竹尾 透

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/08 22:18
 
アバター
研究者氏名
竹尾 透
 
タケオ トオル
eメール
takeokumamoto-u.ac.jp
URL
http://card.medic.kumamoto-u.ac.jp/card/japanese/kenkyu/sigen/index.html
所属
熊本大学
部署
生命資源研究・支援センター
職名
講師
学位
薬学博士(熊本大学)
Twitter ID
@ToruTakeo
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-8103-651X

研究分野

 
 

経歴

 
2018年7月
 - 
現在
有限会社春日薬局 専務取締役 技術顧問
 
2017年4月
 - 
現在
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 講師(非常勤)
 
2015年1月
 - 
現在
熊本大学 生命資源研究・支援センター 資源開発分野 講師
 
2010年4月
 - 
2014年12月
熊本大学生命資源研究・支援センター 資源開発分野 助教
 
2012年6月
 - 
2012年8月
カリフォルニア大学デービス校 (UC Davis) マウスバイオロジープログラム 訪問研究員
 
2010年8月
 - 
2010年10月
英国医学研究協議会 (MRC Harwell) Mary Lyon Centre 訪問研究員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
熊本大学生命資源研究・支援センター 資源開発分野 研究員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
熊本大学 大学院薬学教育部 生命薬科学 博士後期課程 (薬学博士)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
熊本大学 大学院薬学教育部 生命薬科学 博士前期課程
 
1999年4月
 - 
2003年3月
熊本大学 薬学部 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
熊本大学  センター合同准教授講師会 代表
 
2016年12月
 - 
現在
動物生殖工学研究会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
Journal of Reproduction and Development  Editor
 
2014年4月
 - 
現在
日本実験動物学会  評議委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本実験動物学会  国際交流委員会 副委員長
 

受賞

 
2018年7月
Society for the Study of Reproduction BoR Most Popular Research Article Award
 
