栢下 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/27 17:01
 
アバター
研究者氏名
栢下 淳
 
カヤシタ ジュン
URL
http://kayashita.com
所属
県立広島大学
部署
人間文化学部 健康科学科
職名
教授

研究分野

 
 

論文

 
藤田有紀, 横手裕衣, 山縣誉志江, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (12) 1‐6-6   2017年3月
Emi Watanabe, Emi Watanabe, Yoshie Yamagata, Miho Kogirima, Ken ichi Miyamoto, Jun Kayashita
Journal of Texture Studies   48(3) 198-204   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Wiley Periodicals, Inc.Some patients with dysphagia are prone to aspiration of low-viscosity liquids. Thickened liquids are often used in attempts to prevent aspiration. The patients should be given thickened liquids with suitable thickness...
Watanabe E, Yamagata Y, Fujitani J, Fujishima I, Takahashi K, Uyama R, Ogoshi H, Kojo A, Maeda H, Ueda K, Kayashita J
Dysphagia   33(1) 26-32   2018年2月   [査読有り]
Cichero JA, Lam P, Steele CM, Hanson B, Chen J, Dantas RO, Duivestein J, Kayashita J, Lecko C, Murray J, Pillay M, Riquelme L, Stanschus S
Dysphagia   32(2) 293-314   2016年12月   [査読有り]
Shimizu A, Maeda K, Tanaka K, Ogawa M, Kayashita J
Geriatrics & gerontology international      2017年12月   [査読有り]
Nagami S, Oku Y, Yagi N, Sato S, Uozumi R, Morita S, Yamagata Y, Kayashita J, Tanimura K, Sato A, Takahashi R, Muro S
BMJ open respiratory research   4(1) e000202   2017年   [査読有り]
Yagi N, Oku Y, Nagami S, Yamagata Y, Kayashita J, Ishikawa A, Domen K, Takahashi R
Frontiers in physiology   8 676   2017年   [査読有り]
Watanabe E, Maeno M, Kayashita J, Miyamoto KI, Kogirima M
Journal of nutritional science and vitaminology   63(4) 256-262   2017年   [査読有り]
Tomotake H, Kayashita J, Kato N
Journal of the science of food and agriculture   95(10) 1963-1967   2015年8月   [査読有り]
中東 教江, 山縣 誉志江, 栢下 淳
日本栄養士会雑誌   58(4) 289-293   2015年4月   [査読有り]
本研究では、舌圧を評価することにより食形態を決定することが可能かどうかを検証することを目的とし、合わせてどの施設でも測定可能な握力との関連性を検証した。健常な高齢者と、病院や施設に入院・入所している高齢者を対象に、簡易型舌圧測定装置を用いて舌圧を評価し、食形態や握力との比較を行い、その関連性を検討した。その結果、入院・入所している高齢者では、舌圧と握力は年齢とともに低下した。食形態の違いによる舌圧の差は認められなかったが、握力が20kgまたは舌圧が35kPaを上回ると、常食を摂取できること...
Sano J, Noda R, Watanabe S, Aoyama T, Sato Y, Kayashita J, Muto N
Journal of oleo science   64(6) 653-662   2015年6月   [査読有り]
Suitable Food Textures for Videofluoroscopic Studies of Swallowing in Esophageal Cancer Cases to Prevent Aspiration Pneumonia.
Sonoi M, Kayashita J, Yamagata Y, Tanimoto K, Miyamoto K, Sakurama K
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   17(7) 3259-3263   2016年   [査読有り]
Claire De Saint-Aubert, Graham Sworn, Jun Kayashita
Gums and Stabilisers for the Food Industry 17 - The Changing Face of Food Manufacture: The Role of Hydrocolloids   (346) 359-368   2014年1月   [査読有り]
若林 秀隆, 栢下 淳
静脈経腸栄養   29(3) 871-876   2014年   [査読有り]
【目的】摂食嚥下障害スクリーニング質問紙票であるEAT-10の日本語版を作成し、信頼性・妥当性を検証する。【対象及び方法】EAT-10英語版の順翻訳、逆翻訳、英語原版と逆翻訳の整合性の検討を行い、EAT-10日本語版を作成した。次に摂食嚥下障害もしくは摂食嚥下障害疑いの要介護高齢者393人を対象にEAT-10日本語版を実施した。信頼性を内的整合性であるクロンバッハのα係数で、妥当性を臨床的重症度分類とスペアマンの順位相関係数でそれぞれ検討した。【結果】EAT-10日本語版を実施できたのは2...
