松浦 執

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/20 02:52
 
アバター
研究者氏名
松浦 執
 
マツウラ シュウ
eメール
shum00u-gakugei.ac.jp
URL
http://topicmaps.u-gakugei.ac.jp/
所属
東京学芸大学
部署
教育学部 基礎自然科学講座
職名
教授
学位
理学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 物理学専攻
 
 
 - 
1983年3月
名古屋大学 理学部 物理学科
 

Misc

 
ジグソー学習を取り入れた「理科読」による日本列島の形の学習に関する実践研究
原口るみ、松浦執
形の科学会誌   31(3) 144-157   2017年3月
In science education, it is important to bridge between scientific knowledge and the studentsʼ real lives. However, some subjects of school science include the topics in which the experimental confirmation or the real observation is difficult to p...
Topic Mapsによる主題中心指向Web学習ポータルの開発
松浦執、内藤求
可視化情報   30(Suppl. 1) 245-250   2010年7月
インターネット上の優れた学習資源を、その内容で関連づけ、多分野を横断的に学習するための、web学習システムの設計および構築を行った。このためにISO標準技術であるトピックマップを利用し、トピックマップ駆動型学習ポータルwebサイトを構築、公開した。さらに、オントロジーを標準webナビゲーションデザインにマッピングする手法を考案した。
発達障害児への,視覚情報に注目した実験体験教室の試み
松浦執
形の科学会誌   25(1) 1-6   2010年6月
発達障害児の学習をすすめるための視覚的な「構造化」の概念にもとづいて、認知のしやすさを高めた、発達障害児向けの理科実験体験教室の教材づくりを行った。そして、巨大風船などを用いた飛行安定性の実験、密度を色で可視化した密度勾配をもつ液体での浮力の実験について、朝霞手をつなぐ育成会と協力して発達障害児のための実験教室の実践を行った。
放散虫Mirifusus属(海洋プランクトン)の進化と骨組構造の力学的最適化―骨組形状遷移の構造力学的検証―
吉野隆,石田直人,岸本直子,松岡篤,栗原敏之,木元克典,松浦執
応用力学論文集   12 35-42   2009年8月
海洋性プランクトンである放散虫Mirifusus属について、節を連結する骨組構造をを出現順に3つにモデル化し、網目構造に圧縮加重やせん断荷重をかけ、最上部構造の変位が最小となる構造を線形弾性解析により調べ、三角形のフレーム構造の力学的最適性を確認した。
学習を広げるトピックマップ型e-Learningによる物理学入門
松浦執
IT活用教育方法研究   11(1) 26-30   2008年11月
トピックマップの概念を用い、初等物理学5分野のトピックとその関連のグラフ図をインタフェースとしたweb学習支援システムを構築した。このシステムで、学習者がどの程度広い範囲に興味を拡張していくかを、5つの分野の学習の偏りを測定することで調べた。その結果、講座型のe-Learningに比べて、広くまんべんなく学習するタイプや、特定の領域を徹底的に学習するタイプなど、学習傾向に多様性の出現が見出された。

書籍等出版物

 
教育支援とチームアプローチ
書肆クラルテ(京都市)   2016年9月   ISBN:978-4886026552
形の科学百科事典
朝倉書店(東京)   2004年9月   ISBN:978-4254101706
かたちの事典
丸善株式会社(東京)   2003年3月   ISBN:978-4621071908

講演・口頭発表等

 
可視化された相互コメントの時間的変化の分析
第82回形の科学シンポジウム「産業技術とかたち」   2016年10月   
視点の転換を助ける拡張現実表現の効果
日本物理学会 2016年秋季大会   2016年9月   
「アクティブ・ラーニング」を支えるICT活用ー多量の結果への書き込みから生まれる協働学習
日本教育工学会 第32回全国大会   2016年9月   
Web学習システムのインタフェースとしてのヒューマノイド・ロボットとの対話開発
2016 PC カンファレンス   2016年8月   
月の満ち欠けにおける拡張現実を利用した教材の効果の検証
日本理科教育学会第66回全国大会   2016年8月   

競争的資金等の研究課題

 
Topic Maps技術を基盤としたインタラクティブな学びの環境の構築