2018年3月
日本血管生物医学会若手研究会 優秀賞
 
2017年11月
国立大学法人熊本大学 研究活動表彰
 
2016年9月
日本実験動物技術者協会 日本実験動物共同組合賞
 
2013年2月
International Society for Transgenic Technology Young Investigator Award
 
2012年5月
日本実験動物技術者協会 日本実験動物共同組合賞
 
2012年5月
日本実験動物学会 奨励賞
 
2011年12月
7thSALAS/6thAMMRA Conference Presentation Award
 
2010年11月
4th AFLAS Congress Meeting, Outstanding Presentation Award
 
2007年5月
4th Asia Cyclodextrin Conference, Silver Prize
 
2004年12月
第21回日本薬学会九州支部会・優秀発表賞
 

論文

 
Yuki Maeda, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi, Risako Onodera, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Yuki Kurauchi, Hiroshi Katsuki, Yoichi Ishitsuka, Yuki Kondo, Tetsumi Irie, Takumi Era, Hidetoshi Arima
Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry      2018年8月   [査読有り]
Nakagawa Y, Sakuma T, Takeo T, Nakagata N, Yamamoto T
Experimental Animals      2018年7月   [査読有り]
Toru Takeo and Naomi Nakagata
Cold Spring Harb Protocols      2018年4月   [査読有り]
Jorge M Sztein, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Cryobiology      2018年4月   [査読有り]
Kamei S, Fujikawa H, Nohara H, Ueno-Shuto K, Maruta K, Nakashima R, Kawakami T, Matsumoto C, Sakaguchi Y, Ono T, Suico MA, Boucher RC, Gruenert DC, Takeo T, Nakagata N, Li JD, Kai H, Shuto T
EBioMedicine   27 304-316   2018年1月   [査読有り]
Tsubasa Yokota, Kohei Omachi, Mary Ann Suico, Misato Kamura, Haruka Kojima, Ryosuke Fukuda, Keishi Motomura, Keisuke Teramoto, Shota Kaseda, Jun Kuwazuru, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Tsuyoshi Shuto, Hirofumi Kai
Nephrology Dialysis Transplantation   33(2) 214-223   2018年2月   [査読有り]
Takeo T, Nakagata N.
Cold Spring Harb Protoc      2018年   [査読有り]
Hidetaka Yoshimoto Toru Takeo Naomi Nakagata
Biology of Reproduction   97(6) 883-891   2017年11月   [査読有り]
Yoshiko Nakagawa, Tetsushi Sakuma, Norihisa Nishimichi, Yasuyuki Yokosaki, Toru Takeo, Naomi Nakagata and Takashi Yamamoto
Biology Open   6(5) 706-713   2017年5月   [査読有り]
Tsuyoshi Shuto, Shunsuke Kamei, Hirofumi Nohara, Haruka Fujikawa, Yukihiro Tasaki, Takuya Sugahara, Tomomi Ono, Chizuru Matsumoto, Yuki Sakaguchi, Kasumi Maruta, Ryunosuke Nakashima, Taisei Kawakami, Mary Ann Suico, Yoshitaka Kondo, Akihito Ishigami, Toru Takeo, Ken-ichiro Tanaka, Hiroshi Watanabe, Naomi Nakagata, Kohei Uchimura, Kenichiro Kitamura, Jian-Dong Li & Hirofumi Kai
Scientific Reports      2016年12月   [査読有り]
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, Tetsumi Irie, Naomi Nakagata
Biology of Reproduction   96(2) 446-455   2017年1月   [査読有り]
Yoshiko Nakagawa, Tetsushi Sakuma, Norihisa Nishimichi, Yasuyuki Yokosaki, Noriyuki Yanaka, Toru Takeo, Naomi Nakagata, and Takashi Yamamoto
Biology Open   5 1142-1148   2016年   [査読有り]
Yuka Horikoshi, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Cryobiology   72(3) 198-204   2016年6月   [査読有り]
Kazuhiko Kuwahara, Mutsuko Yamamoto-Ibusuki, Zhenhuan Zhang, Suchada Phimsen, Naomi Gondo, Hiroko Yamashita, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Daisuke Yamashita, Yoshimi Fukushima, Yutaka Yamamoto, Hiroji Iwata, Hideyuki Saya, Eisaku Kondo, Keitaro Matsuo, Motohiro Takeya, Hirotaka Iwase, Nobuo Sakaguchi
Cancer Science   107(4) 469-477   2016年2月   [査読有り]
Yuki Maeda, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi, Yuka Horikoshi, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Yuki Kurauchi, Hiroshi Katsuki, Yuki Kondo, Yoichi Ishitsuka, Tetsumi Irie, Takumi Era, Hidetoshi Arima
Asian Journal of Pharmaceutical Sciences      2016年   [査読有り]
Toru Takeo, Naomi Nakagata
Animales De Laboratorio   65 17-22   2015年7月   [査読有り][招待有り]
Yuta Tanaka, Yusei Yamada, Yoichi Ishitsuka, Muneaki Matsuo, Koki Shiraishi, Koki Wada, Yushiro Uchio, Yuki Kondo, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Taishi Higashi, Keiichi Motoyama, Hidetoshi Arima, Sakiko Mochinaga, Katsumi Higaki, Kousaku Ohno, Tetsumi Irie
Biological & Pharmaceutical Bulletin   38 844-851   2015年1月   [査読有り]
Toru Takeo · Naomi Nakagata
Cryobiology and Cryotechnology   61(1) 19-26   2015年   [査読有り][招待有り]
Toru Takeo, Yuka Horikoshi, Satohiro Nakao, Kazuhito Sakoh, Yuta Ishizuka, Aki Tsutsumi, Kiyoko Fukumoto, Tomoko Kondo, Yukie Haruguchi, Yumi Takeshita, Yuko Nakamuta, Shuuji Tsuchiyama, Naomi Nakagata
Biology of Reproduction      2015年   [査読有り]
Yuki Maeda, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi, Yuka Horikoshi, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Yuki Kurauchi, Hiroshi Katsuki, Yoichi Ishitsuka, Yuki Kondo, Tetsumi Irie, Hirokazu Furuya, Takumi Era, Hidetoshi Arima
Journal of Pharmacy and Pharmacology      2015年   [査読有り]
Mo Guan, Debora Bogani, Susan Marschall, Marcello Raspa, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Martin Fray
Current Protocols in Mouse Biology   4 205-227   2014年12月   [査読有り]
Mo Guan, Debora Bogani, Susan Marschall, Marcello Raspa, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Rob Taft, Martin Fray
Current Protocols in Mouse Biology   4 85-104   2014年9月   [査読有り]
Mo Guan, Debora Bogani, Susan Marschall, Marcello Raspa, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Martin Fray
Current Protocols in Mouse Biology   4 67-83   2014年6月   [査読有り]
Janet Kenyon, Mo Guan, Debora Bogani, Susan Marschall, Marcello Raspa, Amanda Pickard, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Martin Fray
Current Protocols in Mouse Biology   4 47-65   2014年6月   [査読有り]
Ishizuka Y., Takeo T., Nakao S, Yoshimoto H., Hirose Y., Sakai Y., Horikoshi Y., Takeuji S, Tsuchiyama S , Nakagata N.
Journal of Reproduction and Development   60(6) 454-459   2014年12月   [査読有り]
Yuta Tanaka, Yoichi Ishitsuka, Yusei Yamada, Yuki Kondo, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Taishi Higashi, Keiichi Motoyama, Hidetoshi Arima, Muneaki Matsuo, Katsumi Higaki, Kousaku Ohno, Tetsumi Irie
Molecular Genetics and Metabolism Reports   1 19-30   2014年   [査読有り]
Hitomi Watanabe, Toru Takeo, Hiromasa Tojo, Kazuhito Sakoh, Thorsten Berger, Naomi Nakagata, Tak W Mak, Gen Kondoh
Development   141 2157-2164   2014年   [査読有り]
Nakagata N, Takeo T, Fukumoto K, Haruguchi Y, Kondo T, Takeshita Y, Nakamuta Y, Umeno T, Tsuchiyama S.
Journal of Reproduction and Development   60(2) 168-171   2014年
Toru Takeo, Kiyoko Fukumoto, Tomoko Kondo, Yukie Haruguchi, Yumi Takeshita, Yuko Nakamuta, Shuuji Tsuchiyama, Hidetaka Yoshimoto, Norihiko Shimizu, Ming-Wen Li, Kristy Kinchen, Jadine Vallelunga, K C Kent Lloyd, Naomi Nakagata
Cryobiology   68(1) 12-17   2014年2月   [査読有り]
Yuta Ishizuka, Manami Nishimura, Kazuya Matsumoto, Minoru Miyashita, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Yoshihiko Hosoi, Masayuki Anzai
Theriogenology   80(5) 421-426   2013年9月   [査読有り]
Naomi Nakagata, Toru Takeo, Kiyoko Fukumoto, Tomoko Kondo, Yukie Haruguchi, Yumi Takeshita, Yuko Nakamuta, Hiroko Matsunaga, Shuuji Tsuchiyama, Yuta Ishizuka and Kimi Araki
Cryobiology   67(2) 188-192   2013年10月   [査読有り]
マウス体外成熟由来2細胞期胚を用いた冷蔵輸送・保存方法の検討
西村愛美、中牟田裕子、福本紀代子、近藤朋子、春口幸恵、竹下由美、土山修治、石川裕子、石束祐太、細井美彦、三谷 匡、竹尾 透、中潟直己、安斉政幸
Mem. Faculty B. O. S. T. Kinki University   29 33-42   2012年3月   [査読有り]
Toru Takeo, Aki Tsutsumi, Taichi Omaru, Kiyoko Fukumoto, Yukie Haruguchi, Tomoko Kondo, Yuko Nakamuta, Yumi Takeshita, Hiroko Matsunaga, Shuuji Tsuchiyama, Kazuhito Sakoh, Satohiro Nakao, Hidetaka Yoshimoto, Norihiko Shimizu, and Naomi Nakagata
Cryobiology   65(3) 163-168   2012年12月   [査読有り]
Araki S, Izumiya Y, Hanatani S, Rokutanda T, Usuku H, Akasaki Y, Takeo T, Nakagata N, Walsh K, Ogawa H
Circulation. Heart failure      2011年12月   [査読有り]
Takeo T, Nakagata N
Biology of reproduction   85 1066-1072   2011年11月   [査読有り]
Kawakami M, Umeda M, Nakagata N, Takeo T, Yamamura K
BMC developmental biology   11 68   2011年11月   [査読有り]
Transport of 2-cell embryos produced by intracytoplasmic sperm injection (ICSI) at cold temperatures (4oC).
Nishimura M, Fukumoto K, Nakamuta Y, Hosoi Y, Takeo T, Nakagata N, Anzai M.
Mem. Faculty B. O. S. T. Kinki University   28 109-116   2011年9月   [査読有り]
Takeo T and Nakagata N.
Journal of Mammalian Ova Research   27(3) 70-78   2010年10月   [招待有り]
Takeo T, Kondo T, Haruguchi Y, Fukumoto K, Nakagawa Y, Takeshita Y, Nakamuta Y, Tsuchiyama S, Shimizu N, Hasegawa T, Goto M, Miyachi H, Anzai M, Fujikawa R, Nomaru K, Kaneko T, Itagaki Y, Nakagata N
Journal of the American Association for Laboratory Animal Science : JAALAS   49 415-419   2010年7月   [査読有り]
Takeo T, Kaneko T, Haruguchi Y, Fukumoto K, Machida H, Koga M, Nakagawa Y, Takeshita Y, Matsuguma T, Tsuchiyama S, Shimizu N, Hasegawa T, Goto M, Miyachi H, Anzai M, Nakatsukasa E, Nomaru K, Nakagata N
Cryobiology   58(2) 196-202   2009年4月   [査読有り]
Takeo T, Hoshii T, Kondo Y, Toyodome H, Arima H, Yamamura K, Irie T, Nakagata N
Biology of reproduction   78(3) 546-551   2008年3月   [査読有り]
Hoshii T, Takeo T, Nakagata N, Takeya M, Araki K, Yamamura K
Biology of reproduction   76(2) 303-313   2007年2月   [査読有り]
Nishizono H, Shioda M, Takeo T, Irie T, Nakagata N
Biology of reproduction   71 973-978   2004年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
改訂熊薬ものがたり
熊本日日新聞社   2014年4月   
熊薬ものがたり
熊本日日新聞社   2010年   

