泉川 泰博

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:34
 
アバター
研究者氏名
泉川 泰博
 
イズミカワ ヤスヒロ
所属
中央大学
部署
総合政策学部
職名
教授

研究分野

 
 
  • 政治学 / 国際関係論 / 国際関係理論、同盟政治、アメリカ外交、東アジア安全保障

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
中央大学 総合政策学部 教授
 
2009年4月
 - 
2014年3月
中央大学 総合政策学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2009年3月
神戸女学院大学 文学部英文学科 准教授
 
2002年2月
 - 
2005年3月
宮崎国際大学 比較文化学部 准教授
 
2001年9月
 - 
2002年1月
ジョージタウン大学 政治学部 研究助手
 

学歴

 
1996年9月
 - 
2002年1月
ジョージタウン大学 政治学研究科 
 
1994年9月
 - 
1996年5月
ジョンズホプキンス大学高等国際問題大学院(SAIS)大学院  
 
1986年4月
 - 
1990年3月
京都大学 法学部 
 
1983年4月
 - 
1986年3月
香川県立高松高等学校  
 

委員歴

 
2015年
   
 
国際安全保障学会  理事、編集委員
 
2011年
   
 
日本国際政治学会  国際交流委員
 

論文

 
Binding Strategies in Alliance Politics: The Soviet-Japanese-US Diplomatic Tug of War in the 1950s
Yasuhiro Izumikawa
International Studies Quarterly   62(1) 108-120   2018年3月   [査読有り]
バランシング/バンドワゴン理論の陥穽と冷戦時東アジアの同盟政治
泉川 泰博
日本国際政治学会年次大会      2017年10月
Alliance Politics in East Asia during the 1950s: A Perspective from Dynamic Theory of Alliances
Yasuhiro Izumikawa
Slavic-Urasian Research Center Int'l Symposium      2017年6月   [招待有り]
The Concept of Dynamic Equilibrium and Alliance Politics in East Asia
Yasuhiro Izumikawa
Int'l Studies Association Annual Conference      2017年3月   [査読有り]
エージェントー構造問題に関する理論的研究の新潮流
泉川 泰博
国際安全保障   44(4) 8-23   2017年3月   [招待有り]

Misc

 
ミニ論点:中朝首脳会談
泉川 泰博
毎日新聞      2018年5月   [依頼有り]
「東アジア政策、船出は無難だが…」
泉川 泰博
時事通信 E-World Premium   (38) 14-17   2017年3月   [依頼有り]
「論点 トランプ大統領の衝撃 東アジア秩序への影響懸念」
泉川 泰博
毎日新聞      2016年11月   [依頼有り]
「進展するか領土問題 「国後」「択捉」が焦点 日ソ共同宣言60年」
東郷和彦、泉川泰博、E. ストレリツォフ
北海道新聞      2016年10月   [依頼有り]
アメリカの外交・安全保障官僚機構
泉川 泰博
日本国際問題研究所      2016年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Japan Decides 2017: The Japanese General Election
R. Pekkanen, S. Reed, E. Scheiner, and D. Smith, editors. (担当:分担執筆, 範囲:"The North Korea Factor in the 2017 General Election,” pp. 313-327.)
Palgrave Macmillan   2018年   
「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」最終報告
日本国際問題研究所 (担当:分担執筆, 範囲:第5章「個人レベル・政府内要因からみたトランプ政権の外交政策」)
日本国際問題研究所   2017年3月   
Japan-Russia Relations: Implications for the U.S.-Japan Alliance
Yasuhiro Izumikawa (担当:分担執筆, 範囲:“Japan’s Approach to Russia under Shinzo Abe: A Strategic Perspective,” pp. 61-70.)
Sasagawa Peace Foundation U.S.A.   2016年5月   
「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」中間報告
日本国際問題研究所   2016年3月   
2016年米国外交と日米関係の展望:大統領選挙と米国の対アジア・ロシア政策
21世紀政策研究所   2016年   

講演・口頭発表等

 
国務省、国防総省、NSC:米国の外交安保官僚機構と中国政策
泉川泰博
日本国際問題研究所主催フォーラム   2016年   
オバマ政権の対ロシア政策:日本へのインプリケーション [招待有り]
泉川泰博
経団連21世紀政策研究所フォーラム   2015年   
Japan's Approach toward Russia under Shinzo Abe:A Strategic Perspective [招待有り]
Yaushiro Izumikawa
Sasagawa USA, Prospects for Japan-Russia Relations   2015年   
政治学における因果分析と事例研究の役割 [招待有り]
泉川泰博
科学基礎論学会2015年次大会   2015年   
Japan's Northeast Asia Policy under Abe [招待有り]
Yasuhiro Izumikawa
Carnegie Endowment for International Peace   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
同盟の動的均衡理論と東アジア同盟システムの成立
科学研究費基盤研究C
研究期間: 2015年10月 - 2019年3月    代表者: 泉川 泰博
「新段階の日米同盟」プロジェクト
外務省: 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 神谷万丈
「スマートパワー時代の日米同盟」の継続的研究で、引き続き日米の専門家が、今後の日米同盟のあるべき姿について研究した。
日本人の外交に関する選好形成メカニズムの研究
科学研究費基盤研究A
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 河野勝
外交・安全保障政策に関する日本人の選好を世論調査を基に分析し、より経験的根拠に基づいた政策提言に結びつけようとした。
安全保障に関する日欧の知的交流事業
外務省: 安全保障に関する日欧の知的交流事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 添谷芳秀
スマートパワー時代の日米同盟
外務省: 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 神谷万丈
アメリカの衰退が言われる中、日本とアメリカがそれぞれ何をすべきかについて、日米の専門家が共同で研究した。

社会貢献活動

 
NHK World
【出演, コメンテーター, 取材協力】  日本放送協会  Newsroom Tokyo, Newsline  2016年11月18日 - 現在