北村 陽二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 16:37
 
アバター
研究者氏名
北村 陽二
 
キタムラ ヨウジ

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
   
 
金沢大学 学際科学実験センター
 
2007年4月
 - 
2009年9月
岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助教
 
2005年4月
 - 
2007年4月
岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助手
 
2004年6月
 - 
2005年4月
岡山大学大学 自然科学研究科(薬学系) 助手
 
2003年4月
 - 
2004年6月
神戸学院大学 薬学部 実験助手
 

学歴

 
2001年3月
   
 
京都大学  
 
2003年3月
   
 
京都大学  
 
 
 - 
1999年3月
京都大学 薬学部 
 

受賞

 
2011年12月
日本放射線安全管理学会学 優秀ポスター賞:第10回日本放射線安全管理学会学術大会
 

論文

 
Effendi Nurmaya, Mishiro Kenji, Takarada Takeshi, Makino Akira, Yamada Daisuke, Kitamura Yoji, Shiba Kazuhiro, Kiyono Yasushi, Odani Akira, Ogawa Kazuma
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年7月   [査読有り]
Ogawa Kazuma, Masuda Ryohei, Mizuno Yoshiaki, Makino Akira, Kozaka Takashi, Kitamura Yoji, Kiyono Yasushi, Shiba Kazuhiro, Odani Akira
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   61 28-35   2018年6月   [査読有り]
Oshima Nobuhiro, Akizawa Hiromichi, Kitaura Hirotake, Kawashima Hidekazu, Zhao Songji, Zhao Yan, Nishijima Ken-ichi, Kitamura Yoji, Arano Yasushi, Kuge Yuji, Ohkura Kazue
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   54 18-26   2017年11月   [査読有り]
Ogawa Kazuma, Ishizaki Atsushi, Takai Kenichiro, Kitamura Yoji, Makino Akira, Kozaka Takashi, Kiyono Yasushi, Shiba Kazuhiro, Odani Akira
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年10月   [査読有り]
Effendi Nurmaya, Ogawa Kazuma, Mishiro Kenji, Takarada Takeshi, Yamada Daisuke, Kitamura Yoji, Shiba Kazuhiro, Maeda Takehiko, Odani Akira
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   25(20) 5576-5585   2017年10月   [査読有り]
Characteristics of 2-[ 4-(2-iodophenyl) piperidino] cyclopenntanon (OI5V) as a new siguma-1 receptor imaging agent.
Shigeno Taiki, Kozaka Takashi, Kitamura Yoji, Ogawa Kazuma, Shiba Kazuhiro
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   58    2017年5月   [査読有り]
Nobuhiro Oshima, Hiromichi Akizawa, Hidekazu Kawashima, Songji Zhao, Yan Zhao, Ken-ichi Nishijima, Yoji Kitamura, Yasushi Arano, Yuji Kuge, Kazue Ohkura
Nuclear Medicine and Biology   48 16-25   2017年2月   [査読有り]
Development of a radiobromine-labeled compound as a sigma receptor ligand for tumor imaging
Ogawa Kazuma, Mizuno Yoshiaki, Makino Akira, Masuda Ryohei, Kozaka Takashi, Kitamura Yoji, Kiyono Yasushi, Shiba Kazuhiro, Odani Akira
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   57    2016年5月   [査読有り]
Ogawa K., Fukuda T., Han J., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A.
Plos One   11(2)    2016年2月   [査読有り]
Uno I., Kozaka T., Miwa D., Kitamura Y., Azim M. A.-u., Ogawa K., Taki J., Kinuya S. and Shiba K.
PLoS ONE   11(1) e0146719   2016年1月   [査読有り]
Kitamura Y., Kozaka T., Miwa D., Uno I., Azim M. A.-u., Ogawa K., Taki J., Kinuya S. and Shiba K.
Annals of Nuclear Medicine   30(2) 122-129   2015年11月   [査読有り]