Cichero JA, Steele C, Duivestein J, Clavé P, Chen J, Kayashita J, Dantas R, Lecko C, Speyer R, Lam P, Murray J
Current physical medicine and rehabilitation reports   1 280-291   2013年8月   [査読有り]
Yoshie Yamagata, Ayako Izumi, Fumie Egashira, Ken Ichi Miyamoto, Jun Kayashita
Food Science and Technology Research   18 363-369   2012年10月   [査読有り]
Thickening agents are usually added to thin liquids administered to dysphagic patients to prevent aspiration. In this study, we aimed to identify the viscosity best suited for easy swallowing in elderly people and to examine the optimal shear rate...
Yamagata Yoshie, Izumi Ayako, Egashira Fumie, Miyamoto Ken-ichi, Kayashita Jun
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH   18(3) 363-369   2012年5月   [査読有り]
Miyake R, Tanaka S, Ohkawara K, Ishikawa-Takata K, Hikihara Y, Taguri E, Kayashita J, Tabata I
Journal of nutritional science and vitaminology   57(3) 224-232   2011年   [査読有り]
坂井真奈美,江頭文江,金谷節子,栢下淳
日本病態栄養学会誌   10(3) 269-279   2007年11月   [査読有り]
Tomotake H, Yamamoto N, Yanaka N, Ohinata H, Yamazaki R, Kayashita J, Kato N
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   22(2) 166-173   2006年2月   [査読有り]
Tomotake H, Yamamoto N, Kitabayashi H, Kawakami A, Kayashita J, Ohinata H, Karasawa H, Kato N
Journal of food science   72(7) S528-S533   2007年9月   [査読有り]
Tomotake H, Shimaoka I, Kayashita J, Nakajoh M, Kato N
Journal of agricultural and food chemistry   50(7) 2125-2129   2002年3月   [査読有り]
質問票による低栄養状態のリスク判定に関する研究
栢下淳子,長江浩朗,大和春江,吉田郁子,浜井和子,木内和江,栢下淳
日本病態栄養学会誌   9 191-197   2006年   [査読有り]
A buckwheat protein product suppresses 1,2-dimethylhydrazine-induced colon carcinogenesis in rats by reducing cell proliferation.
Liu Z, Ishikawa W, Huang X, Tomotake H, Kayashita J, Watanabe H, Kato N
The Journal of nutrition   131 1850-1853   2001年6月   [査読有り]
Tomotake H, Shimaoka I, Kayashita J, Yokoyama F, Nakajoh M, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   65(6) 1412-1414   2001年6月   [査読有り]
A buckwheat protein product suppresses gallstone formation and plasma cholesterol more strongly than soy protein isolate in hamsters.
Tomotake H, Shimaoka I, Kayashita J, Yokoyama F, Nakajoh M, Kato N
The Journal of nutrition   130 1670-1674   2000年7月   [査読有り]
Kayashita J, Shimaoka I, Nakajoh M, Kishida N, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   63(10) 1837-1839   1999年10月   [査読有り]
Kayashita J, Shimaoka I, Nakajoh M, Kondoh M, Hayashi K, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   63(7) 1242-1245   1999年7月   [査読有り]
Khedara A, Goto T, Morishima M, Kayashita J, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   63(4) 698-702   1999年4月   [査読有り]
Khedara A, Goto T, Kayashita J, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   62(4) 773-777   1998年4月   [査読有り]
Consumption of buckwheat protein lowers plasma cholesterol and raises fecal neutral sterols in cholesterol-Fed rats because of its low digestibility.
Kayashita J, Shimaoka I, Nakajoh M, Yamazaki M, Kato N
The Journal of nutrition   127 1395-1400   1997年7月   [査読有り]
Jun Kayashita, Jun Kayashita, Iwao Shimaoka, Misao Nakajoh, Norihisa Kato
Journal of Nutritional Biochemistry   7 555-559   1996年10月   [査読有り]
The objective of this study was to examine effects of feeding buckwheat protein extract (BWPE) on hepatic and plasma lipids, fat pad weights and activities of enzymes relating to lipid metabolism in tissues of rats. Rats were fed a semipurified di...
