阪口 政清

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 12:07
 
アバター
研究者氏名
阪口 政清
 
サカグチ マサキヨ
URL
https://pxy-www.a.okayama-u.ac.jp/user/cellbiol/
所属
岡山大学
部署
医歯薬学総合研究科
職名
教授
学位
博士(医学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2005年
 岡山大学医歯薬学総合研究科 助手
 
2005年
 - 
2007年
 岡山大学医歯薬学総合研究科 助手
 
2007年
 - 
2008年
 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
 
2008年
 - 
2018年
 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授
 
2018年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2001年
岡山大学 医学研究科 細胞生物学
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本組織培養学会  大会運営補助
 

受賞

 
 
岡山医学会賞(結城賞)
 
0217
2000年
アメリカ組織培養学会研究奨励賞
 
2000年
第100回岡山大学医学賞(結城賞)
 
2001年
アメリカがん学会研究奨励賞
 
2010年
岡山大学若手トップリサーチャー研究奨励賞
 

論文

 
Sasaki S, Urabe M, Maeda T, Suzuki J, Irie R, Suzuki M, Tomaru Y, Sakaguchi M, Gonzalez FJ, Inoue Y
Molecular and cellular biology      2018年9月   [査読有り]
Kinoshita R, Sato H, Yamauchi A, Takahashi Y, Inoue Y, Sumardika IW, Chen Y,Tomonobu N, Araki K, Shien K, Tomida S, Torigoe H, Namba K, Kurihara E, Ogoshi Y, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Putranto EW, Ruma IMW, Yamamoto H, Soh J, Hibino T, Nishibori M, Kondo E, Toyooka S, Sakaguchi M
Int J Cancer      2018年11月   [査読有り]
Sato H, Yamamoto H, Sakaguchi M, Shien K, Tomida S, Shien T, Ikeda H, Hatono M, Torigoe H, Namba K, Yoshioka T, Kurihara E, Ogoshi Y, Takahashi Y, Soh J, Toyooka S
Cancer science      2018年8月   [査読有り]
Kinoshita R, Sato H, Yamauchi A, Takahashi Y, Inoue Y, Sumardika IW, Chen Y,Tomonobu N, Araki K, Shien K, Tomida S, Torigoe H, Namba K, Kurihara E, Ogoshi Y, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Putranto EW, Winarsa Ruma IM, Yamamoto H, Soh J, Hibino T, Nishibori M, Kondo E, Toyooka S, Sakaguchi M
Int J Cancer      2018年10月   [査読有り]
Ruma IMW, Kinoshita R, Tomonobu N, Inoue Y, Kondo E, Yamauchi A, Sato H, Sumardika IW, Chen Y, Yamamoto KI, Murata H, Toyooka S, Nishibori M, Sakaguchi M
Cancers   10(7)    2018年7月   [査読有り]
Murata H, Khine CC, Nishikawa A, Yamamoto KI, Kinoshita R, Sakaguchi M.
J Biol Chem      2018年10月   [査読有り]
Torigoe H, Yamamoto H, Sakaguchi M, Youyi C, Namba K, Sato H, Shien K, Soh J, Suzawa K, Tomida S, Tsukuda K, Miyoshi S, Toyooka S
Carcinogenesis   39(5) 719-727   2018年5月   [査読有り]
Torigoe H, Shien K, Takeda T, Yoshioka T, Namba K, Sato H, Suzawa K, Yamamoto H, Soh J, Sakaguchi M, Tomida S, Tsukuda K, Miyoshi S, Toyooka S
Cancer science   109(5) 1493-1502   2018年5月   [査読有り]
Kataoka K, Maehara N, Ayabe Y, Murata H, Huh NH, Sakaguchi M
Molecular medicine reports   17(5) 6661-6666   2018年5月   [査読有り]
Zhong H, Wake H, Liu K, Gao Y, Teshigawara K, Sakaguchi M, Mori S, Nishibori M
Journal of pharmacological sciences   136(3) 97-106   2018年3月   [査読有り]
Sato H, Sakaguchi M, Yamamoto H, Tomida S, Aoe K, Shien K, Yoshioka T, Namba K, Torigoe H, Soh J, Tsukuda K, Tao H, Okabe K, Miyoshi S, Pass HI, Toyooka S
Oncogenesis   7(1) 11   2018年1月   [査読有り]
Development of novel biologics for cancer metastasis via prevention of extracellular S100A8/A9 function
Kinoshita Rie, Yamauchi Akira, Shien Kazuhiko, Tomida Shuta, Toyooka Shinichi, Kondo Eisaku, Sakaguchi Masakiyo
CANCER SCIENCE   109 1017   2018年1月   [査読有り]
Crumbs3 promotes metastasis of colon cancer by regulating focal adhesion components
Iioka Hidekazu, Saito Ken, Sakaguchi Masakiyo, Morii Eiichi, Kondo Eisaku
CANCER SCIENCE   109 1039   2018年1月   [査読有り]
Nakamura K, Sakaguchi M, Matsubara H, Akagi S, Sarashina T, Ejiri K, Akazawa K, Kondo M, Nakagawa K, Yoshida M, Miyoshi T, Ogo T, Oto T, Toyooka S, Higashimoto Y, Fukami K, Ito H
PloS one   13(9) e0203046   2018年   [査読有り]
Saito K, Sakaguchi M, Maruyama S, Iioka H, Putranto EW, Sumardika IW, Tomonobu N, Kawasaki T, Homma K, Kondo E
Journal of Cancer   9(16) 2916-2929   2018年   [査読有り]
Sakaguchi M, Kinoshita R, Putranto EW, Ruma IMW, Sumardika IW, Youyi C, Tomonobu N, Yamamoto KI, Murata H
Acta medica Okayama   71(6) 459-465   2017年12月   [査読有り]
Xu J, Sadahira T, Kinoshita R, Li SA, Huang P, Wada K, Araki M, Ochiai K, Noguchi H, Sakaguchi M, Nasu Y, Watanabe M
