MIZUSHIMA KAZUNORI

J-GLOBAL         Last updated: Aug 21, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
MIZUSHIMA KAZUNORI
E-mail
mizusimaeco.osaka-sandai.ac.jp
Affiliation
Osaka Sangyo University
Section
Faculty of Economics, Department of International Economics
Job title
Professor
Research funding number
20319578

Research Areas

 
 

Education

 
 
   
 
Graduate School of Economics, Kyoto University
 

Published Papers

 
N・スルニチェク、A・ウィリアムズ「加速派政治宣言」
現代思想   46(1) 176-186   Jan 2018
制御社会における個体性と集団性をめぐって:ポストオペライズモとポスト構造主義の交点への一視角
水嶋一憲
フランス哲学・思想研究   21 58-71   Sep 2016   [Invited]
「加速と隷属:機械状資本論ノート」
現代思想   43/10, pp.172-185    Jun 2015
「転位しつづけるプロジェクトのために:スチュアート・ホールの闘いの遺産」
思想   1081 61-65   May 2014
「そこに一緒に存在すること:ポストメディア時代の政治的情動と一般的感情」
水嶋一憲
現代思想   41(9) pp.156-169   Jul 2013

Books etc

 
竹村民郎著作集完結記念論集
三元社   Dec 2015   
『よくわかる社会情報学』
水嶋一憲、西垣通(東京経済大学)、伊藤守(早稲田大学) (Part:Contributor)
ミネルヴァ書房   May 2015   
『よくわかるメディア・スタディーズ 第2版』
水嶋一憲、伊藤守(早稲田大学)他 (Part:Contributor)
ミネルヴァ書房   Apr 2015   
『産研叢書38 プロジェクト共同研究<福祉・人権概念の転回と歴史認識の転換>』
大阪産業大学産業研究所   Mar 2015   
『アフター・テレビジョン・スタディーズ』
せりか書房   Apr 2014   

Conference Activities & Talks

 
“Into the <platformative situations>”
East Asian Media Studies Conference   6 May 2017   
解体するスペクタクルと拡張現実への没入:2016年夏の出来事から<共にある生>のゆくえについて考える [Invited]
水嶋一憲
日独学術交流会:ワークショップ「3.11以降の日本社会と文化の変容」、   28 Sep 2016   早稲田大学 - ボン大学
制御社会における個体性と集団性をめぐって:ポストオペライズモとポスト構造主義の交点への一視角
日仏哲学会   19 Mar 2016   
「制御と隷属:<現代の政治的公共空間を捉え返すあらたな視点」のための作業ノート」
「デジタル・メディア時代の政治的公共性とナショナリズム研究会」[日本学術振興会科学研究費補助金基盤(B)]主催の公開研究会   11 Oct 2014   
情動とソーシャル・メディア
第3回複雑系科学シンポジウム   23 Sep 2013   

Research Grants & Projects

 
グローバル制御社会におけるメディア・技術・資本主義の新たな連関に関する学際的研究
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 水嶋 一憲