恒川 篤史

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 11:52
 
アバター
研究者氏名
恒川 篤史
 
ツネカワ アツシ
URL
http://www.alrc.tottori-u.ac.jp/staff201/ja/tsunekawa.html
所属
鳥取大学
部署
乾燥地研究センター 総合的砂漠化対処部門
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
鳥取大学 乾燥地研究センター 教授
 
1996年7月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 助教授
 
1990年4月
 - 
1996年6月
国立環境研究所 水土壌圏環境部 主任研究員
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院 農学系研究科 農業生物学専門課程
 
1979年4月
 - 
1983年3月
東京大学 農学部 農業生物学科
 

論文

 
Ebabu Kindiye, Tsunekawa Atsushi, Haregeweyn Nigussie, Adgo Enyew, Meshesha Derege Tsegaye, Aklog Dagnachew, Masunaga Tsugiyuki, Tsubo Mitsuru, Sultan Dagnenet, Fenta Ayele Almaw, Yibeltal Mesenbet
SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   648 1462-1475   2019年1月   [査読有り]
Kobayashi Nobuyuki, Hou Fujiang, Tsunekawa Atsushi, Chen Xianjiang, Yan Tianhai, Ichinohe Toshiyoshi
ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES   31(12) 1881-1889   2018年12月   [査読有り]
Mekuriaw Shigdaf, Tegegne Firew, Tsunekawa Atsushi, Ichinohe Toshiyoshi
TROPICAL ANIMAL HEALTH AND PRODUCTION   50(5) 965-972   2018年6月   [査読有り]
Sultan Dagnenet, Tsunekawa Atsushi, Haregeweyn Nigussie, Adgo Enyew, Tsubo Mitsuru, Meshesha Derege T., Masunaga Tsugiyuki, Aklog Dagnachew, Fenta Ayele A., Ebabu Kindiye
JOURNAL OF ARID LAND   10(2) 249-263   2018年4月   [査読有り]
Nigussie Z, Tsunekawa A, Haregeweyn N, Adgo E, Cochrane L, Floquet A, Abele S.
Land Use Policy   71 1-10   2018年   [査読有り]
Haregeweyn N, Tsunekawa A, Poesen J, Tsubo M, Meshesha D.T, Fenta A.A, Nyssen J, Adgo E.
Science of the Total Environment   574 95-108   2017年   [査読有り]
Meshesha Derege Tsegaye, Tsunekawa Atsushi, Haregeweyen Nigussie
HYDROLOGICAL SCIENCES JOURNAL-JOURNAL DES SCIENCES HYDROLOGIQUES   63(10) 1574-1587   2018年   [査読有り]
Sultan D, Tsunekawa A, Haregeweyn N, Adgo E, Tsubo M, Meshesha D. T, Masunaga T, Aklog D, Ebabu K.
Physical Geography   38(5) 423-447   2017年   [査読有り]
Qian T, Tsunekawa A, Masunaga T, Wang T.
Mathematical Problems in Engineering   9   2017年   [査読有り]
Imai S, Ito T.Y, Kinugasa T, Shinoda M, Tsunekawa A, Lhagvasuren B.
Journal of Zoology   301(2) 133-140   2016年   [査読有り]
Haregeweyn N, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D, Adgo E, Poesen J, Sch{ü}tt B.
Regional Environmental Change   16(4) 951-966   2016年   [査読有り]
Li R, Tsunekawa A, Tsubo M.
Theoretical and Applied Climatology   127(3-4) 597-609   2015年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Haregeweyn N.
Geoderma   284 13-21   2016年   [査読有り]
Nigussie Z, Tsunekawa A, Haregeweyn N, Adgo E, Nohmi M, Tsubo M, Aklog D, Meshesha D.T, Abele S.
Small-scale Forestry   1-15   2016年   [査読有り]
Haregeweyn N, Tesfaye S, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D.T, Adgo E, Elias A.
Environmental monitoring and assessment   187(1)    2015年   [査読有り]
Okada A, Ito T.Y, Buuveibaatar B, Lhagvasuren B, Tsunekawa A.
Mammalian Biology   80(4) 303-311   2015年   [査読有り]
Zhang B, Tsunekawa A, Tsubo M.
Water, Air, and Soil Pollution   226(4)    2015年   [査読有り]
Haregeweyn N, Tsunekawa A, Nyssen J, Poesen J, Tsubo M, Tsegaye Meshesha D, Sch{ü}tt B, Adgo E, Tegegne F.