Oncology letters   14(5) 5638-5642   2017年11月   [査読有り]
Sawahara H, Shiraha H, Uchida D, Kato H, Kato R, Oyama A, Nagahara T, Iwamuro M, Horiguchi S, Tsutsumi K, Mandai M, Mimura T, Wada N, Takeuchi Y, Kuwaki K, Onishi H, Nakamura S, Watanabe M, Sakaguchi M, Takaki A, Nouso K, Yagi T, Nasu Y, Kumon H, Okada H
Journal of gastroenterology and hepatology   32(10) 1769-1777   2017年10月   [査読有り]
Wada T, Sumardika IW, Saito S, Ruma IMW, Kondo E, Shibukawa M, Sakaguchi M
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   1061-1062 209-219   2017年9月   [査読有り]
Sakaguchi M, Sadahira T, Ueki H, Kinoshita R, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Nasu Y, Ochiai K, Kumon H, Huh NH, Watanabe M
Oncology reports   38(2) 1108-1114   2017年8月   [査読有り]
Sumardika IW, Youyi C, Kondo E, Inoue Y, Ruma IMW, Murata H, Kinoshita R, Yamamoto KI, Tomida S, Shien K, Satoh H, Yamauchi A, Futami J, Putranto EW, Hibino T, Toyooka S, Nishibori M, Sakaguchi M
Oncology research   26(3) 431-444   2017年9月   [査読有り]
Putranto EW, Kinoshita R, Watanabe M, Sadahira T, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Kataoka K, Inoue Y, Winarsa Ruma IM, Sumardika IW, Youyi C, Kubo M, Sakaguchi Y, Saito K, Nasu Y, Kumon H, Huh NH, Sakaguchi M
Oncology letters   14(1) 1041-1048   2017年7月   [査読有り]
Murata H, Takamatsu H, Liu S, Kataoka K, Huh NH, Sakaguchi M
PloS one   10(11) e0142438   2015年11月   [査読有り]
Morimoto A, Kannari M, Tsuchida Y, Sasaki S, Saito C, Matsuta T, Maeda T, Akiyama M, Nakamura T, Sakaguchi M, Nameki N, Gonzalez FJ, Inoue Y
The Journal of biological chemistry   292(25) 10574-10585   2017年6月   [査読有り]
Suzawa K, Shien K, Peng H, Sakaguchi M, Watanabe M, Hashida S, Maki Y, Yamamoto H, Tomida S, Soh J, Asano H, Tsukuda K, Nasu Y, Kumon H, Miyoshi S, Toyooka S
Anticancer research   37(1) 301-307   2017年1月   [査読有り]
Crucial Role of RAGE in Inappropriate Increase of Smooth Muscle Cells From Patients With Pulmonary Arterial Hypertension
Nakamura Kazufumi, Akagi Satoshi, Sarashina Toshihiro, Sakaguchi Masakiyo, Matsubara Hiromi, Ito Hiroshi
CIRCULATION   134    2016年11月   [査読有り]
PINK1 Regulation of Mitochondrial Homeostasis and Cell Survival.
Murata Hitoshi, Yamamoto Ken-ichi, Kinoshita Rie, Kataoka Ken, Huh Nam-ho, Sakaguchi Masakiyo
IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL   52 S8   2016年6月   [査読有り]
Hiroaki Sawahara, Shiraha Hidenori, Uchida Daisuke, Sakaguchi Masakiyo, Watanabe Masami, Nasu Yasutomo, Kumon Hiromi, Okada Hiroyuki
GASTROENTEROLOGY   150(4) S1153   2016年4月   [査読有り]
Uchida Daisuke, Shiraha Hidenori, Kato Hironari, Hiroaki Sawahara, Sakaguchi Masakiyo, Watanabe Masami, Nasu Yasutomo, Kumon Hiromi, Okada Hiroyuki
GASTROENTEROLOGY   150(4) S294   2016年4月   [査読有り]
Ichiki Takako, Koga Tomoaki, Okuno Toshiaki, Saeki Kazuko, Yamamoto Yasuhiko, Sakaguchi Masakiyo, Yokomizo Takehiko
FASEB JOURNAL   30    2016年4月   [査読有り]
Ichiki Takako, Koga Tomoaki, Okuno Toshiaki, Saeki Kazuko, Yamamoto Yasuhiko, Sakaguchi Masakiyo, Yokomizo Takehiko
FASEB JOURNAL   30    2016年4月   [査読有り]
Matsuo Shunsuke, Ogawa Masayuki, Muckenthaler Martina U., Mizui Yumiko, Sasaki Shota, Fujimura Takafumi, Takizawa Masayuki, Ariga Nagayuki, Ozaki Hiroaki, Sakaguchi Masakiyo, Gonzalez Frank J., Inoue Yusuke
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   290(52) 30855-30865   2015年12月   [査読有り]
Yamamoto Hiromasa, Otani Hiroki, Takaoka Munenori, Sakaguchi Masakiyo, Soh Junichi, Jida Masaru, Ueno Tsuyoshi, Kubo Takafumi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Kiura Katsuyuki, Hatakeyama Shinji, Kawahara Eiji, Naomoto Yoshio, Miyoshi Shinichiro, Toyooka Shinichi
JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10(9) S311-S312   2015年9月   [査読有り]
Distant Bystander Effect of REIC/Dkk-3 Gene Therapy through Immune System Stimulation in a Murine Model of Thoracic Malignancies
