横尾 真

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/26 15:24
 
アバター
研究者氏名
横尾 真
 
ヨコオ マコト
eメール
yokooinf.kyushu-u.ac.jp
URL
http://agent.inf.kyushu-u.ac.jp/~yokoo/
所属
九州大学
部署
大学院システム情報科学研究院 情報学部門
職名
主幹教授

プロフィール

1984年東京大学工学部電子工学科卒業.
1986年同大学院修士課程修了. 同年 NTT に入社.
1990年〜1991年 ミシガン大学客員研究員.
2004年より九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授.
2012年より同大学主幹教授.
マルチエージェントシステムに関する研究に従事.
エージェントの合意形成メカニズム, 制約充足/分散制約充足等に興味を持つ.
博士 (工学).
1992年,2002年 人工知能学会論文賞,
1995年 情報処理学会坂井記念特別賞,
2004年 Association for
Computing Machinery (ACM) Special Interest Group on Artificial Intelligence
(SIGART) Autonomous Agent Research Award,
2005年ソフトウェア科学会論文賞,
2006年学士院学術奨励賞,
2010年人工知能学会業績賞,
International Foundation for Autonomous Agents and Multiagent Systems
influential paper award,
2011年情報処理学会論文賞,
2011年ソフトウェア科学会基礎研究賞,
2018年文部科学大臣表彰科学技術賞,受賞.
AAAI, 情報処理学会フェロー,
人工知能学会, 日本ソフトウェア科学会, 電子情報通信学会,各会員.

研究分野

 
 

受賞

 
2018年4月
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰(研究部門)
 
2017年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017(JAWS-2017) IEEE Young Researcher Award
 
「ヘドニックゲームの新たな選好モデルにおけるコア安定性の一考察」
2017年9月
the International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems Distinguished Service Award
 
2017年5月
人工知能学会 全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
「2次元格子空間上の施設配置問題におけるパレート効率性の考察」
「下限制約と初期保有財を考慮した学校選択メカニズムの特徴付け」
2016年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016(JAWS2016) 優秀論文賞
 
「分割関数ゲームの提携構造形成アルゴリズム」
2016年6月
人工知能学会 全国大会学生奨励賞
 
「学校選択制におけるパレート効率的かつ耐戦略的なメカニズム」
2016年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
「異なる性質を有する二施設配置のための架空名義操作不可能なメカニズム」
2015年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015(JAWS2015) IEEE Computer Society Japan Chapter JAWS Young Researcher Award
 
「日本の学校選択制に適用可能なマッチングメカニズムの提案」
「私的観測付無限回繰り返しチーム生産ゲームのサボタージュ行動」
2015年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015(JAWS2015) 最優秀論文賞
 
「クラウドソーシングのための一般化スコアリングルールの提案」
2015年5月
人工知能学会 全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
「戦略的操作不可能なケーキ分割メカニズムの提案」
「不完全観測繰り返しゲームのチーム生産モデルにおける均衡解析」
2014年9月
情報科学技術フォーラム、船井情報科学振興財団 FIT船井ベストペーパー賞
 
「架空名義操作不可能な再配分メカニズムの特徴付け」
2014年5月
人工知能学会 全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
「効率的な資源利用のための利用予測申告と実行動に関する一考察」
「効率性と誘因制約を両立可能な物々交換モデルの特徴付け」
2013年9月
情報科学技術フォーラム FIT論文賞
 
「地域制約の下での戦略的操作不可能なマッチングメカニズム」
2013年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013 ( JAWS-2013) IEEE若手奨励賞
 
「地域制約の下での戦略的操作不可能なマッチングメカニズム」
2013年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
「下限制約付きマッチングメカニズムの理論的設計と評価」
2012年8月
日本ソフトウェア科学会  2011年度基礎研究賞
 
2012年6月
情報処理学会 論文賞
 
「架空名義操作不可能な施設配置メカニズムの特徴付け」
2011年11月
The 14th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2011) PRIMA 2011Best Paper Award
 
"A Compact Representation Scheme of Coalitional Games Based on Multi‐Terminal Zero‐Suppressed Binary Decision Diagrams"
2011年11月
the 14th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems(PRIMA2011) Best Paper Award
 
‟A Compact Representation Scheme of Coalitional Games Based on Multi-Terminal Zero-Suppressed Binary Decision Diagrams”
2011年10月
International Joint Agent Workshop & Symposium 2011 (iJAWS2011) iJAWS優秀論文賞
 
‟Laboratories/students problem with minimun/maximum quotas”
2011年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011) IEEE Computer Society Japan Chapter JAWS Young Researcher Award
 
「線形計画法を用いた提携構造形成と利得配分の同時解決」
2011年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011) JAWS10周年記念賞
 
「匿名の開環境下における協力ゲームについて」
2011年9月
17th International Conference on Principles and Practice of Best Application Paper Award
 