Ogawa K., Yu J., Ishizaki A., Yokokawa M., Kitamura M., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A
Bioconjugate Chemistry   26(8) 1561-1570   2015年8月   [査読有り]
Azim M. A.-u., Kozaka T., Uno I., Miwa D., Kitamura Y., Ogawa K., Makino A., Kiyono Y. and Shiba K.
Synapse   68(10) 445-453   2014年8月   [査読有り]
Introduction of radiobromine labeled decalinvesamicol analogue as a new and promising PET vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging probe
Anwar-ul Azim, Kozaka Takashi, Uno Izumi, Miwa Daisuke, Kitamura Yoji, Ogawa Kazuma, Kawai Keiichi, Kiyono Yasushi, Shiba Kazuhiro
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   55    2014年5月   [査読有り]
Lopatina O., Yoshihara T., Nishimura T., Zhong J., Akther S., Fakhrul A. A., Liang M., Higashida C., Sumi K., Furuhara K., Inahata Y., Huang J. J., Koizumi K., Yokoyama S., Tsuji T., Petugina Y., Sumarokov A., Salmina A. B., Hashida K., Kitao Y., Hori O., Asano M., Kitamura Y., Kozaka T., Shiba K., Zhong F., Xie M. J., Sato M., Ishihara K. and Higashida H.
Front Behav Neurosci   8 133   2014年4月   [査読有り]
Kozaka T., Uno I., Kitamura Y., Miwa D., Anwar-Ul Azim M., Ogawa K. and Shiba K.
Synapse   68(3/7) 107-113   2014年3月   [査読有り]
Oshima N., Akizawa H., Zhao S., Zhao Y., Nishijima K., Kitamura Y., Arano Y., Kuge Y. and Ohkura K.
Bioorg Med Chem   22(4) 1377-82   2014年2月   [査読有り]
Ogawa K., Ishizaki, A., Takai, K., Kitamura Y., Kiwada T., Shiba K., Odani A.
PLoS ONE   8(12) e84335   2013年12月   [査読有り]
Ogawa K., Ohtsuki K., Shibata T., Aoki M., Nakayama M., Kitamura Y., Ono M., Ueda M., Doue T., Onoguchi M., Shiba K. and Odani A.
PLoS ONE   8(12) e81191   2013年12月   [査読有り]
Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Shimizu K., Masumoto K., Hirota M., Higaki S., Miyoshi H., Saze T., Sakama M., Yanaga M.
RADIATION MEASUREMENTS   55 26-29   2013年8月   [査読有り]
Kadowaki S., Munekane M., Kitamura Y., Hiromura M., Kamino S., Yoshikawa Y., Saji H.
BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH   154(1) 111-119   2013年7月   [査読有り]
Ogawa K., Kanbara H., Kiyono Y., Kitamura Y., Kiwada T., Kozaka T., Kitamura M., Mori T., Shiba K., Odani A.
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   40(4) 445-450   2013年5月   [査読有り]
Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Miyoshi H., Yanaga M.
Radiation Safety Management   11(1) 23-26   2012年12月
Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Miyoshi H. and Yanaga M.
Radiation Safety Management   11(1) in press   2012年12月
Ogawa K., Kanbara H., Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Kiwada T. and Odani A
EJNMMI Research   2(1) 54   2012年12月   [査読有り]
Kozaka T., Uno I., Kitamura Y., Miwa D., Ogawa K., Shiba K.
Bioorganic & Medicinal Chemistry   20(16) 4936-4941   2012年7月   [査読有り]
Evaluation of Tc-99m-labeled Annexin A5 using a bis(hydroxamamide) derivative for detection of tumor response to therapy
