共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2016年3月

戦後日本の医療政策概観:福祉国家研究における特異な政策領域として

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 宗前 清貞

課題番号
24530141
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,030,000円
(直接経費)
3,100,000円
(間接経費)
930,000円

医療は、疾病・老化・失業などの生活リスクを防止する、福祉国家において不可欠の機能であり、社会保障制度による経済的アクセスの保障と、医療サービス自体の充実が重要とされた。そのため戦後日本社会では量的拡張が積極的に展開された。
本研究はその原点が戦中期(1930-1945年)にあり、特に医師養成の拡大や福祉行政における市町村の主体化(総合化)が主因であることを提起した。歴史的には医療が稀少でなかったことは無いが、わが国の場合特に戦中期の軍国主義的拡張が、充分な発達を遂げる前にリベラルな福祉機能へ転化したため、早期の皆保険化など医療面の充実をもたらしたのである。

リンク情報
書籍等出版物
日本医療の近代史:制度形成の歴史分析 (MINERVA人文・社会科学叢書 237)
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24530141/24530141seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24530141
  • 書籍等出版物の業績ID : 24589101