Suzawa Ken, Shien Kazuhiko, Huang Peng, Sakaguchi Masakiyo, Watanabe Masami, Hashida Shinsuke, Soh Junichi, Yamamoto Hiromasa, Maki Yuho, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Nasu Yasutomo, Kumon Hiromi, Miyoshi Shinichiro, Toyooka Shinichi
JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10(9) S599   2015年9月   [査読有り]
Ohtsuka Tomoaki, Sakaguchi Masakiyo, Takata Katsuyoshi, Hashida Shinsuke, Watanabe Mototsugu, Suzawa Ken, Maki Yuho, Yamamoto Hiromasa, Soh Junichi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Miyoshi Shinichiro, Toyooka Shinichi
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Suzawa Ken, Toyooka Shinichi, Sakaguchi Masakiyo, Ohtsuka Tomoaki, Watanabe Mototsugu, Hashida Shinsuke, Maki Yuho, Yamamoto Hiromasa, Soh Junichi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Miyoshi Shinichiro
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Yamamoto Hiromasa, Higasa Koichiro, Sakaguchi Masakiyo, Shien Kazuhiko, Soh Junichi, Ichimura Koichi, Furukawa Masashi, Hashida Shinsuke, Tsukuda Kazunori, Takigawa Nagio, Matsuo Keitaro, Kiura Katsuyuki, Miyoshi Sinichiro, Matsuda Fumihiko, Toyooka Shinichi
CANCER RESEARCH   74(19)    2014年10月   [査読有り]
Sakaguchi M, Huh NH
Amino acids   41(4) 797-807   2011年10月   [査読有り]
Ruma IM, Putranto EW, Kondo E, Watanabe R, Saito K, Inoue Y, Yamamoto K, Nakata S, Kaihata M, Murata H, Sakaguchi M
International journal of oncology   45 209-218   2014年7月   [査読有り]
Sakaguchi M, Watanabe M, Kinoshita R, Kaku H, Ueki H, Futami J, Murata H, Inoue Y, Li SA, Huang P, Putranto EW, Ruma IM, Nasu Y, Kumon H, Huh NH
Molecular biotechnology   56 621-630   2014年7月   [査読有り]
Jaiswal JK, Lauritzen SP, Scheffer L, Sakaguchi M, Bunkenborg J, Simon SM, Kallunki T, Jäättelä M, Nylandsted J
Nature communications   5 3795   2014年5月   [査読有り]
Chen J, Watanabe M, Huang P, Sakaguchi M, Ochiai K, Nasu Y, Ouchida M, Huh NH, Shimizu K, Kashiwakura Y, Kaku H, Kumon H
International journal of molecular medicine   24(6) 789-794   2009年12月   [査読有り]
Watanabe M, Sakaguchi M, Kinoshita R, Kaku H, Ariyoshi Y, Ueki H, Tanimoto R, Ebara S, Ochiai K, Futami J, Li SA, Huang P, Nasu Y, Huh NH, Kumon H
Oncology reports   31 1089-1095   2014年3月   [査読有り]
Sakaguchi Y, Hosomi K, Uchiyama J, Ogura Y, Umeda K, Sakaguchi M, Kohda T, Mukamoto M, Misawa N, Matsuzaki S, Hayashi T, Kozaki S
Genome announcements   2    2014年1月   [査読有り]
Sakaguchi M, Huh NH, Namba M
Advances in experimental medicine and biology   720 209-215   2011年   [査読有り]
Yamamoto H, Higasa K, Sakaguchi M, Shien K, Soh J, Ichimura K, Furukawa M, Hashida S, Tsukuda K, Takigawa N, Matsuo K, Kiura K, Miyoshi S, Matsuda F, Toyooka S
Journal of the National Cancer Institute   106 djt338   2014年1月   [査読有り]
Ueno T, Toyooka S, Fukazawa T, Kubo T, Soh J, Asano H, Muraoka T, Tanaka N, Maki Y, Shien K, Furukawa M, Sakaguchi M, Yamamoto H, Tsukuda K, Miyoshi S
Acta medica Okayama   68 23-26   2014年   [査読有り]
Shien K, Tanaka N, Watanabe M, Soh J, Sakaguchi M, Matsuo K, Yamamoto H, Furukawa M, Asano H, Tsukuda K, Nasu Y, Huh NH, Miyoshi S, Kumon H, Toyooka S
PloS one   9 e87900   2014年   [査読有り]
Putranto EW, Murata H, Yamamoto K, Kataoka K, Yamada H, Futami J, Sakaguchi M, Huh NH
International journal of molecular medicine   32 938-944   2013年10月   [査読有り]
DIRECT THERAPEUTIC EFFECT OF REIC/DKK-3-ENCODING ADENOVIRAL VECTOR FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER
Yamamoto Hiromasa, Tanaka Norimitsu, Toyooka Shinichi, Watanabe Masami, Sakaguchi Masakiyo, Soh Junichi, Shien Kazuhiko, Furukawa Masashi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Nasu Yasutomo, Huh Nam-ho, Kumon Hiromi, Miyoshi Shinichirou
JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   7(11) S463   2012年11月   [査読有り]
Murata H, Sakaguchi M, Kataoka K, Huh NH
Molecular biology of the cell   24 2772-2784   2013年9月   [査読有り]
Yamamoto K, Murata H, Putranto EW, Kataoka K, Motoyama A, Hibino T, Inoue Y, Sakaguchi M, Huh NH
Oncology reports   29 1073-1079   2013年3月   [査読有り]
Hibino T, Sakaguchi M, Miyamoto S, Yamamoto M, Motoyama A, Hosoi J, Shimokata T, Ito T, Tsuboi R, Huh NH
Cancer research   73 172-183   2013年1月   [査読有り]