講演・口頭発表等

 
竹尾 透
BioJapan 2018   2018年10月11日   
低受精能遺伝子改変マウス凍結精子を用いた体外受精法の確立
竹下由美、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月6日   
クライオチューブ内で凍結保存された遺伝子改変マウス精子への CARD レスキュー体外受精法 の応用
近藤朋子、中牟田裕子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月6日   
生殖工学技術を駆使したマウスバンクシステム
中潟直己、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月6日   
熊本大学 CARD マウスバンクの依頼実績
高橋 郁、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、中村直子、川辺正等美、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月6日   
熊本大学 CARD 新館の飼育管理関連物品購入におけるコスト削減対策について
坂口香織、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月6日   
凍結精子を用いた体外受精における受精の場の培養液量の検討
石田恵理、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
CARD HyperOva® マウス過剰排卵誘起剤の保存期間の検討
大西早苗、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修二、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
CARD マウスバンクへの遺伝子改変マウス輸送システム -雄個体と精巣上体尾部の輸送件数の推移-
岩本まり、高橋 郁、坂口香織、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、中村直子、川辺正等美、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
ペレット状ドライアイスを用いて国際輸送された遺伝子改変マウス凍結精子の受精能および発生能
位寄かのこ、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
マウス冷蔵-凍結精子の受精および発生能について
桐木平小春、吉本英高、中尾聡宏、椋木 歩、岩本まり、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
CARD HyperOva® を用いた遺伝子改変老齢雌マウス由来卵子の体外受精および胚移植成績
山下紀代子、中牟田裕子、近藤朋子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
超過剰排卵誘起法由来卵子とマウス凍結精子を用いた体外受精法
須賀原千明、椋木 歩、中尾聡宏、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
ホルモン投与による偽妊娠雌マウスの作製
中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、唐 哉代、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
CARD HyperOva® による体外受精用雌マウスの削減
唐 哉代、中牟田裕子、近藤朋子、山下紀代子、石田恵理、位寄かのこ、大西早苗、竹下由美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中尾聡宏、土山修治、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
竹尾 透
第52回日本実験動物技術者協会   2018年10月5日   
Toru Takeo, Yoshiko Nakagawa, Daisuke Torigoe, Yukihiko Sugimoto, Takashi Minami, Naomi Nakagata
The 16th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology   2018年9月14日   
荻原 克益、渡邊 弥也、中潟 直己、竹尾 透
日本動物学会第89回札幌大会   2018年9月13日   
桐木平小春、吉本英高、中尾聡宏、椋木 歩、竹尾 透、中潟直己
第111回日本繁殖生物学会   2018年9月13日   
須賀原 千明、椋木 歩、中尾 聡宏、竹尾 透、中潟 直己
第111回日本繁殖生物学会   2018年9月13日   
中尾 聡宏、竹尾 透、渡邊 仁美、近藤 玄、中潟 直己
第111回日本繁殖生物学会   2018年9月13日   
生殖工学技術開発による”CARD, Kumamoto”ブランディング戦略​
伊藤琴乃、中尾聡宏、椋木 歩、田村香菜、須賀原千明、桐木平小春、山田芽生、黒島星利菜、前田龍成、竹尾 透、中潟直己​
熊本大学薬学部創薬技術検討会   2018年8月22日   
中山航,中村美奈子,Thanutchaporn Kumrungsee,中川佳子,竹尾 透, 中潟直己,清水孝彦 ,外丸祐介,佐久間哲史,山本卓,矢中規之
日本ビタミン学会第 70 回大会   2018年6月23日   
マウス精子冷蔵保存におけるジメチルスルフォキシドおよびケルセチンの有用性
竹尾 透、吉本英高、桐木平小春、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
遺伝子改変マウスの国際輸送に関する情報共有
高橋 郁、坂口香織、岩本まり、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、鳥越大輔、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
熊本大学CARD公開マウスバンクシステムの活動状況
坂口香織、岩本まり、高橋 郁、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、鳥越大輔、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
TEXAS A&M Instituteにおける国際マウス生殖工学研修会
中牟田裕子、近藤朋子、石田恵理、土山修司、椋木 歩、吉本英高、中尾聡宏、竹尾 透、Williams Kristy、Sztein Jorge、Bill Shawlot、Andrei Golovko、Benjamin Marpurgo、Jan Parker-Thornburg、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
超過剰排卵誘起法および凍結精子を用いたNOGマウスの効率的な繁殖システムの構築あ
後藤元人、竹尾 透、中潟直己、高橋利一
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
Rescueマウス凍結精子体外受精法における融解時間の検討
竹下由美、中牟田裕子、近藤朋子、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
熊本大学生命資源研究・支援センターにおけるマウス受託飼育支援システム
岩本まり、高橋 郁、坂口香織、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、鳥越大輔、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
エレクトロポレーション法によるゲノム編集個体の作製―超過剰排卵誘起法を用いた体外受精卵の利用
中川佳子、佐久間哲史、若松和子、坂本亘、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、石田恵理、山下紀代子、位寄かのこ、唐哉代、土山修司、竹尾 透、山本 卓、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
CARDマウスバンクにおける寄託マウスの凍結胚在庫管理
唐哉代、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、山下紀代子、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、坂本 亘、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
効率的な遺伝子改変ホモマウス生産システムへの生殖工学技術の応用
石田恵理、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、中村直子、川辺正等美、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
ドライアイスを用いて国際輸送されたマウス凍結精子の受精能および発生能
位寄かのこ、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、Marcello Raspa、Martin Fray、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
各種マウス系統を用いた精巣上体尾部の冷蔵輸送実験
近藤朋子、中牟田裕子、竹下由美、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、山下紀代子、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、吉本英高、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、清水範彦、日野千紘、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
CARDマウス精子凍結保存法における融解時間の検討
山下紀代子、中牟田裕子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、位寄かのこ、春日夏実、唐哉代、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、土山修司、中尾聡宏、中川佳子、竹尾 透、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
マイクロ流体チップ・セルソーターによる受精能獲得精子分離法の開発
中尾聡宏、竹尾 透、渡邊仁美、近藤 玄、中潟直己
第65回日本実験動物学会   2018年5月16日   
吉本 英高, 桐木平 小春, 武氏 志保里, 竹尾 透, 中潟 直己
第138回日本薬学会   2018年3月28日   