Feeding rats the nitric oxide synthase inhibitor, L-N(omega)nitroarginine, elevates serum triglyceride and cholesterol and lowers hepatic fatty acid oxidation.
Khedara A, Kawai Y, Kayashita J, Kato N
The Journal of nutrition   126 2563-2567   1996年10月   [査読有り]
Kayashita J, Nagai H, Kato N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   60(9) 1530-1531   1996年9月   [査読有り]
Jun Kayashita, Iwao Shimaoka, Misao Nakajyoh
Nutrition Research   15 691-698   1995年1月   [査読有り]
To investigate the effects of buckwheat protein on cholesterol metabolism, we prepared an enriched protein extract from buckwheat flour. The rats were fed a cholesterol-rich semipurified diet containing the buckwheat protein extract, soybean prote...
森口覚, 栢下淳, 岡田悟, 酒井徹, 岸野泰雄
体力研究   (75) 144-151   1990年3月   [査読有り]
S. Moriguchi, J. Kayashita, S. Okada, T. Sakai, Y. Kishino
Bulletin of the Physical Fitness Research Institute   144-151   1990年1月   [査読有り]
Nobuo Ueda, Jun Kayashita, Satoru Moriguchi, Yasuo Kishino
Nutrition Research   10 429-437   1990年1月   [査読有り]
The purpose of this study was to determine the effects of different levels of dietary protein on cellular immune function of exercised rats. At 5 weeks old of age, male Fisher rats were fed diets composed of 5, 20, 40 and 60% casein levels and sub...

Misc

 
【経管から経口、ミキサー食から固形食へ 嚥下調整食のステップアップ実践ガイド】 嚥下調整食の課題と活用 摂食嚥下障害の患者に対する栄養指導の実践と嚥下調整食の活用
栢下 淳
栄養経営エキスパート   2(6) 26-29   2017年11月
【摂食嚥下障害へのアプローチ-機能評価を嚥下調整食、栄養指導につなぐ】 VF検査食に必要な条件と調整のポイント
栢下 淳
臨床栄養   131(5) 682-687   2017年10月
その患者、じつはフレイル?もしかしてサルコペニア? 高齢者の食と栄養と嚥下障害を支える 老嚥の評価 EAT-10
栢下 淳
Nutrition Care   10(7) 676-679   2017年7月
【嚥下障害に対する新たなアプローチ】 摂食嚥下障害患者に対する適切な食形態の選択
栢下 淳
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(9) 691-697   2017年9月
わが国ではおもてなしの気持ちが強いので、咀嚼機能や嚥下機能の低下した高齢者にさまざまな嚥下調整食が提供できるように工夫されてきた。しかし、病院や施設ごとに呼称や形態が異なっていては連携がしにくいため、いくつかの嚥下調整食分類が提案された。最近では日本摂食嚥下リハビリテーション学会が作成した学会分類2013が医療現場では浸透し始めている。市販介護食の分類としては農林水産省のスマイルケア食が活用されると期待される。学会分類2013とスマイルケア食は形態が同じであれば、コード番号も同じになるよう...
