眞岡 哲夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/28 15:28
 
アバター
研究者氏名
眞岡 哲夫
 
マオカ テツオ
URL
http://cryo.naro.affrc.go.jp/
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
北海道農業研究センター 企画部
職名
部長
学位
生物環境調節学博士(東京農業大学)
その他の所属
東京農業大学大学院農学研究科 国際農業開発学専攻(連携大学院方式)

プロフィール

「専門分野」は植物病理学(植物ウイルス)。
「経歴と業績概要」1987年~2000年まで熱帯農業研究センター~国際農林水産業研究センターでパパイアのウイルス病を研究。2000年~2013年まで北海道農業試験場~北海道農業研究センターでジャガイモのウイルス病を研究。2014年管理部門に移り2016年より生産環境研究領域長。農業気象、土壌肥料、作物栄養、病害、虫害、線虫害分野の研究管理に携わる。
「今後の抱負」北海道農業の重要テーマ(土壌凍結深、菌根菌、ジャガイモ黒あし病、同ウイルス病、コムギなまぐさ黒穂病、ビート西部萎黄病、ジャガイモシロシストセンチュウ)について連携を希望される方、お問い合わせ下さい。

研究分野

 
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
公益財団法人北農会  評議員
 
2018年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  常任評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  植物病害診断研究会会長
 
2010年4月
 - 
現在
農林水産省  「ダリアから検出されたポテトスピンドルチューバーウイロイドに関する対策検討会」検討委員
 
2006年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  植物病害診断研究会幹事
 
2006年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  北海道部会幹事
 
2004年4月
 - 
現在
日本植物病理学会  植物ウイルス病研究会幹事
 
2019年3月
 - 
2019年3月
日本植物病理学会  平成31年度大会学生優秀発表賞選考委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本植物病理学会  北海道部会長
 
2015年4月
 - 
2016年3月
NPO法人グリーンテクノバンク  グリーンテクノ情報 編集委員長
 
2008年12月
 - 
2016年3月
ISO/TC34/SC16 病原体検出規格専門分科会委員
 
2010年4月
 - 
2016年3月
農林水産省  発生予察情報(発生予報)検討メンバー
 
2005年4月
 - 
2013年3月
日本植物防疫協会  新農薬実用化試験成績検討委員
 
2005年10月
 - 
2005年10月
農林水産省  「米国産ポテトチップ加工用ばれいしょ生塊茎の病害虫危険度解析に関する検討会」検討委員
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本植物病理学会  編集幹事
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本植物病理学会  北海道部会実行幹事
 
2006年4月
 - 
現在
北日本病害虫研究会  地方幹事
 
2006年4月
 - 
現在
北日本病害虫研究会  編集委員
 
2006年4月
 - 
現在
北日本病害虫研究会  評議員
 

受賞

 
1996年
平成8年度日本植物病理学会学術奨励賞
 
2007年
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 NARO RESEARCH PRIZE 2007 おとり植物を利用したジャガイモモップトップウイルスの多検体土壌診断法
 

