市原 清志

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 21:55
 
アバター
研究者氏名
市原 清志
 
イチハラ キヨシ
eメール
ichiharayamaguchi-u.ac.jp
所属
山口大学
部署
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院医学系研究科(保健学系学域)(医学) 病態検査学分野
職名
名誉教授・特命教授
学位
医学博士(大阪大学)
その他の所属
(株)医学統計研究所
科研費研究者番号
10144495
ORCID ID
0000-0002-6039-4537

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
 - 
1991年12月
大阪大学 医学系研究科 臨床検査診断学 講師
 
1992年4月
 - 
2002年3月
川崎医科大学 検査診断学 助教授
 
2002年4月
 - 
2006年3月
山口大学医学部 保健学科病態検査学 教授
 
2006年4月
 - 
2016年3月
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 教授
 
2016年4月
 - 
現在
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 名誉教授・特命教授特命教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年3月
山口大学 医学部 
 
 
 - 
1979年3月
大阪大学 医学系研究科 臨床検査診断学
 

受賞

 
2003年11月
日本医師会 日本医師会優功賞
 
2007年3月
山口大学大学院医学系研究科 平成18年度「功績賞」
 
2001年2月
臨床病理学研究振興基金 小酒井望賞
 
1992年5月
山口大学 霜仁会社会活動賞
 

論文

 
Klee GG, Ichihara K, Ozarda Y, Baumann NA, Straseski J, Bryant SC, Wood-Wentz CM
American journal of clinical pathology      2018年8月   [査読有り]
Tanaka A, Tokuda N, Ichihara K
Nursing & health sciences      2018年8月   [査読有り]
Shah SAV, Ichihara K, Dherai AJ, Ashavaid TF
Clinical chemistry and laboratory medicine      2018年8月   [査読有り]
Yu S, Qiu L, Liu M, Li S, Tao Z, Zhang Q, Xia L, Li P, Hou L, Qin X, Yin Y, Ichihara K, Cheng X
Clinical chemistry and laboratory medicine   56(7) 1152-1160   2018年6月   [査読有り]
Furuta T, Hasegawa S, Mizutani M, Iwai T, Ohbuchi N, Kawano S, Tashiro N, Uchida M, Hasegawa M, Motoyama M, Sekino T, Nakatsuka K, Ichihara K, Shirabe K, Ohga S
The Pediatric infectious disease journal      2018年5月   [査読有り]
Yanagihara M, Tsuneoka H, Tanimoto A, Otsuyama KI, Nishikawa J, Matsui T, Nojima J, Ichihara K
Emerging infectious diseases   24(5) 924-925   2018年5月   [査読有り]
Inoue T, Uno T, Usui N, Kobayakawa S, Ichihara K, Ohashi Y, Japanese Prospective Multicenter Study Group for Postoperative Endophthalmitis after Cataract Surgery.
Japanese journal of ophthalmology   62(1) 24-30   2018年1月   [査読有り]
Otsuyama KI, Tsuneoka H, Yoshidomi H, Haraguchi M, Yanagihara M, Tokuda N, Nojima J, Ichihara K
Journal of clinical microbiology   56(1)    2018年1月   [査読有り]
Omuse G, Maina D, Mwangi J, Wambua C, Radia K, Kanyua A, Kagotho E, Hoffman M, Ojwang P, Premji Z, Ichihara K, Erasmus R
PloS one   13(6) e0198444   2018年   [査読有り]
Cheng X, Zhang Q, Liu M, Li S, Tao Z, Ichihara K, Yu S, Zhang K, Li P, Han J, Qiu L
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   474 70-75   2017年11月   [査読有り]
Mizutani M, Hasegawa S, Matsushige T, Ohta N, Kittaka S, Hoshide M, Kusuda T, Takahashi K, Ichihara K, Ohga S
Cytokine   99 24-29   2017年11月   [査読有り]
Shimizu Y, Ichihara K, Kouguchi K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   472 131-135   2017年9月   [査読有り]
Shimizu Y, Ichihara K, Nakajima K, Scientific Committee,the Asia-Pacific Federation of Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   472 105-111   2017年9月   [査読有り]
Omuse G, Maina D, Hoffman M, Mwangi J, Wambua C, Kagotho E, Amayo A, Ojwang P, Premji Z, Ichihara K, Erasmus R
BMC endocrine disorders   17(1) 43   2017年7月   [査読有り]
Omuse G, Maina D, Hoffman M, Mwangi J, Wambua C, Kagotho E, Amayo A, Ojwang P, Premji Z, Ichihara K, Erasmus R
BMC endocrine disorders   17(1) 37   2017年7月   [査読有り]
Ozarda Y, Ichihara K, Bakan E, Polat H, Ozturk N, Baygutalp NK, Taneli F, Guvenc Y, Ormen M, Erbayraktar Z, Aksoy N, Sezen H, Demir M, Eskandari G, Polat G, Mete N, Yuksel H, Vatansev H, Gun F, Akin O, Ceylan O, Noyan T, Gozlukaya O, Aliyazicioglu Y, Kahraman S, Dirican M, Tuncer GO, Kimura S, Eker P
Biochemia medica   27(2) 350-377   2017年6月   [査読有り]
Nojima J, Motoki Y, Hara K, Sakata T, Ichihara K
Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis   28(4) 316-322   2017年6月   [査読有り]
Nojima J, Motoki Y, Hara K, Sakata T, Tsuneoka H, Ichihara K
Thrombosis research   153 83-84   2017年5月   [査読有り]
Ichihara K, Ozarda Y, Barth JH, Klee G, Shimizu Y, Xia L, Hoffmann M, Shah S, Matsha T, Wassung J, Smit F, Ruzhanskaya A, Straseski J, Bustos DN, Kimura S, Takahashi A, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine and Science Committee,Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   467 83-97   2017年4月   [査読有り]
Ichihara K, Ozarda Y, Barth JH, Klee G, Qiu L, Erasmus R, Borai A, Evgina S, Ashavaid T, Khan D, Schreier L, Rolle R, Shimizu Y, Kimura S, Kawano R, Armbruster D, Mori K, Yadav BK, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   467 70-82   2017年4月   [査読有り]
Tsuneoka H, Yanagihara M, Tanimoto A, Tokuda N, Otsuyama KI, Nojima J, Ichihara K
Diagnostic microbiology and infectious disease   87(1) 22-24   2017年1月   [査読有り]
Kawano R, Ichihara K, Wada T
Clinical chemistry and laboratory medicine   54(9) 1517-1529   2016年9月   [査読有り]
Jono H, Su Y, Obayashi K, Tanaka Y, Ishiguro A, Nishimura H, Shinriki S, Ueda M, Ikeda K, Yamagata K, Ichihara K, Ando Y, Scientific Committee for the Asia-Pacific Federation of Clinical Biochemistry.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   458 5-11   2016年7月   [査読有り]
Kibata T, Suzuki Y, Hasegawa S, Matsushige T, Kusuda T, Hoshide M, Takahashi K, Okada S, Wakiguchi H, Moriwake T, Uchida M, Ohbuchi N, Iwai T, Hasegawa M, Ichihara K, Yashiro M, Makino N, Nakamura Y, Ohga S
International journal of cardiology   214 209-215   2016年7月   [査読有り]
Yamakado M, Ichihara K, Matsumoto Y, Ishikawa Y, Kato K, Komatsubara Y, Takaya N, Tomita S, Kawano R, Takada K, Watanabe K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   456 180-183   2016年5月   [査読有り]
Masuda S, Ichihara K, Yamanishi H, Hirano Y, Tanaka Y, Kamisako T, Scientific Committee for Asia-Pasific Federation of Clinical Biochemistry.
Annals of clinical biochemistry   53(Pt 3) 365-376   2016年5月   [査読有り]
Borai A, Ichihara K, Al Masaud A, Tamimi W, Bahijri S, Armbuster D, Bawazeer A, Nawajha M, Otaibi N, Khalil H, Kawano R, Kaddam I, Abdelaal M, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation for Clinical Chemistry and Laboratory Medicine.
