浦川 智和

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/15 13:05
 
アバター
研究者氏名
浦川 智和
 
ウラカワ トモカズ
所属
東京理科大学
部署
東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科
職名
助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学(総研大))

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2011年3月
自然科学研究機構生理学研究所 統合生理研究系感覚運動調節研究部門(現 統合生理研究部門) NIPSリサーチフェロー
 
2011年4月
 - 
2014年3月
九州大学大学院医学研究院 臨床神経生理学分野 日本学術振興会特別研究員PD
 
2014年
 - 
2015年
九州大学大学院システム情報科学研究院 認知科学研究室 助教(有期)
 
2015年
   
 
東京理科大学理学部第一部 応用物理学科 助教
 
2016年4月
   
 
東京理科大学研究推進機構 総合研究院 脳学際研究部門 メンバー(併任)
 

学歴

 
 
 - 
2010年
総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 生理科学専攻(生理学研究所)5年一貫制
 

受賞

 
2017年10月
優秀ポスター賞(共著)
 
2012年7月
Best Student Paper Award (共著)
 
2011年12月
研究奨励賞(共著)
 
2011年6月
第26回日本生体磁気学会大会 U35 (共著)
 
2010年10月
Fellowship Award
 

論文

 
Urakawa T*, Nagano K*, Matsumoto Y, Araki O. *contributed equally
NEUROREPORT   29(13) 1104-1108   2018年9月   [査読有り]
Neural network model of perceptual alternation enhanced by visual mismatch process
Yuki Tsuruoka, Tomokazu Urakawa, Osamu Araki
Proceedings of the twenty-third international symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 23rd 2018)   122-125   2018年1月   [査読有り]
Exogenously-driven perceptual alternation of a bistable image: From the perspective of the visual change detection process
Urakawa, T., Aragaki, T., Araki, O.
NEUROSCIENCE LETTERS   653 92-96   2017年   [査読有り]
Urakawa, T., Bunya, M., Araki, O.
Cognitive Neurodynamics   11(4) 307-318   2017年   [査読有り]
Neuromagnetic evidence that the right fusiform face area is essential for human face awareness: An intermittent binocular rivalry study
Kume Y, Maekawa T, Urakawa T, Hironaga N, Ogata K, Shigyo M, Tobimatsu S.
NEUROSCIENCE RESEARCH   109 54-62   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
脳磁図の原理と可能性
浦川智和、飛松省三
Clinical Neuroscience (月刊 臨床神経科学) 中外医学社   34(6) 680-683   2016年6月

書籍等出版物

 
科学教養誌 理大科学フォーラム [特集] 脳学際研究の現状と今後・ヒトを対象にした曖昧画像知覚の脳研究
浦川智和
東京理科大学出版会   2017年8月   
The developmental change in the perception of dynamic facial emotion using ERPs. In: Brain Topography and Multimodal Imaging (Eds. Kobayashi T, Ozaki I and Nagata K)
Miki K., Watanabe S., Teruya M., Takeshima Y., Urakawa T., Hirai M., Honda Y., Kakigi R. (担当:共著)
Kyoto University Press   2009年9月   ISBN:9784876987993

講演・口頭発表等

 
視覚的意識Gatingに関わる脳活動の時間的動態
石坂光, 浦川智和, 田中元善, 栗田佑騎, 荒木修
脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ   2019年1月10日   
RB効果の減弱に関わる早期脳活動の解明
田中元善, 浦川智和, 鈴木裕太, 荒木修
脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ   2019年1月10日   
tDCSが運動準備関連脳活動に与える影響はタスク依存的なのか
今仁拓弥,木村青嶺,久保知美,浦川智和,荒木修
脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ   2019年1月10日   
マインドワンダリングによるインキュベーション機能の数理モデルの検討
西加純, 荒木修, 浦川智和
脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ   2019年1月10日   
視覚ミスマッチ処理が視覚的意識に与える影響
栗田佑騎, 浦川智和, 荒木修
脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ   2019年1月9日   

競争的資金等の研究課題

 
視覚ミスマッチ反応に着目した「視覚的意識へのアクセス」に関わる脳内活動動態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月    代表者: 浦川 智和
曖昧視知覚の安定化と不安定化の相互作用に関わる脳内活動動態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 浦川 智和
先行刺激に基づく曖昧視覚情報補完に関わる脳活動動態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 浦川 智和
視覚曖昧刺激情報の脳内補完メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金 研究活動スタート支援
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 浦川 智和