竹尾 透, 中川 佳子, 鳥越 大輔, 南 敬, 杉本 幸彦, 中潟 直己
第138回日本薬学会   2018年3月28日   
中尾 聡宏, 竹本 賢司, 吉本 英高 入江 徹美, 竹尾 透, 中潟 直己
第138回日本薬学会   2018年3月26日   
竹尾 透
第38回日本動物細胞工学会シンポジウム   2018年3月7日   
生殖工学技術で血管研究を加速する
竹尾 透、中潟直己
第4回血管生物若手研究会   2018年3月3日   
統一化・標準化された老化・寿命研究支援システムの構築・推進
竹尾 透、鳥越大輔、吉信久美子、荒木喜美、堀口晴紀、宮田敬士、尾池雄一
AMED老化メカニズムの解明・制御プロジェクト 第一回リトリート   2018年2月12日   
Toru Takeo, Hidetaka Yoshimoto, Koharu Kirikihira, Naomi Nakagata
The 8th BRI International Symposium   2018年2月10日   
薬学との融合による次世代生殖工学技術の創造 [招待有り]
竹尾 透
京都大学ウイルス・再生医科学研究所セミナー   2018年1月26日   
プロスタグランジンは複数受容体を介して着床を制御する
大窪喜丸, 馬驍彦, 稲住知明, 杉本聡子, 土屋創健, 竹本賢司, 竹尾透,中潟直己,成宮周,杉本幸彦
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月8日   
椋木 歩、須賀原千明、竹尾 透、中潟直己
第35回動物生殖工学研究会   2017年12月2日   
吉本英高、桐木平小春、武氏志保里、竹尾 透、中潟直己
第35回動物生殖工学研究会   2017年12月2日   
中牟田裕子、山下紀代子、近藤朋子、竹下由美、石田恵理、岩本まり、高橋郁、坂口香織、坂本亘、中川佳子、土山修治、竹尾 透、中潟直己
第35回動物生殖工学研究会   2017年12月2日   
中川佳子、佐久間哲史、西道教尚、横崎泰之、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、石田恵理、坂本亘、土山修治、竹尾 透、山本 卓、中潟直己
第35回動物生殖工学研究会   2017年12月2日   
Toru Takeo
3rd Oceania Mouse Transgenic/Assisted Reproductive Technology Symposium   2017年11月25日   
着床におけるプロスタグランジン受容体機能の解析
大窪喜丸、馬驍彦、稲住知明、杉本聡子、土屋創健、竹尾透、中潟直己、成宮周、杉本幸彦
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
Toru Takeo and Naomi Nakagata
3rd Oceania Mouse Transgenic/Assisted Reproductive Technology Symposium   2017年11月23日   
Shipping mice, frozen or refrigerated embryos/sperm around the world
Toru Takeo, Hidetaka Yoshimoto, Naomi Nakagata
CARD-TEXAS Mouse Reproductive Technology Workshop   2017年11月18日   
Superovulation and Ultrasuperovulation
Toru Takeo, Ayumi Mukunoki, Naomi Nakagata
CARD-TEXAS Mouse Reproductive Technology Workshop   2017年11月15日   
CARD IVF Protocol
Toru Takeo, Satohiro Nakao, Hidetaka Yoshimoto, Naomi Nakagata
CARD-TEXAS Mouse Reproductive Technology Workshop   2017年11月15日   
石塚洋一 、深浦まど香 、近藤悠希 、竹尾 透 、中潟直己 、江良択実、東 大志 、本山敬一、有馬英俊 、倉内祐樹、香月博志 、亀井竣輔 、首藤 剛 、甲斐広文 、松尾宗明 、檜垣克美 、大野耕策 、 入江徹美
第 27 回日本医療薬学会年会   2017年11月4日   
CARD IASeを用いた各社のB6JおよびB6Nの排卵数の比較
竹下 由美、中牟田 裕子、近藤 朋子、春口 幸恵、石田 恵理、 山下 紀代子、岩本 まり 、高橋 郁、坂本 亘、中川 佳子、坂口 香織、 土山 修治、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
8細胞期胚の卵管内胚移植成績
近藤 朋子、中牟田 裕子、春口 幸恵、竹下 由美、石田 恵理、 山下 紀代子、岩本 まり、高橋 郁、坂本 亘、中川 佳子、坂口 香織、 土山 修治、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
体外受精及び胚移植による表現型解析用遺伝子改変マウスの作製
石田 恵理、中牟田 裕子、近藤 朋子、春口 幸恵、竹下 由美、山下 紀代子、岩本 まり、高橋 郁、坂口 香織、坂本 亘、中川 佳子、土山 修治、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
各種麻酔薬における持続時間の検討(ネンブタール、ソムノペンチル、三種混合麻酔薬)
中牟田 裕子、近藤 朋子、春口 幸恵、竹下 由美、石田 恵理、山下 紀代子、岩本 まり、高橋 郁、坂本 亘、中川 佳子、坂口 香織、 土山 修治、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
折れたガラスキャピラリー内からの卵子・胚の回収法
中潟 直己、中牟田 裕子、近藤 朋子、春口 幸恵、竹下 由美、山下 紀代子、石田 恵理、岩本 まり、高橋 郁、坂口 香織、坂本 亘、中川 佳子、土山 修治、竹尾 透
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
遺伝子改変マウスの凍結前核期受精卵作製支援サービス
坂口 香織、高橋 郁、山下 紀代子、近藤 朋子、春口 幸恵、竹下 由美、中牟田 裕子、梅野 智子、石田 恵理、岩本 まり、坂本 亘、土山 修治、中川 佳子、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
微生物学的高品質マウスの作製支援サービス
岩本 まり、高橋 郁、山下 紀代子、近藤 朋子、春口 幸恵、竹下 由美、中牟田 裕子、石田 恵理、坂口 香織、坂本 亘、土山 修治、中川 佳子、竹尾 透、中潟 直己
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月14日   
竹尾 透
第51回日本実験動物技術者協会   2017年10月13日   
N-acetyl cysteine improves the fertilizability of vitrified-warmed mouse oocytes by recovering the thiol levels of zona pellucida post oxidation
Ayumi Mukunoki, Chihiro Sugahara, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Fourth World Congress of Reproductive Biology   2017年9月28日   
Oxidation of protein thiols reduces sperm fertility by suppressing hyperactivation
Satohiro Nakao, Kazuki Shirakado, Kana Tamura, Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Fourth World Congress of Reproductive Biology   2017年9月28日   
Quercetin improves the survival of cold-stored sperms for seven days in a cold-storage medium by maintaining mitochondrial activity
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo and Naomi Nakagata
Fourth World Congress of Reproductive Biology   2017年9月28日   
着床におけるプロスタグランジン受容体の機能解析
大窪喜丸,馬驍彦,稲住知明,杉本聡子,土屋創健,竹本賢司, 竹尾透,中潟直己,成宮周,杉本幸彦
第16回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2017   2017年9月9日   
先天代謝異常症 Niemann-Pick 病 C 型の新規治療法確立を目指した Full-cycle Translational Research
石塚洋一 、山田侑世 、深浦まど香 、近藤悠希 、東 大志 、本山敬一 、 有馬英俊 、 倉内祐樹 、香月博志 、亀井竣輔 、首藤 剛 、甲斐広文 、 竹尾 透、中潟直己、江良択実、岡田安代、西川淳一、市川 厚、林野裕至、 杉田昌岳 、菊池武司 、平田文男 、檜垣克美 、大野耕策 、松尾宗明 、入江徹美
第34回 シクロデキストリンシンポジウム   2017年9月1日   
先天代謝異常症 Niemann-Pick 病 C 型の新規治療法確立を目指した Full-cycle Translational Research
石塚洋一、山田侑世、深浦まど香、近藤悠希、東 大志、本山敬一、 有馬英俊、 倉内祐樹、香月博志、亀井竣輔、首藤 剛 、甲斐広文 、竹尾 透、中潟直己、江良択実、岡田安代、西川淳一、市川 厚、林野裕至、 杉田昌岳、菊池武司、平田文男、檜垣克美、大野耕策、松尾宗明、 入江徹美
第34回シクロデキストリンシンポジウム   2017年8月31日   
Creating a platform for mouse research using reproductive technology [招待有り]
Toru Takeo and Naomi Nakagata
2017 AMMRA & AMPC Meeting   2017年8月26日   
Cold transport of two-cell mouse embryos
Kana Tamura, Yuka Horikoshi, Kazuki Shirakado, Toru Takeo, Naomi Nakagata
2017 AMMRA & AMPC Meeting   2017年8月26日   