Sugimoto M, Watanabe M, Kaku H, Li SA, Noguchi H, Ueki H, Sakaguchi M, Huh NH, Nasu Y, Kumon H
Oncology reports   28 1645-1652   2012年11月   [査読有り]
Hirata T, Watanabe M, Kaku H, Kobayashi Y, Yamada H, Sakaguchi M, Takei K, Huh NH, Nasu Y, Kumon H
International journal of oncology   41 559-564   2012年8月   [査読有り]
Kataoka K, Ono T, Murata H, Morishita M, Yamamoto KI, Sakaguchi M, Huh NH
Oncology letters   3 1149-1153   2012年5月   [査読有り]
Jin Y, Murata H, Sakaguchi M, Kataoka K, Watanabe M, Nasu Y, Kumon H, Huh NH
Oncology reports   27 695-699   2012年3月   [査読有り]
Soh Junichi, Toyooka Shinichi, Kubo Takafumi, Fukazawa Takuya, Sakaguchi Masakiyo, Ueno Tsuyoshi, Tsukuda Kazunori, Asano Hiroaki, Yamamoto Hiromasa, Huh Nam-ho, Miyoshi Shinichiro
CANCER RESEARCH   71    2011年4月   [査読有り]
Kawauchi K, Watanabe M, Kaku H, Huang P, Sasaki K, Sakaguchi M, Ochiai K, Huh NH, Nasu Y, Kumon H
Acta medica Okayama   66 7-16   2012年   [査読有り]
Kubo Takafumi, Toyooka Shinichi, Tsukuda Kazunori, Asano Hiroaki, Sakaguchi Masakiyo, Soh Junichi, Ueno Tsuyoshi, Yamamoto Hiromasa, Yamane Masaomi, Oto Takahiro, Nasu Yasutomo, Matsui Hideki, Huh Nam Ho, Miyoshi Shinichro
CANCER RESEARCH   70    2010年4月   [査読有り]
Ochiai K, Watanabe M, Ueki H, Huang P, Fujii Y, Nasu Y, Noguchi H, Hirata T, Sakaguchi M, Huh NH, Kashiwakura Y, Kaku H, Kumon H
Biochemical and biophysical research communications   412 391-395   2011年8月   [査読有り]
S100A11, a dual mediator for growth regulation of normal human keratinocytes
Sakaguchi Masakiyo, Huh Nam-ho
AMINO ACIDS   37(1) 77   2009年7月   [査読有り]
Dual tyrosine kinase inhibitor for focal adhesion kinase and insulin-like growth factor-I receptor (TAE226) leads to apoptosis in esophageal cancer by inhibiting AKT-mTOR survival signaling
Hao Huifang, Wang Zhigang, Bao Xiaohong, Watanabe Nobuyuki, Sakurama Kazufumi, Tomono Yasuko, Fukazawa Takuya, Hatakeyama Shinji, Omori Osamu, Nishitani Seishi, Ohara Toshiaki, Takaoka Munenori, Shirakawa Yasuhiro, Yamatsuji Tomoki, Matsuoka Junji, Sakaguchi Masakiyo, Tanaka Noriaki, Naomoto Yoshio
CANCER RESEARCH   69    2009年5月   [査読有り]
REIC/DKK-3 as a potential gene therapeutic agent against human testicular cancer
Tanimoto Ryuta, Abarzua Fernando, Sakaguchi Masakiyo, Nasu Yasutomo, Kumon Hiromi, Huh Nam-Ho
JOURNAL OF GENE MEDICINE   10(4) 454   2008年4月   [査読有り]
Adenovirus-mediated REIC/DKK-3 gene transfer prevented mesothelioma tumor progressions in orthotopic mice model
Kashiwakura Yuji, Watanabe Masami, Abarzua Fernando, Sakaguchi Masakiyo, Takaoka Munenori, Tanimoto Ryuta, Nasu Yasutomo, Huh Nam-ho, Kumon Hiromi
JOURNAL OF GENE MEDICINE   10(4) 469-470   2008年4月   [査読有り]
Abarzua F, Sakaguchi M, Takaishi M, Nasu Y, Kurose K, Ebara S, Miyazaki M, Namba M, Kumon H, Huh NH
Cancer research   65(21) 9617-9622   2005年11月   [査読有り]
NMR studies of the N-terminal segment of S100C/A11 protein
Kouno Takahide, Mizuguchi Mineyuki, Sakaguchi Masakiyo, Makino Eiichi, Huh Nam-ho, Kawano Keiichi
Peptides 2004, Proceedings   1025-1026   2005年   [査読有り]
Expression of CYP3A4 by an immortalized human hepatocyte line in a three-dimensional culture using a radial-flow bioreactor.
Akiyama I, Tomiyama K, Sakaguchi M, Takaishi M, Mori M, Hosokawa M, Nagamori S, Shimizu N, Huh NH, Miyazaki M
International journal of molecular medicine   14(4) 663-668   2004年10月   [査読有り]
Miyazaki M, Sakaguchi M, Akiyama I, Sakaguchi Y, Nagamori S, Huh NH
Cancer research   64(12) 4155-4161   2004年6月   [査読有り]
Torres-Cabala C, Panizo-Santos A, Krutzsch HC, Barazi H, Namba M, Sakaguchi M, Roberts DD, Merino MJ
International journal of surgical pathology   12(2) 107-115   2004年4月   [査読有り]
Sakaguchi M, Miyazaki M, Sonegawa H, Kashiwagi M, Ohba M, Kuroki T, Namba M, Huh NH
The Journal of cell biology   164(7) 979-984   2004年3月   [査読有り]
Totsugawa T, Kobayashi N, Maruyama M, Kosaka Y, Okitsu T, Arata T, Sakaguchi M, Ueda T, Kurabayashi Y, Tanaka N
ASAIO journal (American Society for Artificial Internal Organs : 1992)   49(6) 635-640   2003年11月   [査読有り]

