真鍋 義文

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/16 17:37
 
アバター
研究者氏名
真鍋 義文
 
マナベ ヨシフミ
eメール
manabecc.kogakuin.ac.jp
URL
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1056/profile1.html
所属
工学院大学
部署
情報学部 システム数理学科
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学)
科研費研究者番号
80466408

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
工学院大学 情報学部 システム数理学科 教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
工学院大学  情報学部 コンピュータ科学科 教授
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 協創情報研究部 主幹研究員
 
2001年4月
 - 
2013年3月
京都大学 大学院情報学研究科 社会情報学専攻 客員准教授 兼務
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本電信電話株式会社  コミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 グループリーダ
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 情報工学分野
 
1979年4月
 - 
1983年3月
大阪大学 基礎工学部 情報工学科
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
2015年5月
電子情報通信学会 ソサイエティ論文誌編集査読委員 投稿論文査読
 
2013年9月
 - 
2014年7月
Thirteenth IEEE International Workshop on Assurance in Distributed Systems and Networks(ASDN 2014) Program commitee
 
2012年12月
 - 
2013年8月
International Symposium on Security in Computing and Communications (SSCC'13)Program Committee
 
2012年3月
 - 
2012年5月
International Conference on Systems and Informatics (ICSAI 2012) Program Committee
 
2011年10月
 - 
2014年6月
IEEE International Workshop on Assurance in Distributed Systems(ASDN2012)(ASDN2013) Program Committee
 