Ogawa Kazuma, Shibata Tomomi, Kitamura Yoji, Kiwada Tatsuto, Nakayama Morio, Shiba Kazuhiro, Odani Akira
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   53    2012年5月   [査読有り]
Sugihara T., Munesue S., Yamamoto Y., Sakurai S., Akhter N., Kitamura Y., Shiba K., Watanabe T., Yonekura H., Hayashi Y., Hamada J. and Yamamoto H.
J Alzheimers Dis   28(3) 709-720   2012年1月   [査読有り]
Modification of chemical structure to improve biodistribution of a radiolabeled sigma ligand for tumor-imaging
Kanbara Hiroya, Ogawa Kazuma, Shiba Kazuhiro, Kitamura Yoji, Kiwada Tatsuto, Odani Akira
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   52    2011年5月   [査読有り]
Ogawa K., Takai K., Kanbara H., Kiwada T., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A.
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   38(5) 631-636   2011年1月   [査読有り]
Ueda M., Iida Y., Kitamura Y., Kawashima H., Ogawa M., Magata Y. and Saji H.
BRAIN RESEARCH   1199 46-52   2008年1月
Kitamura Y., Mori K., Yamamoto M., Nozaki A., Saito M., Tsukamoto I., Mifune M. and Saito Y.
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   56 1364-1366   2008年1月
Kitamura Y., Mifune M., Takatsuki T., Iwasaki T., Kawamoto M., Iwado A., Chikuma M. and Saito Y.
Catalysis Communications   9 224-228   2008年1月
Kitamura Y., Takatsuki T., Kawamoto M., Saito M., Iwado A., Tsukamoto I., Mifune M. and Saito Y.
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   55 500-502   2007年1月
Akizawa H., Saito M., Tsukamoto I., Ohkura T., Shimizu T., Kitamura Y.(Corresponding Authre), Mifune M., Saito Y., Arano Y. and Saji H.
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   30 2226-2228   2007年1月
Saji H., Ogawa K., Kitamura Y., Kubota-Akizawa M. and Kawashima H.
Biomed Res Trace Elements   18 255-263   2007年1月
Mifune M., Kamiguchi H., Tai T., Kuremoto S., Yamamoto M., Tsukamoto I., Saito M., Kitamura Y., and Saito Y.
Talanta   71 456-461   2007年1月
Kitamura Y, Tanaka H, Motoike T, Ishii M, Williams SC, Yanagisawa M, Sakurai T
Brain research   1093(1) 123-134   2006年6月   [査読有り]
Kiyono Y, Kanegawa N, Kawashima H, Kitamura Y, Iida Y, Saji H
Nuclear medicine and biology   31(2) 147-153   2004年2月   [査読有り]
Furusawa H, Kitamura Y, Hagiwara N, Tsurimoto T, Okahata Y
Chemphyschem : a European journal of chemical physics and physical chemistry   3(5) 446-448   2002年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
パートナー分析化学Ⅰ 改定第3版
萩中 淳,能田 均,山口政俊,北村陽二,他14名
南江堂   2017年3月   ISBN:978-4-524-40343-1
パートナー分析化学II 改定第3版
能田 均,萩中 淳,山口政俊,北村陽二,他28名
南江堂   2017年3月   ISBN:978-4-524-40344-8
PET journal
北村 陽二 (担当:共著, 範囲:脳内小胞アセチルコリントランスポーターのイメージング研究)
2015年   
放射化学の事典
北村 陽二 (担当:共著, 範囲:放射性核種を用いた診断と治療Ⅰ)
朝倉書店   2015年   
パートナー分析化学Ⅰ 改定第2版
萩中 淳,山口政俊,千熊正彦,北村陽二,他20名
南江堂   2012年3月   
赤外吸収スペクトルおよびラマンスペクトル
斎藤 寛,御舩正樹,北村陽二
南江堂   2010年2月   
パートナー分析化学Ⅰ 改定第2版
萩中 淳,山口政俊,千熊正彦,北村陽二,他20名
南江堂   2012年3月   
パートナー分析化学II 改定第2版
山口政俊,升島 努,能田 均,北村陽二,他20名
南江堂   2012年3月   

