楠田 哲士

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 19:27
 
アバター
研究者氏名
楠田 哲士
 
クスダ サトシ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~lar/
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 動物繁殖学研究室
職名
准教授
学位
学士(生物資源学)(日本大学), 修士(農学)(岐阜大学), 博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
応用生物科学部 附属野生動物管理学研究センター大学院連合農学研究科大学院自然科学技術研究科

プロフィール

①動物園水族館動物の繁殖生理と繁殖行動に関する研究
②動物園水族館動物の糞中ホルモン測定法の開発
③鯨類の繁殖生理と繁殖行動に関する研究
④爬虫両生類の産卵生理と繁殖生態に関する研究
⑤動物園学に関する研究

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
岐阜大学大学院自然科学技術研究科担当
 
2013年4月
 - 
現在
岐阜大学 応用生物科学部 准教授
 
2008年4月
 - 
2018年3月
岐阜大学大学院応用生物科学研究科担当
 
2008年4月
 - 
2013年3月
岐阜大学 応用生物科学部 助教
 
2009年11月
   
 
岐阜大学大学院連合農学研究科 補助教員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
岐阜大学大学院 農学研究科 生物資源生産学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
鳥類臨床研究会  アドバイザー
 
2017年
 - 
現在
野生動物保全繁殖研究会  理事(研究調整担当)
 
2017年
 - 
現在
日本動物園水族館協会 動物園水族館繁殖研究アライアンス  代表
 
2017年
 - 
現在
日本動物園水族館協会 生物多様性委員会チーター計画推進会議  アドバイザー
 
2015年
 - 
現在
ライチョウ会議  構成員
 

受賞

 
2017年9月
第23回日本野生動物医学会大会優秀ポスター賞(共同受賞)
 
飼育下カマイルカにおける糞中の性ホルモン動態を指標とした繁殖生理状態の低侵襲的モニタリング
2016年12月
2016年度勇魚会シンポジウム口頭発表最優秀賞(共同受賞)
 
飼育下ベルーガにおける繁殖期の行動パターンと生殖腺活動の関係~6年間の観察より
2012年8月
第18回日本野生動物医学会大会ベストポスター賞
 
日本の動物園におけるキリンの卵巣機能の全頭的調査
2010年
日本DNA多型学会優秀研究賞(共同受賞)
 
2008年
第14回日本野生動物医学会大会ベストプレゼンテーション賞
 

論文

 
Morphology of the lingual papillae of the polar bear (Ursus maritimus)
Emura S, Sugiyama K, Kusuda S
Okajimas Folia Anatomica Japonica   94(2) 55-59   2017年   [査読有り]
Intrauterine insemination with fresh semen in Amur leopard cat (Pionailurus bengalensis eutilura) during non-breeding season
Journal of Veterinary Medical Science   79(1) 92-99   2017年
Puberty, ovarian cycle, pregnancy, and postpartum ovulation in captive Sichuan golden monkeys (Rhinopithecus roxellana) based on changes in urinary and fecal gonadal steroid metabolites
Theriogenology   87 179-186   2017年   [査読有り]
ツシマヤマネコの繁殖生理研究―動物園での域外保全のために
楠田 哲士
どうぶつと動物園   69(3) 32-33   2017年
岐阜市内の河川および民家敷地内でのケヅメリクガメの発見収容2例
楠田哲士,足立 樹,前田佳紀
亀楽   14 20-21   2017年
愛知県碧南市の汽水域および海域におけるミシシッピアカミミガメの発見例
亀楽   12 4-6   2016年
動物園動物の妊娠・出産を支える科学的な繁殖管理―アジアゾウの繁殖を例に(特集:動物園・水族館の”種”保存機能―遺伝子保存から野生復帰へ)
生物の科学 遺伝   69(2) 479-486   2015年
イチから学ぶライチョウの生態QUESTION
山と渓谷   964 110-121   2015年
鮮やかなブルーの羽根を持つ珍しい鳥 スミレコンゴウインコ
コンパニオンバード   23 72-78   2015年