論文

 
Yasuyuki Tsukada,Hideki Sakurada,Ken Mano,Yoshifumi Manabe
Ann. Math. Artif. Intell.   78(2) 101-129   2016年   [査読有り]
Takuho Mitsunaga,Yoshifumi Manabe,Tatsuaki Okamoto
IEICE Transactions   99-A(8) 1591-1599   2016年   [査読有り]
Tsuyoshi Komatsubara,Yoshifumi Manabe
30th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA 2016, Crans-Montana, Switzerland, 23-25 March, 2016   776-783   2016年   [査読有り]
Yoshifumi Manabe,Risako Otsuka,Tatsuaki Okamoto
JIP   23(3) 299-304   2015年   [査読有り]
Yuji Mochizuki,Yoshifumi Manabe
10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2015, Colombo, Sri Lanka, August 4-7, 2015   1-3   2015年   [査読有り]
Kohei Shimizu,Yoshifumi Manabe
10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2015, Colombo, Sri Lanka, August 4-7, 2015   1-3   2015年   [査読有り]
Yuta Urushiyama,Yoshifumi Manabe
5th International Conference on IT Convergence and Security, ICITCS 2015, Kuala Lumpur, Malaysia, August 24-27, 2015   1-4   2015年   [査読有り]
Ryo Iguchi,Yoshifumi Manabe
34th International Conference on Distributed Computing Systems Workshops (ICDCS 2014 Workshops), Madrid, Spain, June 30 - July 3, 2014   133-139   2014年   [査読有り]
Susumu Kiyoshima, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of TCC 2014, Lecture Notes in Computer Science   8349 343-367   2014年
Takuho Mitsunaga, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
IEICE Transactions on Fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E96-A(1) 68-75   2013年1月
This paper presents efficient secure auction protocols for first price auction and second price auction. Previous auction protocols are based on a generally secure multi-party protocol called mix-and-match protocol based on plaintext equality test...
Susumu Kiyoshima,Yoshifumi Manabe,Tatsuaki Okamoto
IACR Cryptology ePrint Archive   2013 811   2013年   [査読有り]
An epistemic approach to compositional reasoning about anonymity and privacy
Yasuyuki Tsukada, Hideki Sakurada, Ken Mano, and Yoshifumi Manabe
Proceedings of Fourteenth Conference on Theoretical Aspects of Rationality and Knowledge (TARK 2013)   239-248   2013年
Yoshifumi Manabe and Tatsuaki Okamoto
Journal of Information Processing   20(3) 686-693   2012年7月
This paper discusses cake-cutting protocols when the cake is a heterogeneous good, represented by an interval on the real line. We propose a new desirable property, the meta-envy-freeness of cake-cutting, which has not been formally considered bef...
Susumu Kiyoshima, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of IWSEC2012, Lecture Notes in Computer Science   7631 216-232   2012年
Yoshifumi Manabe and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of International Workshop on Interactions, Games and Protocols (iWIGP2012), EPTCS   78 15-23   2012年
Takuho Mitsunaga, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of IWSEC2011, Lecture Notes in Computer Science   7038 51-64   2011年
Takuho Mitsunaga, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of IWSEC2010, Lecture Notes in Computer Science   6434 149-163   2010年
Yoshifumi Manabe and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of MFCS 2010, Lecture Notes in Computer Science   6281 501-512   2010年
Insatabity of a punishment strategy in correlated equilibria
Takuho Mitsunaga, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Workshop on Algorithmic Game Theory: Dynamics and Convergence in Distributed Systems (AlgoGT2010)   1-6   2010年
岡本龍明, 真鍋義文
電子情報通信学会論文誌 D   J92-D(5) 587-595   2009年5月
Ryo Nishimaki, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
IEICE Transactions on Fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E91-A(1) 262-271   2008年1月
Identity-based encryption (IBE) is one of the most important primitives in cryptography, and various security notions of IBE (e. g., IND-ID-CCA2, NM-ID-CCA2, IND-sID-CPA etc.) have been introduced. The relations among them have been clarified rece...
Waka Nagao, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
IEICE Transactions on Fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E91-A(1) 283-297   2008年1月
KEM (Key Encapsulation Mechanism) and DEM (Data Encapsulation Mechanism) were introduced by Shoup to formalize the asymmetric encryption specified for key distribution and the symmetric encryption specified for data exchange in ISO standards on pu...
Yusuke Okada, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
International Journal of Applied Cryptography   1(1) 70-77   2008年
Waka Nagao, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of ProvSec2008, Lecture Notes in Computer Science   5324 268-282   2008年
Yoshifumi Manabe and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of Workshop on Applications of Private and Anonymous Communications   1-8   2008年
Norio Akagi, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of Financial Cryptography and Data Security 2008, Lecture Notes in Computer Science   5143 272-286   2008年
NAGAO Waka, MANABE Yoshifumi, OKAMOTO Tatsuaki
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   89(1) 28-38   2006年1月
As part of ISO standards on public-key encryption, Shoup introduced the framework of KEM (Key Encapsulation Mechanism), and DEM (Data Encapsulation Mechanism), for formalizing and realizing one-directional hybrid encryption; KEM is a formalization...
Waka Nagao,Yoshifumi Manabe,Tatsuaki Okamoto
IACR Cryptology ePrint Archive   2006 268   2006年   [査読有り]
Ryo Nishimaki, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of Vietcrypt2006, Lecture Notes in Computer Science   4341 337-353   2006年
Joong-Man Kim and Yoshifumi Manabe
Proceedings of 4th IEEE International Workshop on Assurance in Distributed Systems and Networks   12-19   2005年
Waka Nagao, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of TCC 2005, Lecture Notes in Computer Science   3378 426-444   2005年
Yoshifumi Manabe and JaeHurk Park
Proceedings of 10th IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems   341-348   2004年
On the Security of Hybrid Public-Key Encryption
Waka Nagao, Yoshifumi Manabe, and Tatsuaki Okamoto
Proceedings of International Conference on Cybernetics and Information Technologies, Systems and Applications   1 28-33   2004年
Yoshifumi Manabe and Naka Tajima
Theoretical Computer Science   310(1-3) 379–392   2004年
Yoshifumi Manabe
Proceedings of 8th IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems   125-132   2001年
Shao-Chin Sung and Yoshifumi Manabe
IEICE Transactions on Information and Systems   E82-D(5) 968-972   1999年5月
This paper discusses the generalized mutual exclusion problem defined by H. Kakugawa and M. Yamashita. A set of processes shares a set of resources of an identical type. Each resource must be accessed by at most one process at any time. Each proce...
Yoshifumi Manabe and Naka Tajima
Proceedings of 19th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems   216-223   1999年
A Consistent Global Checkpoint Algorithm for Distributed Systems with a Forbidden Process
Yoshifumi Manabe
Proceedings of 13th IEEE International Conference on Information Networking      1999年
Yoshifumi Manabe and Shigemi Aoyagi
Real-Time Systems   14(2) 171-181   1998年
Yoshifumi Manabe, Roberto Baldoni, Michel Raynal, and Shigemi Aoyagi
Theoretical Computer Science   193(1-2) 97-112   1998年
Yoshifumi Manabe
Procedings of 12th IEEE International Conference on Information Networking   475-480   1998年
Yoshifumi Manabe
Proceedings of 12th IEEE International Conference on Information Networking   .549-554   1998年
On Coterie for Generalized Distributed Resource Allocation Algorithm
Shao-Chin Sung and Yoshifumi Manabe
Proceedings of IPSJ International Symposium on Information Systems and Technologies for Network Society   356-359   1997年
Quorum-based Solutions to the h-out of-k Mutual Exclusion Problem in Distributed Systems
Roberto Baldoni, Yoshifumi Manabe, Michel Raynal, and Shigemi Aoyagi
Proceedings of 4th Workshop on Parallel Systems and Algorithms   .99-108   1996年
Terunao Soneoka, Makoto Imase, and Yoshifumi Manabe
Discrete Applied Mathematics   64(3) 267-279   1996年
Yoshifumi Manabe and Shigemi Aoyagi
Proceedings of 1st IEEE Real-Time Technology and Applications Symposium   212-218   1995年
Yoshifumi Manabe and Shigemi Aoyagi
Proceedings of 2nd IEEE International Symposium on Autonomous Decentralized Systems   297-303   1995年
Yoshifumi Manabe and Shigemi Aoyagi
Proceedings of 4th IEEE Symposium on Parallel and Distributed Processing   402-407   1992年
Yoshifumi Manabe and Makoto Imase
Journal of Parallel and Distributed Computing   15(1) 62-69   1992年
Kenji Moriyasu,Terunao Soneoka,Yoshifumi Manabe
Systems and Computers in Japan   22(14) 45-56   1991年4月   [査読有り]