Clinical chemistry and laboratory medicine   54(5) 843-855   2016年5月   [査読有り]
Ichihara K, Yomamoto Y, Hotta T, Hosogaya S, Miyachi H, Itoh Y, Ishibashi M, Kang D, Committee on Common Reference Intervals,Japan Society of Clinical Chemistry.
Annals of clinical biochemistry   53(Pt 3) 347-356   2016年5月   [査読有り]
Otsuyama K, Tsuneoka H, Kondou K, Yanagihara M, Tokuda N, Shirasawa B, Ichihara K
Journal of clinical microbiology   54(4) 1058-1064   2016年4月   [査読有り]
Sato S, Ichihara K, Inaba T
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   455 118-127   2016年4月   [査読有り]
Xia L, Chen M, Liu M, Tao Z, Li S, Wang L, Cheng X, Qin X, Han J, Li P, Hou L, Yu S, Ichihara K, Qiu L
Medicine   95(9) e2915   2016年3月   [査読有り]
Ochiai M, Matsushita Y, Inoue H, Kusuda T, Kang D, Ichihara K, Nakashima N, Ihara K, Ohga S, Hara T, Kyushu University High-Risk Neonatal Clinical Research Network,Japan.
PloS one   11(8) e0161439   2016年   [査読有り]
Qin X, Tang G, Qiu L, Li PC, Xia L, Chen M, Tao Z, Li S, Liu M, Wang L, Gao S, Yu S, Cheng X, Han J, Hou L, Kawano R, Ichihara K
Medicine   94(49) e2211   2015年12月   [査読有り]
Yamakado M, Ichihara K, Matsumoto Y, Ishikawa Y, Kato K, Komatsubara Y, Takaya N, Tomita S, Kawano R, Takada K, Watanabe K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   447 105-114   2015年7月   [査読有り]
Kumagai K, Oda Y, Oshima C, Kaneko T, Kaneda K, Kawamura Y, Ogino Y, Yamashita S, Ichihara K, Maekawa T, Tsuruta R
Acute medicine & surgery   2(3) 176-182   2015年7月   [査読有り]
Shimizu Y, Ichihara K, Asia-Pacific Federation of Clinical Biochemistry.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   446 64-72   2015年6月   [査読有り]
Ikeda K, Ichihara K, Hashiguchi T, Hidaka Y, Kang D, Maekawa M, Matsumoto H, Matsushita K, Okubo S, Tsuchiya T, Furuta K, Committee for Standardization,The Japanese Society of Laboratory Medicine (JSLM).
Biopreservation and biobanking   13(2) 135-143   2015年4月   [査読有り]
Takeda Y, Kawashima T, Kiyota K, Oda S, Morimoto N, Kobata H, Isobe H, Honda M, Fujimi S, Onda J, I S, Sakamoto T, Ishikawa M, Nakano H, Sadamitsu D, Kishikawa M, Kinoshita K, Yokoyama T, Harada M, Kitaura M, Ichihara K, Hashimoto H, Tsuji H, Yorifuji T, Nagano O, Katayama H, Ujike Y, Morita K
Resuscitation   85(12) 1647-1653   2014年12月   [査読有り]
Ozarda Y, Ichihara K, Aslan D, Aybek H, Ari Z, Taneli F, Coker C, Akan P, Sisman AR, Bahceci O, Sezgin N, Demir M, Yucel G, Akbas H, Ozdem S, Polat G, Erbagci AB, Orkmez M, Mete N, Evliyaoglu O, Kiyici A, Vatansev H, Ozturk B, Yucel D, Kayaalp D, Dogan K, Pinar A, Gurbilek M, Cetinkaya CD, Akin O, Serdar M, Kurt I, Erdinc S, Kadicesme O, Ilhan N, Atali DS, Bakan E, Polat H, Noyan T, Can M, Bedir A, Okuyucu A, Deger O, Agac S, Ademoglu E, Kaya A, Nogay T, Eren N, Dirican M, Tuncer G, Aykus M, Gunes Y, Ozmen SU, Kawano R, Tezcan S, Demirpence O, Degirmen E
Clinical chemistry and laboratory medicine   52(12) 1823-1833   2014年12月   [査読有り]
Wang X, Ichihara K, Xu G, Itoh Y
Clinical biochemistry   47(13-14) 1214-1219   2014年9月   [査読有り]
Nojima J, Motoki Y, Aoki N, Tsuneoka H, Ichihara K
Thrombosis research   133(6) 1135-1140   2014年6月   [査読有り]
Ichihara K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   432 108-118   2014年5月   [査読有り]
Sugiyama T, Metoki H, Hamada H, Nishigori H, Saito M, Yaegashi N, Kusaka H, Kawano R, Ichihara K, Yasuhi I, Hiramatsu Y, Sagawa N, Japan Gestational Diabetes Study Group.
Diabetes research and clinical practice   103(3) 412-418   2014年3月   [査読有り]
Wang X, Ichihara K, Xu G, Itoh Y
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(10) e223-4   2013年10月   [査読有り]
Yamamoto Y, Hosogaya S, Osawa S, Ichihara K, Onuma T, Saito A, Banba K, Araki H, Nagamine Y, Shinohara K, Okada G, Matsumoto H, Oguri T, Gonaikawa S, Iwagami M, Japanese Association of Medical Technologists.
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(8) 1663-1672   2013年8月   [査読有り]
Ichihara K, Ceriotti F, Kazuo M, Huang YY, Shimizu Y, Suzuki H, Kitagawa M, Yamauchi K, Hayashi S, Tsou CC, Yamamoto Y, Ishida S, Leong L, Sano M, Lim HS, Suwabe A, Woo HY, Kojima K, Okubo Y, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation for Clinical Chemistry and Laboratory Medicine,and the Science Committee for the Asia-Pacific Federation of Clinical Biochemistry.
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(7) 1443-1457   2013年7月   [査読有り]
Ichihara K, Ceriotti F, Tam TH, Sueyoshi S, Poon PM, Thong ML, Higashiuesato Y, Wang X, Kataoka H, Matsubara A, Shiesh SC, Muliaty D, Kim JH, Watanabe M, Lam CW, Siekmann L, Lopez JB, Panteghini M, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation for Clinical Chemistry and Laboratory Medicine,and the Science Committee for the Asia-Pacific Federation of Clinical Biochemistry.
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(7) 1429-1442   2013年7月   [査読有り]
Ozarda Y, Ichihara K, Barth JH, Klee G, Committee on Reference Intervals and Decision Limits (C-RIDL),International Federation for Clinical Chemistry and Laboratory Medicine.
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(5) 1027-1040   2013年5月   [査読有り]
Ichihara K, Ozarda Y, Klee G, Straseski J, Baumann N, Ishikura K, Committee on Reference Intervals and Decision Limits,International Federation for Clinical Chemistry and Laboratory Medicine.
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(5) 1007-1025   2013年5月   [査読有り]
Yamashita T, Ichihara K, Miyamoto A
Clinical chemistry and laboratory medicine   51(4) 781-789   2013年4月   [査読有り]
Tsuruoka K, Tsuneoka H, Kawano M, Yanagihara M, Nojima J, Tanaka T, Yamamoto M, Ichihara K
Diagnostic microbiology and infectious disease   74(3) 230-235   2012年11月   [査読有り]
Motoki Y, Nojima J, Yanagihara M, Tsuneoka H, Matsui T, Yamamoto M, Ichihara K
Thrombosis research   130(4) 667-673   2012年10月   [査読有り]
Ito Y, Kudo T, Kobayashi K, Miya A, Ichihara K, Miyauchi A
