基本情報

所属
立命館大学 食マネジメント学部 教授
学位
教養学士(国際基督教大学)
言語学修士(東京外国語大学)
博士(文学)(総合研究大学院大学(総研大))

J-GLOBAL ID
200901046591951970

立命館大学食マネジメント学部教授。国立民族学博物館外来研究員、園田学園女子大学・摂南大学・京都産業大学・同志社女子大学・武庫川女子大学等非常勤講師、東京工業大学「ぐるなび」食の未来創成寄附講座特任助教・特任講師、立命館大学経済学部客員教授を経て現職。
専門は食文化研究、インドネシア研究、言語学、文化人類学、言語人類学。
現在のおもな研究テーマは、食のハラールに関するインドネシア人ムスリム消費者の認識と食行動。
国際基督教大学教養学部卒業、学士(教養)。東京外国語大学大学院博士前期課程修了、言語学修士。総研大博士後期課程修了、博士(文学)。
主な著作として『世界の食文化6インドネシア』(単著、農文協、2008年)、『聞いて覚えるインドネシア語単語帳キクタン インドネシア語入門編』(単著、アルク、2015年)、『文化を食べる 文化を飲む グローカル化する世界の食とビジネス』(編著、ドメス出版、2017年)、『食のハラール入門 今日からできるムスリム対応』(単著、講談社サイエンティフィク、2018年)、鏡味治也編『文化継承とアイデンティティ―インドネシアの現況から』(共著、木犀社、2012年)、櫻田涼子他編『食の人類学』(共著、昭和堂、2017年)、石毛直道・赤坂憲雄編『フィールド科学の入口 食の文化を探る』(共著、玉川大学出版部、2018年)など。

受賞

  1

論文

  6

MISC

  1

書籍等出版物

  13

講演・口頭発表等

  59