講演・口頭発表等

 
ストレス性精神疾患の早期診断用新規イメーイング剤の開発
高橋茉衣夏, 茂野泰貴, 小阪孝史, 北村陽二, 上出茉步, 濱本萌凪, 吉田楓, 小川数馬, 柴 和弘
第58回日本核医学会学術総会   2018年11月16日   日本核医学会
【目的】ストレスが原因となる精神疾患が増加している現代社会では、ストレス性精神疾患の客観的早期診断・早期治療が重要である。我々はストレス障害に対する改善・緩解作用がある脳内シグマ-1受容体(σ-1R)に注目し、σ-1Rイメージング剤の開発を検討した。【方法】VAChT及びσ受容体に高い親和性を有するvesamicolの類縁体であるOI5Vがσ-1Rに高い親和性及び選択性を有することを明らかにした。そこで、[125/123I]OI5Vを標識合成し、ラットを用いた[125I]OI5Vの脳内分布...
食品添加物確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討
北村 陽二,佐藤 恭子,多田 敦子,小川 数馬,小阪 孝史,中島 美由紀,茂野 泰貴,高橋 茉衣夏,小澤 梓,上出 茉歩,濵本 萌凪,吉田 楓,斎藤 寛,柴 和弘
日本薬学会 第138年会   2018年3月26日   
[123I]OI5V の新規シグマ-1 受容体イメージング剤としての評価
茂野泰貴, 小阪孝史, 北村陽二, 小川数馬, 柴 和弘
第15回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2017)   2017年9月4日   
新規SPECT用シグマ-1受容体イメージング剤の開発研究
茂野泰貴, 小阪孝史, 北村陽二, 小川数馬, 柴 和弘
第12回日本分子イメージング学会総会・学術集会   2017年5月25日   
オルト位にヨウ素を導入した5員環構造を有するvesamicol類縁体(OI5V)を合成するとともに放射性ヨウ素標識し、in vitroおよびin vivoにおけるσ-1Rイメージング剤としての有用性について調べた。
In vitroにおいて、OI5Vはσ-1Rに対する高い親和性、選択性が見られた。[125I]OI5Vは放射化学的収率79%、放射化学的純度>99%で標識合成できた。体内分布実験の結果、[125I]OI5Vの投与後30分における大脳、小脳への[125I]OI5V集積はそれぞれ1...
食品添加物確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討
北村 陽二, 佐藤 恭子, 小川 数馬, 小阪 孝史, 中島 美由紀, 茂野 泰貴, 高橋 茉衣夏, 小澤 梓, 斎藤 寛, 柴 和弘
日本薬学会 第137年会   2017年3月26日   日本薬学会
環サイズの異なるvesamicol類縁体の小胞アセチルコリントランスポーター及びシグマ受容体との構造活性相関
石山 史奈, 小阪 孝史, 高橋 茉衣夏, 北村 陽二, 茂野 泰貴, 小川 数馬, 柴 和弘
日本薬学会 第137年会   2017年3月26日   日本薬学会
5員環を有するvesamicol類縁体のシグマ-1受容体イメージング剤としての有用性
茂野 泰貴, 小阪 孝史, 北村 陽二, 石山 史奈, 小川 数馬, 柴 和弘
日本薬学会 第137年会   2017年3月26日   日本薬学会
ヒト染色体15番長腕重複モデルマウスのストレス負荷によるドーパミン受容体への影響
北嶋 祥太郎, 小澤 梓, 北村 陽二, 小阪 孝史, 茂野 泰貴, 小川 数馬, 柴 和弘
日本薬学会 第137年会   2017年3月25日   日本薬学会
SPECT用σ-2受容体イメージング剤[123I]PIDVの開発研究
小阪孝史、緩詰沙耶、茂野泰貴、北村陽二、小川数馬、川井恵一、絹谷清剛、柴 和弘
第56回日本核医学会学術総会   2016年11月4日   日本核医学会
Development of a radiobromine-labeled compound as a sigma receptor ligand for tumor imaging.
Mizuno Y, Makino A, Masuda R, Kozaka T, Kitamura Y, Kiyono Y, Shiba K, Odani A
2016SNMMI 63th annual meeting   2016年6月12日   
111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍イメージング剤としての開発研究
北村陽二、小川数馬、小阪孝史、茂野泰貴、北嶋祥太郎、石山史奈、中島美由紀、御舩正樹、川井恵一、絹谷 清剛、斎藤 寛、柴 和弘
第11回日本分子イメージング学会総会・学術集会   2016年5月29日   
In vitro evaluation meta-bromo benzovesamicol as PET VAChT imaging Probe.
Azim MA, Kozaka T, Uno I, Miwa D, Kitamura Y, Shiba K
The 2nd Asian Nuclear Medicine Academic Forum 2016,(ANMAF 2016)   2016年5月6日   
CD157/BST1ノックアウトマウスのドーパミン神経系の局所脳内分布変化
石山 史奈, 北嶋 祥太郎, 北村 陽二, 小阪 孝史, 小川 数馬, 東田 陽博, 柴 和弘
日本薬学会 第136年会   2016年3月29日   日本薬学会
ストレス性疾患の早期画像診断のターゲットとしてのシグマ受容体の可能性
北嶋 祥太郎, 菅谷 望, 北村 陽二, 石山 史奈, 小阪 孝史, 小川 数馬, 柴 和弘
日本薬学会 第136年会   2016年3月28日   日本薬学会
Vesamicol を母核とする新規σ-2 受容体選択的リガンドの開発研究
小阪 孝史, 柴山 怜子, 稲垣 冬彦, 向 智里, 北村 陽二, 小川 数馬, 柴 和弘
日本薬学会 第136年会   2016年3月28日   日本薬学会
15q重複モデルマウスにおける脳内ドーパミン神経系の変化
黒宮 里紗, 管谷 望, 北村陽二, 三輪 大輔, 小阪 孝史, 小川 数馬, 内匠 透, 柴 和弘
日本薬学会第135年会   2015年3月28日   日本薬学会
光学活性体(-)-[11C]OMDVのVAChTイメージング剤としての評価
小阪孝史, 茂野泰貴, 三輪大輔, 北村陽二, Mohammad A. Azim, 小川数馬, 川井恵一, 柴 和弘
日本薬学会第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
新規vesamicol類縁体PIDVのσ-2受容体イメージング剤としての可能性
小阪孝史, 緩詰沙耶, 三輪大輔, 北村陽二, Mohammad A. Azim, 小川数馬, 川井恵一, 柴 和弘
日本薬学会第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
SPECT用σ-2受容体イメージング剤の合成と基礎的評価
小阪孝史、緩詰沙耶、三輪大輔、Mohammad A. Azim、黒宮里紗、北村陽二、小川数馬、川井恵一、柴 和弘
第54回日本核医学会学術総会   2014年11月6日   日本核医学会