World journal of surgery   36(6) 1274-1278   2012年6月   [査読有り]
Kitamura N, Kosuda S, Araki K, Tomifuji M, Mizokami D, Shiotani A, Shinmoto H, Fujii H, Ichihara K
Annals of nuclear medicine   26(3) 281-285   2012年4月   [査読有り]
Itoh Y, Ichihara K, Kishi K, Hosogaya S, Yamada T
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   413(1-2) 175-181   2012年1月   [査読有り]
Matsuda K, Suzuki K, Ishihara S, Morinaga M, Okamoto M, Shiino Y, Horiuchi I, Tohyama K, Ichihara K
Clinical toxicology (Philadelphia, Pa.)   49(9) 820-827   2011年11月   [査読有り]
Nojima J, Motoki Y, Tsuneoka H, Kuratsune H, Matsui T, Yamamoto M, Yanagihara M, Hinoda Y, Ichihara K
British journal of haematology   155(4) 528-530   2011年11月   [査読有り]
Yanagihara M, Tsuneoka H, Sugasaki M, Nojima J, Ichihara K
Emerging infectious diseases   16(12) 1983-1985   2010年12月   [査読有り]
Tsuneoka H, Yanagihara M, Nojima J, Ichihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   16(6) 446-448   2010年12月   [査読有り]
Ichihara K, Boyd JC, IFCC Committee on Reference Intervals and Decision Limits (C-RIDL).
Clinical chemistry and laboratory medicine   48(11) 1537-1551   2010年11月   [査読有り]
Ito Y, Ichihara K, Masuoka H, Fukushima M, Inoue H, Kihara M, Tomoda C, Higashiyama T, Takamura Y, Kobayashi K, Miya A, Miyauchi A
World journal of surgery   34(11) 2570-2580   2010年11月   [査読有り]
Tsuneoka H, Yanagihara M, Otani S, Katayama Y, Fujinami H, Nagafuji H, Asari S, Nojima J, Ichihara K
Diagnostic microbiology and infectious disease   68(2) 174-176   2010年10月   [査読有り]
Yanagihara M, Tsuneoka H, Hoshide S, Ishido E, Umeda A, Tsukahara M, Nojima J, Ichihara K, Hino K, Hirai I, Yamamoto Y
FEMS immunology and medical microbiology   60(1) 44-48   2010年10月   [査読有り]
Tomochika S, Iizuka N, Watanabe Y, Tsutsui M, Takeda S, Yoshino S, Ichihara K, Oka M
Experimental and therapeutic medicine   1(1) 89-92   2010年1月   [査読有り]
Orito Y, Oku H, Kubota S, Amino N, Shimogaki K, Hata M, Manki K, Tanaka Y, Sugino S, Ueta M, Kawakita K, Nunotani T, Tatsumi N, Ichihara K, Miyauchi A, Miyake M
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   94(5) 1683-1688   2009年5月   [査読有り]
Nojima J. & Iwatani Y. & Ichihara K. & Tsuneoka H. & Ishikawa T. & Yanagihara M. & Takano T. & Hidaka Y.
Thrombosis Research   24(1) 127-131   2009年5月   [査読有り]
Suzuki E.& Ichihara K
Journal of Medical Virology   80(6) 1065-1071   2008年6月   [査読有り]
Okano K. & Araki M. & Yamamoto M. & Ishikawa T. & Ichihara K. & Yamada O.
Nursing and Health Sciences.   10(1) 65-69   2008年3月   [査読有り]
Ichihara K. & Itoh Y. & Lam CWK. & Poon PMK. & Kim JH. & Kyono H. & Chandrawening N. & Muliaty D.
Clinical Chemistry   54(2) 356-365   2008年2月   [査読有り]
クマリン系殺鼠剤によるワルファリン中毒の1症例について.
松田貴美子 & 岡本操 & 桧垣篤 & 今野陽介 & 通山薫 & 市原清志 & 鈴木幸一郎
中毒研究   21(2) 169-175   2008年   [査読有り]
生まれて初めての熱の生後日齢と栄養法との関係の検討.
日野利治 & 岡田清春 & 絹巻宏 & 土田晋也 & 中村豊 & 西村龍夫 & 山入高志 & 山下哲平 & 市原清志 & 近畿外来小児科学研究グループ
外来小児科   11(2) 143-150   2008年   [査読有り]
Hatanaka N, Yamamoto Y. & Ichihara K. & Mastuo S. & Nakamura Y. & Watanabe M. & Iwatani Y.
Journal of Clinical Pathology   61(4) 514-518   2008年   [査読有り]
時間・尿量補正計算方式で調べた尿化学成分の正味日内変動と高塩食による影響.
河口勝憲&市原清志&河口豊&濱野政弘&高尾由起美
岡山医学検査   45(2) 1-5   2008年   [査読有り]
金城 満&亀井敏昭&是松元子&杉島節夫&及川洋恵&佐藤雅美&岩崎常人&市原清志
日本臨床細胞学会雑誌   47(6) 407-415   2008年   [査読有り]
潜在基準値抽出法による小児臨床検査基準範囲の設定.
田中敏章 & 山下篤 &市原清志
日本小児科学会雑誌   112(7) 1117-1132   2008年   [査読有り]
Matsubara A.& Ichihara K. & Fukutani S
Clinical Chemistry Laboratory Medicine   46(5) 691-698   2008年   [査読有り]
Ito Y, Miyauchi A, Jikuzono T, Higashiyama T, Takamura Y, Miya A, Kobayashi K, Matsuzuka F, Ichihara K, Kuma K
World journal of surgery   31(4) 838-848   2007年4月   [査読有り]
Suzuki E & Ichihara K & Johnson A
Clinical Pediatrics   46(1) 76-79   2007年1月   [査読有り]
シスタチンCの生理的変動要因と基準範囲
市原清志
医療と検査機器・試薬   30(5) 1054-1065   2007年
家入蒼生夫 & 武田京子 & 池田斉 & 市原清志 & 小田桐恵美 & 亀子光明 & 桑克彦 & 紫芝良昌 & 竹岡啓子
Radioisotopes   56(10) 637-686   2007年
腸管ウイルス感染症発生率の気象条件による変動と地域差
福田伊久子. & 市原清志. & 片岡浩巳. & 山下哲平
外来小児科   10(2) 106-115   2007年   [査読有り]
潜在基準値抽出法による2時間クレアチニンクリアランスの基準範囲の設定
松原朱實. & 市原清志
生物試料分析   30(5) 431-436   2007年   [査読有り]
Ichihara1 K. & Saito K. & Itoh Y
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   45(9) 1232-1236   2007年   [査読有り]
Johnson AM & Merlini G & Sheldon J & Ichihara K.
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   45(3) 419-426   2007年   [査読有り]
Kumagai T. & Yoshikawa T. & Yoshida M. & Okui T. & Ihira M. & Nagata N. & Yano S. & Shiraki K. & Yamada M. & Ichihara K. & Asano Y.
Journal of Medical Virology   78(6) 792-799   2006年6月   [査読有り]
市原清志&細萱茂実他7名
臨床化学   35(3) 280-294   2006年   [査読有り]
家入蒼生夫 & 竹岡啓子 & 池田斉 & 市原清志 & 小田桐恵美 & 亀子光明 & 桑克彦 & 柴芝良昌 & 武田京子 & 對馬敏夫
Radioisotopes   55(10) 599-649   2006年
五十嵐すみ子&市原清志&瀧谷雅俊&倉田 満&平良隆保他5名
透析会誌   40(3) 261-269   2006年   [査読有り]
杉島節夫&是松元子&及川洋恵&岩崎常人&市原清志他3名
日本臨床細胞学会雑誌   45(6) 313-317   2006年   [査読有り]
松本佳那子&松田昌子&宮田富美&唐樋さや香& 市原清志
山口医学   55(5) 167-172   2006年   [査読有り]
Factors that Influence Nurses’ Perceptions of Work-related Stress in Japan (Analysis According to Hospital Size).
Masamura K.& Kakeda T.& Ichihara K.& Okuda M.& Hobara T.
Medicine and Biology   150(5) 197-214   2006年   [査読有り]
岡山県における地域連携クロスチェックサーベイによる継続的な施設間差是正活動の展開とその成果.
河口勝憲.& 小出典男.& 岡田健.& 金光房江.& 杉山祝子.& 市原清志.& 水島淳
医学検査   55(2) 103-112   2006年   [査読有り]
包括医療における核医学検査動向の予測調査 外来患者DPCを踏まえて
小須田茂 & 市原清志 & 池田俊也 & 小泉潔 & 小泉満 & 玉木長良 & 趙圭一 & 津布久雅彦 & 橋本順 &森豊
核医学   43(1) 38-41   2006年   [査読有り]
Tamechika Y.&Iwatani Y.& Tohyama K.& Ichihara K.
Clinical Chemistry Laboratory Medicine   44(5) 657-661   2006年   [査読有り]
Matsuoka O.& Otsuka K.& Murakami S.& Hotta H.& その他18名
Biomedicine & Pharmacotherapy   59 40-44   2005年   [査読有り]
Yamanaka G.& Otsuka K.& Hotta H.& Murakami S.&その他19名
Biomedicine & Pharmacotherapy   59 31-39   2005年   [査読有り]
Hotta H.& Otsuka K.& Murakami S.& Yamanaka G.& その他17名
Biomedicine & Pharmacotherapy   59 45-48   2005年   [査読有り]
Otsuka K.& T. Norboo.& Otsuka Y. & Higuchi H.&その他17名
Biomedicine & Pharmacotherapy   59 54-57   2005年   [査読有り]