Progress in Physical Geography   39(6) 750-774   2015年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M, Haregeweyn N, Adgo E.
Theoretical and Applied Climatology   1-8   2014年   [査読有り]
Li R, Tsunekawa A, Tsubo M.
Journal of Arid Land   6(1) 3-15   2014年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M, Ali S.A, Haregeweyn N.
Regional Environmental Change   14(2) 757-768   2014年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M, He C, Shen M.
Global and Planetary Change   116 139-148   2014年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M, Zhou W.
International Journal of Remote Sensing   34(19) 6484-6495   2013年   [査読有り]
Haregeweyn N, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D, Melkie A.
Environmental Monitoring and Assessment   185(9) 7527-7542   2013年   [査読有り]
Ito T.Y, Tsuge M, Lhagvasuren B, Buuveibaatar B, Chimeddorj B, Takatsuki S, Tsunekawa A, Shinoda M.
Journal of Arid Environments   91 61-68   2013年   [査読有り]
Ito T.Y, Lhagvasuren B, Tsunekawa A, Shinoda M, Takatsuki S, Buuveibaatar B, Chimeddorj B.
PLoS ONE   8(2)    2013年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
International Journal of Climatology   33(7) 1844-1848   2013年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters   9(3) 427-431   2012年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M.
Land Degradation and Development   23(2) 130-143   2012年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M, Haregeweyn N.
International Journal of Sediment Research   27(1) 84-99   2012年   [査読有り]
Fei P, Tsuji W, Tao W, Tsunekawa A.
Advanced Materials Research   356-360 2465-2472   2012年   [査読有り]
Kinugasa T, Tsunekawa A, Shinoda M.
Oecologia   170(3) 857-865   2012年   [査読有り]
Haregeweyn N, Berhe A, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D.T.
Environmental Management   50(6) 1219-1233   2012年   [査読有り]
Haregeweyn N, Melesse B, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D, Balana B.B.
Journal of Soils and Sediments   12(2) 291-305   2012年   [査読有り]
Haregeweyn N, Fikadu G, Tsunekawa A, Tsubo M, Meshesha D.T.
Landscape and Urban Planning   106(2) 149-157   2012年   [査読有り]
Han X, Tsunekawa A, Tsubo M, Li S.
Acta Agriculturae Scandinavica Section B: Soil and Plant Science   61(2) 112-121   2011年   [査読有り]
Duan H, Yan C, Tsunekawa A, Song X, Li S, Xie J.
Environmental Earth Sciences   64(4) 1011-1020   2011年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M, Haregeweyn N.
Proceedings of the IASTED International Conference on Environmental Management and Engineering, EME 2011   5-12   2011年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M.
42nd Conference and Expo of the International Erosion Control Association 2011   91-103   2011年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
Geomorphology   129(3-4) 412-416   2011年   [査読有り]
Haregeweyn N, Berehe A, Tsunekawa A, Tsubo M, Tsegaye D.
42nd Conference and Expo of the International Erosion Control Association 2011   251-260   2011年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
International Journal of Remote Sensing   32(23) 8555-8574   2011年   [査読有り]
Haregeweyn N, Melesse B, Tsunekawa A, Tsubo M, Tsegaye D.
42nd Conference and Expo of the International Erosion Control Association 2011   239-250   2011年   [査読有り]
Meshesha D.T, Tsunekawa A, Tsubo M, Haregeweyn N.
Journal of Food, Agriculture and Environment   9(3-4) 784-792   2011年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences - ISPRS Archives   38 265-269   2010年   [査読有り]
Li L, Tsunekawa A, Tsubo M, Koike A, Wang J.
Journal of Food, Agriculture and Environment   8(2) 1185-1192   2010年   [査読有り]
Han X, Tsunekawa A, Tsubo M, Li S.
Acta Agriculturae Scandinavica Section B: Soil and Plant Science   60(4) 326-334   2010年   [査読有り]
Li L, Tsunekawa A, Tsubo M, Koike A, Wang J.
Journal of Food, Agriculture and Environment   8(3-4 PART 2) 772-778   2010年   [査読有り]
Wang S, Xie B, Yin L, Duan L, Li Z, Egrinya Eneji A, Tsuji W, Tsunekawa A.
Photochemistry and Photobiology   86(1) 110-116   2010年   [査読有り]
Han L, Tsunekawa A, Tsubo M.
