熊本 史雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/19 00:46
 
アバター
研究者氏名
熊本 史雄
 
クマモト フミオ
URL
https://gyoseki-komazawa-u.jp/kzuhp/KgApp?kyoinId=ymdggegyggk
所属
駒澤大学
部署
文学部 歴史学科日本史学専攻
学位
博士(文学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
駒澤大学 文学部歴史学科日本史学専攻 教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
ロンドン大学LSE(ロンドンスクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス) 国際政治史学部 客員研究員
 
2008年4月
 - 
2014年3月
駒澤大学文学部 准教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
駒澤大学文学部 専任講師
 
1995年4月
 - 
2004年3月
外務省外交史料館 『日本外交文書』編纂室 外務事務官
 

学歴

 
 
 - 
2012年2月
博士(文学) (筑波大学) 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
筑波大学大学院 博士課程歴史・人類学研究科 日本史学専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
筑波大学 第二学群 日本語・日本文化学類
 
1986年4月
 - 
1989年3月
山口県立山口高等学校  
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
日本歴史学協会  常任委員会委員/国立公文書館特別委員会・幹事
 
2014年6月
 - 
現在
東アジア近代史学会  常任委員
 
2015年10月
 - 
2017年10月
日本国際政治学会  日本外交史分科会責任者
 

論文

 
国立公文書館所蔵「戦争調査会」第一回議事速記録―日本国憲法の「平和主義」と総裁幣原喜重郎―
熊本 史雄
駒沢史学   (90) 423-456   2018年3月   [査読有り]
デジタルアーカイブズと歴史研究―公文書利用のあり方をめぐって―(中央史学会第42回大会シンポジウム「アジア歴史資料センターと歴史研究」))
熊本 史雄
中央史学   (41) 26-37   2018年3月   [招待有り]
南満洲行政統一問題と外務次官幣原喜重郎
熊本 史雄
近代史料研究   (17) 1-20   2017年10月
台湾総督府の文書管理規程―情報管理と統治という視角を通じて―
熊本 史雄
駒沢史学   (88) 18-33   2017年3月   [査読有り]
大戦間期外務省の情報管理と意思決定―新四国借款団結成問題への組織的対応と幣原喜重郎外務次官の外交指導に即して―
熊本 史雄
日本史研究   (653) 3-37   2017年1月   [査読有り][招待有り]
「近代史料学」の構築へ向けて (「近代史料学」構築のための基礎的研究)
熊本 史雄
近代史料研究   (16) 1-9   2016年10月
満洲事変における幣原喜重郎外相のリーダーシップ―日本外務省の組織的対応と「五大綱目」をめぐって―
熊本 史雄
佐藤元英・服部龍二編著『日本外交のアーカイブズ学的研究Ⅱ』(中央大学出版部)   1-35   2016年1月   [招待有り]
第一次大戦後の外務省における対満洲関税政策―第一次幣原外交最初期の対英協調策―
熊本 史雄
近代史料研究   (15) 74-97   2015年10月
The Japanese Ministry of Foreign Affairs in the Interwar Period -The Significance of the Establishment of the Asian Affairs Bureau and Its Diplomacy towards China-
熊本 史雄
駒沢史学   (83) 91-114   2014年10月   [査読有り]
外務省記録の内的秩序とその変化―大戦間期外務省における記録管理制度とその運用をめぐって―〔補遺〕大戦間期対中国文化外交史文献目録
熊本 史雄
駒沢史学   (80)    2013年3月   [査読有り]
拓務省研究の現状と課題―植民地・外地行政監督官庁の評価をめぐって―
熊本 史雄
近代史料研究   (12)    2012年10月
戦間期日本外務省における対中外交の組織的対応―亜細亜局設置の外交史的意義―
熊本 史雄
国際政治   (168)    2012年2月   [査読有り]
大戦間期の外務省と対中文化外交
熊本 史雄
学位請求論文(筑波大学)      2012年2月   [査読有り]
外務省記録と外交史研究
熊本 史雄
中央史学   (34)    2011年3月   [招待有り]
大正期における「組織外交」の展開と「外務省記録」―「亜細亜局保管文書」の形成と構造分析を中心として―
熊本 史雄
近代史料研究   (8)    2008年10月
外務省文化事業部の設置経緯と対満蒙政策の展開―「史料学的アプローチ」による予備的考察―
熊本 史雄
駒澤大学文學部研究紀要   (66)    2008年3月
戦間期日本外交史研究の現状と課題―「転換期」の新しい外交史像をめぐって―
熊本 史雄
駒沢史学   (68)    2007年3月   [査読有り]
『日本外交文書』の編纂と「外務省記録」―史料学的アプローチの前提として―
熊本 史雄
社会文化史学   (47)    2005年3月   [査読有り]
大正「新外交」と外務省記録―機構改革と分類規程改編をめぐって―
熊本 史雄
近代史料研究   (3)    2003年10月
第一次大戦期における外務省の対中政策―「経済提携」から「文化提携」への転換―
熊本 史雄
史境   (45)    2002年9月   [査読有り]