Misc

 
共用基準範囲の現状 基準範囲の比較でわかる偏り是正の重要性
市原 清志
臨床化学   47(Suppl.1) 147-147   2018年7月
基準範囲設定の調和化 世界と日本の現状
市原 清志
臨床化学   47(Suppl.1) 405-405   2018年7月
臨床調査研究のための統計理論と使い方の実際
市原 清志
外来小児科   21(2) 225-225   2018年7月
ASO測定用暫定標準品の設定
山田 俊幸, 日高 裕介, 小谷 和彦, 市原 清志, 石井 直仁, 伊藤 喜久
臨床化学   47(2) 178-182   2018年4月
「血漿アミノ酸濃度の基準範囲設定」に関する見解
宮野 博, 渭原 博, 橋詰 直孝, 廣田 晃一, 桑 克彦, 市原 清志, 安東 敏彦, 門脇 基二, 遠藤 文夫, 杤久保 修, 日本臨床化学会栄養専門委員会血漿アミノ酸濃度の基準範囲設定プロジェクト
臨床化学   47(1) 64-73   2018年1月

書籍等出版物

 
市原 清志, 佐藤 正一, 山下 哲平 (担当:共著)
日本教育研究センター   2016年9月   ISBN:9784890261802
市原 清志, 佐藤 正一 (担当:共著)
日本教育研究センター   2014年9月   ISBN:4890261710
市原 清志, 河口 勝憲 (担当:共著)
日本教育研究センター   2011年7月   ISBN:4890261575
市原 清志, 佐藤 正一 (担当:共著)
日本教育研究センター   2011年3月   ISBN:4890261559
市原 清志, 岩本 美江子 (担当:共著)
日本教育研究センター   2006年10月   ISBN:4890261230