栢下淳
日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)   49th 124 (WEB ONLY)-124   2017年6月
歯科と栄養が出会う時 歯科関係者のための栄養学
栢下 淳
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28回 93-93   2017年6月
摂食嚥下リハビリテーションupdate 診断・評価から治療・ケアまで 老嚥について
栢下 淳
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) SY13-5   2017年5月
渡邉光子, 本田容子, 今橋郁美, 田中直次郎, 佐藤新介, 栢下淳, 岡本隆嗣
回復期リハビリテーション病棟協会研究大会プログラム・抄録集   29th (Web) ROMBUNNO.0760 (WEB ONLY)   2017年
栢下淳
日本老年歯科医学会学術大会プログラム・抄録集   28th 93   2017年
【摂食嚥下障害の栄養食事指導マニュアル 嚥下調整食 学会分類2013に基づくコード別解説】 コード別 摂食嚥下障害の栄養食事指導 嚥下訓練食品 0j 0t
栢下 淳
臨床栄養   別冊(JCNセレクト12 摂食嚥下障害の栄養食事指導マニュアル) 8-13   2016年10月
【嚥下調整食学会分類2013に基づく 物性の評価と調整-咀嚼と嚥下の機能を考える-】 事例 コード別実践事例 コード0 嚥下訓練食としてのコード0の考え方
栢下 淳
栄養経営エキスパート   1(3) 42-45   2016年11月
高齢者歯科のキーワードは栄養である 嚥下機能が低下して高齢者でも低栄養にならないために
栢下 淳
日本歯科医師会雑誌   69(5) 415-415   2016年8月
【知っておきたい!高齢者の摂食嚥下障害-基本・管理・診療-】 高齢者の味覚・嗅覚に配慮した嚥下調整食
栢下 淳, 山縣 誉志江
ENTONI   (196) 64-72   2016年8月
高齢者では味覚の感受性が低下していることが多く、塩分の多いものを好む傾向にあり、高血圧も多いため、減塩指導をされていることが多い。香辛料などを使用し、薄味でも美味しい食事の調整が必要となる。また、高齢者では、咀嚼嚥下機能の低下した者も多く、そのような場合は低栄養に陥りやすいため、エネルギーや各種栄養素の不足に注意する。形態調整の方法としては、嚥下食ピラミッドや学会分類2013を、市販介護食品の選択には、スマイルケア食を参考にするとよい。(著者抄録)
瀬尾洋介, 竹野翼, 赤木知紗, 大崎久美, 井上友里, 宮城正和, 西田真之, 中村亜未, 角谷和子, 橋本龍幸, 内山歩美, 栢下淳
医療の広場   55(8) 30-33   2015年8月
栢下淳
嚥下医学   3(2) 202-207   2014年9月
合田文則, 桜井史明, 栢下淳
日本静脈経腸栄養学会雑誌   30(1) 306   2015年1月
池田響子, 岡本隆嗣, 影山典子, 野間典子, 渡邉光子, 沖田啓子, 瀧本泰生, 山縣誉志江, 栢下淳
New Diet Therapy   29(4) 3-13   2014年3月
安細 敏弘, 栢下 淳, 若林 秀隆
ヒューマンニュートリション : 人間栄養   6(3) 72-77   2014年5月
栢下淳, 宇山理紗, 大越ひろ, 小城明子, 高橋浩二, 前田広士, 藤谷順子, 藤島一郎
ヒューマンニュートリション   6(1) 66-70   2014年1月
Naomi Yagi, Ryosuke Takahashi, Hiroshi Ueno, Toru Yabe, Jun Kayashita, Yoshihiko Oke, Yoshitaka Oku
World Automation Congress Proceedings   912-916   2014年1月
© 2014 TSI Press.Aspiration is associated with the decreased Quality of Life Score (QOLS) in swallowing and chewing. It is caused by central nervous system disorders that include stroke, cerebral palsy, and intractable neurological diseases, disor...
栢下 淳, 宇山 理紗, 大越 ひろ
ヒューマンニュートリション : 人間栄養   6(1) 66-70   2014年1月
瀬尾洋介, 栢下淳, 合田文則
在宅医療と内視鏡治療   17(1) 8-13   2013年9月
藤谷順子, 宇山理紗, 大越ひろ, 栢下淳, 小城明子, 高橋浩二, 前田広士, 藤島一郎, 植田耕一郎
日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌   17(3) 255-267   2013年12月
瀬尾洋介, 竹野翼, 岡田知紗, 井上友里, 宮城正和, 大崎久美, 西田真之, 中村亜未, 内山歩美, 角谷和子, 栢下淳, 橋本龍幸
国立病院総合医学会抄録集(CD-ROM)   68th ROMBUNNO.P4-11-7   2014年
栢下淳, 山縣誉志江
ヒューマンニュートリション   5(5) 68-71   2013年9月
栢下淳
ヒューマンニュートリション   5(2) 64-68   2013年3月
飯島正平, 藤谷順子, 伊藤彰博, 太田喜久夫, 白木亮, 重松孝, 巨島文子, 山中英治, 栢下淳, 合田文則, 蟹江治郎, 西口幸雄
静脈経腸栄養   28(1) 403   2013年1月
賀楽二美栄, 山縣誉志江, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (7) 37-42   2012年2月