Misc

 
Kurose K,*Sakaguchi M,Nasu Y,Ebara S,Kaku H,Kariyama R,Arao Y,Miyazaki M,Tsushima T,Namba M,Kumon H and Huh N
The Journal of Urology      2004年
Miyazaki M,*Sakaguchi M,Akiyama I,Sakaguchi Y,Nagamori S and Huh N
Cancer Research      2004年
PKCα mediates TGFβ-induced growth inhibition of human keratinocytes via phosphorylation of S100C/A11.
*Sakaguchi M,Miyazaki M,Sonegawa H,Kashiwagi M,Ohba M,Kuroki T,Namba M, and Huh N
The Journal of Cell Biology      2004年
Propagation of adult rat bone marrow -derived hepatocyte-like cells by serial passages in vitro.
Miyazaki M,Masaka T,Akiyama I,Nakashima E,*Sakaguchi M and Huh N
Cell Transplanation      2004年
Makino E,*Sakaguchi M,Iwatsuki K and Huh N
Journal of Molecular Medicine-JMM      2004年

書籍等出版物

 
培養細胞実験ハンドブック
羊土社   2004年   
培養細胞実験ハンドブック
羊土社   2004年   
培養細胞実験ハンドブック
羊土社   2004年   
培養細胞実験ハンドブック
羊土社   2009年   ISBN:11111
培養細胞実験ハンドブック
羊土社   2009年   ISBN:11111