Misc

 
真鍋 義文
機械の研究 = Science of machine   69(12) 1009-1014   2017年12月
国際会議:6th International Workshop on Security(IWSEC2011)
真鍋義文
電子情報通信学会誌   95(2) 184   2012年
真鍋義文
応用数理   20(1) 1   2010年3月
真鍋義文
情報処理   47(1) 48-53   2006年1月
オープンソースのオペレーティングシステムの代表となっているLinuxは,1991 年に最初のバージョン0.01 が当時ヘルシンキ大学の学生であったLinus Torvalds によってリリースされた.それ以降,Linus Torvaldsを中心とした開発コミュニティによるいわゆる「バザール方式」と呼ばれる開発方式により,多くの改良・機能追加が行われてきている.
Open Source Software Standardization Trends-CGL and DCL
Naoki Uchida and Yoshifumi Manabe
NTT Technical Review   3(7) 48-50   2005年
真鍋義文, 河原崎裕朗, 池辺隆
NTT技術ジャーナル   16(9) 66-67   2004年9月
Linux for Telecommunication Carrier Systems
Yoshifumi Manabe, Yasuro Kawarasaki, and Takashi Ikebe
NTT Technical Review   2(11) 72-74   2004年
特集「情報科学研究の最前線-より安全で快適な情報処理技術を目指して」にあたって
白柳潔, 真鍋義文
NTT R&D   51(10) 757-758   2002年
真鍋 義文
電子情報通信学会誌   82(6)    1999年6月
川島幸之助, 真鍋義文
応用数理   9(2) 2-3   1999年6月
真鍋 義文
電子情報通信学会誌   82(5)    1999年5月
真鍋 義文
電子情報通信学会誌   82(5)    1999年5月
真鍋 義文
電子情報通信学会誌   82(5)    1999年5月
真鍋 義文
電子情報通信学会誌   82(4)    1999年4月
真鍋 義文
応用数理   7(2) 151-152   1997年6月

書籍等出版物

 
分散処理システム
森北出版   2013年   ISBN:978-4-627-81071-6
数理的技法による情報セキュリティ
共立出版   2010年   ISBN:978-4-320-01950-8
Monitoring and Debugging of Distributed Real-Time Systems
IEEE Computer Society Press   1995年   ISBN:0-8186-6537-8

