古賀 松香

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 03:07
 
アバター
研究者氏名
古賀 松香
 
コガ マツカ
所属
京都教育大学
部署
幼児教育科
職名
准教授
学位
家政学修士(お茶の水女子大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
京都教育大学 幼児教育科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
お茶の水女子大学 家政学部 児童学科
 
 
 - 
1998年3月
お茶の水女子大学 家政学研究科 児童学専攻
 
 
 - 
2004年3月
お茶の水女子大学 人間文化研究科 人間発達科学専攻
 

論文

 
幼児期の社会情動的スキルを育む保育者の「臨床の知」
古賀松香
子ども学      2017年5月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
道徳性と規範意識の芽生え
古賀松香
幼児教育じほう      2017年9月   [依頼有り]
「非認知の力」と新幼稚園教育要領
古賀松香
初等教育資料      2017年8月   [依頼有り]
子どもの自立と自律を考える
古賀松香
幼児教育じほう      2016年6月   [依頼有り]
幼児の自立心と自律性を培う指導
古賀 松香
初等教育資料      2014年7月
1歳児保育の難しさとは何か
古賀 松香
保育学研究   49(3) 248-259   2011年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
無藤隆、岩立京子、赤石元子、古賀松香 他 (担当:共編者, 範囲:人との関わりを見る視点)
萌文書林   2018年5月   ISBN:4893472577
幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
無藤 隆,古賀 松香 他 (担当:共著)
東洋館出版社   2018年4月   ISBN:4491035148
伊藤哲司、呉宣児、沖潮満里子、古賀松香 他 (担当:共著, 範囲:対話的ビジュアルエスノグラフィーへの模索―暗黙的な保育者の専門性を描くことは可能か―)
ナカニシヤ出版   2018年4月   ISBN:477951276X
育てたい子どもの姿とこれからの保育
無藤隆,古賀松香 他 (担当:共著)
ぎょうせい   2018年3月   ISBN:432410462X
1日10分から始める保育士絶対合格テキスト2018年版
田爪宏二,古賀松香 他 (担当:共著)
大和書房   2018年1月   ISBN:4479796223

講演・口頭発表等

 
保育者の抱える「わからなさ」と保育実践
古賀 松香
日本保育学会第68回大会   2015年5月   
保育者の省察行為に関与する研究のあり方をめぐって
古賀 松香
日本乳幼児教育学会第24回大会   2014年11月   
保育実践の質感と実践研究
古賀 松香, 佐々木晃, 掘越紀香, 松本信吾, 大倉得史
日本質的心理学会第11回大会   2014年10月   
1歳児保育にみられる「絵本の読み聞かせ」という場の構成
古賀 松香
日本質的心理学会第10回大会   2013年8月   
保育者の指導意図と実習生の実践的知識形成の関連(1)
古賀 松香, 平井 恭子
日本保育学会第66回大会   2013年5月   

競争的資金等の研究課題

 
保育者の臨床的判断の創出を核とした熟達化プロセスの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
「幼小接続期の育ちと学び」と「幼児期の教育・保育の質」に関する調査研究
国立教育政策研究所: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 2015年4月 - 現在
保育者の臨床的判断の創出を核とした熟達化プロセスの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
保育者の臨床的判断の創出を核とした熟達化プロセスの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
保育者の臨床的判断の創出を核とした熟達化プロセスの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月