楠田 哲士

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 02:53
 
アバター
研究者氏名
楠田 哲士
 
クスダ サトシ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~lar/
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 生物生産科学講座 応用動物科学系 動物繁殖学研究室
職名
准教授
学位
学士(生物資源学)(日本大学), 修士(農学)(岐阜大学), 博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
応用生物科学部 附属野生動物管理学研究センター連合農学研究科応用生物科学研究科

プロフィール

動物園動物の繁殖生理に関する内分泌研究/動物園と協働して,絶滅の危機に瀕した野生動物の保全に向け,各種動物の繁殖生理を内分泌学的および行動学的に明らかにする。また,希少動物の繁殖機能・繁殖状態を非侵襲的にモニタリングする方法を開発し,繁殖生理生態調査手法を確立する。/絶滅危惧動物の保全にむけた繁殖生理に関する研究/海獣類の繁殖生理に関する研究/淡水性カメ類の産卵生理と繁殖生態に関する研究

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2012年
岐阜大学 応用生物科学部 助教
 
2006年
 - 
2007年
日本学術振興会 特別研究員DC2
 
2007年
 - 
2008年
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2001年12月
 - 
2002年3月
東京都臨時職員 多摩動物公園飼育課普及指導係
 
2003年2月
 - 
2003年3月
岐阜大学非常勤講師 農学部(生物学,補習教育)
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2004年3月
岐阜大学 農学研究科 生物資源生産学専攻
 
2004年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学 連合農学研究科 生物生産科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科
 

受賞

 
2005年
日本獣医学会獣医繁殖学分科会賞(日本獣医繁殖学学術賞)
 
2005年
岐阜大学大学院農学研究科長表彰
 
2005年
第11回日本野生動物医学会大会ベストポスター賞
 
2006年
岐阜大学学長表彰
 
2006年
第12回日本野生動物医学会大会ベストポスター賞
 

論文

 
A survey of feeding management and digestibility measurement of captive Malayan tapirs (Tapirus indicus) in Japanese zoos
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   7(2) 127-136   2002年9月
飼育下ブラジルバクの血漿中プロジェステロン動態に基づく発情周期とその季節性について
日本野生動物医学会誌   7(2) 109-115   2002年9月
バク科動物における繁殖生理状態の解明に向けて
哺乳類科学増刊号   3 53-55   2003年6月
わが国の動物園における種の保存を目的とした希少動物の繁殖研究と人工繁殖の現状
動物園研究   7(1) 1-17   2003年9月
飼育管理下のゴールデンターキン(Budorcas taxicolor bedfordi)とシバヤギ(Capra hircus)の飼料消化性の比較
日本野生動物医学会誌   8(2) 115-120   2003年9月

Misc

 
A survey of feeding management and digestibility measurement of captive Malayan tapirs (Tapirus indicus) in Japanese zoos
Jpn J Zoo Wildl Med   7(2): 127-136    2002年
Age-related changes in semen quality of captive bharal (Pseudois nayaur)
Jpn J Zoo Wildl Med   10(2): 91-94    2005年
Satoshi Kusuda, Hirotada Nagami, Hiroshi Kusunoki, Tomoya Nishikaku, Daisuke Nakagawa, Toyoharu Takida, Daisuke Kurita, Koji Uemichi, Masaki Fukai, Hiroshi Kubota, Kaoru Ueda, Tomoko Ooe, Kazuo Okuda, Kayoko Ueda, Osamu Doi, Osamu Doi
J Vet Med Sci   68(10) 1093-1095   2006年10月
The serum and fecal testosterone (T) concentrations and testicular sizes of two male bharals (Pseudois nayaur) were determined for approximately one year. The profiles of the fecal T concentrations showed a similar tendency as the profiles of seru...
KUSUDA Satoshi, NAGAMI Hirotada, UEDA Kayoko, NISHIKAKU Tomoya, NAKAGAWA Daisuke, TAKIDA Toyoharu, KURITA Daisuke, UEMICHI Koji, FUKAI Masaki, KUBOTA Hiroshi, UEDA Kaoru, OOE Tomoko, OKUDA Kazuo, KUSUNOKI Hiroshi, DOI Osamu
J Vet Med Sci   68(8) 847-851
The purpose of present study was to determine annual changes in serum progesterone (P4) concentrations and to clarify basic reproductive characteristics, such as breeding season, estrous cycle, and puberty in female bharals (Pseudois nayaur). Bloo...
Satoshi Kusuda, Yuichirou Yasukawa, Hiroki Shibata, Tomomi Saito, Osamu Doi, Yutaka Ohya, Norio Yoshizaki
Zoological Science   30 366-374
The eggshells of 56 chelonians were examined by electron microscopy and X-ray diffractometry. They were classified into six types in terms of the matrix structure of their calcareous layer; type I was composed of a thin calcareous layer with miner...

