共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

チーク植林による生態系修復過程40年の検証

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 櫻井 克年
  • ,
  • 市榮 智明
  • ,
  • 田中 壮太
  • ,
  • 松岡 真如
  • ,
  • 森 牧人

課題番号
24405011
配分額
(総額)
17,940,000円
(直接経費)
13,800,000円
(間接経費)
4,140,000円
資金種別
競争的資金

北タイのチーク植林について,GISによるマッピング,土壌環境評価,森林気象環境評価,植物生理生態評価の視点からチーク材生産に影響を与える環境要因を明らかにするとともに,生態系への影響やチーク林を放置した場合の生態系修復効果を検証した.チーク生育期となる雨季の土壌有効水分量が,チーク生育の最も重要な因子であることが明らかとなった.チーク材の生産と荒廃森林の修復や森林保全を両立させるには,土壌の水分保持・供給能に着目し,材生産林と高い多様度を達成するための保全林への新たなゾーニングを進めることが肝要であると考えられた.

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24405011/24405011seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24405011