Misc

 
Satoshi Kusuda, Hirotada Nagami, Hiroshi Kusunoki, Tomoya Nishikaku, Daisuke Nakagawa, Toyoharu Takida, Daisuke Kurita, Koji Uemichi, Masaki Fukai, Hiroshi Kubota, Kaoru Ueda, Tomoko Ooe, Kazuo Okuda, Kayoko Ueda, Osamu Doi, Osamu Doi
J Vet Med Sci   68(10) 1093-1095   2006年10月
The serum and fecal testosterone (T) concentrations and testicular sizes of two male bharals (Pseudois nayaur) were determined for approximately one year. The profiles of the fecal T concentrations showed a similar tendency as the profiles of seru...
KUSUDA Satoshi, NAGAMI Hirotada, UEDA Kayoko, NISHIKAKU Tomoya, NAKAGAWA Daisuke, TAKIDA Toyoharu, KURITA Daisuke, UEMICHI Koji, FUKAI Masaki, KUBOTA Hiroshi, UEDA Kaoru, OOE Tomoko, OKUDA Kazuo, KUSUNOKI Hiroshi, DOI Osamu
J Vet Med Sci   68(8) 847-851
The purpose of present study was to determine annual changes in serum progesterone (P4) concentrations and to clarify basic reproductive characteristics, such as breeding season, estrous cycle, and puberty in female bharals (Pseudois nayaur). Bloo...
Satoshi Kusuda, Yuichirou Yasukawa, Hiroki Shibata, Tomomi Saito, Osamu Doi, Yutaka Ohya, Norio Yoshizaki
Zoological Science   30 366-374
The eggshells of 56 chelonians were examined by electron microscopy and X-ray diffractometry. They were classified into six types in terms of the matrix structure of their calcareous layer; type I was composed of a thin calcareous layer with miner...
Satoshi Kusuda, Atsushi Iwasawa, Osamu Doi, Yutaka Ohya, Norio Yoshizaki
Journal of Poultry Science   48 119-124
The structure and mineral composition of eggshell cuticles were studied in 5 species of birds. The approximate thickness of the cuticle layer at the top of shell columns was about 1 μm in the Red Junglefowl (Gallus gallus), about 130 μm in the Whi...
Satoshi Kusuda, Masakazu Ikoma, Koki Morikaku, Jun Ichi Koizumi, Yoshiya Kawaguchi, Kuniyasu Kobayashi, Kuniyasu Kobayashi, Kirito Matsui, Akira Nakamura, Hisashi Hashikawa, Kazuhiro Kobayashi, Kazuhiro Kobayashi, Miya Ueda, Mikako Kaneko, Takako Akikawa, Sachiko Shibagaki, Osamu Doi, Osamu Doi
J Reprod Dev   53(6) 1283-1289
The progesterone (P4) profiles and macroscopic vulvar changes of female Malayan tapirs were investigated in order to understand their fundamental reproductive physiology and to search for visual indicators of estrus. Blood was collected once or tw...

書籍等出版物

 
どこに行ってしまったの!? アジアのゾウたち―あなたたちが森から姿を消してしまう前に
2017年9月   
奇蹄目の繁殖研究の現状とバクの繁殖生理について(希少動物人工繁殖研究会研究報告集−十年の歩み(1993~2002年)−)
楠田哲士,柴垣佐知子,土井 守,森角興起,小泉純一
希少動物人工繁殖研究会   2003年10月   ISBN:4-9901652-1-7
動物園での希少種保全に向けた草食動物の繁殖生理に関する内分泌学的研究
楠田哲士
関西学院大学出版会   2007年12月   
キリンEAZA飼育管理ガイドライン
吉原正人,楠田哲士
日本動物園水族館協会   2010年7月   ISBN:978-4-9905397-0-2
動物園学
村田浩一,楠田哲士
文永堂出版   2011年8月   ISBN:978-4-8300-3234-9
動物園学入門
楠田哲士
朝倉書店   2014年7月   ISBN:978-4-254-46034-6
動物園動物管理学
村田浩一,楠田哲士
文永堂出版出版   2014年3月   ISBN:978-4-8300-3249-3
岐阜の淡水生物保全BOOK:ぎふの淡水生物をまもる
楠田哲士
岐阜大学応用生物科学部動物繁殖学研究室   2014年3月   ISBN:978-4-9905397-2-6
岐阜の淡水生物保全BOOK:ぎふの淡水生物をまもる増補改訂版
楠田哲士
岐阜大学応用生物科学部動物繁殖学研究室   2014年7月   ISBN:978-4-9905397-3-3
ライチョウパネル展2014資料集(報告書):ニホンライチョウの危機―神の鳥を失わないために
楠田哲士
岐阜大学応用生物科学部動物繁殖学研究室   2015年1月   