講演・口頭発表等

 
Card-based Cryptographic Protocols [招待有り]
真鍋 義文
9th International Conference on Networking and Information Technology (ICNIT 2018)   2018年11月   
Envy-Free Allocation of Divisible Goods [招待有り]
真鍋 義文
3rd International Conference on Information and Network Technologies (ICINT 2018)   2018年5月   
Fair Allocation of Divisible Goods [招待有り]
真鍋 義文
International Joint Conference on Information and Communication Engineering (JCICE 2018)   2018年4月   
小野 響, 真鍋 義文
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2018年3月8日   
グループにおける秘匿マッチングプロトコルに関する考察
茨木拓也, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2018   2018年1月   
Fair Division Algorithms [招待有り]
真鍋 義文
6th International Conference on Computer Technology and Science (ICCTS 2017)   2017年12月   
Fair Allocation of Divisible Goods [招待有り]
真鍋 義文
8th International Conference on Networking and Information Technology (ICNIT 2017)   2017年11月   
Fair Allocation Problems [招待有り]
真鍋 義文
9th International Conference on Information Management and Engineering (ICIME 2017)   2017年10月   
小野 響, 真鍋 義文
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2017年9月4日   
Fair Allocation Problems [招待有り]
真鍋 義文
2nd International Conference on Information and Network Technologies (ICINT 2017)   2017年5月   
合理的な複数の敵に対し、信頼性・機密性を満たす秘密分散通信
安井賢也, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2017   2017年1月   
ハイブリッドクラウド上におけるMapReduceフレームワークでの機密情報漏えい防止策
岩田有紗, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2017   2017年1月   
フォワードセキュリティを満足するオニオンルーティングに基づく匿名通信
田中龍之介, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2017   2017年1月   
Cake-cutting protocols: How fair allocation can be achieved? [招待有り]
真鍋 義文
8th International Conference on Information Management and Engineering(ICIME 2016)   2016年11月   
MANET向けの通信性質を考慮した公平性ルーティングプロトコル
吉町優, 真鍋 義文
第12回情報科学ワークショップ   2016年9月   
分割不可能な財のオンライン配分問題
清水航平, 真鍋 義文
第12回情報科学ワークショップ   2016年9月   
繁殖戦略解析のための考察
川邉茂和, 真鍋 義文
第12回情報科学ワークショップ   2016年9月   
清水航平, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
久保光毅, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
倉野颯太, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
渡邊恭平, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
中村諒, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
山本雅晴, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
吉町優, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
フォワードセキュリティを満足するオニオンルーティングの返信経路情報
奥村亮介, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2016   2016年1月   
秘匿回路計算のゲーム理論的安全性
朝比奈佑馬, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2016   2016年1月   
カードを用いた秘密計算の計算量について
望月宥志, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2016   2016年1月   
カードを用いた効率の良い不動点のないランダム置換の生成
茨木拓也, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2016   2016年1月   
佐藤直弥, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
安藤大地, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
吉町優, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
長田裕介, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
清水航平, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
稲永隆大, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
川邊茂和, 真鍋義文
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
プライバシーを考慮した安定ルームメイト問題
小嶋健太, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2015   2015年1月   