Misc

 
舞鶴への生還 (新年特集 魅惑の世界遺産!) -- (世界遺産のできるまで)
熊本 史雄
日本歴史   (824) 62-68   2017年1月   [依頼有り]
書評 奈良岡聰智『対華二十一ヵ条要求とは何だったのか ―第一次世界大戦と日中対立の原点―』
熊本 史雄
『日本史研究』   (641)    2016年1月   [依頼有り]
書評 安藤正人・久保亨・吉田裕編『歴史学が問う 公文書の管理と情報公開 ―特定秘密保護法下の問題―』
熊本 史雄
『アーカイブズ学研究』   (23) 147-153   2015年12月   [依頼有り]
書評 武田知己・萩原稔編『大正・昭和期の日本政治と国際社会 ―転換期における「未発の可能性」をめぐって』
熊本 史雄
『日本歴史』   (811) 108-110   2015年12月   [依頼有り]
史料紹介 「対中国文化外交と『精神的帝国主義』」」
熊本 史雄
法律時報   86(8)    2014年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
史資料1 満洲事変時に作成された「パラフレイズ済」文書(佐藤元英・服部龍二編著『日本外交のアーカイブズ学的研究Ⅱ』)
熊本 史雄 (担当:分担執筆, 範囲:73/340頁)
中央大学出版部   2016年1月   
満洲事変における幣原喜重郎外相のリーダーシップ―日本外務省の組織的対応と「五大綱目」をめぐって―(佐藤元英・服部龍二編著『日本外交のアーカイブズ学的研究Ⅱ』)
熊本 史雄 (担当:分担執筆, 範囲:36/340頁)
中央大学出版部   2016年1月   
伊藤博文文書 秘書類纂 外交(1)~(14)
熊本 史雄 (担当:編者)
2015年3月   
大戦間期の対中国文化外交―外務省記録にみる政策決定過程―
熊本 史雄
吉川弘文館   2013年2月   ISBN:978-4-642-03818-8
近代日本公文書管理制度史料集―中央行政機関編―
熊本 史雄 (担当:共編者)
岩田書院   2009年10月   
「明治期における外務省記録の編纂事業」(歴史人類学会編『国民国家とアーカイブズ』)
熊本 史雄 (担当:分担執筆, 範囲:13/282頁)
日本図書センター   1999年11月   
「「精神的帝国主義」の提唱とその内実―「対支文化事業」移管をめぐる外務省の動向―」(大濱徹也編『近代日本の歴史的位相―国家・民族・文化―』)
熊本 史雄 (担当:分担執筆, 範囲:27/335頁)
刀水書房   1999年11月   

講演・口頭発表等

 
外交文書からみる満州事変と日中戦争-文書の処理と管理をめぐって- [招待有り]
熊本 史雄
町田市教育委員会・町田史考会   2011年11月   
外務省記録と外交史研究 [招待有り]
熊本 史雄
中央史学会第35回大会シンポジウム「アーカイブズの進展と歴史研究」   2010年6月   
日本外交史研究と「外務省記録」―「史料学的アプローチの」の提唱―
熊本 史雄
日本国際政治学会2009年度研究大会   2009年11月   
戦争と人々のくらし [招待有り]
熊本 史雄
茨城県つくばみらい市「講座:ふるさとの歩みを語る―近代―」   2007年11月   
戦争の記録と記憶―「負の昭和」をめぐって― [招待有り]
熊本 史雄
2006年度福島県県南県北地歴・公民科(社会科)研究会 【※川村湊氏・江成常夫氏との三者鼎談】   2007年3月   

競争的資金等の研究課題

 
「近代史料学」構築のための基礎的研究―地方行政機関の公文書管理規程の収集と分析―
日本学術振興会: 科学研究費助成
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 熊本 史雄

社会貢献活動

 
総務省委託 平和祈念展示資料館 所蔵資料情報の公開等に関する検討委員会
【助言・指導】  総務省  2017年7月 - 現在
内閣官房「明治150年」関連施策推進アドバイザー(アーカイブズ部門)
【助言・指導】  内閣官房  2016年6月 - 現在
舞鶴市・世界記憶遺産「舞鶴への生還」所蔵資料調査員
【助言・指導, 調査担当】  舞鶴市  2012年10月 - 現在
つくば市公文書管理指針策定懇話会委員
【助言・指導】  つくば市  2017年10月 - 2018年3月
総務省委託 平和祈念展示資料館 資料管理・総合目録検討委員会
【助言・指導】  総務省  2015年5月 - 2017年3月
内閣府委託「公文書管理の在り方に関する調査」(担当:英国TNA)
【調査担当】  内閣府  2016年2月 - 2016年2月
かわさき市民アカデミー
【講師】  NPO法人かわさき市民アカデミー  【ワークショップ】「日本の外交を考える―広田弘毅に即して―」  2015年10月6日 - 2016年1月19日