橋本 泰元

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/15 18:49
 
アバター
研究者氏名
橋本 泰元
 
ハシモト タイゲン
所属
東洋大学
部署
文学部
職名
教授
学位
博士(文学)(東洋大学)
その他の所属
東洋思想文化学科
科研費研究者番号
40256764

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
現在
東洋大学 文学部 教授
 

論文

 
グルー=ナーナクの実践論
橋本 泰元
東洋学研究   (56) 67-84   2019年3月
グルー=ナーナクの思想における「神の自己顕現」の観念
橋本 泰元
東洋学研究   (55) 79-97   2018年3月
異宗教間の<境界>と<共生>―インドのヒンドゥー教とイスラームについて
橋本 泰元
宮本久義・堀内俊郎(編)『宗教の壁を乗り越える―多文化共生社会への思想的基盤』(ノンブル社)   145-161   2016年1月
インド中世民衆思想における死生観―スィク教祖ナーナクの場合―
橋本 泰元
東洋学研究   (52) 247-259   2015年3月
スィク教祖ナーナクの神観念
橋本 泰元
東洋文化思想   (Ⅱ) (20)-(43)   2015年3月
スィク教聖典編纂者グル=アルジャンの生涯―歴史と伝統のなかで―
橋本 泰元
東洋思想文化   (Ⅰ) 86-103   2014年3月
橋本 泰元
東洋学論叢 = Bulletin of Orientology   (38) 136-117   2013年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   (37) 154-129   2012年3月
ラーナー スィンフ, 橋本 泰元
南アジア・アフェアーズ : 岐阜女子大学南アジア研究センター研究紀要   7 27-67   2011年3月
A Study of an Aspect of Kabir's Bhakti with the Text and Translation of the Gyana Caunmtisa in the Bijak
橋本 泰元
213-222   2011年   [査読有り]
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   176-148   2010年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   119-106   2009年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   147-132   2008年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   177-159   2007年3月
Bouy Christian, 橋本 泰元
東洋学研究   360-343   2006年
Bouy Christian, 橋本 泰元
東洋学研究   308-279   2005年
Bouy Christian, 橋本 泰元
東洋学研究   296-272   2004年
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   81-53   2000年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   92-56   1999年3月
橋本 泰元
豊山学報   216-196   1997年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   165-147   1997年
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taigen HASHIMOTO
東洋学論叢   105-88   1996年3月
橋本 泰元, ハシモト タイゲン, Taige HASHIMOTO
東洋学論叢   p109-89   1995年3月
坂田 貞二, 田中 多佳子, 橋本 泰元, 福島 正明
アジア・アフリカ言語文化研究   37 69-121   1989年

Misc

 
橋本 泰元
史學雜誌   109(5) 935-939   2000年5月
橋本 泰元, 井坂 理穂
史学雑誌   109(5) 935-942   2000年5月
橋本 泰元
史學雜誌   103(5) 916-919   1994年5月
橋本 泰元
アジア・アフリカ言語文化研究所通信   56 32-34   1986年3月

書籍等出版物

 
橋本 泰元
ノンブル社   2006年2月   ISBN:4903470008
橋本 泰元, 山下 博司, 宮本 久義 (担当:共著)
東京堂出版   2005年11月   ISBN:4490106823
カビール (担当:単訳)
平凡社   2002年6月   ISBN:4582807038
Bhandari Mannu, きぬのみちえ, 橋本 泰元
段々社, 星雲社 (発売)   1999年   ISBN:479526516X
H. ドゥヴィヴェーディー (担当:共訳)
春秋社   1992年7月   ISBN:4393111818

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 長崎 広子
ペルシア詩、ウルドゥー詩、ヒンディー詩、ベンガル詩の韻律におけるリズム構造をそれぞれの研究者が解明し、古典サンスクリットから受け継がれたインドの韻律に外来のアラビア・ペルシア韻律のリズムが与えた影響を考察した。分担者と研究協力者は現地で韻律の朗唱サンプルを収集し、ヒンディー、ウルドゥー、ペルシア、ベンガル韻律の音声サンプルを付したデジタル詩論書を作成して専用のサーバー上http://hin.minoh.osaka-u.ac.jp/で、公開した。明たな発見としては、ペルシア韻律で規定されるウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 菅沼 晃
本研究は「仏教を中心とした共生の原理」を分析し、それを体系的にとらえること目的にしたものである。その趣旨は、具体的には以下のようにまとめることができる。1) 仏教の中に共生の原理が機能しているか。2) そうであるとすればそれはどのように機能しているものなのか。3) その原理は他の宗教とどのようにかかわるのか。今回の3年間の総合研究はこのような共通のテーマを掲げ、17名の研究者がそれぞれの立場から考察することを目指した。初めの2年間は研究分担者がそれぞれの分担する専門分野から「共生の原理」に...