オニオンルーティングの一方式における通信文非結合性問題について
佐藤寛悟, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2015   2015年1月   
更新を考慮したプライバシ保護協調フィルタリング
望月宥志, 真鍋 義文
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2015   2015年1月   
井口亮, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会A-7-1   2014年3月4日   
崎山忍, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会A-7-13   2014年3月4日   
漆山雄太, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会A-7-15   2014年3月4日   
小松原豪, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会A-7-16   2014年3月4日   
藤本啓佑, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会A-7-17   2014年3月4日   
大塚理紗子, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会D-1-1   2014年3月4日   
渡辺駿, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会D-1-2   2014年3月4日   
長野宏明, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会D-1-3   2014年3月4日   
横山健太, 真鍋義文
2014年電子情報通信学会総合大会D-1-4   2014年3月4日   
On the Round-Complexity Lower Bound of CCA-Secure Commitments
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2013 2B3-2   2013年   
Homomorphic Signatures for Polynomial Functions with Shorter Signatures
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2013 3A4-2   2013年   
A private matching algorithm using predicate encryption
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2012 1D2-1   2012年   
Somewhat Homomorphic Encryptionを用いた分散復号
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2012 1D2-4   2012年   
Constant-Round Concurrent Zero-Knowledge in Super-Polynomial Simulation Security
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2012 3B2-1   2012年   
A simplified private stable matching algorithm
16th Financial Cryptography and Data Security Symposium   2012年   
メタ羨望なしケーキ分割プロトコル
日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部講演会「続・娯楽のOR」   2012年   
A Secure M + 1st Price Auction Protocol based on Bit Slice Circuits
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2011 3C1-2   2011年   
A Simplified Private Stable Matching Algorithm
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2011 3C2-4   2011年   
An Identity Based Encryption Scheme from Ideal Lattices
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2011 2A3-1   2011年   
匿名性とプライバシの合成可能性について
日本応用数理学会2011年研究部会連合発表会   2011年   
ケーキ分割問題について
北陸先端科学技術大学院大学講演会   2011年   
Efficient Secure Auction Protocols Based on the Boneh-Goh-Nissim Encryption
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2010 2C2-2   2010年   
Cryptographic cake-cutting protocol
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2010 2C2-3   2010年   
Unstablity of a punishment strategy in correlated equilibria
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2009 3A3-9   2009年   
久保類, 真鍋義文, 盛合敏
信学技報, MVE2007-68   2008年1月17日   
人の行動や物の状態など,実世界で起こることを蓄積し意味付けて容易に利用できるようにするために,センサデータを対象にしたコーパスを構築した.本コーパスは実験室内で料理やゲームなどを行っている場面でのセンサデータとメタデータで構成される.センサデータは人の手足や食器やイスなどに温度や加速度や位置のデータを取得する無線センサを取り付け蓄積した.メタデータは蓄積したセンサデータの時間軸に対して,「食べる」や「混ぜる」など人の行動を49種類と,各行動に関連する「ホットケーキ」や「かき混ぜ棒」などの物...
An Efficient Anonymous Credential System with Revocation
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2008 3E4-2   2008年   
On the Security of an Unlinkable Off-line E-Cash System
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2008 3E4-4   2008年   
