柴﨑 礼士郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:23
 
アバター
研究者氏名
柴﨑 礼士郎
所属
明治大学
部署
総合数理学部
職名
専任教授

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
2018年3月
法政大学 文学部 英文学科 兼任講師(英語・言語学特殊講義A [コーパス言語学] ・B [認知言語学])
 
2016年4月
 - 
現在
東北大学 大学院 情報科学研究科 研究員 (「言語変化・変異研究ユニット」) 研究員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
立教大学 異文化コミュニケーション学部 兼任講師 (コーパス言語学、英語学概論)
 
2014年4月
 - 
2016年3月
慶応義塾大学 経済学部 非常勤講師(言語学)
 
2018年4月
 - 
現在
明治大学 総合数理学部 専任教授
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2018年3月
近代英語協会  学会誌 Studies in Modern English 編集委員
 
1996年6月
   
 
日本中世英語英文学会東支部第12 回研究発表会  会場係
 
2016年4月
 - 
2018年3月
近代英語協会  学会誌 Studies in Modern English 編集委員長
 
2000年12月
 - 
2001年8月
アメリカ言語学会(LSA)  夏期集中講座2001準備委員
 
2000年12月
 - 
2001年8月
Japanese/Korean Linguistics Conference 11 (JK-11)  大会準備委員
 

受賞

 
2015年11月
日本英語学会 「日本英語学会賞(論文)」(日本英語学会)
 
2015年3月
日本英語学会 「EL論文賞」(日本英語学会)
 
2010年5月
「優秀学術奨励賞」(近代英語協会)
 

論文

 
"On the rise of douride 'no wonder' as a projector and the reformulation of discourse sequential relations in Japanese" (JK25)
Shin Fukuda, Mary Shin Kim, Mee-Jeong Park and Haruko Minegishi Cook (eds.)
Explorations in English Historical Syntax (Hubert Cuyckens, Hendrik De Smet, Leisbet Heyvaert, and Charlotte Maekelberghe. eds.)   285-308   2018年9月   [査読有り]
Proceedings of the 36th Annual meeting of the Berkeley Linguistics Society (BLS36)   36 382-395   2016年
「共有構文(ἀπὸ κοινοῦ)の創発と談話構造-現代アメリカ英語を中心に-」
『ことばと人間』   10 17-37   2015年3月   [招待有り]

Misc

 
"Review: Morphosyntactic Change: A Comparative Study of Particles and Prefixes (Cambridge UP, 2012)(The English Linguistic Society of Japan)"
33(2) 591-603   2017年4月   [査読有り]
「「節周辺」と同領域に生起する語用論標識の構文的考察」(エリザベス・クロス・トラウゴット 日本語訳・柴﨑)(ひつじ書房)
小野寺典子(編)『発話のはじまりと終わり―語用論的調整のなされる場所―』      2017年3月
『第8回コーパス日本語学ワークショップ予稿集』   8 163-170   2015年9月
「挿入節の分布から見る談話の周辺と情報連鎖について-the question is (that)that’s the questionを事例として」
『第15回日本認知言語学会予稿集』   15 350-362   2015年7月
『地域文化論叢』   14 pp. 1-25   2013年3月

書籍等出版物

 
"From the inside to the outside of the sentence: Forming a larger discourse unit with jijitsu 'fact' in Japanese"
Sylvie Hancil, Tine Breban and Jose Vincente Lozano (eds.)
John Benjamins   
「談話構造の拡張と構文化について―近現代日本語の「事実」を中心に」(ひつじ書房)
加藤重広 (編集),‎ 滝浦真人 (編集)
ひつじ書房   2017年12月   
天野みどり・早瀬尚子(編著)
くろしお出版   2017年11月   
秋元実治・青木博史・前田満(編)
ひつじ書房   2015年11月   

講演・口頭発表等

 
The 16th International Pragmatics Conference (IPrA-16)   2019年6月   International Pragmatics Association (IPrA)
Plenary speakers: Bernd Heine, Peter Auer, Richard Waltereit and Reijirou Shibasaki
International Conference on Current Trends in Linguistics, 28-29 March 2019   2019年3月   Sylvie Hancil
Referentiality in Asian Languages (The 2018 JK PRECONFERENCE WORKSHOP )   2018年11月   Tsuyoshi Ono (University of Alberta, Canada) and Sandra Thompson (University of California, Santa Barbara, USA)

競争的資金等の研究課題

 
「日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築」(研究代表:鈴木亮子, 課題番号:17KT0061)
科学研究費補助金 基盤研究 (B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 鈴木亮子(慶應義塾大学)
「投射構文の歴史的発達と構文化について-英語史からの実証研究-」(研究代表:柴崎礼士郎, 課題番号: 16K02781)
科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 柴﨑礼士郎(明治大学)
「英語史に見る主要部と依存部の競合関係について-通言語的特異性の過去、現在、未来-」(研究代表:柴崎礼士郎, 課題番号:25370569)
科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
「主要部標示型から依存部標示型へ―歴史言語類型論から見た英語人称代名詞の特異性―」(研究代表:柴崎礼士郎,課題番号22720194)
科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
「特別研究費」(沖縄国際大学)
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月