樋口 貴広

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 12:11
 
アバター
研究者氏名
樋口 貴広
 
ヒグチ タカヒロ
eメール
higuchittmu.ac.jp
URL
http://www.comp.tmu.ac.jp/locomotion-lab/higuchi/higu-index.html
所属
首都大学東京
部署
人間健康研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
首都大学東京 教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
首都大学東京 准教授
 
2006年4月
 - 
2008年3月
首都大学東京 助教
 
2004年10月
 - 
2006年3月
Waterloo大学(カナダ) 客員研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東北大学大学院 文学研究科 人間科学
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
トレーニング科学会  雑誌編集委員
 

論文

 
バランスの制御:視覚の役割
樋口 貴広
理学療法の科学と研究   10 1-5   2019年4月   [招待有り]
Slower reorientation of trunk for reactive turning while walking in hemiparesis stroke patients.
樋口 貴広Nakamura T, Higuchi T, Kikumoto T, Takeda T, Tashiro H, Hoshi F.
Journal of Motor Behavior   in press    2019年   [査読有り]
Fukuhara K, Maruyama T, Ida H, Ogata T, Sato B, Ishii M, Higuchi T.
Frontiers in Psychology   9 1830   2018年7月   [査読有り]
The role of proximal body information on anticipatory judgment in tennis using graphical information richness.
Fukuhara K, Ida H, Ogata T, Ishii M Higuchi T.
PLOS One   12(7) e0170119   2017年10月   [査読有り]
歩行の安全性に関わる心理機構
樋口 貴広
理学療法ジャーナル   51(5) 397-403   2017年5月   [招待有り]
Effect of constrained arm posture on the processing of action verbs.
Yasuda M, Stins JF, Higuchi T
Frontiers in Neuroscience   11 57   2017年2月   [査読有り]
Walking through apertures in individuals with stroke
Muroi D, Hiroi Y, Koshiba T,Suzuki Y, Kawaki M, Higuchi T
PLOS ONE   12 e0170119   2017年2月   [査読有り]
Accuracy of discriminating between similar drug names by nurses: effect of finger-pointing on error prevention.
Mitobe J and Higuchi T.
Journal of Safety Studies   3 73-86   2017年2月   [査読有り]
Wagman JB Langley MD, Higuchi T.
Experimental Brain Research   235 153-167   2017年1月   [査読有り]
Muroi D, Higuchi T
Experimental Brain Research   235 219-230   2017年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
研究的思考法:想いを伝える技術
樋口 貴広
2019年2月   
実験心理学ハンドブック
樋口 貴広 (担当:分担執筆, 範囲:「筋電図」(425-426ページ))
朝倉書店   2018年8月   
「知覚に根ざしたリハビリテーション:実践と理論」
樋口貴広・和泉謙二・真下英明・種村留美(編) (担当:共編者, 範囲:1章,13-14章)
シービーアール   2017年5月   
健康心理学概論
樋口 貴広 (担当:分担執筆, 範囲:認知と行動のメカニズム)
2016年11月   
感覚入力で挑む-感覚・運動機能回復のための理学療法アプローチ
樋口 貴広 (担当:分担執筆, 範囲:身体図式:行為を支える脳内身体表象)
文光堂   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
注意と歩行 [招待有り]
樋口 貴広
畿央大学ニューロリハビリテーションセミナー   2016年10月1日   
姿勢と歩行 [招待有り]
樋口 貴広
理学療法士講習会(基本編・理論)   2016年6月19日   
姿勢と歩行 [招待有り]
樋口 貴広
株式会社東京リハビリテーション主催研修会   2016年4月17日   
姿勢と歩行:協調からひも解く [招待有り]
樋口 貴広
広島県理学療法士協会尾三支部研修会   2015年12月13日   
注意と歩行 [招待有り]
樋口 貴広
畿央大学ニューロリハビリテーションセミナー   2015年10月26日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ライフスタイルと脳の働き -超高齢社会を生き抜くための心理科学-
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤研究S
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 積山 薫
身体に根ざした認知の生涯発達と神経可塑性
科学研究費補助金:基盤研究A
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 積山薫
脳内情報処理における「運動-言語連関」の理解:効果的な運動学習支援に向けて
公益財団法人カシオ科学振興財団: 第32回研究助成
研究期間: 2014年12月 - 2016年10月    代表者: 樋口 貴広
高齢者における適応的行動選択能力の評価とその介入方略の検討
科学研究費補助金:基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 近藤 慶承
歩行中に遂行される空間性情報の知覚に対する行動科学的検討
科学研究費補助金:若手研究A
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 樋口 貴広