Cryopreservation of mouse oocytes derived from ultrasuperovulation
Chihiro Sugahara, Ayumi Mukunoki, Toru Takeo, Naomi Nakagata
2017 AMMRA & AMPC Meeting   2017年8月26日   
Cold transport of mouse sperm
Koharu Kirikihira, Hidetaka Yoshimoto, Tetsumi Irie, Toru Takeo, Naomi Nakagata
2017 AMMRA & AMPC Meeting   2017年8月26日   
山田 侑世,石塚 洋一,仲原 周一,近藤 悠希,竹尾 透,中潟 直己,江良 択実,東 大 志,本山 敬一,有馬 英俊,亀井 竣輔,首藤 剛,甲斐 広文,林野 裕至,杉田 昌岳 ,菊池 武司 ,平田 文男 ,松尾 宗明 ,檜垣 克美,大野 耕策 ,入江 徹美
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2017   2017年8月26日   
山田 侑世, 石塚 洋一, 仲原 周一, 近藤 悠希, 竹尾 透, 中 潟 直己, 江良 択実, 東 大志, 本山 敬一, 有馬 英俊, 亀井 竣 輔, 首藤 剛, 甲斐 広文, 林野 裕至, 杉田 昌岳, 菊池 武司, 平田 文男, 松尾 宗明, 檜垣 克美, 大野 耕策, 入江 徹美
生体機能と創薬シンポジウム 2017   2017年8月24日   
環状オリゴ糖による受精能獲得誘導効果を利用した新規不妊治療法の開発
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
熊本大学生命資源研究・支援センター遺伝子実験施設アクティブボード   2017年7月3日   
生殖医療技術への応用を企図した精子中硫黄の機能解析
白角一樹、中尾聡宏、田村香菜、池田真由美、異島 優、竹尾 透、中潟直己
熊本大学生命資源研究・支援センター遺伝子実験施設アクティブボード   2017年7月3日   
超過剰排卵誘起由来マウス凍結未受精卵子を用いた体外受精
須賀原千明、椋木 歩、竹尾 透、中潟直己
熊本大学生命資源研究・支援センター遺伝子実験施設アクティブボード   2017年7月3日   
CARDにおけるマウス生殖工学技術
竹尾 透、中潟直己
第30回モロシヌス研究会   2017年6月23日   
マウス生殖工学技術
竹尾 透
京都大学ウィルス・再生医科学研究所統合生体プロセス分野セミナー   2017年6月20日   
中潟 直己、山下 紀代子、春口 幸恵、近藤 朋子、竹下 由美、中牟田 裕子、梅野 智子、石田 恵理、高橋 郁、岩本 まり、坂口 香織、土山 修治、坂本 亘、中川 佳子、竹尾 透
第58回日本卵子学会   2017年6月3日   
熊本大学動物センターのwebサイト運営について
土山修治、岩本まり、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月27日   
CARDマウスバンクを利用した遺伝子改変マウスの計画生産
坂口香織、高橋 郁、山下紀代子、近藤朋子、春口幸恵、竹下由美、中牟田裕子、梅野智子、石田恵理、岩本まり、坂本 亘、土山修治、中川佳子、中村直子、川辺正等美、鳥越大輔、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月27日   
CARD有償マウスバンクシステムを利用した凍結胚/精子による個体作製
岩本まり、山下紀代子、近藤朋子、春口幸恵、竹下由美、中牟田裕子、梅野智子、石田恵理、高橋 郁、坂口香織、土山修治、坂本 亘、中川佳子、中村直子、川辺正等美、鳥越大輔、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月27日   
生体膜コレステロール量がマウス凍結精子の耐凍能に及ぼす影響
竹尾 透、野田雅文、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
メチル-β-シクロデキストリンによる生体膜脂質環境の変化がマウス冷蔵精子の超活性化を誘起する
吉本英高、竹尾 透、桐木平小春、入江徹美、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
各ロットのインヒビン抗血清を用いた過剰排卵誘起効果の比較
春口幸恵、山下紀代子、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、梅野智子、石田恵理、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中川佳子、土山修治、椋木 歩、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
超過剰排卵誘起由来体内受精二細胞期胚の採取および産子作製の効率化
竹下由美、山下紀代子、春口幸恵、近藤朋子、中牟田裕子、梅野智子、石田恵理、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、坂本 亘、中川佳子、土山修治、椋木 歩、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
超過剰排卵誘起由来マウス凍結卵子を用いた体外受精法の改良
椋木 歩、須賀原千明、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
ストローを用いた簡易ガラス化法によるマウス二細胞期胚の凍結保存
近藤朋子、山下紀代子、春口幸恵、竹下由美、中牟田裕子、梅野智子、石田恵理、岩本まり、高橋 郁、土山修治、竹尾 透、Mo Guan、Martin Fray、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
熊本地震がマウス凍結精子および凍結胚の品質に及ぼす影響
石田恵理、山下紀代子、春口幸恵、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、梅野智子、岩本まり、高橋 郁、坂口香織、土山修治、坂本 亘、坂口香織、中川佳子、鳥越大輔、竹尾 透、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
パスツール研究所における国際マウス生殖工学技術研修会
中牟田裕子、山下紀代子、春口幸恵、近藤朋子、竹下由美、梅野智子、石田恵理、岩本まり、高橋 郁、土山修治、椋木 歩、吉本英高、竹尾 透、Kristy Williamus、Jorge Sztein、Lluis Montoliu、Jean Jaubert、Franck Bourgade、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
CRISPR-Casシステムを用いたノックインマウス作製における凍結受精卵培養時間の検討
中川佳子、佐久間哲史、西道教尚、横崎恭之、若松和子、春口幸恵、近藤朋子、竹下由美、中牟田裕子、石田恵理、坂本亘、土山修治、竹尾 透、山本 卓、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月25日   
Toru Takeo, Naomi Nakagata
Genome Editing USA Congress and co-located Advances in Transgenic Technology USA Congress   2017年5月12日   
AMED創薬基盤推進研究事業『マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化』に関する取り組み
竹尾 透、中川佳子、鳥越大輔、南 敬、杉本幸彦、中潟直己
日本薬学会第137年会   2017年3月27日   
受精促進作用を示す環状オリゴ糖を用いた新規不妊治療法の開発
竹本賢司,中尾聡宏, 吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
日本薬学会第137年会   2017年3月26日   
男性不妊治療に対する新規標的としての精子中チオール基の重要性
白角 一樹, 中尾 聡弘, 田村 香菜, 竹尾 透,  池田 真由美, 異島 優, 中潟 直己
日本薬学会第137年会   2017年3月26日   
竹尾 透
CARD セミナー in 東京 2017 「マウスにおける生殖工学技術」   2017年3月17日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
竹尾 透   その他   2017年11月 - 2017年11月
The CARD-Texas Mouse Reproductive Technology Workshop was held on November 14th-18th 2017 at the Texas A&M Institute for Genomic Medicine (TIGM) in College Station, Texas. The workshop was organized by Naomi Nakagata and Toru Takeo of the Center f...
竹尾 透、中潟直己   その他   2016年10月
竹尾 透、中潟直己   その他   2016年9月
Martin Fray, Inken Beck, Soren Knudsen, Susan Marschall, Lluis Montoliu, Marcello Raspa, Barbara Stone, Toru Takeo   教材   2016年3月 - 2016年3月
Webサービス   2015年12月
竹尾 透、中潟直己   その他   2015年11月
Naomi Nakagata, Aimee Stablewski, Jan Parker-Thornburg   その他   2014年9月 - 2014年9月
Naomi Nakagata, Lluis Montoliu   その他   2013年10月 - 2013年10月
土山修治、竹尾 透、中潟直己   Webサービス   2013年 - 2013年
http://www.youtube.com/watch?v=1usjjdEb74s
竹尾 透   その他   2012年5月 - 2012年5月
土山修治、竹尾 透、中潟直己   Webサービス   2012年4月
平成24年度厚生労働省薬剤師生涯教育推進事業
竹尾 透   その他   2012年1月
竹尾 透   その他   1998年
熊本大学生命資源開発研究・支援センター 動物資源開発研究部門(CARD) は、従来の動物実験施設としての役割を果たしつつ、遺伝子改変マウスの保存、供給および開発を行う拠点として、 平成10(1998)年度に発足しました。
平成12(2000)年度には建物も竣工し、マウス系統の凍結保存も本格稼動するとともにそれら動物に関する データベース(CARD R-BASE)の作成も開始しました。

