横田 祥子

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/01 12:36
 
アバター
研究者氏名
横田 祥子
 
ヨコタ サチコ
所属
滋賀県立大学
部署
人間文化学部 地域文化学科
職名
助教
科研費研究者番号
80709535

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都大学 東南アジア研究所 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
京都大学 地域研究統合情報センター 共同研究員
 
2010年10月
 - 
2014年3月
国立民族学博物館 共同研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
横浜創英大学 非常勤講師(中国語)
 

学歴

 
 
 - 
2012年9月
慶應義塾外国語学校  インドネシア語科
 
 
 - 
2009年3月
東京都立大学大学院 社会科学研究科 社会人類学専攻
 
 
 - 
2002年3月
神戸大学大学院 総合人間科学研究科 地域文化学専攻
 
 
 - 
2000年3月
大阪外国語大学 外国語学部 地域文化学科中国語専攻
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
彦根市男女共同参画審議会  審議委員
 
2016年1月
 - 
2017年12月
日本華僑華人学会  企画委員
 

論文

 
書評 松村智雄著『インドネシア国家と西カリマンタン華人──「辺境」からのナショナリズム形成』
横田 祥子
華僑華人研究   (14)    2017年11月   [査読有り]
〈印尼華人女性的跨國婚姻與維持家戶福利:以西加里曼丹省山口洋市為案例〉
横田 祥子
国立交通大学出版社《在地、南向與全球客家》   297-325   2017年11月   [査読有り][招待有り]
書評 椎野若菜編著『シングルの人類学1 境界を生きるシングルたち』『シングルの人類学2 シングルのつなぐ縁』
横田 祥子
比較家族史研究   (31) 97-101   2017年3月   [招待有り]
インドネシア華人女性の国際結婚を通じた世帯保持:西カリマンタン州シンカワン市の事例から
横田 祥子
華僑華人研究   (13) 27-44   2016年11月   [査読有り]
台湾漢族の高齢者の扶養形態―『輪食』から『輪照』へ―
横田祥子
貿易風―中部大学国際関係学部論集―   (6)    2011年

Misc

 
新刊紹介 呉燕和著、日野みどり訳『ふるさと・フィールド・列車 : 台湾人類学者の半世紀』
横田 祥子
華僑華人研究   12    2015年11月
世界のシングル 「親孝行」のプレッシャー激しく 台湾
横田 祥子
読売新聞   2015(7/9)    2015年7月
中国性伝承的危機感與多元文化主義的衝突:以台湾対於東南亜移民的接納為例(中国語)
横田祥子
文化多様性與当代世界国際学術研討会論文集 第16届人類学與民族学世界大会籌委会(第16回国際人類学民族学会議(ICAES)準備委員会)      2006年
〈文化中国〉意識と多文化主義のせめぎあい――台湾・東南アジア系移民受容の対応から――
横田祥子
日本台湾学会第八回学術大会論文集      2006年
東北アジア地域の狩猟民族にみるクマ信仰
王宏剛著、横田祥子訳
民俗文化研究   (5)    2004年

書籍等出版物

 
横田 祥子 (担当:分担執筆, 範囲:「台湾の華僑華人研究」「結婚移民」)
丸善出版   2017年11月   ISBN:4621301764
横田祥子 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 政治的な正しさの背後にかくれたローカルな論理によりそう:商業的国際結婚と家族)
古今書院   2017年6月   ISBN:4772271287
多賀町立文化財センター・滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科市川秀之研究室編著『多賀町文化財自然誌調査報告書八 多賀町民族調査報告書二(河内・多賀・大杉・大岡)』
横田 祥子 (担当:分担執筆, 範囲:第一部河内 第十章家族・親族、第二部多賀 第十章家族・親族)
多賀町教育委員会・多賀町立文化財センター・滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科   2017年3月   
北村由美編著『20世紀アジアの国際関係とインドネシア華人の移動』
横田 祥子 (担当:分担執筆, 範囲:「第5章 台湾に移住したインドネシア華人のライフヒストリー:中華民国への『帰国進学』と結婚移住」)
京都大学附属図書館   2017年3月   
横田祥子、原めぐみ (担当:分担執筆, 範囲:7章 表象としての「女性」)
慶應義塾大学出版会   2017年3月   ISBN:476642395X

講演・口頭発表等

 
Global Householding through Cross-border Marriage Migration of Indonesian Chinese Women: A Case Study of Singkawang, West Kalimantan, Indonesia [招待有り]
横田 祥子
International Workshop on Making Global Trajectories of Chinese Diaspora Studies in Asia   2017年11月5日   Kyoto University and Indonesian Institute of Sciences
Cross-border Marriage Migration Between Indonesian Hakka Women and Other Area’s Chinese Men Global Householding of Singkawang, West Kalimantan, Indonesia [招待有り]
横田 祥子
The Fourth Taiwan International Conference on Hakka Studies   2016年9月11日   
Remigration to “Free China”: the Political Decision for Indonesian Chinese” [招待有り]
横田 祥子
Celebrating 20 Years of SEASREP and Southeast Asian Studies,  2015 Southeas Asian Studies Regional Exchange Program, University of Gajah Mada, Indonesia   2015年11月4日   
客家人国際結婚事情:台湾客家とインドネシア客家の海を越えた家族形成 [招待有り]
横田 祥子
台湾光点計画講座「台湾客家文化を学ぶ」   2015年7月11日   中華民国文化部&国立民族学博物館
商業的国際結婚の戦略:インドネシア西カリマンタン州シンカワン市一帯の事例から
横田 祥子
日本華僑華人学会2014年度研究大会   2014年11月30日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
中国系移民社会間における再生産労働の分業化と家族形成をめぐる社会人類学的研究
文部科学省: 科学研究費
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 横田 祥子
インドネシアにおける海南系華人のネットワーク構築に関する人類学的研究
京都大学東南アジア研究所: 共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 横田 祥子
再生産労働の国際移転と台湾漢族の家族・親族の再編をめぐる社会人類学的研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 横田 祥子
グローバル化する家族(国立民族学博物館試行的プロジェクト-若手研究者による共同研究「人の移動に注目した場所・空間・景観の文化人類学的研究」)
研究期間: 2008年 - 2010年
国際ブローカー婚にみる結婚と労働契約の境界をめぐる人類学的研究
研究期間: 2008年