International Journal of Applied Earth Observation and Geoinformation   12(5) 375-384   2010年   [査読有り]
Zhang B, Tsunekawa A, Tsubo M.
Global and Planetary Change   60(3-4) 487-504   2008年2月   [査読有り]
Mu H, Kurozawa Y, Kotani K, Liu G, Liu P, Tsunekawa A, Nishino S, Ito T.Y.
Journal of Environmental Health   70(6) 38-43   2008年1月   [査読有り]
Ito T.Y, Okada A, Buuveibaatar B, Lhagvasuren B, Takatsuki S, Tsunekawa A.
Journal of Wildlife Management   72(4) 940-943   2008年5月   [査読有り]
Iijima Y, Kawaragi T, Ito T, Akshalov K, Tsunekawa A, Shinoda M.
Hydrological Processes   22(16) 2974-2981   2008年7月   [査読有り]
Irshad M, Inoue M, Ashraf M, Faridullah, Delower H.K.M, Tsunekawa A.
Journal of Applied Sciences   7(8) 1199-1205   2007年   [査読有り]
Zhang Baolin, Tsunekawa Atsushi, Tsubo Mitsuru
GEOINFORMATICS 2006: REMOTELY SENSED DATA AND INFORMATION   6419    2006年   [査読有り]
Ito T.Y, Miura N, Lhagvasuren B, Enkhbileg D, Takatsuki S, Tsunekawa A, Jiang Z.
Journal of Zoology   269(3) 291-298   2006年   [査読有り]
Komatsu Y, Tsunekawa A, Ju H.
Agriculture, Ecosystems and Environment   108(1) 29-43   2005年   [査読有り]
Miura N, Tsunekawa A, Takeuchi K.
Phyton - Annales Rei Botanicae   45(4) 25-32   2005年   [査読有り]
Parikesit, Takeuchi K, Tsunekawa A, Abdoellah O.S.
Agroforestry Systems   63(2) 171-182   2005年   [査読有り]
Tsunekawa A, Ito T.Y, Shinoda M, Nemoto M, Suhama T, Ju H, Shimizu H.
Phyton - Annales Rei Botanicae   45(4) 185-192   2005年   [査読有り]
Ito T.Y, Miura N, Lhagvasuren B, Enkhbileg D, Takatsuki S, Tsunekawa A, Jiang Z.
Conservation Biology   19(3) 945-948   2005年   [査読有り]
Parikesit, Takeuchi K, Tsunekawa A, Abdoellah O.S.
Agriculture, Ecosystems and Environment   105(3) 541-554   2005年   [査読有り]
Murakami A, Medrial Zain A, Takeuchi K, Tsunekawa A, Yokota S.
Landscape and Urban Planning   70(3-4 SPEC. ISS.) 251-259   2005年   [査読有り]
Miura N, Ito T.Y, Lhagvasuren B, Enkhbileg D, Tsunekawa A, Takatsuki S, Jiang Z, Mochizuki K.
International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences - ISPRS Archives   35 418-422   2004年   [査読有り]
Gunawan B, Takeuchi K, Tsunekawa A, Abdoellah O.S.
Journal of Sustainable Forestry   18(4) 29-46   2004年   [査読有り]
Lijima Y, Kawaragi T, Ito T, Akshalov K, Tsunekawa A, Shinoda M.
26th Conference on Agricultural and Forest Meteorology   443-447   2004年   [査読有り]
Tsunekawa A, Saito C, Takeuchi K, Zhu B, Abe K.
Environmental Management   32(1) 47-61   2003年   [査読有り]
Harashina K, Takeuchi K, Tsunekawa A, Arifin H.S.
Agriculture, Ecosystems and Environment   100(1-3) 75-90   2003年   [査読有り]
Parikesit, Takeuchi K, Tsunekawa A, Abdoellah O.S.
Agriculture, Ecosystems and Environment   84(3) 245-258   2001年   [査読有り]
Ram K.A, Tsunekawa A, Saha D.K, Miyazaki T.
Journal of Arid Environments   41(4) 463-477   1999年   [査読有り]
Tsunekawa A, Kar A, Yanai J, Tanaka U, Miyazaki T.
Journal of Arid Environments   36(2) 367-384   1997年   [査読有り]
Takeuchi K, Tsunekawa A, Ikeguchi H.