講演・口頭発表等

 
TGFbによるヒト正常表皮角化細胞の増殖制御機構:PKCa、S100C/A11を介する新しい信号伝達経路
第77回日本組織培養学会   2004年   
TGFbによる細胞増殖抑制の新しい信号伝達経路:PKCa、S100C/A11の関与
第63回日本癌学会   2004年   
TGFb-induced growth inhibition of human keratinocytes via phosphorylation of S100C/A11
第27回日本分子生物学会   2004年   
PKCa mediates TGFb-induced growth inhibition of human keratinocytes via phosphorylation of S100C/A11
2004 The American Society for Cell Biology (ASCB) annual meeting (44th)   2004年   
ヒト正常表皮角化細胞におけるS100C/A11を介した細胞増殖制御シグナル
第64回日本癌学会   2005年   
Bifurcated converging pathways for high Ca++- and TGFb-induced inhibition of growth of normal human keratinocytes
第28回日本分子生物学会   2005年   
Bifurcated converging pathways for high Ca++- and TGFb-induced inhibition of growth of normal human keratinocytes
2005 The American Society for Cell Biology (ASCB) annual meeting (45th)   2005年   
Adenovirus-mediated overexpression of REIC/Dkk-3 selectively induces apoptosis in human prostate cancer cells through activation of JNK
The 11th International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research   2006年   
ヒト正常表皮角化細胞におけるS100C/A11を介した細胞増殖制御シグナル
第13回岡山研究皮膚科フォーラム   2006年   
S100C/A11による細胞増殖制御機構の新展開-分泌型S100C/A11の機能解明
第80回日本組織培養学会大会   2007年   
Molecular mechanism of growth-regulation of normal human keratinocytes by S100C/A11
がん研究に係わる特定領域研究-若手研究者ワークショップ   2007年   
Autocrine growth-stimulation of normal human keratinocytes by secreted S100C/A11
The 66th Annual meeting of the Japanease Cancer Association (第66回日本癌学会学術総会)   2007年   
INVOLVEMENT OF DECLINE IN S100C/A11-MEDIATED PATHWAY IN RESISTANCE OF CANCER CELLS TO TGFb-INDUCED GROWTH SUPPRESSION
The 66th Annual meeting of the Japanease Cancer Association (第66回日本癌学会学術総会)   2007年   
S100A11,an ambivalent mediator for growth regulation of human keratinocytes.
American Society for Cell Biology 47th Annual Meeting   2007年   
S100A11,a Ca++-binding protein showing pleiotropic growth regulating functions in normal human keratinocytes
第30回分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会   2007年   
Over-expression of REIC/Dkk-3 induces IL-7 in normal human fibroblasts via ER stress
第67回日本癌学会学術総会   2008年   
分化したマウスES細胞およびiPS細胞のCy3標識REIC/Dkk-3タンパク質の取り込み
第8回日本再生医療学会   2009年   
BRPK/PINK1のmTORC2活性化を介したがん進展への寄与
日本組織培養学会第82回大会   2009年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて-多機能受容体RAGEの信号伝達経路の解析
希少難治性皮膚疾患に関する調査研究班平成21年度第1回総会   2009年   
KLF11およびKLF15による褐色脂肪特異的遺伝子UCP1の転写制御
第14回アディポサイエンス研究会シンポジウム   2009年   
BRPK/PINK1 enhances invasiveness of cancer cells through activation of mTCRC2 pathway (RPK/PINK1のmTORC2経路活性化を介したがん浸潤への寄与
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Promoter-badsed improvement of gene expression in cancer therapeutic advenovirus vecter carrying                    超高効率発現ベクターの開発とがん遺伝子治療薬としてのREIC/Dkk-3REIC/Dkk-3アデノウイルス
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Normal human fibroblasts mis-targetedly infected with adenovirus REIC have a tumorsuppressive ability in vivo
第32回日本分子生物学会年会参加費   2009年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて-多機能受容体RAGEの信号伝達経路の解析
希少難治性皮膚疾患に関する調査研究班、希少難治性皮膚疾患克服のための生体試料の収集に関する研究班 平成21年度第2回合同総会   2009年   
分化誘導したマウスES細胞及びiPS細胞におけるCy3標識REIC/Dkk-3タンパク質のエンドサートーシスによる取り込み
日本組織培養学会第83回大会   2010年   
褐色脂肪細胞分化におけるKLF11とKLF15の役割
日本組織培養学会第83回大会   2010年   
Effect of Adenovirus-mediated Overexpression of REIC/Dkk-3 on Scirrhous Gastric Carcinoma Cells
日本組織培養学会第83回大会   2010年   
悪性胸膜中皮腫の新しい分子生物学的異常と治療応用の可能性
日本組織培養学会第83回大会   2010年   
肺癌細胞株におけるTAE226の変異型EGFRチロシンキナーゼ特異的な不活化作用とその抗腫瘍効果の検討
日本組織培養学会第83回大会   2010年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて - 多機能受容体RAGEの信号伝達経路の解析
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究班平成22年度第1回総会   2010年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて - 多機能受容体RAGEの信号伝達経路の解析
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究班平成22年度第1回総会   2010年   
スキルス胃がん腹膜播種へにREIC/Dkk-3遺伝子治療の効果 
第69回日本癌学会学術総会   2010年   
マイクロRNA34b/cのメチル化による発現低下は悪性胸膜中皮腫の重要な分子病態である
第69回日本癌学会学術総会   2010年   
アデノウイルス受容体(CAR;CXADR)の固形癌細胞の増殖制御における役割の解析
第69回日本癌学会学術総会   2010年   
PINK1/BRPK inhibits apoptotic cell death and enahances cellular invasiveness through an activation of mTORC2 pathway
The 16th International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research   2010年   
多機能受容体RAGEの下流信号伝達機構の解明
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会   2010年   
KFL11とKLF15によるUCP1の発現制御
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会   2010年   
BRPK/PINK1 promotes tumor progression through activation of mTORC2 pathway
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会   2010年   
REIC/Dkk-3 の扁平上皮における発現とその制御因子の探索
日本組織培養学会第84回大会   2011年   
PINK1 knockdown increases the apoptosis induced by adenovirus-mediated REIC/Dkk-3
日本組織培養学会第84回大会   2011年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて - S100A8およびS100A9タンパク質の新規受容体の探索とその機能解析-
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究班平成23年度第1回総会   2011年   
S100A7による骨肉腫細胞の遊走・浸潤の多機能受容体RAGEを介した制御機構
第70回日本癌学会学術総会   2011年   