CARD R-BASEには、保存されているマウス(Inbred, Spontaneous/Chemic...
熊本大学生命資源研究・支援センター   データベース   

競争的資金等の研究課題

 
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 創薬基盤推進研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 竹尾 透
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 竹尾 透
受精能獲得精子選別によるIn vitro単精子受精に関する研究
京都大学ウィルス・再生医学研究所: 再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 竹尾 透
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 石塚洋一
公益財団法人アステラス病態代謝研究会: 熊本地震緊急研究助成金
研究期間: 2016年6月 - 2016年3月    代表者: 竹尾 透
国際研究拠点を目指した遺伝子改変マウスの胚・精子バンク事業
熊本大学: INSPIRE: 先導的な科学技術研究の国際連携プラットフォーム機能強化によるグローバルな人材育成・多方向型交流共創事業
研究期間: 2012年6月 - 2015年3月    代表者: 中潟直己
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月       代表者: 竹尾 透
文部科学省: 文部科学省研究開発施設共用等促進費補助金・基盤技術整備プログラム
研究期間: 2012年6月 - 2014年3月    代表者: 中潟直己
科学技術振興機構: 知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」
研究期間: 2012年7月 - 2013年3月    代表者: 中潟直己
マウス精子の受精能制御タンパク質を標的とした受精促進化合物の探索
熊本大学: 若手研究者支援制度
研究期間: 2012年7月 - 2013年3月    代表者: 竹尾 透
カルフォルニア大学デービス校における共同研究
日本学術振興会: 若手研究者海外派遣事業・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
研究期間: 2012年6月 - 2012年8月    代表者: 竹尾 透
大規模体外受精系を利用した低受精能マウスの探索および受精機構の解明
熊本大学: 若手研究者支援制度
研究期間: 2011年7月 - 2012年3月    代表者: 竹尾 透
シンガポール科学技術庁における共同研究
日本学術振興会: 若手研究者海外派遣事業・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
研究期間: 2011年11月 - 2011年12月    代表者: 竹尾 透
英国医学研究会議 (MRC) Harwellにおける共同研究
日本学術振興会: 若手研究者海外派遣事業・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
研究期間: 2010年7月 - 2010年9月    代表者: 竹尾 透
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 竹尾透
我々は、先に受精能賦活作用を示すシクロデキストリンが、マウス精子の受精能獲得過程において、タンパク質の放出を促進するという興味深い知見を明らかにした。そこで本研究では、精子の受精能獲得前後におけるタンパク質量の変動解析および精子放出タンパク質の同定・機能解析を行うことにより、精子の受精能を制御する分子および調節機構の解明を試みた。以下に、本研究により得られた知見を要約する。まず、マウス精子の解析に利用するプロテオミクス技術の開発を行い、詳細な条件検討を進めた結果、タンパク質を高感度に検出で...
環状オリゴ糖の生殖工学技術への応用に関する研究
精子の受精能制御機構に関する研究
配偶子および初期胚の低温保存に関する研究
各種シクロデキストリンによる生体膜脂質制御を利用した新規マウス精子凍結保存・体外受精法の開発
日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 竹尾 透
プロテオミクスを利用した受精能獲得過程における精子放出タンパク質の機能解析
熊本大学: 若手研究者支援制度
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 竹尾 透
精子凍結による新規低コスト遺伝子改変マウス維持法の開発
経済産業省: 地域新規産業創造技術開発費補助事業
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 中潟直己
薬学的アプローチによる新規体外受精法の開発

