伊藤 里恵

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/22 11:50
 
アバター
研究者氏名
伊藤 里恵
 
イトウ リエ
所属
星薬科大学
部署
薬学部 薬品分析化学教室
職名
講師
学位
博士(薬学)(星薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
星薬科大学 薬学部 講師
 

論文

 
Yoshikazu Arai, Yoshikazu Arai, Yoshikazu Arai, Koji Hayakawa, Daisuke Arai, Rie Ito, Yusuke Iwasaki, Koichi Saito, Kazuhiko Akutsu, Satoshi Takatori, Rie Ishii, Rumiko Hayashi, Shun Ichiro Izumi, Norihiro Sugino, Fumio Kondo, Masakazu Horie, Hiroyuki Nakazawa, Tsunehisa Makino, Mitsuko Hirosawa, Kunio Shiota, Jun Ohgane, Jun Ohgane
BioMed Research International   2015(Toxicology) 876047   2015年1月
© 2015 Yoshikazu Arai et al. The regulation of transcription and genome stability by epigenetic systems are crucial for the proper development of mammalian embryos. Chemicals that disturb epigenetic systems are termed epimutagens. We previously pe...
Yasuhiro Sakamoto, Yuki Jinno, Ikumi Shinodzuka, Yusuke Iwasaki, Rie Ito, Koichi Saito
Analytical Sciences   30(2) 271-275   2014年2月
A cleanup method employing quick and simple solid-phase dispersive extraction (SPDE) was investigated for its potential use in the determination of vancomycin (VCM) in serum by liquid chromatography/mass-spectrometry (LC/MS). SPDE was observed to ...
Yusuke Iwasaki, Momoko Oda, Yuri Tsukuda, Yuki Nagamori, Hiroyuki Nakazawa, Rie Ito, Koichi Saito
Journal of the Food Hygienic Society of Japan   55(4) 167-176   2014年1月
Food additives, such as preservatives, sweeteners, coloring agents, and flavoring agents, are widely used in food manufacturing. However, their combined effects on the human body are not known. The purpose of this study was to examine whether comb...
Hiroyuki Nakazawa, Yusuke Iwasaki, Rie Ito
Analytical Sciences   30(1) 25-34   2014年1月
Our modern society has created a large number of chemicals that are used for the production of everyday commodities including toys, food packaging, cosmetic products, and building materials. We enjoy a comfortable and convenient lifestyle with acc...
Nobuyuki Wakui, Nobuyuki Wakui, Tetuo Ookubo, Yusuke Iwasaki, Rie Ito, Koichi Saito, Hiroyuki Nakazawa
Journal of Oncology Pharmacy Practice   19(4) 315-320   2013年12月
The objective of this article is to reduce the preparation time for oral anticancer drugs, reduce the exposure to drug preparations, and develop drug preparation equipment without external drug leaks in a closed state. In the newly developed close...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年
近年、有機リン系殺虫剤に替わる農薬として,ニコチン様作用を示すネオニコチノイド系殺虫剤が広く使用されている。蜂群崩壊症候群(Colony collapse disorder; CCD)の原因物質の一つではないかと考えられていることから、ハチミツ中のネオニコチノイド系殺虫剤の高感度・高選択的な分析法に必要な前処理法を検討した。構築した固相抽出-液体クロマトグラフ―タンデム質量分析法を用いることで、ハチミツ中ネオニコチノイド系農薬の残留分析に適用可能であり、汚染実態の解明に活用できると期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 伊藤 里恵
ポリ塩化ビニル(PVC)製医療機器に使用されるトリメリット酸トリス-2-エチルヘキシル(TOTM)の医療機器からの溶出挙動およびガンマ線照射などによる安定性を検討した。その結果、ガンマ線照射によりTOTM溶出量は減少することが明らかとなったが、分解物のピークは確認されなかった。さらに、患者のTOTM暴露量を、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)と比較したところ、ある条件下では、1/400であり、可塑剤としての有用性が高いことが分かった。
生体試料中の有機フッ素系化合物の微量分析法の構築とヒト暴露量の評価
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年