共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年4月 - 2012年3月

一党優位体制の功罪-自民党政権そしてその後

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 真渕 勝
  • ,
  • 笠 京子
  • ,
  • 松浦 正孝
  • ,
  • 宗前 清貞
  • ,
  • 南京 兌
  • ,
  • 徳久 恭子

課題番号
23653037
担当区分
研究分担者
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

自民党一党優位体制が終焉したことは、その正確な時期をめぐっては議論の余地はあるものの、ほぼ間違いない。そこで、政権交代が起こったという事実を前に、自民党政権とはどのような政権であったのかを検討した。研究成果は政治学会年報2012年I『自民党と政権交代』」として近く出版される。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23653037/23653037seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 23653037