Geographical Reports - Tokyo Metropolitan University   25 269-287   1990年   [査読有り]

Misc

 
恒川篤史
日本砂丘学会全国大会研究発表・シンポジウム要旨集   64th 15‐18   2018年
今井駿輔, 伊藤健彦, 篠田雅人, 恒川篤史, LHAGVASUREN Badamjav
日本生態学会大会講演要旨(Web)   65th ROMBUNNO.P1‐184 (WEB ONLY)   2018年
今井駿輔, 伊藤健彦, 恒川篤史, 篠田雅人, LHAGVASUREN Badamjav
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2017 188   2017年9月
伊藤健彦, 今井駿輔, LHAGVASUREN Badamjav, 恒川篤史, 篠田雅人
日本生態学会大会講演要旨(Web)   64th ROMBUNNO.P2‐A‐007 (WEB ONLY)   2017年
今井駿輔, 伊藤健彦, 篠田雅人, 恒川篤史, LHAGVASUREN Badamjav
日本生態学会大会講演要旨(Web)   64th ROMBUNNO.P1‐K‐341 (WEB ONLY)   2017年
今井駿輔, 伊藤健彦, 篠田雅人, 恒川篤史, LHAGVASUREN Badamjav
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2016 201   2016年9月
小林伸行, HOU Fujiang, 恒川篤史, 一戸俊義, YAN Tianhai, CHEN Xianjiang
日本草地学会誌   62 109   2016年3月
神田隆志, 神田隆志, 田村憲司, 浅野眞希, WUYUNNA, 恒川篤史, 中村徹
日本砂丘学会誌   62(3) 97‐105   2016年2月
今井駿輔, 伊藤健彦, 衣笠利彦, 恒川篤史, 篠田雅人, LHAGVASUREN B.
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2014 143   2014年9月
伊藤健彦, 今井駿輔, LHAGVASUREN B., 恒川篤史, 篠田雅人
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2014 99   2014年9月
安藤 孝之, 恒川 篤史, 坪 充, 小林 一
農業経営研究   50(3) 78-83   2012年12月
ヤトロファ(Jatropha curcas L.)はメキシコから中米を起源とする植物であり,乾燥に強く食料と競合しないバイオ燃料原料として関心が高まった。開発途上国では農業に依存している貧困層の新たな収入機会や無電化村における発電用油の自給等の目的でヤトロファ栽培が拡大した。メキシコ合衆国チアパス州政府は貧困度の高い農村に新規作物としてヤトロファを導入し,貧困削減と環境への貢献を図るため2007年にバイオ燃料導入政策を策定し,ヤトロファの種子や苗を無償配布するなどの取り組みを行っている。一...
近藤 謙介, 池田 奈美枝, 樫原 千枝, 北村 義信, 岩崎 正美, 恒川 篤史, 松添 直隆
植物環境工学   22(1) 15-21   2010年3月
高温期における再生紙マルチの利用がミズナ2品種'京みぞれ'と'晩生白茎千筋京水菜'(以下, '白茎')の生育, アスコルビン酸含量および硝酸イオン濃度に及ぼす影響を検討した. 処理区は白色と黒色の再生紙マルチを用いた紙(白)区と紙(黒)区, シルバーポリマルチを用いたシルバー区, さらに裸地区を設け, 計4処理区とし, 露地および雨よけハウス内でそれぞれ栽培した. 栽培期間中で最も気温の高かった日の地温および平均最高地温が最も低かった区は露地とハウス内ともに紙(白)区だった. 再生紙マルチ...
恒川 篤史
都市計画   58(3) 21-24   2009年6月
張 宝林, 恒川 篤史, 坪 充
日本砂丘学会誌   55(1) 13-23   2008年6月
辻 渉, 松永 ゆかり, Saxena Mohan C., 坪 充, 恒川 篤史
日本作物學會紀事   77(1) 120-121   2008年3月
恒川 篤史
学術月報   61(2) 143-147   2008年2月
恒川 篤史
MPTシンポジウム伝動装置講演論文集 : JSME Symposium on Motion and Power Transmissions   2007(0) 7-8   2007年11月
恒川 篤史, 山本 太平, 山崎 真吾, 張 清涛, 入江 玄徳, 槙野 良介, AL-BUSAIDI Ahmed, 田中 聡, 室町 かおり, 藤井 尚, 山口 由美子, 近藤 由美
土木学会誌   92(10) 48-49   2007年10月
神田 隆志, 田村 憲司, 浅野 眞希, 恒川 篤史, 篠田 雅人, 東 照雄
日本土壌肥料学会講演要旨集   53(53)    2007年8月
近藤 謙介, 池田 奈美枝, 樫原 千枝, 北村 義信, 岩崎 正美, 恒川 篤史, 松添 直隆
園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表   75(2)    2006年9月
篠田 雅人, 恒川 篤史, 根本 学, ナチンションホル G. U., 中野 智子, 田村 憲司, 浅野 眞希, エルデネツェツェグ D.