Anonymous return route information for onion routing
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2008 3E3-2   2008年   
Universally Composable Identification
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2007 2D3-5   2007年   
An Optimistic Fair Exchange Protocol and its Security in the Universal Composability Framework
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2007 2D4-6   2007年   
An Unlinkable Off-line E-Cash System
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2007 3B4-2   2007年   
An Efficient Anonymous Credential System
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2007 3D4-6   2007年   
久保 類, 真鍋 義文, 盛合 敏
情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会、情処研報2006-CSEC-032   2006年3月16日   
センサネットワーク環境において,実世界で起こる様々な情報を利用するための,センサ情報の検索プラットフォームを提案する.提案プラットフォームは,センサ情報に対するメタ情報を実世界に偏在する物を主体として蓄積・検索する事で,センサ情報の利用を容易にする.それに必要な,メタ情報を求めるプログラムを物と対応付けて管理する機能と,物を主体として求めたメタ情報を集約・絞り込みをする機能を実現した.センサ情報の検索システムのプロトタイピングを通し,検索プラットフォームが処理時間の観点から有効であることを...
Short Group Signatures with Efficient Flexible Join
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2006, 4A2-3   2006年   
Universally Composable Blind Signatures
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2006, 2A1-4   2006年   
Universally Composable Identity-Based Encryption
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2006, 2A1-3   2006年   
Optimistic Fair Exchange Protocol for E-Commerce
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2006, 4D1-2   2006年   
久保類, 真鍋義文, 盛合敏
情報処理学会情報学基礎研究会、情処研報2005-FI-079-11   2005年5月19日   
A Universally Composable Secure Channel Based on the KEM-DEM Framework
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2005, 1F2-3   2005年   
汎用的結合可能なグループ署名について
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2005, 1F3-5   2005年   
汎用的結合可能な電子投票方式について
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2005, 2D4-1   2005年   
小西隆介, 天海良治, 佐藤孝治, 真鍋義文, 盛合敏
情報処理学会OS研究会 2004-OS-96   2004年6月17日   
オープンソースのOSとして利用が急速に拡大しているLinuxは、ジャーナリング機能の導入に伴いファイルシステムの信頼性が大幅に向上したと言われている.しかし,信頼性を担保するには,書き込み処理の同期がきちんと行われていること,ファイルシステムが規定するI/O順序の制約が守られていることが必要である.本稿ではLinuxファイルシステムにおけるこれら信頼性上の観点と検証方法について述べる.今回,我々は同期I/O 時のディスクへの書き出しについて,システムコールとDMAのイベントをトレースする方...
ツリー構造による署名方式とその安全性証明
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2004 2D4-3   2004年   
ハイブリッド暗号の安全性について
暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2004 1B4-3   2004年   
DCL(Data Center Linux) statusレポート
OSDLジャパンカーネルシンポジウム   2004年   
Quorum Based Algorithms using Group Choice
CISC2002   2002年   
分散システムのためのアルゴリズム
京都大学大学院情報学研究科社会情報学シンポジウム   2001年   
真鍋 義文, 田島 中
電子情報通信学会コンピュテーション研究会、信学技報COMP98-32   1998年9月18日   
h-out of-k相互排除問題は、同一のリソースがk個存在し、各プロセスがh(1≤h≤k)個のリソースを要求する場合の相互排除問題であり、リソースが1個の相互排除問題の一般化である。従来、k-アービタと呼ぶコーラム集合を用いたアルゴリズムが考えられていた。本稿では、プロセスの要求リソース数hによって異なるアービタ、(h, k)-アービタを用いるアルゴリズムを示す。(h, k)-アービタの構成例として、一様(h, k)-アービタおよび(k+1)次元超立方体(h, k)-アービタ...
真鍋 義文
電子情報通信学会コンピュテーション研究会、信学技報COMP98-26   1998年7月23日   
メッセージ通信を行なう分散システムにおいて一貫性のある全域チェックポイントは、各プロセスの状態の組で、ある状態で未送信かつ別の状態で受信済みというメッセージが存在しないものであり、プロセス故障時のロールバックなどに用いられる。モーバイルプロセスを複数含む分散システムにおいて、任意のプロセスによる任意の時点のチェックポイント開始に対して一貫性のある全域チェックポイントを求める問題を考える。一般の分散システムに対するチェックポイントアルゴリズムを用いると通信メッセージに付加して送り合う情報量が...
真鍋 義文
電子情報通信学会コンピュテーション研究会、信学技報COMP97-75   1997年12月9日   