栢下淳, 山縣誉志江
臨床栄養   119(4) 364-367   2011年9月
栢下淳, 山縣誉志江
月刊フードケミカル   28(12) 19-24   2012年12月
栢下淳, 山縣誉志江
食品の包装   43(1) 40-43   2011年8月
栢下 淳, 藤谷 順子, 宇山 理紗, 大越 ひろ, 小城 明子, 高橋 浩二, 前田 広士, 藤島 一郎
日本栄養士会雑誌   56(12) 833-839   2013年12月
西川みか, 西川みか, 安田壽, 黒住順子, 栢下淳, 櫻間教文, 櫻間教文
重井医学年報   32 15-20   2011年3月
吉積映里, 坂東正章, 藤原育代, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (6) 17-23   2011年2月
佐野淳也, 山縣誉志江, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (6) 7-16   2011年2月
栢下 淳, 山縣 誉志江
月刊フードケミカル   28(12) 19-24   2012年12月
小西勝, 安原幸美, 長崎信一, 谷本啓二, 山縣誉志江, 栢下淳
広島大学歯学雑誌   42(1) 122-123   2010年6月
野原舞, 安江香, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (4) 47-53   2009年2月
山縣誉志江, 宮下祐美, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (4) 55-64   2009年2月
武智世志子, 森山幸枝, 森山幸枝, 栢下淳
臨床栄養   113(6) 766-770   2008年11月
栢下 淳, 山縣 誉志江
ヒューマンニュートリション   3(1) 45-47   2011年1月
神野典子, 栢下淳
月刊難病と在宅ケア   14(7) 43-45   2008年10月
栢下 淳, 山縣 誉志江
食品の包装   43(1) 40-43   2011年
森山幸枝, 栢下淳
臨床栄養   113(3) 338-342   2008年9月
妹尾良子, 栢下淳
臨床栄養   113(1) 70-74   2008年7月
山縣誉志江, 栢下淳
栄養-評価と治療   25(2) 211   2008年4月
伊藤明美, 岡山直司, 栢下淳
臨床栄養   112(3) 284-288   2008年3月
河野友美, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (3) 7-19   2008年2月
普家由香理, 三宅理江子, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (3) 43-51   2008年2月
山縣誉志江, 栢下淳
機能性食品と薬理栄養   4(5) 351   2007年11月
出戸 綾子, 江頭 文江, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   3 33-42   2008年2月
We carried out a questionnaire to hospital and senior citizen institution staff regarding commercial thickening agents. As a result we found that commercial thickening agents were used in almost all hospital and senior citizen institutions. The va...
河野 友美, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   3 7-19   2008年
摂食嚥下障害者は、まとまりがあり飲み込みやすいゼリー食を提供されることが多い。ゼリー食を調整する際には、寒天やゼラチンなどのゲル化剤を使用することも多いが、摂食嚥下障害者を対象としたゲル化剤も上市されている。このように多岐にわたるゲル化剤は個々に異なる物性を示すと推測される。そこで、寒天4種類、ゼラチン寒天、ゼラチン、カラギナン製剤、キサンタンガム製剤の計8種類のゲル化剤を使用して蒸留水ゼリーを作成し、かたさ、付着性、凝集性について物性測定した。それぞれのゲル化剤でゼリーのかたさが1.0×...
出戸綾子, 山縣誉志江, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (2) 39-47   2007年3月
坂井真奈美, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (2) 49-62   2007年3月
普家由香理, 三宅理江子, 小西美紀, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   (2) 63-71   2007年3月
東映里, 坂東正章, 栢下淳
臨床栄養   110(3) 288-292   2007年3月
山縣 誉志江, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   3 21-31   2008年
【目的】嚥下造影検査(VF)で用いられるバリウムがトロミの粘度を変化させるという報告はされているが、重度の嚥下障害者に多用されるゼリーの物性に及ぼすバリウムの影響を検討した報告は少ない。また、ゼリーの物性は温度によって影響を受ける。本研究では、バリウムの添加がゼリーの物性に及ぼす影響、及びバリウムゼリーを作製する際に静置する温度が物性に及ぼす影響を検討した。【方法】50w/v%に希釈した液体バリウムに、5種類の市販ゲル化剤(寒天、ゼラチン、キサンタンガム製剤、カラギーナン製剤、ペクチン)を...