書籍等出版物

 
奇蹄目の繁殖研究の現状とバクの繁殖生理について(希少動物人工繁殖研究会研究報告集−十年の歩み(1993~2002年)−)
楠田哲士,柴垣佐知子,土井 守,森角興起,小泉純一
希少動物人工繁殖研究会   2003年10月   ISBN:4-9901652-1-7
動物園での希少種保全に向けた草食動物の繁殖生理に関する内分泌学的研究
楠田哲士
関西学院大学出版会   2007年12月   
キリンEAZA飼育管理ガイドライン
吉原正人,楠田哲士
日本動物園水族館協会   2010年7月   ISBN:978-4-9905397-0-2
動物園学
村田浩一,楠田哲士
文永堂出版   2011年8月   ISBN:978-4-8300-3234-9
動物園学入門
楠田哲士
朝倉書店   2014年7月   ISBN:978-4-254-46034-6

講演・口頭発表等

 
A trial of artificial breeding in Amur leopard cats (Prionailurus bengalensis euptilurus)
Yoshizawa M, Tajima H, Sasaki S,Takamatsu M, Yamamoto F, Narushima E, Kusuda S, Tsutsui T, Hori T
The 22nd SEAZA Conference 2014   2014年10月   
Advanced studies on reproductive physiology of endangered animals by using non-invasive methods
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部)
Indonesian Scientific Meeting 2007 in Chapter Chubu   2007年5月   
Assessing the reproductive cycle in Bengal tiger (Panthera tigris) by fecal and serum progesterone measurement
Indonesian Scientific Meeting 2003 in Central Japan   2003年   
Assessment of ovarian cycle by fecal progesterone and estradiol-17β analysis in exotic cat
The 2nd Symposium of the Asian Zoo and Wildlife Medicine and the 1st Workshop on the Asian Zoo and Wildlife Pathology, To Commemorate the Sixtieth Anniversary Cerebration of His Majesty’s Accession to the Throne   2006年   
Changes in gonadal activity associated with rearing condition, egg laying and molting in captive Svalbard rock ptarmigan (Lagopus muta hyperboreus)
Yamamoto S, Kusuda S, Hori H, Takahashi Y, Horiguchi M, Murai H, Doi O
26th International Ornithological Congress (第26回国際鳥類学会議)   2014年8月   

担当経験のある科目

 

Works

 
超音波診断装置を使ったゾウの妊娠診断と胎子モニタリング
2006年
ゾウの人工授精にむけた精液採取法の普及
2007年
アジア産ハコガメ類の飼育・繁殖
2005年
動物園的廃棄物を有効活用した標本の作製
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部)   教材   2008年10月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 楠田 哲士
希少食肉目動物の保全にむけて,動物園飼育下の希少クマ科およびネコ科動物を対象に,繁殖生理の内分泌学的解明と繁殖生態調査法の確立に関する研究を行った。その結果(1)チーターやホッキョクグマ等において糞を用いた生殖腺活動の非侵襲的内分泌モニタリング法を確立できた。(2)アムールトラやマレーグマ等の排卵様式等が明らかになった。(3)糞中の性ステロイドホルモンの濃度分布からアムールトラの性別と生理状態を推定でき,野外調査に応用できる可能性があることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 楠田 哲士
希少食肉目動物の飼育下個体を対象に,糞中の性ホルモン動態のモニタリングから繁殖生理の解明を行うと共に,糞中DNAとホルモンの解析により排泄者を特定する方法を開発し,その種の保全に役立つ繁殖生理生態調査法を確立することを目的とした。1.ネコ科とクマ科の希少種7種の飼育個体から,糞を定期的に採取保存し,繁殖生理の解明に必要な試料を蓄積した。2.糞中性ステロイドホルモン動態のモニタリングにより,特にトラとヒョウの繁殖特性を明らかにした。トラでは,卵胞活動の指標として糞中エストラジオールー17β(...
動物園と協働した絶滅危惧動物の繁殖生理の解明と繁殖状態モニタリング法の開発に関する研究
共同研究
研究期間: 2006年   
ゾウの繁殖生理と繁殖技術および雌雄の関係に関する調査研究
共同研究
研究期間: 2005年   
淡水棲カメ類の繁殖生態と産卵生理に関する研究
共同研究
研究期間: 2010年   

社会貢献活動

 
教えて!マイクロキュリー(8)希少動物を救え!人工繁殖への挑戦
【】  科学技術振興機構サイエンスチャンネル/スカイパーフェクTV,110度CS放送,各ケーブルテレビ局  科学技術振興機構サイエンスチャンネル/スカイパーフェクTV,110度CS放送,各ケーブルテレビ局  2003年10月23日
ゾウの糞で発情周期確認 モニタリング可能に
【】  朝日新聞愛媛版朝刊  朝日新聞愛媛版朝刊  2004年6月18日
Elephant Health Care Training CourseⅡ
【】  CBSG-Japan,エレファントトーク,アジア産野生生物研究センター  CBSG-Japan,エレファントトーク,アジア産野生生物研究センター  2004年11月26日 - 2004年11月30日
チェンマイ大学獣医学部(タイ)国立ゾウ保全センター(タイ)カオキオ動物園(タイ)
International Elephant Workshop on Breeding Management and Health Care
【】  マヒドン大学獣医学部,Institute for Zoo Biology and Wildlife Research  マヒドン大学獣医学部,Institute for Zoo Biology and Wildlife Research  2005年2月24日 - 2005年2月27日
マヒドン大学獣医学部附属動物病院(タイ)Sayokエレファントキャンプ(タイ)など
日本動物園水族館協会第16回ゾウ会議
【】  2006年10月17日 - 2006年10月18日
オブザーバー

その他

 
2000年3月
二級愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)(第219000203号)
2001年3月
一級愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)(第116000347号)
2002年3月
学芸員資格(日本大学,第116号)
2007年6月
家畜人工授精師(牛)(第1491号)
2007年10月
潜水士(第23017884401号)