石見 幸男

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/30 10:44
 
アバター
研究者氏名
石見 幸男
 
イシミ ユキオ
学位
薬学博士(東京大学)
科研費研究者番号
80159772

プロフィール

(研究経歴)
1. ヌクレオソーム構造とその形成に関する研究
2. SV40 DNA複製の再構成
3. モデルDNA複製系の構築
4. MCM蛋白質の構造と機能

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
茨城大学 理工学研究科(理学野)生物科学領域 教授
 
1983年7月
 - 
1988年8月
東京大学薬学部助手
 
1988年9月
 - 
2004年9月
三菱化学生命科学研究所研究員
 
2004年10月
   
 
茨城大学理学部教授
 

論文

 
Wang, X. and Ishimi, Y.
J. Biochem.   164 449-460   2018年9月   [査読有り]
Effect of daidzein and equal on DNA replication in MCF-7 cells
Tsuji, M., Tanaka, T., Nagashima, R., Sagisaka, Y., Tosen, Y., Nishide, Y., Ishimi, Y. and ishimi, Y.
J. Biochem.   163 371-380   2018年1月   [査読有り]
An MCM4 mutation detected in cancer cells affects MCM4/6/7 complex formation.
Tatsumi, R. and Ishimi, Y.
J. Biochem.   161 259-268   2017年   [査読有り]
Binding of MCM-interacting proteins to ATP-binding site in MCM6
Hosoi, A., Sakairi, T. and Ishimi, Y.
Research Reports in Biology   7 31-40   2016年   [査読有り]
G364R mutation of MCM4 detected in human skin cancer cells affects DNA helicase activity of MCM4/6/7 complex
Ishimi, Y. and Irie, D.
J. Biochem.   157(6) 561-569   2015年2月   [査読有り]

Misc

 
Ishimi, Y.
Genes Genet. System.   93 125-133   2018年8月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
MCM相互作用因子はMCM6のATP結合部位に結合する
細井淳駿、酒入拓、石見幸男
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月2日   
MCMヘリカーゼの保存性と多様性 [招待有り]
石見幸男
日本進化学会第18回東京大会   2016年8月25日   
ヒトRPAに直接的に相互作用するタンパク質の同定
中谷亮、野崎直人、石見幸男
日本分子生物学会年会   2009年12月11日   
乳がんを引き起こすMCM4タンパク質変異の解析
渡辺瑛美、石見幸男
日本分子生物学会年会   2009年12月11日   
ヒトMCM-BPタンパク質の機能解析
昆良子、野崎直人、石見幸男
日本分子生物学会年会   2009年12月11日   

競争的資金等の研究課題

 
MCMを中心としたDNA複製因子の集合と機能抑制機構の解明
日本学術振興会: 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 石見幸男
DNA複製フォークでの分子集合と複製ヘリカーゼの役割の解明
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
MCMヘリカーゼ機能発現調節機構の解明
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月