山田 肖子

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:21
 
アバター
研究者氏名
山田 肖子
 
ヤマダ シヨウコ
URL
http://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/syamada/index.html
所属
名古屋大学
部署
アジア共創教育研究機構
職名
教授
学位
Ph.D.(インディアナ大学)

経歴

 
1991年4月
 - 
1995年6月
笹川平和財団・研究員
 
1997年9月
 - 
1999年6月
グローバル・リンク・マネージメント株式会社・プログラムマネージャー
 
1998年9月
 - 
1999年8月
Winrock International Institute for Agricultural and Rural Development
 
2003年6月
 - 
2004年1月
広島大学教育開発国際協力研究センター
 
2004年2月
 - 
2007年11月
政策研究大学院大学・助教授
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
国際協力機構研究所  検討委員会委員
 
2018年3月
 - 
2020年3月
日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Port Japan)  幹事
 
2014年4月
 - 
2015年3月
国際教育協力懇談会  委員
 
2015年11月
 - 
現在
UNESCO Chair on Global Citizenship Education  Member of the GCE International Advisory Committee
 
2015年4月
 - 
2017年3月
アジア経済研究所研究会  委員
 

受賞

 
2017年11月
国際開発学会 学会賞特別賞 Post-Education-for-All and Sustainable Development Paradigm: Structural Changes and Diversifying Actors
 
2017年5月
Emerald Publishing 2017 Emerald Literati Network Awards for Outstanding Author Contribution Asian Regionality and Post-2015 Consultation: Donors' Self-Images and the Discourse
受賞者: Shoko Yamada
 
2012年12月
国際開発学会 研究奨励賞
 

論文

 
非認知的能力が職能に及ぼす影響-エチオピア縫製業労働者に見るカイゼン教育の効果
山田肖子,クリスチャン S.オチア
国際開発研究   27(2) 22   2018年11月   [査読有り][招待有り]
Shoko Yamada, Christian Otchia, and Kyoko Taniguchi
International Journal of Training and Development   21(4) 51-68   2018年1月   [査読有り]
「アフリカにおけるリテラシーと技能―特集にあたって―」特集編者
山田肖子
アフリカ教育研究   (8) 1-10   2017年
「解釈する能力と情報を反復する能力―アフリカ伝統社会での教育からの投影―」
山田肖子
アフリカ教育研究   (8) 57-66   2017年
「SDG4形成過程の言説分析に基づくグローバル・ガバナンス再考」
山田肖子
国際開発研究   25(1・2合併) 17-33   2017年   [招待有り]

Misc

 
Kazuhiro Yoshida, Shoko Yamada, Takashi Hamano
The Millennium Development Goals (MDGs) Follow-up Meeting, Ministry of Foreign Affairs, Japan.   20   2011年3月   [依頼有り]
国際開発議論の言説分析:議論が生成、具体化するプロセスを解体する
山田肖子
鴨川明子編「アジアを学ぶ:海外調査研究の手法」勁草書房   101-114   2011年8月   [依頼有り]
Country paper on Japan
Kazuhiro Yoshida, Shoko Yamada
EFA Global Monitoring Report 2011   20   2011年   [依頼有り]
Making Sense Of The EFA From A National Context: Its Implementation, And Impact on Households In Ethiopia
Shoko Yamada
Education for All: Global promises, national challenges   0(0) 453-491   2007年3月   [査読有り]
Politics of Educational Transfer: Reexamining the influence of American black industrial education model on British colonial education in Africa
Shoko Yamada
Educational Resources Information Center (ERIC) Database   0   2003年

