趙 東威

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 12:31
 
アバター
研究者氏名
趙 東威
 
チョウ トウイ
所属
日本医科大学
部署
分子解剖学
職名
助教
学位
獣医博士(日本獣医生命科学大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年1月
 - 
現在
日本医科大学 分子解剖学 助教
 
2012年4月
 - 
2013年12月
日本医科大学 分子遺伝学 特別研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 ポスドク研究員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命科学大学  獣医学研究科
 

受賞

 
2012年1月
日本医科大学外国人留学者研究会 特別賞 「イヌの骨髄由来間葉系幹細胞を用いたインスリン産生細胞の作製」
 
2010年1月
日本医科大学外国人留学者研究会 特別賞 「犬の骨髄由来と脂肪由来間葉系幹細胞の比較」
 
2008年12月
日本医科大学外国人留学者研究会 優秀賞 「犬の骨髄由来と脂肪由来間葉系幹細胞の比較」
 

論文

 
Ishida Y, Zhao D, Ohkuchi A, Kuwata T, Yoshitake H, Yuge K, Takizawa T, Matsubara S, Suzuki M, Saito S, Takizawa T.
Int J Mol Med.   35(6) 1511-1524   2015年   [査読有り]
Takemitsu H, Zhao D, Ishikawa S, Michishita M, Arai T, Yamamoto I.
Gen Comp Endocrinol.   189 1-6   2013年   [査読有り]
Harada Y, Itoi T, Wakitani S, Irie H, Sakamoto M, Zhao D, Nezu Y, Yogo T, Hara Y, Tagawa M.
J Bone Miner Metab.   30 388-399   2012年   [査読有り]
Takemitsu H, Zhao D, Yamamoto I, Harada Y, Michishita M, Arai T.
BMC Vet Res.   8 150-159   2012年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
視床下部室傍核へのキスペプチンとニューロキニン B の入力  〜オキシトシンニューロンおよびTRHニューロンにおける受容体発現の検証
趙東威、澤井信彦、瀧澤俊広
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月   
性ホルモンによる視床下部室傍核TRHおよび生殖関連ペプチド受容体の亜核間mRNA発現量変化の比較解析
澤井信彦、趙東威、瀧澤俊広
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年3月   
妊娠期間中の母体末梢血NK細胞におけるmiRNA-miRNAの変動解析
石田洋一、趙東威、大口昭英、桑田知之、松原茂樹、齋藤滋、瀧澤俊広
第30回日本生殖免疫学会総会・学術集会   2015年11月   
シスプラチン耐性癌細胞株におけるmicroRNAの発現変動
趙東威、竹内真吾、瀧澤俊広
日本医科大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム   2015年6月   
妊娠初期脱落膜NK細胞のmiRNA-mRNA 発現に関する統合解析(第2報)
趙東威、稲田貢三子、島友子、竹下俊行、齋藤滋、瀧澤俊広
第67回日本産科婦人科学会学術講演会   2015年4月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
動物の自己由来幹細胞を利用した組織再生医療法に関する研究
畜産対応研究
研究期間: 2005年 - 2009年