PET用イメージング剤[11C]OMDVの光学分割と動態評価
三輪大輔、小阪孝史、北村陽二、Mohammad A. Azim、黒宮里紗、緩詰沙耶、小川数馬、川井恵一、柴 和弘
第54回日本核医学会学術総会   2014年11月6日   日本核医学会
放射性金属-八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討
23) 北村陽二、小川数馬、小阪孝史、中島美由紀、Mohammad A. Azim、三輪大輔、黒宮里紗、緩詰沙耶、柴 和弘
第25回 日本微量元素学会学術集会   2014年7月4日   日本微量元素学会
Study of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor diagnostic agent
Yoji KITAMURA, Kazuma OGAWA, Takashi KOZAKA, Miyuki NAKASHIMA, Mohammad A. Azim, Daisuke MIWA, Risa KUROMIYA, Saya YURUZUME, and Kazuhiro SHIBA
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2014   2014年6月14日   
Introduction of radiobromine labeled decalinvesamicol analogue as a new and promising PET vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging probe
5) Azim Anwar-ul, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Daisuke Miwa, Yoji Kitamura, Kazuma Ogawa, Keiichi Kawai, Yasushi Kiyono, and Kazuhiro hiba
2014 SNMMI 61th annual meeting   2014年6月8日   
σ-2受容体イメージング剤PIDVの開発研究
小阪孝史、緩詰沙耶、三輪大輔、鵜野いずみ、Mohammad A. Azim、北村陽二、小川数馬、川井恵一、柴 和弘
第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会   2014年5月23日   
A new and promising VAChT imaging probe for PET: Radiobromine labeled analogue of decalinvesamicol
20) Azim Mohammad Anwar-ul,小阪 孝史,鵜野 いずみ,三輪 大輔,北村 陽二,小川 数馬,川井 恵一,清野 泰,柴 和弘
日本薬学会 第134年会   2014年3月28日   日本薬学会
生理活性放射性金属キレート化合物
北村 陽二
日本薬学会 第134年会   2014年3月28日   日本薬学会
Evaluation of Radiolabeled o-Bromo-decalinvesamicol (OBDV) as a PET Ligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT)
4) Azim Mohammad Anwar-ul,Takashi Kozaka,Izumi Uno,Daisuke Miwa,Yoji Kitamura,Kazuma Ogawa,Keiichi Kawai,Akira Makino,Yasushi Kiyono,Kazuhiro Shiba
International Workshop for Molecular Functional Imaging -Brain and Gynecologic Oncology-(Fukui2014: The Fifth International Workshop on Biomedical Imaging)   2014年3月3日   
n vivo evaluation of radiobromine-labeled o-bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a potential VAChT imaging probe
18) Azim Mohammad Anwar-ul,小阪孝史,鵜野いずみ,三輪大輔,北村陽二,小川数馬,川井恵一,清野 泰,柴 和弘
第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会   2013年12月14日   
Syntheses and in vitro evaluation of OBBV as a potential σ-1 receptor imaging probe, 第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(横浜赤レンガ倉庫1号館,神奈川県),2013年5月30日.
2013年   
111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討, 第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(横浜赤レンガ倉庫1号館,神奈川県),2013年5月30日.
2013年   
In vivo evaluation of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol(OIDV) as a vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging agent. 2013 SNMMI 60th annual meeting, Vancouber Convention Centre, Vancouber, BC, Canada., June 8-12, 2013
2013年   
The development of potential vesicular acetylcholine transporter (VAChT) PET imaging probes. 2013 SNMMI 60th annual meeting, Vancouber Convention Centre, Vancouber, BC, Canada., June 8-12, 2013
2013年   
In vivo evaluation of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent, 第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2013(武蔵野大学,東京都),2013年6月28日
2013年   
脳内小胞アセチルコリントランスポーター(VAChT)のPETイメージングプローブ[11C]OMDVの開発,第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(清水テルサおよび三保園ホテル,静岡県)2013年8月30日