特許

 
特願2016-230757 : マウス精子の冷蔵保存液及び保存方法
竹尾 透、吉本英高、中潟直己
特許5927588 : 新規過剰排卵誘起処理によるマウス卵子の大量作製法
竹尾 透、中潟直己
特許4683408号 : 新規精子前培養培地
竹尾透、中潟直己、入江徹美、斉田勝、中村香里、西園啓文
特開2 0 0 6 - 2 0 4 1 8 0
特許5439677号 : 透明帯が菲薄化又は除去された哺乳動物卵又は胚を調整するための方法及び培地、該方法により調製された哺乳動物胚を用いた受精方法
中潟直己、竹尾 透
特開WO2016/133195 A1 : 新規過剰排卵誘起処理によるマウス卵子の大量作製法
竹尾 透、中潟直己

社会貢献活動

 
【情報提供】  AAAS  EUREKALERT  2015年6月19日 - 現在
The average number of eggs for genetically modified mice (knockout mice) obtained using previous methods of superovulation induction is about 20 but in reality the number is often much smaller, about 10 or less. However, researchers at Kumamoto Un...
1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵 超過剰排卵誘起法を開発
【情報提供】  日本科学新聞  2015年6月18日 - 現在
 ノックアウトマウスのもとになっているC57BL/6系統マウスから得られる卵子は、過剰排卵誘起させても平均20個前後で、排卵数が10個以下のケースも多い。排卵数が少ないということは研究効率の低下につながるだけでなく、多くの雌マウスを犠牲にしなければいけないということでもある。そこで熊本大学生命資源研究・支援センター動物資源開発研究部門資源開発分野の中潟直己教授、竹尾透講師らのグループは、超過剰排卵誘起法を開発し、1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功した。現在、特許申請中で...
【その他】  2016年12月16日
難治性の肺疾患の中でも,慢性閉塞性肺疾患 (COPD) は,患者数は増加の一途をたどる一方,詳細な病気のメカニズムが不明であるため,原因究明と根治療法の開発が望まれています.今回,熊本大学大学院生命科学研究部 (薬学系) 遺伝子機能応用学分野の首藤剛准教授,甲斐広文教授らは,ヒトのCOPDの病態を忠実に再現するモデルマウスを国内で初めて作成し,「酸化ストレス」*と「セリンタンパク質分解酵素」*が,COPDの病気の進行に強く関わることを明らかにしました.この成果は,COPDなどの難治性肺疾患...
【情報提供】  日刊工業新聞  2015年6月8日 - 2015年
熊本大学の生命資源研究・支援センターの中潟直己教授、竹尾透講師らは、実験用マウスで1匹のメスから100個以上の卵子を得ることに成功した。排卵調節をするインヒビンの抗体と、排卵刺激のホルモンを組み合わせ、従来の過剰排卵誘発法の4、5倍の卵子を得た。実験動物の販売を手がける企業が新規排卵誘発剤として発売する。
 マウスは通常、下垂体から卵巣の卵胞を刺激するホルモンが出て、多くの卵子が成育する。合わせて卵子が過剰にならないよう調整するインヒビンというホルモンも出ており、自然では一度に5―10匹の...

その他

 
2017年12月   肺難病疾患において亜鉛の供給メカニズムの破綻が病態に影響している事が判明
 熊本大学大学院生命科学研究部 遺伝子機能応用学分野の亀井竣輔 大学院生、首藤剛 准教授らは、肺の難病の原因追求に取り組み、必須微量元素の一つ「亜鉛」の肺細胞への運搬異常が、閉塞性肺疾患の病気の進展に重要であることを世界で初めて明らかにし、その詳細な機序にmRNAの連結異常(mRNAスプライシング異常)が関わることを証明しました。
 これまで、亜鉛の肺における重要性は、栄養学的な側面からしか理解されてきませんでしたが、今回の発見は、「亜鉛が、生命の根幹を担うmRNAの連結調節に影響し、肺疾患の発症に関わる」ことを世界で初めて明らかにするものです。本研究の成果は、基礎研究と医療を橋渡しするトランスレーショナル研究の成果を取り扱う、Cell PressグループとLancetグループのオープンアクセス誌「EBioMedicine」で平成29年12月20日に公開されました。

【論文名】
Zinc deficiency via a splice switch in zinc importer ZIP2/SLC39A2 causes cystic fibrosis-associated MUC5AC hypersecretion in airway epithelial cells


【著者】
Shunsuke Kamei1,2, Haruka Fujikawa1,2, Hirofumi Nohara1,2, Keiko Ueno-Shuto3, Kasumi Maruta1, Ryunosuke Nakashima1 , Taisei Kawakami1, Chizuru Matsumoto1, Yuki Sakaguchi1, Tomomi Ono1, Mary Ann Suico1, Richard C. Boucher4, Dieter C. Gruenert5, Toru Takeo6, Naomi Nakagata6, Jian-Dong Li7, Hirofumi Kai1,*, and Tsuyoshi Shuto1,* (*責任著者)

【所属】
1熊本大学大学院生命科学研究部 遺伝子機能応用学分野、2熊本大学博士課程教育リーディングプログラム「グローカルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO」、3崇城大学薬学部薬理学教室、4米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校、5米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校、6熊本大学動物資源開発研究施設(CARD)、7ジョージア州立大学

