市栄 智明

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/04 11:46
 
アバター
研究者氏名
市栄 智明
 
イチエ トモアキ
所属
高知大学
部署
教育研究部 自然科学系 農学部門
職名
准教授
学位
博士(理学)(京都大学), 修士(農学)(愛媛大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
高知大学 准教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会海外特別研究員(シンガポール国立教育研究所)
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会特別研究員(PD:北海道大学)
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
京都大学 理学研究科 生物科学
 
1995年4月
 - 
1997年3月
愛媛大学 農学研究科 生物生存環境学
 
1991年4月
 - 
1995年3月
愛媛大学 農学部 生物資源学科
 

受賞

 
2002年6月
日本熱帯生態学会吉良賞奨励賞
 

Misc

 
Ichie Tomoaki, Yoneyama Aogu, Hashimoto Taro, Tanaka-Oda Ayumi, Kusin Kitso, Tanaka Kenzo
Tropics   28(1) 1-11   2019年
<p>Large areas of the tropical peat swamp forests in Central Kalimantan were drained to be converted into rice fields and then abandoned. A change in the soil water level due to drainage in the forests must have had a big impact on the ecology and...
Yoneyama Aogu, Ichie Tomoaki
Tropics   27(4) 67-79   2019年
<p>While the canopy layer shows the highest productivity in forests, it also has the highest herbivore population density. How do canopy trees cope with attack from herbivores under such conditions? We investigated the relationship between leaf fl...
Shin Nagai, Shin Nagai, Tomoko Akitsu, Taku M. Saitoh, Robert C. Busey, Karibu Fukuzawa, Yoshiaki Honda, Tomoaki Ichie, Reiko Ide, Hiroki Ikawa, Akira Iwasaki, Koki Iwao, Koji Kajiwara, Sinkyu Kang, Yongwon Kim, Kho Lip Khoon, Alexander V. Kononov, Yoshiko Kosugi, Takahisa Maeda, Wataru Mamiya, Masayuki Matsuoka, Trofim C. Maximov, Annette Menzel, Annette Menzel, Tomoaki Miura, Toshie Mizunuma, Tomoki Morozumi, Takeshi Motohka, Hiroyuki Muraoka, Hirohiko Nagano, Taro Nakai, Tatsuro Nakaji, Hiroyuki Oguma, Takeshi Ohta, Keisuke Ono, Runi Anak Sylvester Pungga, Roman E. Petrov, Rei Sakai, Christian Schunk, Seikoh Sekikawa, Ruslan Shakhmatov, Yowhan Son, Atsuko Sugimoto, Rikie Suzuki, Kentaro Takagi, Satoru Takanashi, Shunsuke Tei, Satoshi Tsuchida, Hirokazu Yamamoto, Eri Yamasaki, Megumi Yamashita, Tae Kyung Yoon, Toshiya Yoshida, Mitsunori Yoshimura, Shinpei Yoshitake, Matthew Wilkinson, Lisa Wingate, Kenlo Nishida Nasahara
Ecological Research   33 1-2   2018年6月
© 2018 The Ecological Society of Japan We report long-term continuous phenological and sky images taken by time-lapse cameras through the Phenological Eyes Network (http://www.pheno-eye.org. Accessed 29 May 2018) in various ecosystems from the Arc...
Shuichi Igarashi, Mitsue Shibata, Takashi Masaki, Ichiro Tayasu, Tomoaki Ichie
Trees - Structure and Function   33 1399-1408   2019年10月
© 2019, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. Key message: Stored carbohydrates in trees do not act as key requirements for mass flowering in a masting species, Fagus crenata. Abstract: Many tree species exhibit high interannual v...
Kazumichi Fujii, Kazumichi Fujii, Makoto Shibata, Kaoru Kitajima, Tomoaki Ichie, Kanehiro Kitayama, Benjamin L. Turner
Ecological Research   33 149-160   2018年1月
© 2017, The Author(s). Tropical forests are characterized by high biodiversity and aboveground biomass growing on strongly weathered soils. However, the distribution of plant species and soils are highly variable even within a tropical region. Thi...

書籍等出版物

 
生物学者、地球を行く まだ知らない生きものを調べに、深海から宇宙まで
文一総合出版   2018年4月   ISBN:978-4829971079
生物時計の生態学-リズムを刻む生物の世界
文一総合出版   2015年12月   
教養としての森林学
文英堂出版   2014年2月   
森林の科学-森林生態系科学入門-
朝倉書店   2005年9月   ISBN:978-4254470383
森林の生態学-長期大規模研究からみえるもの
文一総合出版   2006年3月   ISBN:978-4829910665

Works

 
全自動型催芽装置の開発に向けた木本種子の催芽誘導条件に関する研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究A(一般)
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 石田 厚
東南アジア熱帯林全域の炭素貯留能力を解明する
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究A(一般)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 熊谷 朝臣
東南アジア熱帯二次林の現存量や生物多様性の回復可能性に関する定量評価研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B(海外学術)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 市栄 智明
県木ヤナセスギの更新や定着に必要な環境条件の解明
財団法人高銀地域経済振興財団研究助成金
研究期間: 2017年3月 - 2019年3月    代表者: 市栄 智明
東南アジアの熱帯山地林と低地熱帯雨林樹木の高温・乾燥耐性の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C(一般)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 田中 憲蔵