2013年   
VAChTイメージング用[125I]OIDVのジアステレオマー分離と in vivo 脳内動態変化, 第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(清水テルサおよび三保園ホテル,静岡県)2013年8月30日
2013年   
前シナプスコリン作動性神経描画用新規VAChTイメージング剤の開発,第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(アクトシティ浜松,静岡県),2012年5月24日.
2012年   
Study on a radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent,第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2012(金沢大学,石川県),2012年5月31日.
2012年   
アスパラギン酸で負電荷を導入した 111In-DTPA-D-Phe1-オクトレオチド誘導体の in vitro 腫瘍集積性および体内動態の評価,日本薬学会北海道支部第 139 回例会(北海道大学 学術交流会館,北海道),2012年12月8日.
2012年   
PET 用VAChT イメージング剤の開発研究,第12回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都府),2012年12月15日
2012年   
確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月29日.
2012年   
アルツハイマー病の早期診断を目的とした新規PET用VAChTイメージング剤[11C]OMDVの合成とin vivo評価, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月30日.
2012年   
OIDVのジアステレオマー分離とその選択的VAChTイメージング剤としての評価, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月30日.
2012年   
Evaluation of 99mTc-labeled Annexin A5 using a bis(hydroxamamide) derivative for detection of tumor response to therapy(Miami Beach Convention Center, Miami,USA),2012.6.9-13.
2012年   
N末端構造を変換した111In-DOTA-octreotide の体内動態に関する検討,第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(アクトシティ浜松,静岡県),2012年5月24日.
2012年   
o-Iodo-trans-decalinvesamicol (OIDV);新規VAChTイメージング剤としての可能性,第6回 日本分子イメージング学会総会・学術集会日(神戸国際会議場,兵庫),2011年5月26-27日.
2011年   
放射標識DOTA結合octreotide 誘導体の腎集積低減に関する検討,第6回 日本分子イメージング学会総会・学術集会(神戸国際会議場,兵庫),2011年5月26-27日.
2011年   
アスパラギン酸で負電荷を付与した111In-DTPA-オクトレオチドの腎集積性および in vitro における腫瘍集積性の評価,日本薬学会北海道支部会(北海道),2011年5月21-22日.
2011年   
Study on the reduction of renal uptake of radio-labeled octreotide derivatives,3rd International Symposium on Metallomics 2011(ISM2011)( Munster,Germany),2011.6.15-18.
2011年   
経口糖尿病治療薬を目的としたZn-DTS錯体の開発,第22回日本微量元素学会学術集会(京都テルサ,京都),2011年7月2日.
2011年   
脳虚血時における亜鉛の挙動と神経細胞への影響に関する基礎的検討,第22回日本微量元素学会学術集会(京都テルサ,京都),2011年7月2日.
2011年   
Development of Zn-DTS complexes for antidiabetic agent on oral administration,The 5th International Conference on Metals and Genetics(ICMG2011)(KOBE,Japan),2011年9月5-8日.
2011年   
Study on the reduction of renal uptake of radio-labeled octreotide derivatives,The 5th International Conference on Metals and Genetics(ICMG2011)( KOBE,Japan), 2011年9月5-8日.
2011年   
アルツハイマー病の早期診断を目的としたデカリンベサミコール誘導体の開発,第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(ホテル箱根アカデミー,箱根),2011年9月12日.
2011年   
シグマ受容体を介した癌イメージング剤の開発,第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(ホテル箱根アカデミー,箱根),2011年9月12日.
2011年   
Development and evaluation of a radiobromine labeled sigma ligand for tumor imaging,EANM'11 - Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (Birmingham,UK),2011年10月15-19日.
2011年   
Vesamicol誘導体を用いた新規VAChTイメージング剤の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日.
2011年   
シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日.
2011年   
福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性,第10回日本放射線安全管理学会学術大会(東京工業大学すずかけホール,横浜)2011年11月30日-12月2日.
2011年   
シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日.
2011年   
福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性,第10回日本放射線安全管理学会学術大会(東京工業大学すずかけホール,横浜)2011年11月30日-12月2日.
