KOMATSU Takanori

J-GLOBAL         Last updated: Dec 12, 2018 at 21:58
 
Avatar
Name
KOMATSU Takanori
E-mail
tkomatmeiji.ac.jp
Affiliation
Meiji University
Section
School of Interdisciplinary Mathematical Sciences
Job title
Professor
Degree
Ph.D(The University of Tokyo)
Research funding number
30363716
Twitter ID
tkomatlab

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Mar 2013
Shinshu University Faculty of Textile Science and Technology Associate Professor
 
Nov 2007
 - 
Mar 2012
Shinshu University International Young Researcher Empowerment Center Assistant Professor
 
Apr 2003
 - 
Oct 2007
Future University Hakodate School of Systems Information Science Assistant Professor
 
Oct 1997
 - 
Sep 1999
Vienna University of Technology Guest Researcher
 

Education

 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
Graduate School, Division of General Culture, The University of Tokyo
 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
Faculty of Engineering, Shibaura Institute of Technology
 

Published Papers

 
白鳥 裕士, 牧 良樹, 中村 聡史, 小松 孝徳
情報処理学会論文誌   59(3) 882-893   Mar 2018
スポーツの録画視聴を楽しみにしている人にとって,意図せず遭遇してしまうネタバレ情報は問題であるとされている.本研究では,ネタバレが本当に問題であるのか検証を行うため,サッカーを対象としてネタバレが視聴者の観戦態度にどのような影響を及ぼすのか調査を行った.その結果,視聴者の緊張感に大きく影響することや,ネタバレの影響が大きい試合が存在することから,ネタバレが視聴者にとって問題であることを明らかにした.また,ネタバレ防止のための足がかりとして,サッカーを対象としたSNS上でのネタバレに関するデ...
Shinjiro Niino, Nanae Hagiwara, Satoshi Nakamura, Masaaki Suzuki, Takanori Komatsu
Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST   215 34-48   Jan 2018
© ICST Institute for Computer Sciences, Social Informatics and Telecommunications Engineering 2018. In this paper, we applied averaging method to hand-drawn illustrations, and clarified characteristics of the averaged hand-drawings. We then implem...
Yuji Shiratori,Yoshiki Maki,Satoshi Nakamura,Takanori Komatsu
Collaboration Technologies and Social Computing - 10th International Conference, CollabTech 2018, Costa de Caparica, Portugal, September 5-7, 2018, Proceedings   129-141   2018   [Refereed]
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Array
Proceedings of the 2018 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2018, Montreal, QC, Canada, April 21-26, 2018   478   2018   [Refereed]
Takanori Komatsu,Masahiro Kamide
26th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2017, Lisbon, Portugal, August 28 - Sept. 1, 2017   1-5   2017   [Refereed]

Misc

 
佐竹 澪, 小松 孝徳, 橋本 直
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(73) 83-90   Jun 2017
佐竹 澪, 小松 孝徳, 橋本 直
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(16) 83-90   Jun 2017
佐竹 澪, 小松 孝徳, 橋本 直
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   19 83-90   2017
秋田 純一, 小松 孝徳
IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications   114(479) 49-54   Mar 2015
一般的な超音波センサは,対象物に向け発信した超音波の反射波を受信するまでの時間を計測し,対象物までの距離を検出するものである.つまり,反射波がどのような形状をしているのかといった情報は,超音波センサでは使用されていないのが現状である.しかしその反射波には,対象物の表面で反射する際に,対象物に関する材質などの物理的な情報を含んでいることが期待される.本稿では,超音波センサの反射波の波形やスペクトルなどの詳細な情報を分析することで,対象物までの距離だけではなく,その材質をも同時に測定できるかど...
秋田 純一, 小松 孝徳
IEICE technical report. ASN, Ambient intelligence and sensor networks   114(480) 55-60   Mar 2015
一般的な超音波センサは,対象物に向け発信した超音波の反射波を受信するまでの時間を計測し,対象物までの距離を検出するものである.つまり,反射波がどのような形状をしているのかといった情報は,超音波センサでは使用されていないのが現状である.しかしその反射波には,対象物の表面で反射する際に,対象物に関する材質などの物理的な情報を含んでいることが期待される.本稿では,超音波センサの反射波の波形やスペクトルなどの詳細な情報を分析することで,対象物までの距離だけではなく,その材質をも同時に測定できるかど...

Books etc

 
Comparison an On-screen Agent with a Robotic Agent in an Everyday Interaction Style: How to Make Users React Toward an On-screen Agent as if They are Reacting Toward a Robotic Agent
D. Chugo (Eds) (Part:Joint Work)
Human-Robot Interaction(INTECH)   2010