講演・口頭発表等

 
免疫化学的方法による尿中アルブミン測定の標準化
伊藤喜久 & 市原清志 & 大澤進 & 細萱茂実 & 青木芳和
臨床化学   2001年7月   
血中脂質値の予防医学的意義 重回帰分析でみた生活習慣との関連性
佐藤和孝 & 市原清志 & 高原一恵 & 逸見眞理子 & 發坂耕治
臨床病理   2001年10月   
二次元反復切断補正法の考案と外部精度管理調査への応用
市原清志
臨床病理   2001年10月   
末梢血好酸球と単球を利用した破壊性甲状腺炎とバセドウ病の簡易鑑別診断法
泉由紀子 & 日高洋 & 多田尚人 & 高野徹 & 柏井卓 & 巽圭太 & 市原清志 & 網野信行
日本内分泌学会雑誌   2001年6月   
日立検体前処理システムPA-738の導入
河口勝憲 & 山本誠一 & 市原清志 & 松田信義
日本臨床検査自動化学会会誌   2001年9月   
直接PCR法を用いた血清中HBV DNAの検出とその応用
中桐逸博 & 市原清志 & 松田信義
日本臨床検査自動化学会会誌   2001年9月   
Studies on reference intervals for platelet counts in three cities in China.
Kondo T & Ruan C & Motoi S & Jiang M & Fujimoto K & Kubota F & Okada T & Ichihara K & Ikeda Y
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   2002年10月   
Simple and practical parameters for differentiation between destruction-induced thyrotoxicosis and graves's thyrotoxicosis.
Izumi Y & Hidaka Y & Tada H & Takano T & Kashiwai T & Tatsumi K & Ichihara K & Amino N
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   2002年10月   
疾患別症例データベースの多施設共同構築における課題とその解決策
市原清志 & 西堀眞弘 & 三宅一徳 & 石田博 & 北村聖
臨床病理   2002年11月   
症例データベースの多施設共同構築に必要な倫理指針の確率
西堀眞弘 & 市原清志 & 北村聖 & 石田博 & 三宅一徳
臨床病理   2002年11月   
疾患別症例データベースに基づく基本的臨床検査の再評価
市原清志
臨床化学   2002年10月   
検査データを利用した基準個体の集め方
市原清志
SRL宝函別冊   2002年5月   
インフルエンザ疑を対象とした,インフル罹患要因の解析
鈴木英太郎 & 市原清志
外来小児科   2002年12月   
体位変化に伴う臨床検査値の変動:主要36項目についての再評価
河口勝憲 & 市原清志 & 吉田智子 & 安部悦子 & 芦田睦子 & 通山薫
臨床病理   2002年1月   
看護学生の臨床実習中のストレス要因に関する研究
正村啓子 & 岩本美江子 & 市原清志 & 東玲子 & 藤澤怜子 & 杉山真一 & 國次一郎 & 奥田昌之 & 芳原達也
山口医学   2002年6月   
疾患別症例データベースを活用したEBMの実践と診断ロジック
市原清志
山口医学   2002年6月   
中国3都市における血小板数基準範囲設定の研究
近藤民章. & Changgeng R. & 本射滋己. & Meiyi J. & 藤本敬二. & 久保田文雄. & 岡田徳弘. & 市原清志. & 池田康夫
日本検査血液学会雑誌   2002年6月   
疾患別症例データベースを活用したEBMの実践と診断ロジック
市原清志
山口医学   2002年6月   
主要32項目の臨床検査値の年内変動を考慮したより安定な基準範囲の設定の試み
松原朱實 & 市原清志 & 福谷俊二 & 花田薫
臨床病理   2003年10月   
潜在異常値除外法による血液透析患者臨床検査値基準値の検討
五十嵐すみ子 & 瀧谷雅俊 & 兵藤透 & 平良隆保 & 千葉哲男 &酒井糾 & 梅村敏 & 市原清志
臨床病理   2003年10月   
潜在基準値抽出法を用いた血液透析患者の透析前後の標準値の作成
井上恭子 & 五十嵐すみ子 & 兵藤透 & 平良隆保 & 千葉哲男 & 梅村敏 & 酒井糾 & 馬場志郎 & 日台英雄 & 市原清志
日本透析医学会雑誌   2003年1月   
内分泌検査Update: 外部精度管理調査からみた測定精度,標準化の現状
市原清志
日本内分泌学会雑誌   2003年1月   
簡易タグを用いた操作性・維持性に優れた電子シラバスシステムの開発
岸本光代 & 佐藤和孝 & 市原清志
日本教育工学会雑誌   2003年10月   
Pre-analytical variability of 38 common laboratory test results in relation to posture prior to venipuncture.
Ichihara K &
Clin Chem Lab Med   2003年6月   
検出限界と定量限界の定義および設定・評価法
市原清志
臨床化学   2004年6月   
基準値・基準範囲の日本医学会内における周知状況について-調査結果から-
戸谷誠之&市原清志&菊池春人&桑克彦
臨床病理   2004年9月   
岡山県でのクロスチェックによる施設間差是正と基準範囲設定の試み
川口勝憲&市原清志&岡田健&金光房江他4名
臨床病理   2004年9月   
インフルエンザ経過中の発熱からみたオセルタミビル(タミフル)の投与効果
鈴木英太郎 & 後藤深雪 & 斉藤しほ & 木村友美 & 市原清志
外来小児科   2005年1月   
岡山県でのクロスチェックによる施設間差是正と基準範囲設定の試み
川口勝憲&市原清志&岡田健&金光房江他4名
臨床化学   2004年7月   
新しいsmall dense LDL定量法を用いた血液透析患者の血中リポ蛋白値の検討
平良隆保 & 兵藤透 & 竹村徹 & 具志堅夏子 & 千葉哲男 & 日台英雄 & 五十嵐すみ子 & 市原清志 & 伊藤康樹, 平野勉
日本透析医学会雑誌   2004年6月   
岡山県での施設間差是正の取り組みと基準範囲設定の試み
河口勝憲 & 金光房江 & 杉山祝子 & 糸島浩一 & 豊田ミツエ & 河口宏美 & 水島淳 & 市原清志
医学検査   2004年5月   
情報の可視化がもたらすマイニング効果
市原清志
日本臨床検査自動化学会誌   2005年9月   
CRM470新ロットでホルモン・腫瘍マーカの測定を標準化できるか?
市原清志 & 伊藤喜久
臨床化学   2005年7月   
キャピラリーゾーン電気泳動装置パラゴンCZE2000を用いた波形マイニング支援システムの構築
片岡浩巳&市原清志&久原太助&小倉克巳&杉浦哲朗
臨床病理   2005年11月   
2型糖尿病の病態における単離CD4細胞を用いたHelper T cellサブセット(Th1/Th2)の解析
岡野こずえ&荒木三奈子&山本美佐&市原清志
臨床病理   2005年11月   
健康診断受診者から求めた血中甲状腺ホルモン濃度の基準値作成について
九日奈緒子&小濱美香&中島篤子&杉浦秀子&三柴雅昭他4名
臨床病理   2005年11月   
