東野 定律

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 21:41
 
アバター
研究者氏名
東野 定律
 
ヒガシノ サダノリ
所属
静岡県立大学
部署
経営情報学部
職名
教授
学位
博士(社会福祉学)

研究分野

 
 

Misc

 
東野定律, 筒井孝子, 大夛賀政昭
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 681   2017年10月
筒井 孝子, 東野 定律, 大夛賀 政昭
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部研究紀要   29(1) 1-10   2016年12月
研究目的 平成27年1月27日に策定された認知症施策推進総合戦略 (新オレンジプラン) においては、 「2. 認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供」 という項目があげられ、 「認知症の容態の変化に応じて適時・適切に切れ目なく、 そのときの容態にもっともふさわしい場所で提供される仕組みを実現する。」 と示されている。 だが、 国内の研究において、 こうした仕組みの前提となる認知症の疾患別の生活機能障害の特徴を詳細に把握するアセスメントを用いて、 その進行状況を示した知見は、 ほ...
東野定律
保健医療科学   65(2) 120‐126-126   2016年4月
日本では地域ごとに異なる医療・介護の資源量や協力体制の有無から生じる地域のケアサービスの提供体制に問題が生じている. そこで,地域のケア供給システムを構築するにあたって,地域のニーズに合わせて医療及び介護資源をいかにして確保するか,そして,医療と介護の制度が異なることによる連携の難しさを軽減する供給システムをいかにして整えるか,これら₂ つの課題の整理と解決が必要となる. 本報告では,今後の介護の連携推進の方向性として,「在宅医療・介護を担う医師の養成」,「在宅医療・介護の実施拠点の整備」...
東野定律, 大夛賀政昭, 筒井孝子
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 518   2016年10月
東野定律, 西川正子, 大夛賀政昭, 筒井孝子
入院患者の看護必要度と看護職員配置に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   85‐91   2016年