坂井真奈美, 金谷節子, 江頭文江, 栢下淳
臨床栄養   110(3) 232-235   2007年3月
出戸 綾子, 江頭 文江, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   3 33-42   2008年
本研究は、嚥下障害者の水分補給時に用いられるトロミ調整食品に関するアンケートを病院・施設の職員を対象に行なった。ほぼ全ての病院・施設でトロミ調整食品を使用しており、介護士、調理師、看護師をはじめとする様々な職種が実際にトロミ付けの作業を行なっていた。実際使用しているトロミ調整食品の製品名、計量方法、職員共通の目安・基準の有無、最も使用するトロミの程度などの項目についての質問を行なったが、各病院・施設で様々であり同じ病院・施設内でも異なる回答もみられた。即ち、トロミ調整食品は使用しているが、...
東映里, 坂東正章, 栢下淳
臨床栄養   110(1) 54-58   2007年1月
普家 由香理, 三宅 理江子, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   3 43-51   2008年
栄養療法を行う場合、個々人のエネルギー必要量の設定は重要である。その設定方法は複数あるが、病院におけるエネルギー必要量の設定方法についての報告は少ない。そこで、病院におけるエネルギー必要量の設定方法を調査するためにアンケートを行なった。その結果、(1)基礎代謝量を推定する式の、Harris-Benedict式が約91%と広く使用されていた。(2)Harris-Benedict式を用いている病院では、体重増加を引き起こすという問題があった。(3)エネルギー消費量を測定している病院は約5%と少...
添田瑞恵, 安井良一, 山縣誉志江, 栢下淳
日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌   10(3) 451-452   2006年12月
坂井真奈美, 江頭文江, 金谷節子, 栢下淳
日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌   10(3) 394-395   2006年12月
坂井真奈美, 栢下淳
日本バイオレオロジー学会誌(B&R)   20(2) 60-69   2006年6月
坂井真奈美, 栢下淳
県立広島大学人間文化学部紀要   19-29   2006年3月
坂井 真奈美, 栢下 淳
県立広島大学人間文化学部紀要   1 19-29   2006年3月
今回の研究は、手軽に購入でき、摂食・嚥下障害者でも食べられる可能性のある食材として種々の豆腐(絹ごし豆腐、木綿豆腐)および豆腐様食品(卵豆腐、胡麻豆腐)を用いて物性測定と官能検査を行い、摂食・嚥下障害者に適するのかどうか検討した。物性の測定の結果では、絹ごし豆腐と卵豆腐が、かたさ10000N/m^2前後の値を示したが、木綿豆腐は16527±2813N/m^2、胡麻豆腐20263±5885N/m^2であり、高い値を示した。凝集性については、4種類の豆腐間において有意な差はみられず、付着性は胡...
減量により糖尿病が顕著に改善された症例
東映里,坂東正章,栢下淳
臨床栄養   110 54-59   2007年
坂井真奈美,栢下淳,稲井玲子,前橋明
日本幼少時教育学会誌,14,39-46,2006   14(1) 39-46   2006年3月
インスリンの離脱に成功した糖尿病患者の症例  臨床栄養
東映里,坂東正章,栢下淳
臨床栄養   110 288-292   2007年
栢下淳, 早川麻理子
岐阜市立女子短期大学研究紀要   (54) 109-111   2005年3月
栢下 淳, 早川 麻理子
岐阜市立女子短期大学研究紀要   54 109-111   2004年
In this study, we research obtained technique to dietitian who working clinical space. The research factor was 17 items and checked self-assessment. Over half dietitian possible item is one only, and that item is blood data can understand. On the ...