"Reducing the Search Space of Resource Constrained DCOPs"
2011年8月
The Association for the Advancement of Artificial Intelligence (AAAI) AAAI Fellow
 
2011年6月
情報科学技術フォーラム,船井情報科学振興財団 FIT船井ベストペーパー賞
 
「自動メカニズムデザインを利用した組合せオークションのルール抽出アルゴリズムの提案」
2011年3月
情報処理学会 フェロー
 
2010年11月
The 2010 International Conference on Principles and Practice of Multi-agent Systems (PRIMA2010) Best Paper Award (Runner-up)
 
"Effect of DisCSP Variable-Ordrering Heuristics in Scale-free Networks"
2010年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010 (JAWS-2010) iJAWS Best Paper Award
 
"False-name-proofness in Online Mechanisms"
2010年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010 (JAWS-2010) 学生奨励賞
 
「協力ゲームにおける特性関数のエージェントのタイプに基づく簡略表記法」
「MC-nets を用いた提携構造形成アルゴリズムの拡張:負の利得と外部性の導入」
2010年9月
情報科学技術フォーラム FIT 論文賞
 
「架空名義操作不可能な組合せオークションメカニズム:VCG メカニズムの改良」
「架空名義操作不可能な施設配置メカニズムの特徴付け」
2010年6月
人工知能学会 業績賞
 
2010年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞
 
「入札者の選好を考慮した検索連動型広告オークションの提案」
2010年5月
International Foundation for Autonomous Agents and Multiagent Systems 2010 Influential Paper Award
 
"The Distributed Constraint Satisfaction Problem: Formalization and Algorithms"
"Distributed Breakout Algorithm for Solving Distributed Constraint Satisfaction Problems"
2009年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009 (JAWS-2009) 学生奨励賞
 
「第一価格入札における架空名義入札の影響の解析」
「分散制約最適化問題に基づく提携構造形成問題」
2009年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞
 
「架空名義入札に頑健な再配分メカニズムの提案」
「架空名義操作不可能な組合せオークションの割当規則の特性」
「第一価格入札における架空名義操作の影響の解析」
2009年5月
Eighth International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-Agent System (AAMAS-2009) Best student paper award nomination
 
"Characterizing False-name-proof Allocation Rules in Combinatorial Auctions"
2009年3月
情報処理学会 山下記念研究賞
 
「適切な掲載数を決定するキーワード広告オークションの提案」
2008年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞
 
「ネットワーク分散部分観測可能マルコフ決定過程におけるプラン構築への通信の導入」
2008年5月
The Seventh International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS-2008) Best Student Paper Award Anonymity-Proof Shapley Value: Extending Shapley Value for Coalitional Games in Open Environments
 
2007年11月
Tenth Pacific Rim International Workshop on Multi-agents (PRIMA-2007) Best Paper Award Multiagent Planning with Trembling-hand Perfect Equilibrium in Multiagent POMDPs
 
2007年10月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS-2007) 最優秀論文賞 適切な掲載数を決定するキーワード広告オーク ションの提案
 
2007年10月
IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT-2007) Best Paper Award Revisiting ADOPT-ing and its Feedback Schemes
 
2006年3月
日本学術振興会 日本学術振興会賞 マルチエージェントシステムにおける分散制約充足問題の研究
 
2006年3月
日本学士院 学術奨励賞 マルチエージェントシステムにおける分散制約充足問題の研究
 
2005年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞 開環境での協力ゲームにおける解概念の提案
 
横尾真, Vincent Conitzer, Tuomas Sandholm, 大田直樹, 岩崎敦,「開環境での協力ゲームにおける解概念の提案」
2004年8月
Third International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-agent Systems(AAMAS-2004) Best Paper Award Strategy/False-name Proof Protocols for Combinatorial Multi-Attribute Procurement Auction
 
Takayuki Suyama, and Makoto Yokoo. AAMAS'04 Proceedings of the Third International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, vol.1, pp.160-167.
2004年
日本ソフトウエア科学会 第9回論文賞 自然の選択の情報に非対称性が存在する場合のオークションプロトコルの設計
 
伊藤 孝行,横尾 真,松原 繁夫,「自然の選択の情報に非対称性が存在する場合のオークションプロトコルの設計」Vol.20, No.1 (2003), pp.16-26.
2004年3月
Association for Computing Machinery (ACM) Special Interest Group on Artificial Intelligence (SIGART) Autonomous Agent Research Award
 
2003年
Association for Computing Machinery (ACM) Recognition of Service Award
 
2002年
人工知能学会 論文賞 架空名義入札に頑健な複数ユニットオークションプロトコル
 
横尾 真,櫻井 祐子,松原 繁夫
1999年6月
人工知能学会 全国大会優秀論文賞 `電子商取引における一般化 Vickrey オークションの問題点:架空名義入札に対する頑健性
 
櫻井 祐子,横尾 真,松原 繁夫
1995年3月
Information Processing Society of Japan IPSJ Sakai Special Researcher Award 分散制約充足問題に関する研究
 
