講演・口頭発表等

2011年12月

養護実践に関する研究-インシデント・プロセス法を用いた事例検討会を通して見えてきたこと-

第40回新潟県学校保健学会
  • 大塚純子

記述言語
日本語
会議種別
口頭発表(一般)
開催地
長岡ホテルニューオータニ

養護実践に関する研究とその発展に寄与することを目的に、地域の養護教諭の有志が集まり、研究会を立ち上げた。会員一人ひとりの研究的視点や養護診断の力をつけることに重点をおき、インシデント・プロセス法を用いた事例検討を行っている。会員へのアンケート結果から見えてきたことについては、①本研究会は、協同作業を通じた自己教育力向上の場となっている、②本研究会は、実践の理論化に適した場である、③インシデント・プロセス法は、研究の導入期において有効である、の3点にまとめられた。今後は、本手法によって集積されたデータの分析、検討を進めるとともに、養護実践に関する研究の発展のための活動を継続していく