PINK1発現抑制によるミトコンドリア機能不全はREIC/Dkk-3のアポトーソシス誘導効果を増強する
第70回日本癌学会学術総会   2011年   
多機能受容体RAGEの下流信号伝達機構の解明
第70回日本癌学会学術総会   2011年   
悪性胸膜中皮腫に対するマイクロRNA34b/cを用いたアデノウイルス遺伝子治療の可能性     
第70回日本癌学会学術総会   2011年   
正常皮膚におけるREIC/Dkk-3の発現制御因子の検索
第34回日本分子生物学会年会   2011年   
Mitochondrial dysfunction by PINK1 knockdown augments apotosis induced by a gene-therspeutic adenovirus carrying REIC/Dkk-3
第34回日本分子生物学会年会   2011年   
RAGE高発現がもたらす細胞形態変化と細胞運動亢進の分子機構の解析
第34回日本分子生物学会年会   2011年   
S100タンパク質受容体の統合解析
第34回日本分子生物学会年会   2011年   
膿疱性乾癬の病態解明とその対策に向けて - S100A8およびS100A9タンパク質の新規受容体の探索とその機能解析-
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究班平成23年度第2回総会   2011年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
がん転移の“種と土”を解くS100タンパク質ワールド
公益財団法人武田科学振興財団: 2017 年度生命科学研究助成
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 阪口 政清
がん細胞の転移を加速するがん微小環境内線維芽細胞の新たな役割
公益財団法人がん研究振興財団: 第50 回がん研究助成金
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 阪口 政清
希少漢方「冬虫夏草」中に含まれる新規抗がん成分の同定とその薬効解析
公益財団法人小林国際奨学財団: 平成29 年度研究助成
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 阪口 政清
新規S100 受容体による原発巣転移前がん微小環境構築とがん転移動力獲得の分子機構
独立行政法人 日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 阪口 政清
臓器が発するがん誘引性転移シグナルの遮断を目指して開発した「新規分子標的タンパク質製剤」によるがん細胞転移制御の試み
一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会: 平成28 年度研究助成金
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 阪口 政清
REIC タンパク質の機能解析による新たな創薬基盤プラットフォームの構築
岡山県: 特別電源所在県科学技術振興事業研究委託
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 阪口 政清
がんの転移をターゲットとした新しい治療法の開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 阪口 政清
CHO細胞における組み換えタンパク質大量発現に有効な超高効率遺伝子安定発現プラスミドベクター
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的医療技術創出拠点プロジェクト(橋渡し研究加速 ネットワークプログラム)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 阪口 政清
がんの転移先臓器親和性を制御する新規生物製剤の開発
独立行政法人 日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 阪口 政清
分泌REICタンパク質の抗腫瘍の本態解明
岡山医学振興会: 第17 回公募助成
研究期間: 2017年       代表者: 阪口 政清
ヒトS100A9ホモダイマーおよびヒトS100A8/A9へテロダイマーに対する抗体製剤の開発によるがん転移制御の試み
公益財団法人小林がん学術振興会: 第9 回研究助成金
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 阪口 政清
新開発哺乳細胞超高効率遺伝子安定発現プラスミドベクターのタンパク質製剤大量産生系への有用性の評価
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的医療技術創出拠点プロジェクト(橋渡し研究加速 ネットワークプログラム)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 阪口 政清
転移先臓器を感知する受容体群の分子制御機構の解明とその応用
独立行政法人 日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 阪口 政清
転移先臓器を感知する受容体の発見に基づくがん転移機構の解明
公益財団法人武田化学振興財団: 2013 年度医学系研究奨励(基礎)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 阪口 政清
新規S100A8/A9受容体の発見を切り口とした膿疱性乾癬の分子機構の解明
公益財団法人先進医薬研究振興財団: 第33 回一般研究助成金(血液医学分野)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 阪口 政清
糖尿病網膜症制御法の新構築を目指したRAGE膜直下信号伝達阻害手段の確立
公益財団法人高齢者眼疾患研究財団: 平成25 年度研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 阪口 政清
独自に開発した超高効率遺伝子発現プラスミドベクターの抗体大量産生系への応用を目指した基礎研究
公益財団法人ウエスコ学術振興財団: 平成26 年度学術研究費助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 阪口 政清
がん細胞の転移先臓器を感知する新規センサー分子の発見を基盤とした転移機構の解明とその制御
公益財団法人山陽放送学術文化財団: 第51 回学術研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 阪口 政清
RAGE膜直下信号伝達阻害剤による糖尿病性網膜症治療の試み
公益財団法人薬理研究会: 平成25 年度研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 阪口 政清
新開発超高効率遺伝子発現プラスミドベクターによる抗体大量産出技術の確立
公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団: 平成23年度加藤記念研究助成
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 阪口 政清
がん転移における「種と土」のクロストークを遮断する分子標的製剤の開発
公益財団法人高松宮妃癌研究基金: 平成26 年度研究助成金
研究期間: 2014年       代表者: 阪口 政清
CD133のリガンド同定によるがん幹細胞特性の解析
公益財団法人アステラス病態代謝研究会: 平成24 年度研究助成金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 阪口 政清
がん特異的 REIC 遺伝子治療の特長を最大限に引き出す超高機能ベクターの開発
財団法人両備てい園記念財団: 第34 回研究助成金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 阪口 政清
抗体大量産生用超高率遺伝子発現ベクターの開発
財団法人ノバルディス科学振興財団: 第25 回ノバルディス研究奨励金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 阪口 政清
炎症を感知する新規内因性リガンドセンサーの作動機構解明とがん進展における役割
独立行政法人 日本学術振興会: 新学術領域研究
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 阪口 政清
多機能受容体RAGEによるがん幹細胞活性化と炎症憎悪の負の連鎖
公益財団法人内藤記念科学振興財団: 第43回科学奨励金
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 阪口 政清
炎症性多機能受容体RAGEの活性化動態評価システムの構築
財団法人薬学研究奨励財団: 第32回研究助成金(グループA)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 阪口 政清
RAGE 膜直下信号伝達機構解明を基盤とした糖尿病性血管障害の治療戦略
公益財団法人先進医薬研究振興財: 第30回一般研究助成金
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 阪口 政清
がん幹細胞特異的殺傷抗体作成技術の創出
独立行政法人 日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 阪口 政清
RAGE複合体情報処理ユニットによるがん進展の分子基盤解析
公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団: 第27回基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2012年       代表者: 阪口 政清
多機能受容体RAGEの動的イメージングを基盤とした動作原理の解明,
公益財団法人武田科学振興財団: 2009年度医学系研究奨励(基礎)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 阪口 政清
炎症および神経変性疾患の発症? 進展を制御する受容体RAGEの多機能性の解明 
独立行政法人 日本学術振興会: 若手研究(A)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 阪口 政清
がん特異的超高効率発現アデノウィルスベクターの開発とがん遺伝子治療への応用
公益財団法人持田記念医学薬学振興財団: 第27回医学薬学振興財団研究助
研究期間: 2009年       代表者: 阪口 政清
S100C タンパク質を介した新規細胞増殖制御機構の解明
独立行政法人 日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 阪口 政清