論文

 
Masakazu Sano, Takehiro Ohki, Kenji Takashino, Shingo Toyoshima, Tetsuo Maoka
Journal of Economic Entomology      2018年11月   [査読有り]
Takehiro Ohki, Takashi Narabu, Atsuhiko Kushida, Kakumasa Onodera, Taketo Fujimoto, Kenji Itou, Tetsuo Maoka
Journal of General Plant Pathology   84(3) 230-236   2018年5月   [査読有り]
Takehiro Ohki, Masakazu Sano, Kenji Asano, Takato Nakayama, Tetsuo Maoka
Plant Pathology   67 1629-1635   2018年4月   [査読有り]
Taketo Fujimoto, Shinji Yasuoka, Yoshiyuki Aono, Takato Nakayama, Takehiro Ohki, Mitsuru Sayama, Tetsuo Maoka
Journal of General Plant Pathology   84(2) 124-136   2018年1月   [査読有り]
T. Ohki, T. Sasaya, M. Sayama, T. Maoka
Journal of General Plant Pathology   83 226-230   2017年5月   [査読有り]
M. Ito, A. Meguro-Maoka, T. Maoka, S. Akino, C. Masuta
Journal of General Plant Pathology   83 169-172   2017年3月   [査読有り]
T. Fujimoto, S. Yasuoka, Y. Aono, T. Nakayama, T. Ohki, M. Sayama, T. Maoka
Plant Disease   101(1) 241-241   2017年1月   [査読有り]
土壌中のジャガイモ黒あし病菌をPCR で検出するための増菌方法
青野桂之、中山尊登、藤本岳人、佐山 充、大木健広、眞岡哲夫
北日本病虫研報   67 85-89   2016年12月   [査読有り]
T. Narabu, T. Ohki, K. Onodera, T. Fujimoto, K. Itou, T. Maoka
Plant Disease   100(8) 1794-1794   2016年5月   [査読有り]
Ohki, T., Kajihara, H., Maoka, T
Journal of General Plant Pathology   80 90-93   2014年   [査読有り]
Ohki, T., Netsu, O., Kojima, H., Sakai, J., Onuki, M., Maoka, T., Shirako,
Phytopathology   104 313-319   2014年   [査読有り]
縞萎縮病抵抗性「強」コムギ品種「ゆめちから」と感受性品種「ホクシン」に感染したコムギ縞萎縮ウイルスの配列の比較
大木健広・眞岡哲夫
北日本病害虫研究会報   65 24-27   2014年   [査読有り]
Maoka, T., T. Nakayama, M. Taniguchi, Y. Kano, A. Suzuki, M. Sato, T. Hataya, E. Koizumi and K. Noguchi
Potato Research   56 147-156   2013年   [査読有り]
M. Chikh Ali, A. V. Karasev, N. Furutani, M. Taniguchi, Y. Kano, M. Sato, T. Natsuaki, and T. Maoka
Plant Pathology   62 1157-1165   2013年   [査読有り]
伏流式ヨシ濾床人工湿地処理によるバレイショ澱粉工場廃液中のジャガイモそうか病菌Streptomyces turgidiscabies の菌密度変化
中山尊登・加藤邦彦・眞岡哲夫・滝澤秀樹・佐々木 仁・井上 京
北日本病害虫研究会報   64 40-45   2013年   [査読有り]
Mohamad CHIKH ALI, Abdul Mohasen Said OMAR, Tetsuo MAOKA, Keiko T. NATSUAKI and Tomohide NATSUAKI
Phytopathologia Mediterranea   51(1) 3-10   2012年   [査読有り]
2005~2009年に収集したジャガイモ試料からの12種ウイルスの検出
眞岡哲夫
北日本病害虫研究会報   61 66-70   2010年   [査読有り]
主要ジャガイモ品種におけるジャガイモ塊茎褐色輪紋病に対する抵抗性の品種間差異と粉状そうか病抵抗性との関係
中山尊登・眞岡哲夫・津田昌吾・清水基滋・不破秀明・畑谷達児・森 元幸
北日本病害虫研究会報   61 52-56   2010年   [査読有り]
T. Maoka, S. Sugiyama, Y. Maruta, T. Hataya
Plant Disease   94(10) 1248-1254   2010年   [査読有り]
Tetsuo Maoka • Yuriko Saito Hayano • Mabito Iwasaki • Koji Yoshida • Chikara Masuta
Virus Genes   40(1) 148–150-150   2010年   [査読有り]
Takato Nakayama, Tetsuo Maoka, Tatsuji Hataya, Motoshige Shimizu, Hideaki Fuwa, Shogo Tsuda, Motoyuki Mori
American Journal of Potato Research   87(2) 218–225-225   2010年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, K.T. Natsuaki, T. Natsuaki
Journal of Virological Methods   165(1) 15-20   2010年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, T. Natsuaki, K.T. Natsuaki
Plant Pathology   59(1) 31-41   2010年   [査読有り]
キュウリモザイクウイルスのサテライトRNAによるトマトモザイク病の病徴軽減
早野由里子・眞岡哲夫・河辺邦正・岩崎眞人
北海道農研研報   192 15-23   2010年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, K.T. Natsuaki