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (69)    2006年3月
恒川 篤史, 山西 亜希
森林科学 : 日本林学会会報   46(46) 11-15   2006年2月
篠田 雅人, 恒川 篤史, 根本 学, ナチン, 中野 智子, 田村 憲司, 浅野 眞希, エルデネツェツェグ D.
大会講演予講集   88    2005年10月
伊藤 健彦, 三浦 直子, 恒川 篤史
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   12(1) 67-72   2004年7月
The mountain hawk-eagle (Spizaetus nipalensis orientalis) is a large forest-dwelling hawk. It is listed as an endangered species in "Threatened Wildlife of Japan-Red Data Book 2nd ed." We used multivariate analysis to estimate the distr...
吉田 幹雄, 小松 由明, 鞠 洪波, 恒川 篤史
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (17) 363-368   2003年11月
山西 亜希, 加藤 和弘, 恒川 篤史, 樋口 広芳
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (17) 317-322   2003年11月
飯島 慈裕, 河原木 常男, AKSHALOV K., 伊藤 健彦, 恒川 篤史, 篠田 雅人
大会講演予講集   84    2003年10月
山田 順之, 上田 純広, 恒川 篤史
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   11(1) 61-69   2003年9月
飯島 慈裕, 河原木 常男, Akshalov K., 伊藤 健彦, 恒川 篤史, 篠田 雅人
大会講演予講集   84    2003年10月
山西 亜希, 上條 隆志, 恒川 篤史, 樋口 広芳
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   66(5) 473-476   2003年3月
Vegetation in Miyake Island was severely damaged by the 2000 Miyake Island volcano eruption. Four satellite images were analyzed for the purpose of grasping the long-term and extensive effect on vegetation of Miyake Island. The first visible veget...
飯島 慈裕, 河原木 常男, AKSHALOV Kanat, 伊藤 健彦, 恒川 篤史, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    2003年3月
生田 和正, 宮川 俊彦, 恒川 篤史
環境研究   (129) 13-17   2003年
篠田 雅人, 恒川 篤史, 伊藤 健彦, 根本 学, 飯島 慈裕
大会講演予講集   82    2002年10月
根本 学, 篠田 雅人, 恒川 篤史
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (62)    2002年9月
伊藤 健彦, 飯島 慈裕, 根本 学, 恒川 篤史, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (62)    2002年9月
恒川 篤史, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (62)    2002年9月
大林 圭司, 朱 波, 太田 猛彦, 武内 和彦, 恒川 篤史
日本緑化工学会誌 = / the Japanese Society of Revegetation Technology   27(4) 582-588   2002年5月
別所 力, 恒川 篤史, 武内 和彦, 神山 麻子
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   9(2) 83-90   2001年9月
In recent years, people have become aware of various functions and significance of Secondary forests, which is called Satoyama. However, Satoyama is decreasing in both quantity and quality. Therefore, a preservation plan is needed for Satoyama. Th...
村上 暁信, 武内 和彦, 恒川 篤史, 守分 紀子
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   35 625-630   2000年10月
Medrial Alinda, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画学会誌   19(2)    2000年9月
鈴木 健次郎, 恒川 篤史, 高槻 成紀, 東 英生
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   8(2) 69-75   2000年9月
安部 和子, 朱 波, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association   18 169-174   1999年11月
東 淳樹, 時田 賢一, 武内 和彦, 恒川 篤史
農村計画論文集   1 253-258   1999年11月
サシバの繁殖期間中である1998年5月から6月にかけて千葉県北西部の手賀沼流域の22カ所の谷津環境において、サシバの生息分布調査を行ないサシバの生息地の土地環境条件について考察した。その結果、サシバの生息確認地点は、谷津田の面積、斜面林の面積、稲作面積、谷津田に接する斜面林の面積のそれぞれの値が、非生息確認地点よりも有意に大きかった。サシバの保全を意図した谷津環境のあり方として、水田耕作された谷津田面積が十分確保され、谷津田が斜面林に覆われ、その面積が広いことが重要であることが示された。こ...