書籍等出版物

 
知識論-情報クラウド時代における“知る”という営み
山田肖子
東信堂   2018年11月   
世界はきっと変えられる:アフリカ人留学生が語るライフストーリー
山田肖子、廣瀬桂子、廣瀬信明、乾美紀 (担当:監修)
明石書店   2018年11月   
「官民連携による民間の産業人材育成-もうひとつの人づくり協力」萱島信子・黒田一雄編『日本の国際教育協力史』
島津侑希,山田肖子,辻本温史 (担当:分担執筆)
東京大学出版会   2018年12月   
「技術教育・職業訓練(TVET)に関わる国内外の政策環境の変遷とJICAの協力」萱島信子・黒田一雄編『日本の国際教育協力史』
山田肖子,辻本温史,島津侑希 (担当:分担執筆)
東京大学出版会   2018年12月   

講演・口頭発表等

 
非認知的能力が職能に及ぼす影響―エチオピア縫製業労働者に見るカイゼン教育の効果 [招待有り]
山田肖子
JICA研究所・国際開発学会共催セミナー「国際開発におけるカイゼン研究の到達点と今後の課題 」   2018年12月25日   JICA研究所・国際開発学会
企画セッション『産業人材の職業能力の総合的評価にむけて ―Skills and Knowledge for Youths (SKY) プロジェクトによるプレテスト分析―』 企画代表者及び発表者「非認知的能力が職能に及ぼす影響-エチオピア縫製業労働者に見るカイゼン教育の効果」
山田肖子, クリスチャンS. オチア
国際開発学会第29回大会   2018年11月23日   
Being educated or being schooled? The potential of African traditional notion of `educated man' in the era of sustainable development and globalization [招待有り]
Shoko Yamada
World Social Science Forum 2018   2018年9月29日   
情報クラウド時代における知識生成-持続可能な開発目標(SDGs)形成過程の言説分析から- [招待有り]
山田肖子
教育社会学会第70回大会   2018年9月3日   
Bridging the supply-demand gaps of industrial workforce: Findings from skills assessment of garment workers in Ethiopia [招待有り]
Shoko Yamada
Invited talk   2018年8月21日   Ethiopian Investment Commission

Works

 
Shoko Yamada   その他   2018年10月
Authored the section on Education and Development in Africa
Bridging the Supply-Demand Gaps of the Industrial Workforce: Findings from a Skills Assessment of Garment Workers in Ethiopia Skills and Knowledge for Youth Research Project
1. Yamada, Shoko, Christian S. Otchia, Kyoko Taniguchi, Yuki Shimazu, and Fekadu Nigussie   その他   2018年9月
「学校と社会」「職業技術教育訓練」『国際開発学事典』丸善出版
その他   2018年7月
Skills Development in the Context of the Sustainable Development Goals. Policy Brief No. 01/17
Skills Development Research Team, Nagoya University   その他   2017年
書評「Yoshiko Tonegawa著 “Analysis of the Relationships between Local Development NGOs and the Communities in Ethiopia”」『アフリカ研究』90号, pp. 113-115
その他   2016年

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2018年10月 - 2022年3月    代表者: 山田肖子
ディーセント・ワークにつながる知識と技能:開発途上国における職業教育課程(TVET)修了労働者の技能測定モジュールの開発とカリキュラム評価
国際連合大学: 地球規模課題解決に資する国際協力プログラム(GGS)
研究期間: 2017年7月 - 2020年3月    代表者: 山田肖子
本プロジェクトでは、「持続可能な開発のための目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」の第4目標、特にターゲット3及び4が掲げる職業技術教育訓練(TVET)と雇用可能技術の習得への貢献を目指す。SDG4では、教育成果の評価は、教育サービス提供側の視点ではなく、学んだ人々が実際に身に着けた知識 (ラーニング・アウトカム)、特に仕事や生活の場で問題解決できる知識や能力に基づいて行うという方向に転換している。こうした潮流を反映し、多くの途上国の産業人材育成・...
水処理システムと湿式抽出法による藻類の高効率燃料化の融合と実用化(研究代表者:神田英揮(名古屋大学))
JST: SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)事業
研究期間: 2015年10月 - 2021年3月    代表者: 神田英揮
アフリカにおける若者の技能形成:人材育成制度と産業・雇用の整合性の学際的検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
西アフリカの口承と体験的学びの分析に基づく教育観の再構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月