パターン発見のための汎用的なクロマトグラフィー易動度正規化アルゴリズムの開発
片岡浩三&市原清志&高橋香奈子&齋藤邦明&久原太助他2名
日本臨床検査自動化学会会誌   2005年9月   
検出限界および定量限界の評価法指針
市原清志
臨床化学   2005年7月   
包括医療における核医学検査動向の予測調査 外来患者DPCを踏まえて
小須田茂 & 玉木長良 & 小泉満 & 小泉潔 & 森豊 & 津布久雅彦 & 趙圭一 & 橋本順 & 市原清志 & 池田俊也
核医学   2005年10月   
コントロールサーベイによるホルモン測定値 キット間変動について
池田斉 & 家入蒼生夫 & 市原清志 & 小田桐恵美 & 亀子光明 & 紫芝良昌 & 竹岡啓子 & 武田京子 & 對馬敏夫
日本内分泌学会雑誌   2005年5月   
健康診断受診者から求めた血中甲状腺ホルモン濃度の基準値作成と潜在性甲状腺疾患の頻度について
武田京子 & 堀三郎 & 三柴雅昭 & 市原清志
日本内分泌学会雑誌   2005年5月   
Quality control of image-based laboratory data using the self-organizing map technique
Kataoka H & Ichihara K & Konishi O & Ogura K & Sugiura T
Clinical Chemistry   2005年7月   
臨床検査技師のための情報技術教育
市原清志
臨床病理   2006年11月   
自己組織化病態系統樹を利用した健診支援システムの考案
市原清志 & 片岡浩巳& 山下哲平 & 佐藤和孝
臨床病理   2006年11月   
長野県における臨床検査値の統一化作業と共有基準範囲の作成
日高宏哉 & 市原清志 & 池田昌伸 & 大倉みつえ & 北村弘文 & 羽生 登 & 中林徹雄 & 菅野光俊 & 池田せつ子
臨床病理   2006年11月   
新データマイニング手法を用いた健常成人臨床検査値の加齢変化の解明
為近美栄 & 岩谷良則 & 片岡浩巳 & 通山 薫& 市原清志
臨床病理   2006年11月   
自己組織化マップ覆う要した、潜在異常値除外法による健常成人の性別年齢別基準範囲の設定
市原清志 & 片岡浩巳 & 日高宏哉 & 池田昌伸 & 大倉みつえ
臨床病理   2006年11月   
潜在異常値除外法を用いた血液透析患者における「疾患固有基準範囲」設定の試みとその臨床的意義
五十嵐すみ子&瀧谷雅俊&倉田 満&平良隆保他6名
臨床病理   2006年11月   
日本衛生検査所協会精度管理調査から見たリウマチ因子(RF)測定標準化の現状と問題点
伊藤喜久&市原清志&宮 哲正&渡辺清明
臨床病理   2006年11月   
個体内変動の分布性から見た主要臨床化学検査28項目の基準値の分布型
松原朱実&市原清志
臨床病理   2006年11月   
長期個体内変動を考慮した主要臨床化学検査28項目に対する共通基準範囲設定の試み
松原朱実&市原清志
臨床病理   2006年11月   
シスタチンC基準範囲設定
市原清志
臨床化学   2006年8月   
クレアチニンクリアランスおよびGFRの実測値と各種推算値との相関性について
松原朱實 & 市原清志
生物試料分析   2007年1月   
潜在基準値抽出法による2時間クレアチニンクリアランスの基準範囲の設定
松原朱實 & 市原清志
生物試料分析   2007年1月   
共有基準範囲の設定とその運用 長野県における共有基準範囲の設定とその運用
池田昌伸 & 大倉みつえ & 菅野光俊 & 北村弘文 & 羽生登 & 中林徹雄 & 池田せつ子 & 岩田貴博 & 日高宏哉 & 市川徹郎 & 市原清志
生物試料分析   2007年1月   
シスタチンの生理的変動要因の解析と基準範囲の設定
市原清志 & 斎藤憲祐 & 伊藤喜久
臨床化学   2007年7月   
イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイからみたホルモン測定の現状と標準化
家入蒼生夫 & 對馬敏夫 & 池田斉 & 市原清志 & 小田桐恵美 & 亀子光明 & 紫芝良昌 & 竹岡啓子 &武田京子
日本内分泌学会雑誌   2006年5月   
A novel waveform recognition system for capillary zone electrophoresis.<br>
Kataoka H & Ichihara K & Hisahara1 T & Ogura1 K & Sugiura T
Clinical Chemistry   2006年7月   
キャピラリーゾーン電気泳動による健診関連検査値予測システムの開発
片岡浩巳 & 市原清志 & 公文義雄 & 山中茂雄 & 久原太助 & 小倉克巳 & 杉浦哲朗
医療情報学連合大会論文集   2007年11月   
健診データを用いた電解質基準値の検討
渡辺和子 & 杉浦秀子 & 佐々木良子 & 市原清志 & 平松園枝 & 武田京子
臨床化学   2007年10月   
潜在基準値法による人間ドック情報からの長期個体内変動幅の算定 その性差・測定値レベル差の分析
中島康仁 & 市原清志
臨床化学   2007年10月   
人間ドック情報からの基準範囲の設定 潜在基準値法と個人特性の偏りに基づく対象者の絞り込み法との比較
中島康仁 & 市原清志
臨床化学   2007年10月   
キャピラリーゾーン電気泳動波形を用いた重回帰検査値予測
片岡浩巳 & 市原清志
臨床化学   2007年10月   
Vit-D3がリンパ球・単球のサイトカイン産生能に及ぼす影響 2型糖尿病患者を対象にして
岡野こずえ & 村上恵美子 & 内藤綾子 & 荒木三奈子 & 市原清志
臨床化学   2007年10月   
共有基準範囲の設定要件と運用法 基準範囲の施設間差・地域差からみた共有化の要件
市原清志
臨床病理   2007年11月   
共同研究「初めての熱」 初めての熱の生後日齢と育児状況の検討
日野利治 & 岡田清春 & 絹巻宏 & 土田晋也 & 中村豊 & 西村龍夫 & 原朋邦 & 山入高志 & 山下哲平 & 市原清志 & 近畿外来小児科学研究グループ
外来小児科   2007年12月   
インフルエンザの発熱に対してタミフル使用による影響
鈴木英太郎 & 市原清志
外来小児科   2007年12月   
臨床調査研究のための多変量解析法 その使い方と解釈の実際
市原清志
外来小児科   2007年12月   
インフルエンザの発熱に対してタミフル使用による影響
鈴木英太郎 & 市原清志
日本小児科学会雑誌   2007年9月   
CZE蛋白電気泳動検査を用いた耐糖能診断への応用
片岡浩巳 & 市原清志 & 公文義雄 & 山中茂雄 & 久原太助 & 小倉克巳 & 杉浦哲朗
日本臨床検査自動化学会会誌   2007年9月   
Clustering of health-check test results into a novel self-organizing tree of diagnostic categories.
Ichihara K. & Kataoka H. & Nakajima N. & Urano S.
Clinical Chemistry   2008年7月   
Identification and accurate quantification of peaks in capillary zone electrophoresis by use of data-mining techniques for precise prediction of various serum protein concentrations.
