村上 忠良

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
村上 忠良
 
ムラカミ タダヨシ
所属
大阪大学
部署
言語文化研究科 言語社会専攻
職名
教授
学位
博士(文学)(筑波大学), 修士(地域研究)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2005年
:  宮崎公立大学人文学部 専任講師 
 
2001年
 - 
2002年
:  筑波大学歴史・人類学系 専任講師 
 
1999年
 - 
2001年
:  日本学術振興会 特別研究員 
 

学歴

 
 
 - 
1998年
筑波大学 歴史・人類学研究科 文化人類学
 
 
 - 
1992年
筑波大学 地域研究研究科 地域研究
 
 
 - 
1988年
大阪外国語大学 外国語学部 タイ・ベトナム語学科 タイ語専攻
 

論文

 
越境する在家知識人の活動―タイ国北部の国境地域のシャン文字知識の継承
村上忠良
『聖なるもののマッピング―宗教から見た地域像の再構築に向けて』 CIAS Discussion Paper No.26 京都大学地域研究統合情報センター      2012年3月
Buddhism on the Border: Shan Buddhism and Transborder Migration in Northern Thailand
Tadayoshi Murakami
Southeast Asian Studies      2012年12月   [査読有り]
上座仏教徒の積徳行に関する試論―タイ北部シャンの事例より
村上忠良
功徳の観念と積徳行の地域間比較研究に向けて(CIAS Discussion Paper Series No. 33)      2013年3月   [招待有り]
The Construction of Pa-O Buddhism: Buddhism and Identity of the Pa-O in the Shan State of Myanmar
Tadayoshi Murakami
   2013年6月
Macau, 20130625
Lik Long and How New Migrants Help Revitalize Shan Manuscript Culture in Mae Hong Son
Tadayoshi Murakami
   2013年6月   [招待有り]
Maehongson, Thailand, June 29 2013
Maehongson Community College & Center of Ethnic Studies and Development, Faculty of Social Science, Chiang Mai University

Misc

 
タイ国におけるムスリム・アイデンティティの行方―宗教・民族・国家のはざまで
東アジアの家族・地域・エスニシティ 東信堂   271-286頁    2004年
シャン仏教チョーティ派史素描-東南アジア大陸部における仏教実践の事例研究
宮崎公立大学人文学部紀要   11号 155-172頁    2004年
タイとミャンマー―近くて遠い国
タイを知るための60章 明石書店   68-72頁    2003年
シャン文字文化と民族意識の形成―ミャンマーとタイにおけるシャン文字文化の比較研究
歴史人類(筑波大学)   第30号 79-112頁    2002年
パターン・アイデンティティの変容―タイ国北部パターン系移民の宗教とエスニシティ
アジア移民の宗教とエスニシティ 風響社   321-349頁    2001年

書籍等出版物

 
大阪大学外国語学部 世界の言語シリーズ9 タイ語
宮本マラシー, 村上忠良 (担当:共著)
大阪大学出版会   2014年3月   ISBN:9784872593334

競争的資金等の研究課題

 
東南アジア大陸部のシャン民族の社会と文化