メッセージ通信を行なう分散システムにおいて一貫性のある全域チェックポイントは、各プロセスの状態の組で、ある状態で未送信かつ別の状態で受信済みというメッセージが存在しないものであり、プロセス故障時のロールパックなどに用いられる。モーバイルプロセスを1つ含む分散システムにおいて、任意のプロセスによる任意の時点のチェックポイント開始に対して一貫性のある全域チェックポイントを求める問題を考える。モーバイルプロセスに対する負担を少なくするため、モーバイルプロセスが取るチェックポイントの数を最小化する...
真鍋 義文
電子情報通信学会コンピュテーション研究会、信学技報COMP97-6   1997年4月25日   
メッセージ通信を行なう分散システムにおいて一貫性のある全域チェックポイントは、各プロセスの状態の組で、ある状態で未送信かつ別の状態で受信済みというメッセージが存在しないものである。通信路がFIFOとは限らない分散システムにおいて、任意のプロセスによる任意の時点のチェックポイント開始に対して一貫性のある全域チェックポイントを求めるアルゴリズムを示す。前回の全域チェックポイント以降影響を受けていないプロセスでチェックポイントを取らないことにより、複数のプロセスで同時に発生したチェックポイント開...
真鍋義文
電子情報通信学会技術研究報告   1996年10月18日   
分散システムにおけるフォールトトレランスを達成するためのアルゴリズム的手法について述べる. 故障モデル化・故障検出・故障回復・故障排除などの各技術のうち, 本稿では特に, 故障のモデル化としてポリシー故障, 故障からの復旧方法について分散チェックポイントアルゴリズムに関して述べる. ポリシー故障は複数の組織から成るシステムにおいて各プロセスが共通のルールより自分の組織の動作方針に従う場合に起こり得る故障状況を表す. 分散チェックポイントアルゴリズムでは, 故障時のロールバック後の再実行を最...
真鍋 義文
情報処理学会アルゴリズム研究会、情処研報96-AL-54-3   1996年10月17日   
通信路がFIFOとは限らない分散システムにおいて、一貫性のある全域チェックポイントを求める問題を考える。あるプロセスのチェックポイント開始に対する一貫性のある最始(最終)全域チェックポイントは各プロセスのチェックポイントの組で一貫性をもち、かつ各プロセスの要素以前(以降)のチェックポイントが必ず開始チェックポイントと一貫性がないという性質を持つものである。任意のプロセスの任意のチェックポイント開始に対して一貫性のある最始・最終全域チェックポイントを与えるという条件のもとで、各プロセスが取る...
真鍋 義文, Awerbuch Baruch
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   1996年4月19日   
サービス提供にコストが存在する場合のオンライン受け付け制御問題を考える。順番に到着するリクエストに対しサービスを行なうと、リクエストによって異なる利益が与えられる。但し、受け付けることのできるリクエストの総数には制限がある。このとき総利益をなるべく大きくするオンラインアルゴリズムを求める。オンラインアルゴリズムの評価としては競合比が用いられるが、コストのため利益が負になる場合かあるのでこの問題には適用できない。利益が負になる場合を含めて評価できる一般化競合比を定義する。また、コストが初期コ...
分散システムのアルゴリズム
電子情報通信学会信越支部講演会   1996年   
青柳滋己, 真鍋義文
情報処理学会アルゴリズム研究会、情処研報94-AL-41-12   1994年9月21日   
通常の分散アルゴリズムは、アルゴリズム開始時にネットワークやプロセッサが特定の状態(初期状態)にあると仮定することが多いが、自己安定アルゴリズムは初期状態に何も仮定せず、有限時間内に問題を解く事ができる分散アルゴリズムである。Katzらはプロセッサが識別子を持ち、準均一な任意のメッセージ通信ネットワーク上で、任意の非自己安定プログラムを自己安定化する方法を考案した。本稿ではその方法を拡張し、プロセッサに識別子のない均一な任意のメッセージ通信ネットワーク上で動作する自己安定化プログラムを示す...
真鍋 義文, 青柳 滋己
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   1994年7月25日   
リアルタイムシステムでは各タスクに期限が存在し、タスク処理は期限までに終了しなければいけないため、タスクのスケジュールは重要な問題である。Rate Monotonic法は周期的リアルタイムタスクの最も一般的なスケジュール法である。タスクの組が与えられた時に、Rate Monotonic法ですべてのタスクが期限までに実行できるか否かを判定する問題を考察する。本稿では実行可能であるための新たな必要十分条件を示し、その条件に基づく判定アルゴリズムを与える。このアルゴリズムの時間計算量はタスク数の...
真鍋 義文, 青柳 滋己
電子情報通信学会コンピュテーション研究会、信学技報COMP93-43   1993年9月24日   
相互排除問題は多くのプロセスの中の1つに権利を与える問題であり、共有リソースの使用などで用いられる。コータリーと呼ばれる集合を用いて相互排除を行なう分散アルゴリズムが考えられてきた。近年、同一の共有リソースが複数個存在する場合に相当するk-相互排除問題に対し、コータリーを拡張したk-コータリーを用いた分散アルゴリズムが考察されている。本稿では、k-コータリーの新たな定義とそのk-コータリーを用いた分散k-相互排除アルゴリズムを示す。その通信計算量はコータリーの最大のコーラムの大きさを|Q|...
マルチポリシー分散システム向けアルゴリズム
日本ソフトウェア科学会マルチエージェントと協調計算ワークショップ   1993年   
真鍋 義文, 青柳 滋己
情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会、情処研報92-DPS-56-13   1992年7月9日   
プロセス生成/消滅、および通信路の設定/解放を動的に行なう分散プログラムに対するデバッグ手法について述べる。分散プログラムのデバッグの困難さの主な原因は動作の非決定性および、プロセスの相互関係理解の困難さにあると考えられる。分散プログラムの開発支援用に、()非決定性の原因となるプロセス生成・通信路設定・通信の再演機能、()大域的条件によるブレークポイント・トレース設定機能、()与えられた大城的条件に対する最小限動作機能を持つ、分散プログラム用デバッガのプロトタイプ版ddbx?pを開発した。...
青柳滋己, 真鍋義文
情報処理学会第44回全国大会 2G-6   1992年2月24日   
並列・分散プログラムでは、あるプロセスで生じたエラーがプロセス間通信によって他のプロセスに伝播しそこで顕在化することもあり、プログラムのデバッグを非常に因難なものにしている。従来の並列・分散デバッガは個々のプロセスの実行を止めてその時点での変数の値などを調べたり、あるいはプロセス間通信の様子を調べたりする機能は持っているがそれだけではエラーが他のプロセスに伝播して顕在化するバグの原因を発見するには不十分である。メッセージの流れに沿ってデバッグの視点を順方向・逆方向に移動できるcausal ...
分散デバッガのためのチェックポイント・ロールバックアルゴリズム
日本ソフトウェア科学会第10回ソフトウェア研究会   1992年