type cyclin CYCA2;3 is a key regulator in termination of endocycle rounds.
Cell Regulations in Division and Arrest Workshop   2006年3月6日   
Regulation of CUL4A by human E2-containing DET1 complex.
Ubiquitin, Ubiquitin-like Proteins & Cancer - 3rd International Conference   2006年2月9日   
植物の「かたち作り」と「環境応答」を繋ぐ制御因子の解明
第105回化学研究所研究発表会   2005年12月2日   京都大学化学研究所、京都府宇治市
A master regulator linking plant environmental responses to morphogenesis signaling.
The 105th Institute for Chemical Research Annual Symposium   2005年12月2日   
えっ!ほんまに見えんのDNA?!こんなに身近にある「いのちの設計図」
田原小学校PTA小学生のための化学講義   2005年11月5日   京都府田原小学校、京都府宇治田原町
Wow I see the DNA! The blueprint of LIFE lies so close to us.
Invited Lecture for Elementary School Students   2005年11月5日   
COP9 Signalosome: The key complex linking environmental signals to morphogenesis in plants and mammals.
Rome University, Institute Seminar   2005年9月9日   
かたち作りと環境応答をつなぐ鍵:COP9 Signalosomeの新規制御機構解明へのアプローチ
COEセミナー   2005年8月30日   奈良先端科学技術大学院大学、奈良県生駒市
To reveal new mechanisms of CSN: The key complex linking environmental signals to morphogenesis.
COE Seminar   2005年8月30日   
Interaction of CSN1 (COP9 signalosome subunit 1) and components of transcription / RNA processing complexes SAP130/SF3b3, Ddx15 and CFIm68.
CSHL Meeting on Eukaryotic mRNA Processing   2005年8月24日   
シロイヌナズナのサイクリンAtCYCA2;3はendoreduplicationサイクル終結の鍵制御因子である
イネ・シロイヌナズナ合同ワークショップ   2005年7月6日   奈良県文化会館、奈良県奈良市
AtCYCA2;3, is a key regulator in the termination of endoreduplication rounds in Arabidopsis.
Joint Workshop on Rice and Arabidopsis Research   2005年7月6日   
COP9 Signalosome: The key complex linking environmental signals to morphogenesis in plants and mammals.
北京大学 生命科学学院 創立80周年記念事業 招待講演   2005年4月29日   北京大学、中華人民共和国北京
COP9 Signalosome: The key complex linking environmental signals to morphogenesis in plants and mammals.
Invited lecture at “The 80th Anniversary of The College of Life Sciences, Peking University”   2005年4月29日   
CSN: The key complex linking environmental signals to morphogenesis in plants and mammals.
RIKEN Seminar   2005年3月10日   
Interaction between CSN1 (COP9 Signalosome subunit 1) and componets of transcription/RNA processing complexes SAP130, Ddx15/hPrp43/mDEAH9, and CFIm68.
FASEB Summer Research Conference   2004年8月14日   

競争的資金等の研究課題

 
高等植物の形態形成(光形態形成・葉形態形成)、環境応答と情報伝達、タンパク質分解制御