Kataoka H. & Ichihara K. & Kumon Y. 他4名
Clinical Chemistry   2008年6月   
Analysis on gender and concentration dependency of long-term biological CVs from a large health check test results.
Nakajima N. & Ichihara K.
Clinical Chemistry   2008年7月   
重症頭部外傷患者脳脊髄液の大規模タンパク質解析
荒木由佳&大村真裕子& 山下哲平&秋吉祐樹&市原清志&泉友則& 前川剛志
生化学   2008年7月   
グローバルな視点から見た標準化の新しい流れ
市原清志
臨床化学   2008年8月   
潜在基準値平均法を用いた日常検査情報による施設間の精確さの評価
中島康仁 & 山田裕一 & 西田博 & 市原清志
臨床化学   2008年8月   
第28回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績報告
武田京子 & 池田斉 & 市原清志 & 小田桐恵美 & 亀子光明 & 桑克彦 & 紫芝良昌 & 竹岡啓子 & 家入蒼生夫
日本内分泌学会雑誌   2008年4月   
蛋白電気泳動波形から診断可能な糖尿病の多重ロジステック回帰分析
片岡浩巳 & 市原清志 & 奥原義保 & 久原太助 & 公文義雄 & 杉浦哲朗
日本臨床検査自動化学会会誌   2008年9月   
インフルエンザ治療薬のタミフルと麻黄湯の比較
鈴木英太郎 & 市原清志
日本小児科学会雑誌   2008年9月   
インフルエンザ治療薬のタミフルと麻黄湯の比較
鈴木英太郎 & 市原清志
外来小児科   2008年12月   
共有基準範囲の設定と運用に関するガイドラインの作成
市原清志
臨床病理   2008年10月   
中毒分析が有用であったクマリン系殺鼠剤中毒の一症例
松田貴美子 & 岡本操 & 中藤聡子 & 市原清志 & 通山薫
臨床病理   2008年10月   
臨床生化学検査項目の標準年間変化率指数(SBYCR)の考案と特定健診保健指導への応用
松原朱實 & 市原清志
臨床病理   2008年10月   
臨床検査医学のための多変量解析入門 重回帰分析の理論と臨床検査の変動要因の解析
市原清志 & 山下哲平
臨床病理   2008年10月   
臨床検査医学のための多変量解析入門 多重ロジスティック分析の理論と臨床検査の診断特性の解析
市原清志 & 三宅一徳
臨床病理   2008年10月   
臨床検査医学のための多変量解析入門 クラスター分析の理論と病型分類の実際
片岡浩巳 & 市原清志
臨床病理   2008年10月   
生体情報モニタ機器統合解析システムの開発
松山法道 & 笠岡俊志 & 鶴田良介 & 前川剛志 & 市原清志
日本集中治療医学会雑誌   2009年1月   
検査データを利用した基準個体の集め方
市原清志
EBDフォーラム2001   2001年10月   
Intelligent quality management in emergency laboratory.
Ichihara K
9th International Symposium on Quality Control and Management   2001年11月   
First external quality assessment survey of HCV-RNA in Japan: methodological issues and results.
Nakagiri I & Ichihara K & Ueno I & Kazama F
9th International Symposium on Quality Control and Management   2001年11月   
Reproducibility and age-related changes in myocardial Doppler velocity imaging using transthoracic Doppler echocardiography.
Izumi R & Ichihara K & Watanabe N & Yoshida K
9th International Symposium on Quality Control and Management   2001年11月   
イムノアッセイのキット間・キット内CVの現状と問題点:日本アイソトープ協会と日本医師会の外部精度管理調査結果の比較
市原清志
第40回イムノアッセイ研究会   2001年11月   
検査診断の多次元性とEBD実践上の問題点と対応
市原清志
第48回日本臨床検査医学会中国四国地方会総会   2002年11月   
Construction of clinical case database for evidence-based laboratory medicine.
Ichihara K. & Nishibori M. & Miyake K.
The 10th International Cochrane Colloquium.   2002年8月   
Clinical Demand and Strategy for Multivariate Approaches to Evidence-based Laboratory Medicine.
Ichihara K & Nishibori M
11-th Cochrane Colloquim   2003年10月   
Development of health-check result evaluation system by use of a novel self-organizing pathological tree technique.
Ichihara K. & Kataoka H. & Yamashita T.
11th Asian Pacific Congress of Clinical Biochemistry   2007年11月   
Reports on an Asian project to explore feasibility of sharing reference intervals and utility of data-mining methods for their derivation.
Ichihara K.
11th Asian Pacific Congress of Clinical Biochemistry   2007年1月   
Identification of diabetes mellitus associated waveforms in capillary zone electrophoresis by mobility adjustment and use of the data-mining technique.
Kataoka H. & Ichihara K. & Kumon Y. & Yamanaka S. & Hisahara T. & Ogura K. & Sugiura T.
2007 Annual Congress for American Association of Clinical Chemistry.   2007年8月   