特許

 
細胞増殖を制御する物質のスクリーニング方法、及びSp1分子等をヌクレオリン(nucleolin)分子から解離させる物質のスクリーニング方法
可逆的カチオン化による変性タンパク質の細胞内導入と活性化の方法
2005-120017
細胞増殖剤及び細胞の増殖方法
2007-159429
前立腺癌細胞のアポトーシス誘発剤
4838236
タンパク質の細胞内導入剤
2008-115150
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
5356823
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
ZL200780043463.4
炎症および過剰増殖を伴う皮膚疾患モデル
5366077
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
8618273
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
2090654
新規悪性中皮腫治療剤及び免疫賦活化剤
5551593
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
5697042
エンプリンとS100A9の結合の阻害を指標とする慢性炎症抑制剤又は癌転移抑制剤のスクリーニング方法
5729936
前立腺癌細胞のアポトーシス誘発剤
8,658,611
新規悪性中皮腫治療知剤及び免疫賦活化剤、
8,658,612
新規悪性中皮腫治療剤及び免疫賦活化剤
新規悪性中皮腫治療剤及び免疫賦活化剤
新規悪性中皮腫治療剤及び免疫賦活化剤
ZL200980136054.8
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
9493776
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
2508603
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
180934
REIC発現アデノウイルスベクター
WO2012/161352
好中球活性化に起因する疾患の治療薬、治療方法及び検査方
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
1752941
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
2577971
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
ZL201080061897.9
PINK1のユビキチンアッセイ及びスクリーニングへの利用
国立大学法人 岡山大学
NPTNβとS100A8の結合の阻害を指標とする細胞増殖抑制剤のスクリーニング方法
2014-059210
好中球活性化に起因する疾患の治療薬、治療方法及び検査方法
5807927
REIC/Dkk-3遺伝子の部分断片及び該断片を含むがん治療薬
5662534
遺伝子発現用カセット及びその産生物
好中球活性化に起因する疾患の治療薬、治療方法及び検査方法
9696321 B2
遺伝子発現用カセット及びその産生物
リン酸化SARM1、抗体、SARM1リン酸化阻害剤、神経変性疾患の予防又は治療薬、スクリーニング方法、SARM1改変体及び使用
遺伝子発現用カセット及びその産生物
WO2017/061354
リン酸化SARM1、抗体、SARM1リン酸化阻害剤、神経変性疾患の予防又は治療薬、スクリーニング方法、SARM1改変体及び使用
遺伝子発現を上昇させるシステム及び該システムを保持したベクター
'2010322723