原科 幸爾, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association   18 337-342   1999年11月
安部 和子, 朱 波, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画論文集   1 169-174   1999年11月
Land cover changes during the past 50 years and actual status of bio-resources utiization were analyzed to evaluate agricultural sustainability in a small catchment area in Sichuan Province, Southern China. This study revealed that massive defores...
原科 幸爾, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画論文集   1 337-342   1999年11月
Most parts of Japan are covered with forests that play multifunctional role in environmental conservation. Forest connectivity in the Japanese islands was evaluated by calculating a newly proposed index "CON" defined as the number of the neighbori...
原科 幸爾, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画論文集   1 337-342   1999年11月
恒川 篤史
環境情報科学   28(3) 24-29   1999年10月
安部 和子, 朱 波, 恒川 篤史, 武内 和彦
農村計画論文集   1 169-174   1999年11月
李 龍太, 恒川 篤史
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 737-740   1999年3月
都市内に残っている民有樹林地を保全していくためには,地権者の協力が不可欠である。したがって,樹林地保全制度の効率的な運営のためには,各保全制度に対する地権者の意識を把握することが重要であると考えられる。本研究では,練馬区に樹林を提供している土地所有者を対象に,アンケート調査により意識傾向を調べた。その結果,相続税の納付と樹林地の管理がかなり負担になっており,「市民緑地」制度における相続税の減免幅とその契約期間の長さについて不満を持っていることが分かった。この結果から,今後相続税の評価減の拡...
原科 幸爾, 恒川 篤史, 武内 和彦, 高槻 成紀
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 569-572   1999年3月
森林の連続性を評価するための指数CONを定義し,国土数値情報3次メッシュ(約1km^2)を単位とした既存の植生データを用いて,本州における森林の連続性を評価した。指数CONによる森林連続性と陸生哺乳類13種の分布とのオーバーレイをおこない,CONと分布の対応関係を把握した。指数CONに対する各動物の分布の反応を類型化したところ,1)奥山的な動物群,2)準奥山的な動物群,3)里山的な動物群,4)生息特性との関係があまりみられなかった動物群,の4群に分けられた。1),2),3)の動物群に関して...
東 淳樹, 武内 和彦, 恒川 篤史
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   12 239-244   1998年11月
千葉県印譜沼流域鹿島川水系において,サシバの分布および生息環境について調べた・まず,サシバの繁殖期間中にあたる1997年4月下旬から6月初旬にかけて,生息分布を調査した・また,同年5月下旬から7月下旬にかけて,ラジオ・テレメトリ法により繁殖期間中の繁殖雄4羽の行動追跡を行なった・その結果,サシバは,谷津環境に生息し,生息分布は,谷津田の幅の広さと関連があった・サシバは斜面林を移動しながら採食し, 6月初旬までは谷津田を採食場所として利用したが,それ以降は林縁部,林冠部へと採食場所を移行させ...
恒川 篤史
エネルギー・資源   19(2) 157-162   1998年3月
恒川 篤史, 伊藤 泰志
都市計画   46(6) 29-32   1998年2月
恒川 篤史
市政   46(11) 12-19   1997年11月
立入 郁, 恒川 篤史, 武内 和彦
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   11 69-74   1997年10月
南緯20°から北緯60°、東経60度から同160°の範囲において,緯度1°×経度1°を単位とし、植生、標高、土壌、年平均気温,年降水量の各データを用いてアジア地域の土地分類をおこなった。 分類はcorrespondence analysisによって3次元空間に各サンプルをプロットしたのち、 cluster分析を適用することによっておこなった。その結果、入力データのうち特に気温と降水量の寄与が大きく、それは分類後のカテゴリーの配置が、チベット高原を中心とした同心円上の構造と熱帯から亜寒帯へと...
