才津 祐美子

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:52
 
アバター
研究者氏名
才津 祐美子
 
サイツ ユミコ
所属
長崎大学
部署
大学院水産・環境科学総合研究科
職名
准教授
学位
博士(文学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
 長崎大学環境科学部人間社会環境学系 准教授
 
2003年
 - 
2005年
 文部科学省大学共同利用機関 国際日本文化研究センター その他
 
2003年
 - 
2005年
 京都学園大学 非常勤講師
 
2005年
 - 
2008年
 福岡工業大学 准教授
 
2010年
 - 
2011年
 九州大学 非常勤講師
 

委員歴

 
2007年
 - 
2008年
 平成19年度福岡県ふるさと文化再興事業伝統文化総合支援研究委員会 委員(2007-2008)
 
2008年
 - 
2010年
 長崎市外海地区文化的景観保存計画策定委員会 委員(2008-2010)
 
2010年
 - 
2012年
 長崎市文化財審議会 委員(2010-2012)
 
2010年
 - 
2011年
 外海地区の文化的景観保存計画策定委員会 委員(2010-2011)
 
2010年
 - 
2011年
 外海地区の文化的景観保存計画策定委員会 委員(2011-2012)
 

Misc

 
「民俗文化財」創出のディスクール
才津祐美子
待兼山論叢   0(30) 47-62   1996年
そして民俗芸能は文化財になった
才津祐美子
たいころじい   15(0) 26-32   1997年
민속문화재」란 무엇인가
才津祐美子
국제아제아민속학   2(0) 609-615   1998年
秋夜の火祭り・福江ねぶた-青森ねぶたの移入と定着-
才津祐美子
比較日本文化研究   0(5) 88-113   1998年
「南方」系という語り-民俗芸能の観光資源化と起源の語り-
才津祐美子
日本学報   0(18) 1-14   1999年

書籍等出版物

 
現代民俗誌の地平 3-記憶
朝倉書店   2003年   
よさこいYOSAKOI学リーディングス
開成出版   2003年   
社会環境学への招待
ミネルヴァ書房   2006年   
怪異・妖怪百物語-異界の杜への誘い-
明治書院   2006年   
ふるさと資源化と民俗学
吉川弘文館   2007年   

講演・口頭発表等

 
「民俗文化財」をめぐる言説と実践
第48回日本民俗学会年会   1996年   
「民俗文化財」の保存と活用
民俗芸能学会平成8年度大会   1996年   
「民俗文化財」とは何か
第二回亜細亜民俗国際学術大会   1997年   
観光民俗学序説
日本民俗学会第50回年会   1998年   
錯綜する語りの中で-民俗芸能/観光資源/民俗文化財としての念仏踊り-
1998年度国立歴史民俗博物館国際シンポジウム   1998年   

Works

 
書評 原知章著『民俗文化の現在-沖縄・与那国島の「民俗」へのまなざし-』
2001年
文化政策・伝統文化産業とフォークロリズム-「民俗文化」活用と地域おこしの諸問題-
2001年 - 2004年
怪異・妖怪伝承データベース
2004年 - 2005年
地域資源としての<景観>の保全および活用に関する民俗学的研究
2005年 - 2008年
家族写真の歴史民俗学的研究
2006年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
文化政策・伝統文化産業とフォークロリズム-「民俗文化」活用と地域おこしの諸問題-
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2004年
怪異・妖怪伝承データベース
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2005年
地域資源としての<景観>の保全および活用に関する民俗学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2008年
人文・自然景観の開発・保全と文化資源化に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2005年 - 2008年
家族写真の歴史民俗学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2009年