2011年   
VAChTイメージング用新規プローブの合成とその評価,第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都),2011年12月3日.
2011年   
シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発に向けた基礎検討,第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都),2011年12月3日.
2011年   
The radioactivity removal of contaminated vegetables caused by the Fukushima nuclear accident,The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring Oarai(Oarai Park Hotel,Ibaraki) 2011年12月3-4日.
2011年   
食品添加物の赤外スペクトル測定におけるATR 法の適用に関する検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月31日.
2011年   
PETによるアルツハイマー病の早期診断を目的とした新規VAChTイメージング剤の開発,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月30日.
2011年   
アスパラギン酸で負電荷を付与し111In-DTPA-D-Phe1-オクトレオチド誘導体の受容体親和性および体内動態の評価,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日.
2011年   
自閉症の治療に効果があるとされるオキシトシンの脳内移行性と代謝に関する検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日.
2011年   
福島第一原発事故で汚染した野菜の放射能除去法の検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日.
2011年   
食品添加物ネオテームの赤外スペクトルの測定法に関する検討,日本薬学会 第131年会,2011年3月
2010年   
抗糖尿病作用を有する亜鉛DTS錯体の合成とインスリン様作用の解析,日本薬学会 第131年会,2011年3月
2010年   
Development of radiogallium- DOTA complex conjugated bone seeking compounds for PET bone imaging,第20回金属の関与する成体関連反応シンポジウムSRM2010,2010年6月
2010年   
Development and evaluation of a novel radiogallium labeled peptide as a bone imaging agent for PET, ACS 240th National Meeting (2010 fall) , August 22 , 2010
2010年   
Reducing renal uptake of radiolabeled DOTA-octreotide by replacing N-terminal amino acid, 2010 World Molecular Imaging Congress, September 11, 2010
2010年   
Development of zinc-dithiosemicarbazone complexes for diabetic therapeutic agents, The 60th Fujihara Seminar Zinc signal and cellular functions, October 30, 2010
2010年   
N末アミノ酸を置換した放射能標識DOTA 結合octreotide 誘導体の体内動態に関する検討,第2回メタロミクス研究フォーラム2010年11月
2010年   
癌を標的とした放射標識シグマリガンドの開発,第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月
2010年   
放射性ガリウム標識骨イメージング薬剤の開発研究,第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月
2010年   
アスパラギン酸を導入した 111In-DTPA-オクトレオチド誘導体の腎集積性および in vitro における腫瘍集積性の評価, 第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月
2010年   
Studies on the movement and effect of vesicular zinc in brain ischemia, International Conference on Brain Function and Development, January 25-26, 2010
2009年   
経口糖尿病治療薬としてのZn-DTS錯体の開発,第8回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム,2010年3月
2009年   
N末アミノ酸を置換した111In-DOTA結合octreotide誘導体の体内動態に関する検討,日本薬学会 第130年会,2010年3月
2009年   
糖尿病治療薬剤としてのZn-DTS錯体の開発,日本薬学会 第130年会,2010年3月
2009年   
金属-八臭素化ポルフィリン固定化シリカゲルの残存極性基修飾とそのHPLCに及ぼす影響,第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2008年11月
2008年   
N末アミノ酸を置換した111In-DOTA結合octreotide誘導体の腎放射能集積に関する検討, 第1回メタロミクス研究フォーラム2008年11月
2008年   
金属ポルフィリン固定化シリカゲルとそのグルタチオンペルオキシダーゼ様機能,第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2008年11月
2008年   
111In-DOTA-D-Phe1-octreotide誘導体の負電荷が腎放射能集積に与える影響, 第46回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2007年11月
2007年   
Metal-tetrakis(4-(N-trimethylammonnio)phenyl)porphine水溶液のペルオキシダーゼ様機能,日本薬学会 第126年会,2006年3月
2006年   
新規HPLC用充填剤としての金属octabromo-tetrakis(4-carboxyphenyl)porphine固定化シリカゲル-多環芳香族炭化水素との相互作用に及ぼす中心金属の影響-,日本薬学会 第127年会,2007年3月
2006年   