宇都宮 陽二朗, 加藤 純雄, 恒川 篤史
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   5(1) 63-69   1997年2月
恒川 篤史
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   60(3) 281-282   1997年1月
伊藤 泰志, 武内 和彦, 井手 任, 加藤 和弘, 恒川 篤史, 斉藤 馨
造園雑誌   56(5) 319-324   1993年3月
本研究では,機能論の立場から,逗子市において自然環境から見た緑地の価値が,土砂崩壊防止や土壌侵食防止を表す土地機能と,植生自然度,生物生息の多様性を表す生態系維持機能,さらに市街地周辺緑地の見え易さが景観上重要とする景観保全機能で評価されるとし,緑地の持つ環境保全機能をこの3機能による階層的分類体系で規定した。そして,これらの各機能を環境情報システムを用いて計量化するとともに,総合評価を行った。この結果は,地域の開発と保全のバランスを図った緑地環境保全目標設定の基礎となり,また,事業の計画...
恒川 篤史
遺伝   46(4) p68-74   1992年4月
李 東根, 内藤 正明, 恒川 篤史, 武内 和彦, 森田 恒幸, 中口 毅博
造園雑誌   55(5) 331-336   1992年3月
本研究では,東京都における2時点の快適環境指標調査の結果を比較し,評価関数の変化および環境評価の変化要因をあきらかにすることを目的とした。その結果,両年の評価関数は大きくは変わっていないこと,環境評価の変化要因としては,物的環境との対応はあきらかでないが,環境施策の投入効果や住民の転入,転出の効果が認められることがわかった。
恒川 篤史
地理   35(12) p74-81   1990年12月
林 邦能, 恒川 篤史, 蔡 〓静, 李 東根
造園雑誌   53(5) 377-382   1990年3月
本研究の結果,(1)ゴルフ場の総数は,日本1640箇所,韓国45箇所,台湾28箇所である。(2)ゴルフ場開発に対して,日本では都市計画法・開発指導要綱による規制,環境アセスメントなど,韓国では環境保全法による環境アセスメント,台湾では教育部の許可,により環境への配慮が求められている。今後,日本では制度的・技術的見直しを行いながら,積極的に諸外国に対して環境アセスメントについて技術協力を行うべきである。
李 東根, 恒川 篤史, 武内 和彦
造園雑誌   52(5) 288-293   1989年3月
多摩川中流域を事例対象地域として,環境管理計画策定の基礎となる環境基礎情報(データベース)の整備と,多変量解析手法(数量化III類,クラスター分析など)を用いた環境基礎情報の利用・解析手法を検討した。整備された環境基礎情報を利用して地域区分(環境単位)を行い,各環境単位ごとの環境構成要素の相互関係,土地利用変動の特性を把握することができた。
恒川 篤史, 山岡 裕子
造園雑誌   51(5) 347-352   1988年3月
本研究は,建物用途に応じた"緑の存在状況と敷地面積との対応関係"を明らかにすることを目的として,東京都の代表的低価戸建住宅地における実態調査を行った。その結果,木造・非木造集合住宅および住居併用店舗では,一定の敷地面積に対する樹木緑被率・接道部緑化率が専用戸建住宅に比べて明らかに低く,ほとんどの場合,専用戸建住宅の半分に満たないということが示された。
根来 千秋, 恒川 篤史
都市計画論文集   (23) p187-192   1988年
渡辺 達三, 恒川 篤史, 林 邦能
造園雑誌   50(5) 293-298   1987年3月
緑化政策と自治体属性との関係把握を目的に首都圏各市区を対象にアンケートを行い、各自治体の緑化政策への反応パターン等から政策実施数が人口や産業別就業者構造などに規定されること、"人口規模"や"都市化の進展度"、および田園性が十分に保持されているか都市化の進展により招来される"緑化不要・困難"軸等が政策実施の構造を支配していること等が明らかとなり、自治体の緑化政策実施態様への理解が深められた。
恒川 篤史
造園雑誌   50(5) 287-292   1987年3月
本研究は、低層戸建住宅地における地域緑化の考え方を整理し、さらに現行法制度におけるその可能性と限界を考察することを目的とし、千葉市における緑化協定-建築協定および緑化協定-地区計画の併用による事例を踏まえつつ検討した結果、敷地・建築の制限については、運用上の限界はともなうものの、一定の可能性が考えられたが、緑化については、協定締結が困難な場合に、特に緑の創出に関して有効な方策を欠くと考察された。
佐々木 寛幸, 輿水 肇, 武内 和彦, 恒川 篤史
造園雑誌   50(5) 120-124   1987年3月
東北地方41都市における常緑広葉樹32種の植栽分布の調査結果を因子分析を用いて分析し、植栽分布とそれにかかわる気候要因、とくに温度要因との対応関係について順位相関係数を用いて検討した。さらに、地域-樹種間のグルーピングをおこない、分析結果から得られた最も説明力の高い温度指標である最寒月平均気温を用いて、東北地方における温度要因からみた常緑広葉樹植栽可能地域の区分を行った。