講演・口頭発表等

 
A trial of artificial breeding in Amur leopard cats (Prionailurus bengalensis euptilurus)
Yoshizawa M, Tajima H, Sasaki S,Takamatsu M, Yamamoto F, Narushima E, Kusuda S, Tsutsui T, Hori T
The 22nd SEAZA Conference 2014   2014年10月   
Advanced studies on reproductive physiology of endangered animals by using non-invasive methods
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部)
Indonesian Scientific Meeting 2007 in Chapter Chubu   2007年5月   
Assessing the reproductive cycle in Bengal tiger (Panthera tigris) by fecal and serum progesterone measurement
Indonesian Scientific Meeting 2003 in Central Japan   2003年   
Assessment of ovarian cycle by fecal progesterone and estradiol-17β analysis in exotic cat
The 2nd Symposium of the Asian Zoo and Wildlife Medicine and the 1st Workshop on the Asian Zoo and Wildlife Pathology, To Commemorate the Sixtieth Anniversary Cerebration of His Majesty’s Accession to the Throne   2006年   
Changes in gonadal activity associated with rearing condition, egg laying and molting in captive Svalbard rock ptarmigan (Lagopus muta hyperboreus)
Yamamoto S, Kusuda S, Hori H, Takahashi Y, Horiguchi M, Murai H, Doi O
26th International Ornithological Congress (第26回国際鳥類学会議)   2014年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 楠田 哲士
希少食肉目動物の保全にむけて,動物園飼育下の希少クマ科およびネコ科動物を対象に,繁殖生理の内分泌学的解明と繁殖生態調査法の確立に関する研究を行った。その結果(1)チーターやホッキョクグマ等において糞を用いた生殖腺活動の非侵襲的内分泌モニタリング法を確立できた。(2)アムールトラやマレーグマ等の排卵様式等が明らかになった。(3)糞中の性ステロイドホルモンの濃度分布からアムールトラの性別と生理状態を推定でき,野外調査に応用できる可能性があることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 楠田 哲士
希少食肉目動物の飼育下個体を対象に,糞中の性ホルモン動態のモニタリングから繁殖生理の解明を行うと共に,糞中DNAとホルモンの解析により排泄者を特定する方法を開発し,その種の保全に役立つ繁殖生理生態調査法を確立することを目的とした。1.ネコ科とクマ科の希少種7種の飼育個体から,糞を定期的に採取保存し,繁殖生理の解明に必要な試料を蓄積した。2.糞中性ステロイドホルモン動態のモニタリングにより,特にトラとヒョウの繁殖特性を明らかにした。トラでは,卵胞活動の指標として糞中エストラジオールー17β(...
動物園と協働した絶滅危惧動物の繁殖生理の解明と繁殖状態モニタリング法の開発に関する研究
共同研究
研究期間: 2006年   
ゾウの繁殖生理と繁殖技術および雌雄の関係に関する調査研究
共同研究
研究期間: 2005年   
淡水棲カメ類の繁殖生態と産卵生理に関する研究
共同研究
研究期間: 2010年   

社会貢献活動

 
岐阜大 保全,繁殖に本腰乱獲規制へ行政との連携課題
【その他】  中日新聞  マスコミ報道  2017年10月30日
岐阜大公開講座「野生生物と環境」
【その他】  毎日新聞  マスコミ報道  2017年10月19日
平成28年度中部地方における外来種評価調査業務 両生爬虫類ヒアリング
【】  2017年2月27日
岐阜県博物館平成28年度企画展「あなたが知らない鳥の世界」展示協力
【】  2016年11月26日 - 2017年1月29日
初繁殖から80年
【その他】  中日新聞  マスコミ報道  2017年1月29日
東京新聞・中日新聞サンデー版「キリン絶滅危惧種に,初繁殖から80年」
【】  2017年1月29日
京都市動物園アジアゾウ繁殖プロジェクト勉強会
【】  2017年1月23日
日本動物園水族館協会平成28年度ライチョウ飼育管理検討会議
【】  2016年12月20日
日本動物園水族館協会平成28年度第3回生物多様性委員会(臨時委員会)
【】  2016年11月24日
仙台市八木山動物公園共同研究学術会議
【】  2016年11月21日
日本動物園水族館協会第26回ゾウ会議
【】  2016年11月9日
岐阜新聞「ニホンイシガメ乱獲 輸出目的、東海地域で急増」
【】  2016年11月8日
京都大学野生動物研究センター共同利用研究会2016
【】  2016年11月5日
「ヤマネコ祭」へのパネル出展
【】  2016年10月29日 - 2016年10月30日
毎日新聞夕刊「上野のゾウおめでた 難しい繁殖 地道に準備」
【】  2016年10月22日
平成28年度第1回ライチョウ域外保全研究会
【】  2016年10月17日
第17回ライチョウ会議長野大会(ライチョウサミット)専門家会議
【】  2016年10月16日
京都大学野生動物研究センター共同利用・共同研究拠点計画委員会委員
【】  2016年10月1日
日本動物園水族館協会第6回生物多様性委員会ホッキョクグマ計画推進会議拡大会議
【】  2016年9月27日
テレビ愛知「テレビ愛知開局記念特別番組 ナンバーのついたヤマネコたち~東山動植物園の挑戦~」
【】  2016年9月19日

その他

 
2016年12月
家庭動物管理士3級(第3170232号)
2008年3月
2級ビオトープ施工管理士(第K108289号)
2007年12月
環境再生医(自然環境部門中級,NM0716001号)
2007年10月
潜水士(第23017884401号)
2007年6月
家畜人工授精師(牛)(第1491号)