担当経験のある科目

 

その他

 
1.臨床検査の基準範囲設定汎用ソフトウエア「リファランスマスター」の内部のデータ処理の流れを調整し、年齢層別に逐次基準範囲を設定できるように改良した。また検査項目別に健常限界値を指定可能とし、健常者としてふさわしくない個体をより的確に除外できるようにした。本プログラムを岡山県の主要な病院の日常検査情報の提供をうけ、実際にどの程度一貫性のある年齢層別検査値プロフィールが求まるか検討する。<br> <br>2. 新しく妊娠中毒症、多発外傷、パラコート中毒を疾患として新規採用、既存の疾患についても症例数を増加、13年度末までに、42疾患総計2400症例へとデータベースを拡充した。またそれを利用する診断支援システムを改良、任意の検査所見・臨床所見の組み合わせが、特定の疾患と他の疾患とをどの程度的確に分別できるかを動的に分析できるようにした。<br> <br>3. 平成13年度は、脂質検査4項目(総-、HDL-, LDL-コレステロール、中性脂肪)について、生活習慣特性との関連を分析した。HDL-コレステロールは、適度の飲酒習慣・運動で上昇、喫煙・肥満で減少することが明らかとなり、生活習慣病の危険度を表すことが明らかとなった。一方、<br> <br>4. 既存の疾患別症例データベースから、基本的臨床検査25項目(総蛋白、Albumin、Globulin、Glucose、総ビリルビン、総コレステロール、GPT、GOT、LDH、γGT、ALP、ChE、Amylase、クレアチニン、尿酸、尿素窒素、Na、K、Cl、Ca、P、Hemoglobin、Hct、RBC、WBC、血小板数、PT)の32~40疾患におけるプロフィール、主要26疾患について臨床所見・特徴的検査値のプロフィールを図式化した。これをもとに、各臨床検査の異常値出現率を定量的に求めるなど、各基本的検査の検査診断的意義を再評価する基礎資料とした。<br> <br>5. 汎用的な電子入力支援システムの主要な部分をプログラムした。特に、平成13年度のエクセル版では、不適切な入力を自動的にチェックし、正しいコードが入力された場合のみ入力セルの背景色が明るくなるよう調整した。本システムを同年度の日本衛生検査所協会の全国臨床検査精度管理調査で試験利用し、インターネット版およびエクセル版の両者が的確に利用できることを立証した。また日本医師会の全国調査のケースにも応用できることを確認した。<br> <br>6. 臨床検査精度管理調査結果の解析・評価を行うシステムを、より汎用的なものとするためにプログラムの改良を行う。また、同時にその機能をWebページ形式で提供したり、その結果をHTMLの表形式で出力、かつ集計結果のグラフをJAVA言語でグラフ化して出力できるようにする。すでに平成13年度に、そのモデルを学生の卒業研究の一環として
1. 科学研究費の支援を受け、研究班を発足、疾患別症例データベースの拡充を多施設共同で行う場合の倫理面での問題を検討した。また、全国の施設に症例収集を働きかけるには、2600症例よりなる既存のデータを検査診断マニュアルとしてまとめるのが良いと判断した。現在そのテキストを編集中である。<br> <br>2. H14年度は、Web版とエクセル版の電子集計システムがより汎用的で操作性に富んだものとなるよう改良を加えた(特に、入力値の自動検証機能を強化し、調査内容の書式指定方式を多様化)。データ解析機能についてもより多様なニーズに耐えられるようにした。<br> <br>3.大規模な検査情報を多数の施設から提供を受け、解析を行った。特に(1)小児から高齢まで検査値の加齢変化で明瞭な傾向を捉えられたこと、(2)腎不全患者の基準範囲を適切に設定できたこと、(3)検査値の互換性がとれている多施設間で基準範囲を比較したところ値がよく合致したことなどから、プログラムは的確に運用出来ると判断された。<br> <br><br>4.新学期に間に合うように、システムの開発を行った。特徴としての伸縮自在で見やすい電子教科書は的確に動作している。今後、テキストの掲載量を大幅に拡充する必要である。
<br>1. H15年度は、Web版とエクセル版の電子集計システムがより汎用的で操作性に富んだものとなるような改良(入力値の自動検証機能を強化し、調査内容の書式指定方式を多様化)を終え、調査内容に依存せず、半自動でそれら入力システムが構築できるようなプログラムをほぼ完成させた。データ解析機能については、細かい計算や表示法の調整を行うことで、汎用的で安定して動作するデータ処理環境を実現した。<br> <br>2.大規模な小児の日常検査情報(10万件以上)の提供を受け、0才から24才までの主要な臨床検査値の経年変化を、データマイニング手法で描出することに成功した。すなわち、他の検査値に異常を持つ個体を反復して除外する操作を年齢別に繰り返すことで、潜在基準個体を抜き出した。その結果、従来調べられてきたものと良く合致するプロフィールが得られた。得られたプロフィールの統計的描出には、通常の曲線近似では無理があるが、あるノンパラメトリック的な方法で最適な描出を行える目途が立ち、16年度の研究の足がかりができた。<br> <br> <br>3. 平成15年4月運用を開始した電子シラバスは、1年間安定して動作し、内容の変更にも細やかに対応させることができた。また、伸縮自在で見やすい電子教科書の作成機能に、新たに、表を簡単に追記できる機能を追加した。これにより、より見やすい電子教科書の制作・維持を行う技術的な基礎がほぼ整った。<br> <br>4. 授業評価であれ、出欠確認であれ、授業に関する調査であればいかなる形の調査もプログラムの変更なく対応できるシステムを目指して開発に取り組んだ。その基本となるデータベースにはPostgreSQLを開発システムにはphpを用いることで、ポータブルで汎用性の高い(他施設でも利用可能な)授業評価・出欠確認システムとなるよう、データベースのテーブル構成に工夫を凝らした。さらに、本システムは、すでに授業以外の様々なWeb調査にも対応できる発展性を秘めており、平成16年度の研究テーマと位置づけている。<br>
1. 潜在基準値抽出法の実行条件を様々に調整するためのユーザインターフェースを開発した。また、もともと測定値が標準化されている検査項目については、外部精度管理調査結果のデータベースを作り、その中での、臨床検査室の位置づけから、基準範囲の妥当性を照会できるようにした。現在、大規模な臨床検査室の情報を用いて、改良したシステムのパフォーマンスの検証を行っている。<br> <br> <br>2. 年齢別に基準範囲を設定するプログラムを改良し、より的確に健常小児を日常検査情報から抽出するためのアルゴリズムを開発した。また、抽出したデータに2次加工を加え、基準範囲の経年変化を分かり易くグラフ化できるシステムの開発した(詳細は非公開)。<br> <br>3. これまで、臨床検査の年齢変化、性差など、生理的要因は、バラバラに取り扱われて解析・報告されてきたが、今回は、複数の要因で層別化することで、これまであまり知られていなかった男女で年齢変化が大きく異なる検査項目が多数あることを見出した。また、肥満度との関連の分析では、これまであまり知られていなかった検査項目で、それが肥満度と強く関連があることが明らかとなった。なお、従来の健常者を用い分できでは、その中に異常値が含まれていることが多かったが、今回、潜在異常値除外法(健常者に含まれる異常値をデータマイニング技術により取り除く方法)を用いることで、より的確な情報分析を行うことができ、今後のこの種の研究の基礎を築くことができた。<br> <br> <br>4. 授業評価であれ、出欠確認であれ、授業に関する調査であればいかなる形の調査もプログラムの変更なく対応できるシステムを開発し、当大学保健学科で4月から部分的に供用を始め、10月末までに、ほぼ当初計画した次の機能を実装した。<br>・授業評価や出欠確認を教員が簡単に登録できる。<br>・学生による評価結果を、瞬時に、図表で見やすく表示できる。<br>・レーザーチャートで平均的な評価値との相対的なずれを把握できる。<br>・出欠確認と出欠一覧表の作成できる。<br>・担当教員は、出欠確認結果を事後に修正でき(忌引き、病欠、遅刻などの修正入力に対応)。<br>・出欠確認システムを、学生向けの各種のアンケート調査にも利用できる<br>
1. 潜在基準値抽出法の実行条件を様々に調整するためのユーザインターフェースを開発した。また、もともと測定値が標準化されている検査項目については、外部精度管理調査結果のデータベースを作り、その中での、臨床検査室の位置づけから、基準範囲の妥当性を照会できるようにした。現在、大規模な臨床検査室の情報を用いて、改良したシステムのパフォーマンスの検証を行った。<br> <br> <br>2. 年齢別に基準範囲を設定するプログラムを改良し、より的確に健常小児を日常検査情報から抽出するためのアルゴリズムを開発した。また、抽出したデータに2次加工を加え、基準範囲の経年変化を分かり易くグラフ化できるシステムの開発した。特に、異常値の除外で自己組織化マップ法を応用する方式を考案し、より的確な基準個体の選別を可能とした。<br> <br>3. これまで、臨床検査の年齢変化、性差など、生理的要因は、バラバラに取り扱われて解析・報告されてきたが、今回は、複数の要因で層別化することで、これまであまり知られていなかった男女で年齢変化が大きく異なる検査項目が多数あることを見出した。また、肥満度との関連の分析では、これまであまり知られていなかった検査項目で、それが肥満度と強く関連があることが明らかとなった。なお、従来の健常者を用い分できでは、その中に異常値が含まれていることが多かったが、今回、潜在異常値除外法を用いることで、より的確な情報分析を行うことができ、今後のこの種の研究の基礎を築くことができた。<br> <br>4. 授業支援システムとして新たに、(1)授業日程も含めリアルタイムにシラバスの登録や変更、(2)授業の資料の提示、(3)課題の提出、(4)試験成績の個別通知を行えるようにした。これらの機能は9月の時点で整え、平成18年1月には安定に運用できるようにした。<br> <br>5. 平成17年度の山口大学の職員健診において、新方式で健診結果をパターン分けすると共に、生活習慣調査票を組み合わせることで、健診結果パターンと生活習慣との関連を明らかにすることを試みた。しかし、対象例数が不十分なため、現在データ数を増やすことで、新しい方法論の実用化に向けた研究を進めてゆく計画中である。