恒川 篤史, 上野 知暁, 宮本 克己
造園雑誌   49(5) 281-286   1986年3月
都市域においてオープンスペース(以下OSと略)をいかに確保するかを検討するために東京都港区において江戸時代末期から昭和59年にかけてと昭和40年から昭和59年にかけての各々について調査、分析を行い、OSの存続と変容の過程及びそれに係わる要因を探った。その結果、そのためには公共系用地の拡大による公共系OSの創出と、敷地の細分化抑制、公開性の保証による非公共系OSの確保が重要であることが把握された。
ムラース W., 横張 真, 恒川 篤史
造園雑誌   49(2) 106-110   1985年12月
渡辺 達三, 恒川 篤史
造園雑誌   47(5) 37-42   1984年5月
摘要:文部省指定の名勝の実態については,その内容的な複雑さもあって,必ずしも一般に周知されているとはいえない現状にある。筆者らは名勝の文化財における位置づけについて考察するとともに,文化庁編集の「史跡名勝天然記念物指定目録」をもとに,多少の補足的な調査を加えながら、指定されている全ての名勝について,その地域,種類,指定内容,指定年別の実態の屡因にかかわる数量的な把握を行った。
田中 弘靖, 恒川 篤史, 井手 任
応用植物社会学研究   (13) p19-40   1984年3月

書籍等出版物

 
恒川 篤史, Liu Guobin, 山中 典和, Du Sheng
Springer   2014年   ISBN:9784431544807
恒川 篤史, 鳥取大学乾燥地研究センター
丸善出版   2014年   ISBN:9784621087534
武内 和彦, 佐藤 洋平, 鈴木 雅一, 恒川 篤史
実教出版   2008年   ISBN:9784407201550
恒川 篤史
古今書院   2007年   ISBN:9784772231053
恒川 篤史
朝倉書店   2005年10月   ISBN:4254185014
武内 和彦, 鷲谷 いづみ, 恒川 篤史
東京大学出版会   2001年   ISBN:9784130603010
恒川 篤史
朝倉書店   2005年   ISBN:9784254185010
武内 和彦, 林 良嗣, 恒川 篤史, 一ノ瀬 俊明, 加藤 博和, 井村 秀文, 福島 茂, 小林 重敬, 城所 哲夫, Lu Weiming (担当:共著)
岩波書店   1998年10月   ISBN:4000109081
東京大学出版会   2001年11月   ISBN:4130603019
宮崎 忠国, 恒川 篤史, 国立環境研究所
National Institute for Environmental Studies   1996年   
大久保 悟, 佐々木 恵彦, 小島 克己, 井上 真, 多屋 勝雄, 立入 郁, 田中 耕司, 丹下 健, 永田 信, 飯山 賢治, 恒川 篤史, 稲永 忍 (担当:共著)
岩波書店   1998年7月   ISBN:4000109065
武内 和彦, 恒川 篤史 (担当:共編者)
古今書院   1994年5月   ISBN:4772216413
Hobbs R. J. (Richard J.), Mooney Harold A., 大政 謙次, 恒川 篤史, 福原 道一 (担当:共訳)
シュプリンガー・フェアラーク東京   1993年5月   ISBN:4431706429

競争的資金等の研究課題

 
砂漠化対処に向けた次世代型「持続可能な土地管理(SLM)」フレームワークの開発」
科学技術振興機構+国際協力機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(STREPS)
研究期間: 2017年4月 - 2023年3月    代表者: 恒川 篤史
国際河川・青ナイル川流域における土壌侵食・土壌流亡緩和のための土地管理
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤海外(A)
研究期間: 2013年10月 - 2018年3月    代表者: 恒川 篤史
モンゴル草原の人工構造物が絶滅危惧有蹄類の生息地を分断化する影響の評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤海外(A)
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月    代表者: 恒川 篤史
リモートセンシング・地上観測とモデル研究の統合による生態系プロセスモデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(A)
研究期間: 2003年4月 - 2007年3月    代表者: 恒川 篤史
先端情報技術を用いたモウコガゼルの越境移動経路の解明と生息環境のモニタリング
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤海外(B)
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月    代表者: 恒川 篤史