井澤 純子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 09:32
 
アバター
研究者氏名
井澤 純子
 
イザワ ジュンコ
所属
公立小松大学
部署
保健医療学部 臨床工学科
職名
講師
学位
博士(情報科学)(北陸先端科学技術大学院大学), 修士(情報科学)(北陸先端科学技術大学院大学)

研究キーワード

 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
一般社団法人日本臨床工学技士教育施設協議会  教科書委員
 

論文

 
Light-dependent regulation of circadian clocks in vertebrates
Izawa Junko, Okamoto-Uchida Yoshimi, and Hirayama Jun (*Contributed equally)
Chronobiology (Edited by Pavol Svorc) InTechOpen. In press      [査読有り]
Roles of MAPKs in circadian clock regulation in vertebrates.
Izawa Junko*, Okamoto-Uchida Yoshimi*, and Hirayama Jun (*Contributed equally)
Activation, Functions and Regulation(Edited by Nathaniel Hayes) Nova Science Publishers. In press      [査読有り]
A molecular link between the circadian clock, DNA damage responses, and oncogene activation
Okamoto-Uchida Yoshimi, Izawa Junko, and Hirayama Jun(*Contributed equally)
Oncogene (Edited by Pinar Erkekoǧlu) InTechOpen intechopen.81063      2019年   [査読有り]
Inhomogeneous Motion Analysis of 3-D Lung Surface by Evaluating Feature Correspondence of Active Surface Model
Vejjanugraha Pikul, Kanazashi Mami, Izawa Junko, Kotani Kazunori, Kongprawechnon Waree
SICE Annual Conference 2016      2016年9月   [査読有り]
A quality model of virtual reality endoscopic simulator for oral surgery
S.Hoshino,J. Izawa, F.chen K. Kotani,T.Miki and T. Matsui,
International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)   223-226   2011年   [査読有り]
Itaru Tsuchida, Fan chen, Junko Izawa, Kazunori Kotani
IEEE International Symposium on Multimedia      2011年   [査読有り]
FACIAL EXPRESSION RECOGNITION BY USING 2D CONTINUOUS DP MATCHING ON FACIAL RANGE IMAGE
Junko Izawa, Tomohiro Watanabe, Kazunori Kotani
Workshop on Picture Coding and Image Processing (WPCIP)      2010年   [査読有り]
Khin Thu Zar Win , Fan chen, Junko Izawa and Kazunori Kotani
IEEE International Conference on. Image Processing (ICIP) 2010      2010年   [査読有り]
頭部MRAと頸部造影MRAにおける頭蓋底レベルの動脈径の評価
齋藤陽子,辻敏朗,三浦弘行,阿部由直 ,福井康三,福田幾夫,井澤純子,濱田圭登
臨床放射線   52(2) 353-357   2007年   [査読有り]
下肢閉塞性動脈疾患におけるMRA:他の画像診断のモ ダリティーとの比較の観点から
齋藤陽子,井澤純子,辻敏朗,白川浩二, 福井康三,板橋陽子,野田浩,浜野啓,阿部由直
弘前大学医学部保健学科 紀要   5    2006年
Extraction of Blood Vessel Regions for MRA image using Graph Structure Description
Junko Izawa, Kazunori Kotani
4th Korea -Rep. of China-Japan Joint Conference      2006年   [査読有り]
岩本純子,剣持雪子,小谷一孔,長澤市郎
映像情報メディア学会論文誌   58(4) 514-521   2004年   [査読有り]
Extraction of a 3D graph structure of wormholes in wooden statue of Buddha by X-ray CTimage analysis
Junko Iwamoto,Yukoko Kenmochi,Kazunori Kotani, Ichiro Nagasawa
1(2) 864-870   2002年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
口腔内視鏡VRシミュレータにおける質感の再現性に対する客観的評価モデルに関 する研究
星野真也, 井澤純子, 陳凡, 小谷一孔, 三木武寛, 松井義郎
2012年   
多視点の画像と形共状情報による高画質な自由視点画像生成
土田純, 陳凡, 井澤純子, 小谷一孔
画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2011)   2011年   
顔距離画像を用いた2次元 連続DPマッチングによる表情推定手法
渡辺智洋, 井澤純子,小谷一孔
映像情報メディア学会   2010年   
Rendering モデルに基づく特徴空間における油絵の質感の解析
大森健太,小笠原啓介,井澤純子,小谷一孔
2009年映像メディア処理 シンポジウム (PCSJ/IMPS2009)   2009年   
人とロボットとの感情インタラクション時における顔表情認識特性に関する研究
水嶋英紀, 安東基範,井澤純子,小谷一孔
2009年映像メディア処理 シンポジウム (PCSJ/IMPS2009)   2009年   
FACIAL EXPRESSION ANALYSIS BY PARAMETRIC EIGENSPACE METHOD BASED ON CLASS FEATURES
Khin Thu Zar Win,山崎健, 井澤純子,小谷一孔
2009年映像メディア処理 シンポジウム (PCSJ/IMPS2009)   2009年   
顔距離画像を用いた2次元連続DPマッチングによる顔の 傾きにロバストな表情推定手法
渡辺智洋,井澤純子,小谷一孔
2009年映像メディア処理 シンポジウム (PCSJ/IMPS2009)   2009年   
グラフによる脳血管MRAの構造解析
井澤純子,小谷一孔
2006年映像メディア処理 シンポジウム (IMPS2006)   2006年   
木造仏像のX線CT画像解析による虫食い領域の3次元グラフ構造抽出
井澤 純子
2000年映像メディア処理 シンポジウム (IMPS2000)   2000年   
木造仏像のX線CT画像からの虫食い領域のグラフ構造抽 出の一手法
井澤 純子
電子情報通信学会画像工学研究会 IE99- 93   1999年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
3次元形状解析