書籍等出版物

 
栢下 淳, 藤島 一郎 (担当:共著)
医歯薬出版   2015年9月   ISBN:4263706463
藤島 一郎, 栢下 淳, 重松 孝, 中村 智之, 金沢 英哲, 上野 理美子, 若林 秀隆, 武原 格, 福村 直毅, 山縣 誉志江, 渡邉 光子, 栢下 淳子, 西川 みか, 松長 由美子, 戸塚 久美子, 今泉 良典, 宮崎 千春, 小山 珠美, 菊谷 武, 江頭 文江, 宮本 寛, 五島 朋幸, 松本 史織, 荒金 英樹, 石井 良昌, 藤森 まり子, 谷口 洋, 大熊 るり (担当:共著)
日本医療企画   2015年4月   ISBN:4864393176
羊土社   2014年11月   ISBN:4758108773
メディカ出版   2014年4月   ISBN:4840448574
医歯薬出版   2014年1月   ISBN:4263214382
栢下 淳(編著), 金谷 節子, 山縣 誉志江, 江頭 文江, 高木 聡美, 渡辺 多栄
医歯薬出版   2013年9月   ISBN:4263706188
栢下 淳, 徳島赤十字病院 (担当:共著)
医歯薬出版   2013年1月   ISBN:4263706048
井上 浩一, 永島 伸浩, 佐野 尚美, 植木 幸英, 西川 浩昭, 西田 由香, 中村 信也, 藤澤 由美子, 堀端 薫, 鈴木 裕一, 薗田 勝, 奥村 万寿美, 下岡 里英, 栢下 淳, 岩本 珠美, 原島 恵美子, 古場 一哲, 佐々木 康人 (担当:共著)
第一出版   2011年11月   ISBN:4804112480

講演・口頭発表等

 
杉山寿美, 佐野尚美, 山縣誉志江, 神原知佐子, 栢下淳
栄養学雑誌   2016年9月1日   
栢下淳
Journal of Clinical Rehabilitation   2016年8月15日   
栢下淳
日本歯科医師会雑誌   2016年8月10日   
伊藤圭子, 栢下淳, 延原浩, 山縣誉志江, 眞次康弘, 眞次康弘
日本静脈経腸栄養学会雑誌   2016年1月25日   
栢下淳, 山縣誉志江
関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   2016年1月21日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 栢下 淳
高齢化社会の進展と共に、嚥下機能の低下した者は増加している。嚥下機能が低下すると、食べるものだけでなく、飲むことのできるものも制限されるため、脱水に陥りやすい。このため、十分に水分を補給することが重要となるが、嚥下反射遅延の見られる患者では、水のようなさらさらした液体で、誤嚥を起こす可能性がある。そのため、とろみ調整食品によりとろみをつけて提供することがある。しかし、現在日本にはとろみの物性測定方法に基準がなく、統一がなされていない。本研究では、とろみの測定方法の確立を目的とし、適切な評価...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 栢下 淳
嚥下障害や咀嚼障害者に対する栄養管理は、経口からの栄養補給と非経口からの栄養補給を併用することが多い。経口摂取する場合に、適切な物性の食事提供は難しいと考えられている。そこで、経口摂取を進めるために段階的な嚥下食物性値に準じた市販食品に分類およびレシピについて検討した。また、この段階的な嚥下食物性値は、2009年から施行された厚生労働省特別用途食品えん下困難者用食品の基準策定にも用いられた。
嚥下機能の低下した高齢者のための食品の開発
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 2007年 - 2007年
嚥下機能の低下した高齢者のためのたんぱく質含有粉末食品の開発
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 2008年 - 2008年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 栢下 淳
70歳以上の高齢者においては、入院患者の40%が血清アルブミン3.5g/dl未満の低栄養であることが報告されている。低栄養状態は、入院期間が長期化することにより、医療費を増加させる原因の1つである。そこで、どのような症候が低栄養のリスクになるのかを徳島赤十字病院との共同研究で233名の患者の症候と血清アルブミン値の影響を検討した。その結果、10の症候で有意に血清アルブミンが低下していることがわかった。特に、1,下痢している患者は0.91g/dl低い2,嚥下障害患者は0.81g/dl低い3,...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 栢下 淳
嚥下障害、咀嚼障害者は激増しているにもかかわらず、臨床における適切な食品物性の研究はほとんど行われていません。そのため臨床現場では、適切でない食事形態のものを患者に提供している事例が数多く見られます。本研究においては、臨床現場に有用な情報を提供することを目的としています。嚥下障害者が非経口摂取から経口摂取に移行する際、最初に口にするのはゼリー食が一般的になりつつあります。そのため、ゼリー食は高いリスクを伴いながらの摂食となることが多く、ゼリーの物性には慎重さが求められます。食品物性を「かた...