EPPO/OEPP Bulletin   39 99-104   2009年   [査読有り]
清水基滋、  中山尊登、  眞岡哲夫、  津田昌吾、  不破秀明、  畑谷達児、  森元幸
北日本病害虫研究会報   59 38-41   2009年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, K.T. Natsuaki
Journal of Phytopathology   156(7-8) 413-418   2008年   [査読有り]
M. Chikh Ali, K. Katayama, T. Maoka, K.T. Natsuaki
EPPO/OEPP Bulletin   38(2) 226-232   2008年   [査読有り]
サテライトRNA遺伝 子の導入によるキュウリモザイクウイルス抵抗性 トマトに関する研究 第3報 サテライトRNAの 転写および伝搬による変異性の解明
眞岡哲夫、早野由里子、河辺邦正、福本文良、 柏崎 哲、岩崎眞人
北海道農研研報   188 29-43   2008年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, K.T. Natsuaki
Virus Genes   35(2) 359-367   2007年   [査読有り]
M. Chikh Ali, T. Maoka, K.T. Natsuaki
Journal of Phytopathology   155(7-8) 409-415   2007年   [査読有り]
Chikh Ali M., Katayama K, Maoka T., Natsuaki K.T.
Japanese Journal of Tropical Agriculture   50(1) 23–28-28   2006年   [査読有り]
T. Maoka, T. Hataya
Phytopathology   98(2) 128-135   2005年   [査読有り]
An efficient method for sonication assisted Agrobacterium-mediated transformation of coat protein (CP) coding genes into papaya (Carica papaya L.)
Jiang L., Maoka T., Komori S., Fukamachi H., Kato H., Ogawa K.
Acta Biologiae Experimentalis Sinica   37 189-198   2004年   [査読有り]
T. Maoka, S. Tsuda, T. Usugi, C. Noda, M. Iwasaki
Journal of General Plant Pathology   68(1) 89-93   2002年   [査読有り]
パパイアリングスポットウイルス外被タンパク遺伝子を導入した組換えパパイアの隔離圃場における環境に対する安全性評価
小森貞男、深町 浩、眞岡哲夫、日高哲志、小川一紀
育種学研究   4(3) 137-145   2002年   [査読有り]
下元祥史、佐藤仁敏、畑谷達児、早野由里子、眞岡哲夫
九州病害虫研究会報   48 28-32   2002年   [査読有り]
サテライトRNA遺伝子の導入によるキュウリモザイクウイルス抵抗性トマトに関する研究 第1報 抵抗性トマト系統の作出
河辺邦正、 岩崎真人、 早野由里子、 本田要八郎、 吉田幸二、 眞岡哲夫
北海道農研研報   177 37-53   2002年   [査読有り]
Investigation and identification of papaya ringspot virus and papaya leaf-distortion mosaic virus in south China
H. Xiao, T. Maoka, L. Xuehai
Journal of South China Agricultural University   18 52-53   1997年   [査読有り]
T. Maoka, S. Kashiwazaki, S. Tsuda, T. Usugi, H. Hibino
Archives of virology   141(1) 197-204   1996年   [査読有り]
T. Maoka, S. Kawano, T. Usugi
Annals of the Phytopaghological Society of Japan   61(1) 34-37   1995年   [査読有り]
T. Usugi, M. Nakano, M. Onuki, T. Maoka, T. Hayashi
Annals of the Phytopaghological Society of Japan   60(5) 545-554   1994年   [査読有り]
T. Maoka, T. Omura, J. Harjosudarmo, T. Usugi, H. Hibino, T. Tsuchizaki
Annals of the Phytopaghological Society of Japan   59(2) 185-187   1993年   [査読有り]
眞岡哲夫、宇杉富雄
九州病害虫研究会報   39 36-39   1993年   [査読有り]
眞岡哲夫、宇杉富雄
九州病害虫研究会報   37 42-47   1991年   [査読有り]
眞岡哲夫、中野敬之、柏崎哲、土崎常男
関東東山病害虫研究会報   37 97-98   1990年   [査読有り]
大貫正俊、佐藤豊三、眞岡哲夫
九州病害虫研究会報   35 34-36   1989年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
ジャガイモ病害虫の簡易検出・高精度診断技術の開発
国立機関以外の国庫補助による研究
研究期間: 2005年 - 2007年
ジャガイモの主要病害虫をマクロアレイ等により網羅的に検出する技術を開発

特許

 
ジャガイモモップトップウイルス土壌汚染診断法
特願2006-305477
Full-length Genomic RNA of Papaya Leaf-distortion Mo-saic Virus
US7125971 B2
Full-length Genomic RNA of Papaya Leaf-distortion Mo-saic Virus
第I257952号(台湾)
Base sequence of the coat protein gene of papaya leaf-distortion mosaic virus
タイ国特許17685号
Base sequence of the coat protein gene of papaya leaf-distortion mosaic virus
Malaysia Certificate of Grant of a Patent MY115796