1992年
人工知能学会 論文賞 `エージェントの組織による実時間連続問題解決
 
石田 亨,Les Gasser,横尾 真

論文

 
Ilan Nehama,Taiki Todo,Makoto Yokoo
CoRR   abs/1804.03759    2018年   [査読有り]
Julien Savaux,Julien Vion,Sylvain Piechowiak,René Mandiau,Toshihiro Matsui,Katsutoshi Hirayama,Makoto Yokoo,Shakre Elmane,Marius Silaghi
International Symposium on Artificial Intelligence and Mathematics, ISAIM 2018, Fort Lauderdale, Florida, USA, January 3-5, 2018.      2018年   [査読有り]
Yuzhe Zhang,Kentaro Yahiro,Nathanaël Barrot,Makoto Yokoo
Proceedings of the Twenty-Seventh International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI 2018, July 13-19, 2018, Stockholm, Sweden.   590-596   2018年   [査読有り]
Toshihiro Matsui,Marius Silaghi,Katsutoshi Hirayama,Makoto Yokoo,Hiroshi Matsuo
Proceedings of the 10th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, ICAART 2018, Volume 1, Funchal, Madeira, Portugal, January 16-18, 2018.   37-47   2018年   [査読有り]
Yuho Wada,Tomohiro Ono,Taiki Todo,Makoto Yokoo
Proceedings of the 17th International Conference on Autonomous Agents and MultiAgent Systems, AAMAS 2018, Stockholm, Sweden, July 10-15, 2018   336-344   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Algorithms 2016
横尾 真 (担当:分担執筆, 範囲:False-Name-Proof Auction. Generalized Vickrey Auction)
Springer 2016   2016年4月   ISBN:978-1493928637
Principles of Practice in Multi-Agent Systems: 12th International Conference, PRIMA 2009, Nagoya, Japan, December 14-16, 2009, Proceedings (Lecture Notes in Computer Science)
横尾 真 (担当:編者)
Springer   2009年12月   ISBN:978-3642111600
Encyclopedia of Artificial Intelligence 2009
Marius Silaghi, Makoto Yokoo (担当:分担執筆, 範囲:Distributed Constraint Reasoning)
IGI Global   2009年   
New Frontiers in Artificial Intelligence, JSAI 2008 Conference and Workshops, Asahikawa, Japan, June 11-13, 2008, Revised Selected Papers
横尾 真 (担当:編者)
Springer   2009年   ISBN:978-3642006081
Encyclopedia of Algorithms 2008
横尾 真 (担当:分担執筆, 範囲:False-Name-Proof Auction, Generalized Vickrey Auction)
Springer   2008年   ISBN:978-0-387-30770-1
6th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2007), Honolulu, Hawaii, USA, May 14-18, 2007. IFAAMAS 2007
横尾 真 (担当:編者)
ACM   2007年   
New Frontiers in Artificial Intelligence, Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings (Lecture Notes in Computer Science)
横尾 真 (担当:編者)
Springer Berlin Heidelberg   2006年7月   ISBN:978-3540354703
横尾 真
東京電機大学出版局   2006年6月   ISBN:4501541407
Combinatorial Auctions
横尾 真 (担当:共著, 範囲:Pseudonymous Bidding in Combinatorial Auctions)
MIT Press   2005年   ISBN:9780262033428
菅坂 玉美, 寺野 隆雄, 横尾 真, 山口 高平 (担当:共著)
東京電機大学出版局   2003年1月   ISBN:4501535407
Intelligent Agents: Specification, Modeling, and Applications, 4th Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents, PRIMA 2001, Taipei, Taiwan, July 28-29, 2001, Proceedings (Lecture Notes in Computer Science)
横尾 真 (担当:編者)
Springer   2001年7月   ISBN:978-3-540-42434-5
Distributed Constraint Satisfaction, Foundations of Cooperation in Multi-agent Systems
横尾 真
Springer   2001年   ISBN:978-3-540-67596-9
Multiagent Systems: A Modern Approach to Distributed Artificial Intelligence
横尾 真, 石田 亨 (担当:共著, 範囲:Search Algorithms for Agents)
MIT Press   1999年   ISBN:9780262731317

競争的資金等の研究課題

 
・インターネットオークション等のメカニズムデザインの研究 ・分散制約充足問題に関する研究
科学研究費補助金
研究期間:  - 2017年
私の研究分野は,計算機科学,人工知能,特に,マルチエージェントシステムと呼ばれる分野です.マルチエージェントシステムとは,複数の自律的に動作する主体 (エージェント) から構成されるシステムです.これらのエージェントの相互作用のルール/プロトコルをどのように設計するかが,マルチエージェントシステムにおける重要な研究課題となっています.

協調的なエージェントから構成されるチームにおいては,プロトコルを実行することにより,エージェント共通の目的が達成できるプロトコルが必要となります.また,利...