Yasuyuki Iwasaki

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 09:12
 
Avatar
Name
Yasuyuki Iwasaki
E-mail
iwasakin-seiryo.ac.jp
Research funding number
60410247

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Niigata Seiryo University Faculty of Social Welfare and Psychology, Department of Clinical Psychology
 

Education

 
Apr 1989
 - 
Mar 1993
Niigata University
 

Published Papers

 
Yasuyuki Iwasaki
新潟青陵学会誌   11(2) 1-11   Sep 2018   [Refereed]
For the purpose of identifying the roles and responsibilities of regional coordinators in revitalizing the period of integrated study, a questionnaire survey was conducted with regional coordinators and school officials working for 748 public comp...
Yasuyuki Iwasaki
11(1) 24-34   Mar 2018   [Refereed]
Aiming to obtain basic data to build a model to activate "Period for Integrated Study", questionnaire survey is conducted on public school teachers 748 people for compulsory education in Niigata Prefecture.The progress of coordination and cooperat...
Tsukahara Kazuko, Nakamura Keiko, Iwasaki Yasuyuki, Ishizaki Tomoi, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Tamura Noriko
10(1) 9-19   Sep 2017   [Refereed]
This study aimed to elucidate the psychological process of overcoming crises by yogo teachers. On eight yogo teachers of A city who have experienced crises in the past, we conducted semi-structured interviews. As a result of analyzing the content ...
Yasuyuki Iwasaki
Buletin of John Dewey Society of Japan   (57) 83-92   Oct 2016   [Refereed][Invited]
高等学校における養護教諭の性教育推進に向けた方策に関する研究
32(4) 388-403   Dec 2014   [Refereed]
本研究は高等学校養護教諭の性教育における意識と取り組みの実態を明らかにし、養護教諭と校内連携者である教諭との比較を行い、性教育推進に向けた方策を検討することを目的とした。2012年10月から11月の間に、無記名自記式の質問紙調査法により得られた、4県の養護教諭89人と保健体育科等教諭57人の回答を分析した。その結果、養護教諭は研修会参加率および書籍購入率が高く、「セクシュアリティ」に関する書籍も拠り所とし、性に関する包括的な捉え方をしていた。また、性教育を行うことで、「生徒に良い変化が期待...
高等学校における性教育を実施するうえで教員が感じている困難感と課題
32(1) 96-96   Mar 2014   [Refereed]
Effects of Support by School Social Workers on Behavioral Problems of Elementary School and Junior High School Students
6(3) 1-11   Mar 2014   [Refereed]
本研究の目的は、小・中学生の問題行動等においてスクールソーシャルワーカー(以下、SSWとする)がどのように支援を行っているのかを明らかにし、SSWが導入されたことによる成果や課題について考察することである。小・中学生の問題行動等に関わっている現職のSSW4名を対象として、面接調査を行った。面接内容の逐語録を作成し、類似した内容をまとめてカテゴリー化した。その結果、14のカテゴリーと53のサブカテゴリーを抽出した。カテゴリーとサブカテゴリーについて、インタビューで明らかになった9つの事例の文...
専門職養成系大学において重点的指導が必要なスタディ・スキル
6(2) 26-26   Oct 2013   [Refereed]
子どもの問題行動に関する学校と外部機関との連携プロセスのモデル化 生徒指導主事への面接調査から
6(1) 59-69   Sep 2013   [Refereed]
子どもの問題行動の解決のためには、学校における生徒指導体制の整備や、学校と関係機関等との連携が重要であることは、各種提言や通知で繰り返し強調されており、生徒指導を進める上で関係機関との連携は欠かせないものとなっている。本研究の目的は、学校と外部機関との連携に焦点を当て、子どもの問題行動を認知した生徒指導主事が連携することによって、問題の状況が好転するまでのプロセスをモデル化することである。調査対象者は中学校に勤務する生徒指導主事1名とし、連携を必要とした事例について半構造化面接を行った。複...
スクールカウンセラーによる外部機関との連携のプロセスのモデル化
6(1) 47-58   Sep 2013   [Refereed]
子どもの心の健康問題において外部の関係機関や専門家との連携が必要となっているケースが増えており、連携におけるスクールカウンセラーの役割が重要となっている。本研究の目的は、スクールカウンセラーが外部機関と連携することによって、子どもの心の健康問題の状況が好転するまでのプロセスをモデル化することである。中学校に勤務するスクールカウンセラー1名に半構造化面接を行い、4事例について複線経路・等至性モデル(TEM)を用いて分析、記述を行った。スクールカウンセラーは、(1)危険度・緊急度が高い、(2)...
外国人看護師候補者支援に関わった看護師支援者の認識 インタビューの結果から
5(3) 51-60   Mar 2013   [Refereed]
本研究は、外国人看護師候補者を受け入れた医療施設において、支援に関わった看護師支援者の支援の実際と成果に関する認識を明らかにすることを目的とした。対象者は看護師支援者4名であった。半構造化面接で調査を行い、KJ法を用いて分析した。その結果、213のラベルから、【病院の教育支援の取り組みと試行錯誤】【候補者のポジティブな意識の変化】【受入れ側のポジティブな意識の変化】【徐々に日本の生活に適応】【国家試験問題の困難さと克服】【協働者として期待するレベルとの差】【時間を共有しながら意思疎通、相互...
Yasuyuki Iwasaki
(53) 243-252   Oct 2012   [Refereed][Invited]
Yasuyuki Iwasaki
Journal of Niigata Seiryo academic society   1(1) 9-18   Mar 2009   [Refereed]
This study, from the perspective of John Dewey's (1859-1952) communication concept as aneducational evaluation, considers the relevance of communication and evaluation primarily inusing Dewey's works and rubrics of teaching experiments. As a resul...
Iwasaki Yasuyuki
The Journal of the study of modern society and culture   (40) 297-314   Dec 2007   [Refereed]
This study examines the changes concerning the assessment of affection in a cumulative guidance record by focusing on the "viewpoint" of each subject. It was found that the assessment was started to enable a complete understanding of a young stude...
(7) 29-39   Mar 2007
教育評価における「関心・意欲・態度」(「情意」)の位置づけについて、デューイ(Dewey,J. 1858-1952)の興味論とブルーム(Bloom,B.S. 1913-1999)の完全習得学習論における情意領域の論じられ方を、文献(デューイ『民主主義と教育』(1916年)、ブルーム『人間特性と学校学習』(1976年))を通して比較、検討した。その結果、デューイにおける子どもと主題との「利害関係」とブルームにおける教科に対する学習者の「情意」的態度は、学習者と学習対象の関係を論じている点で並...
IWASAKI Yasuyuki
The journal of the study of modern society and culture   (37) 1-18   Dec 2006   [Refereed]
The purpose of this study is to consider Deming's (Deming, W.E., 1900-1993) PDSA cycle, and to clarify how his management cycle should contribute to the school evaluation, which contributes to school improvement. PDSA (Plan-Do-Study-Act) cycle is ...
IWASAKI Yasuyuki
The journal of the study of modern society and culture   (35) 37-46   Mar 2006   [Refereed]
The purpose of this paper is to consider John Dewey's (1859-1952) position on the educational measurement movement, especially his view on quantity and quality in educational measurement, which was popular in the United States during the 1920s. Fi...
What does Schutz,A. Make Development Dewey' s Theory?
Yasuyuki Iwasaki
Buletin of John Dewey Society of Japan   (36) 51-56   Jun 1995