【掲載雑誌】
EBioMedicine, 平成29年12月20日に掲載

【DOI】
URL: http://www.ebiomedicine.com/article/S2352-3964(17)30506-6/fulltext
2017年11月   精子の受精能力を10 日間維持する冷蔵技術―遺伝子改変マウスの国際輸送方法に技術革新―
熊本大学 生命資源研究・支援センター 資源開発分野は、遺伝子改変マウスを効率的に作製・保管・供給するための生殖工学技術を開発しており、その技術は世界中の研究機関で利用されています。この度、同研究グループは、マウス精子の受精機能を10日間維持する冷蔵保存技術の開発に成功しました。
 本研究成果は、遺伝子改変マウスの国際輸送に応用することが可能であり、 国際共同研究を加速し、医学・生命科学研究の発展に寄与することが期待できます。

 本研究成果は、アメリカ合衆国のジャーナル「Biology of Reproduction」にUS時間の11月8日(日本時間11月9日)掲載されました。
  ※本技術は現在特許出願中です。

【論文名】
Dimethyl sulfoxide and quercetin prolong the survival, motility, and fertility of cold-stored mouse sperm for 10 days

【著者名と所属】
吉本英高( 熊本大学 生命資源研究・支援センター 資源開発分野)
竹尾 透( 熊本大学 生命資源研究・支援センター 資源開発分野)
中潟直己( 熊本大学 生命資源研究・支援センター 資源開発分野)

【掲載雑誌】
Biology of Reproduction

【研究支援】
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬基盤推進研究事業「マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化」の支援を受けて実施したものです。

【DOI】
DOI:10.1093/biolre/iox144

http://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/seimei/20171124
2017年1月   慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展! 忠実なモデルマウス作製に成功
難治性の肺疾患の中でも,慢性閉塞性肺疾患 (COPD) は,患者数は増加の一途をたどる一方,詳細な病気のメカニズムが不明であるため, 原因究明と根治療法の開発が望まれています.今回,熊本大学大学院生命科学研究部 (薬学系) 遺伝子機能応用学分野の首藤剛准教授,甲斐広文教授らは,ヒトのCOPDの病態を忠実に再現するモデルマウスを国内で初めて作成し,「酸化ストレス」*と「セリンタンパク質分解酵素」*が,COPDの病気の進行に強く関わることを明らかにしました.この成果は,COPDなどの難治性肺疾患に対する新規の薬物療法の開発につながるものと期待されます.本研究の成果は,英国 Nature Publishing Groupの科学雑誌「Scientific Reports」で12月16日 (英国時間午前10:00) に公開されました.

 COPDは,慢性の咳,痰(たん),階段の上下りの疲れなど日常生活の中での呼吸困難(息切れ等)を特徴とする疾患で,日本人の40歳以上のCOPD患者数は530万人 (推定) にものぼり,また,全世界におけるCOPDによる死者は,現在までに300万人を超えています (世界の死亡順位第3位).一般に,COPDは喫煙型と非喫煙型が存在しますが,多くは喫煙型にあたるため,禁煙が第1選択治療となっています.しかし,禁煙の徹底の難しさから,患者数は増加の一途をたどります.現在,COPD患者には,気管支拡張薬とステロイド剤による治療が行われていますが,これらは,あくまでも対症療法 (症状を抑える治療) であり,根治療法ではありません.したがって,病気のメカニズムに基づいた新しい治療薬の開発が望まれていますが,ヒトの病気の症状を忠実に再現するモデルマウスが存在しないことがボトルネックになっていました.

 首藤剛准教授らは,喫煙暴露を必要としないCOPDモデルマウスの作成を,国内において初めて成功し,その症状 (粘液の気管支内への貯留,肺機能の低下,肺気腫,肺の炎症など) が,COPD患者のものと極めて類似性が高いことを明らかにしました.このため喫煙型・非喫煙型に関わらず,全てのCOPDの病気の理解と薬物治療に有益な情報を提供することを可能にしました.また,薬学的および遺伝学的なアプローチを駆使して,「酸化ストレス」を抑制する既存の抗酸化薬N-アセチルシステイン (NAC) と,抗酸化ビタミンであるビタミンC (VC) が,このモデルマウスの症状の進展に関与することを明らかにしました.さらに,「セリンタンパク質分解酵素」を抑制するONO-3403が,高い治療効果を発揮することを明らかにしました.

 なお,首藤剛准教授らが開発したモデルマウスで活性化されているENaC (上皮型ナトリウムチャネル) という分子は,欧米で極めて頻度の高い遺伝病
2016年4月   熊本大 装置壊れマウス提供できず 研究への影響も
今回の地震の影響で、がんなどのメカニズムの解明のために遺伝子組み換えマウスを全国の研究機関に提供している熊本大学では、実験装置が壊れるなどして予定どおり提供することができなくなっていて、関係者は「研究の遅れにつながる深刻な事態だ」としています。
今月14日からの一連の地震で、がんなどの病気のメカニズムの解明のために遺伝子を組み換えたマウスを全国の研究機関に提供している、熊本大学生命資源研究・支援センターでは、実験用の設備が壊れるなど大きな被害を受けました。
このためセンターで作っている200種類ほどの遺伝子組み換えマウスのうち、3割程度しか提供できない状態に陥っていて、各研究機関が進める医学研究の遅れにつながる可能性があるとしています。
今後、設備の復旧には2~3か月はかかるということで、熊本大学生命資源研究・支援センターの中潟直己副センター長は「余震の影響で後片づけやマウスを飼育するだけでも大変な状況が続いている。ほかの研究機関に実験装置の貸し出しなどもお願いしているが、医学研究の遅れにもつながるので深刻な事態だ」と話しています。

NHKニュース 2016年4月26日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160426/k10010499081000.html
2016年4月   ノーベル賞・山中伸弥教授、被災した熊本大学への支援要請
ノーベル賞の山中伸弥教授が、地震で被害を受けた熊本大学への支援を要請した。
山中教授は、「熊本大学の研究者が今、研究面でも非常に大きな被害を受けて困っている。そちら(熊本大学)についても、喫緊の課題として支援をお願いした」と述べた。
19日、科学技術予算の拡充を要請するために、ノーベル賞の受賞者が、官邸を訪れた。
この際、京都大学IPS細胞研究所の山中伸弥所長は、熊本地震で、熊本大学の実験動物が生命の危機にさらされていることを伝え、「人的被害の支援が最優先ではあるが、科学の面でも取り返しのつかないことが、今起ころうとしている」と述べ、1日も早い支援を訴えた。
これに対し、安倍首相は、「直ちに対応していきたい」と応じた。

FNNニュース 2016年4月19日
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322323.html