競争的資金等の研究課題

 
食品添加物の規格試験法の向上及び摂取量推定等に関する研究
研究期間: 2013年 - 2015年
赤外スペクトル(IR)では、減衰全反射法(ATR法)の有用性に着目し、ATR法を食品添加物の確認試験法に適用する場合の問題点と有用性について検討する。ATR法での標準IRを確立することで、規格試験法の向上に寄与する。
腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発と応用
研究期間: 2012年 - 2014年
腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発と応用
研究期間: 2012年 - 2014年
アルツハイマー病の早期診断を目的としたコリントランスポーターイメージング剤の開発
研究期間: 2011年 - 2013年
食品添加物の規格の向上と使用実態の把握等に関する研究
研究期間: 2010年 - 2012年
食品添加物の規格基準の向上を目的として、国際的に食品添加物の確認に多用されている赤外スペクトル(IR)について、測定法や測定環境などに起因する差の原因解明を行う。公定書には規定されていないが、近年普及しつつあるATR測定法も含め、測定法を比較検討し、高温多湿な我が国において再現性良く測定できる測定法を確立し、日本国の実態に即した、規格基準と成り得る優れた標準IRを確立するための研究を行う。
放射性金属-八臭素化ポルフィリンを用いた新規核医学診断・治療薬剤の開発と応用
研究期間: 2010年 - 2011年
本研究では、金属との結合が非常に速い八臭素化ポルフィリン誘導体に着目し、腫瘍に対する放射性医薬品としての新規「放射性金属-八臭素化ポルフィリン錯体」を開発し、その臨床応用を目指すことを目的とする。様々な放射性金属との錯体の合成を行い、合成した錯体の安定性、比放射能、及び腫瘍への集積性、体内動態などを検討し、放射性医薬品としての有用性を評価する。
アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 柴 和弘
食品添加物の安全性確保のための研究
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 佐藤 恭子
食品添加物の赤外スペクトルについて、国内外の最新の規格基準の比較調査を行う。近年普及著しい減衰全反射(ATR)法について機器間での差異の有無について検討を行う。調査・検討結果に基づき、必要に応じて規格基準の改正を目指す。
種々のγ線放出核を用いた早期疾患診断プローブ開発とコンプトンカメラによる複数核種同時イメージング
研究期間: 2009年 - 2009年
本研究では、複数分子同時イメージングに資する新核医学核種の合成とその標識化合物の創薬を行い、コンプトンカメラ方式多核種同時イメージング装置で新たな生体分子動態の低・非侵襲的(非破壊)な可視化を行う。
新規腫瘍放射性医薬品としての放射性金属-八臭素化ポルフィリン錯体の開発
研究期間: 2008年 - 2009年
本研究では、金属との結合が非常に速い八臭素化ポルフィリン誘導体に着目し、新規「放射性金属-八臭素化ポルフィリン錯体」を開発し、腫瘍の放射性医薬品としての新たな可能性を開拓することを目的とする。様々な放射性金属との錯体の合成を行い、合成した錯体の安定性、比放射能、及び腫瘍への集積性、体内動態などを検討し、放射性医薬品としての有用性を評価する。
国際的動向を踏まえた食品添加物の規格,基準の向上に関する調査研究
研究期間: 2008年 - 2009年
食品添加物の国内規格の向上を目的に研究を行い,数種の食品添加物の確認試験として用いることのできる標準IRとその測定法を確立した.さらに,測定法や測定条件を検討した結果に基づき,国内規格を設定するにあたっては,独自に検討を加えて,再現性のあるIR測定法を確立する必要があることを提言した.これらの成果は,国内規格の向上,ひいては,日本国の食の安全性に寄与する.
腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発研究
研究期間: 2015年 - 2017年