真田 治子

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/17 20:24
 
アバター
研究者氏名
真田 治子
 
サナダ ハルコ
所属
立正大学
部署
経済学部 経済学科
職名
教授
学位
博士(学習院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 リサーチフェロー(客員)(2014.07-09, 2015.07-09,2016.07-09)
 
2012年
 - 
現在
国立国語研究所共同研究プロジェクト「コーパス日本語学の創成」共同研究員
 
2010年
 - 
現在
立正大学経済学部・教授
 
2010年
 - 
現在
東京女子大学文理学部・非常勤講師
 
2007年
 - 
2012年
青山学院女子短期大学・非常勤講師
 
2010年
 - 
2011年
埼玉学園大学人間学部・非常勤講師
 
2009年
 - 
2010年
埼玉学園大学人間学部人間文化学科・教授
 
2004年
 - 
2010年
法政大学・非常勤講師
 
2008年
 - 
2009年
日本大学文理学部・非常勤講師
 
2007年
 - 
2009年
埼玉学園大学人間学部人間文化学科・准教授
 
2002年
 - 
2009年
立正大学・非常勤講師
 
2005年
 - 
2008年
明海大学・非常勤講師
 
2005年
 - 
2007年
埼玉学園大学人間学部人間文化学科・助教授
 
2000年
 - 
2006年
東京学芸大学・非常勤講師
 
2004年
 - 
2005年
駒澤短期大学・非常勤講師
 
2003年
 - 
2005年
駿河台大学・非常勤講師
 
1998年
 - 
2005年
都留文科大学・非常勤講師
 
1995年
 - 
1998年
日本学術振興会・特別研究員(PD)研究課題「基本的語彙群における語の交替についての計量的研究」
 
1993年
   
 
DAAD(ドイツ学術交流会)短期奨学生としてTrier大学計量言語学科・Bochum大学言語研究所に研究滞在
 
1985年
 - 
1990年
日本アイ・ビー・エム(株)システムズ・エンジニア
 

学歴

 
 
 - 
1995年
学習院大学 人文科学研究科 日本語日本文学専攻
 
 
 - 
1992年
学習院大学 人文科学研究科 日本語日本文学専攻
 
 
 - 
1985年
学習院大学 文学部 国語国文学科
 

委員歴

 
2013年7月
 - 
現在
全国大学国語国文学会  編集委員
 
2012年10月
 - 
現在
Glottotheory  編集委員・査読委員
 
2007年
 - 
現在
計量国語学会・理事(編集・査読)
 
2009年
 - 
現在
国際計量言語学会(International Quantitative Linguistics Association)・役員
 
2010年
 - 
2013年
日本語学会・大会企画運営委員
 
2011年
   
 
明治大学大学院文学研究科博士論文外部審査委員
 

受賞

 
2010年
第9回徳川宗賢賞・優秀賞(横山詔一氏・朝日祥之氏との共著論文による)
 

論文

 
主格を示す助詞の頻度分布と主格省略の問題―結合価理論を参考にした計量的分析―
学芸国語国文学(東京学芸大学国語国文学会)   (45) 1-14   2013年
助詞の使用度数と結合価に関する計量的分析方法の検討
経済学季報(立正大学経済学会)   62(2) 1-35   2012年
h指標を用いた語彙の計量的分析
経済学季報(立正大学経済学会)   60(3&4) 95-110   2011年
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測(共著)
日本語の研究(日本語学会)   6(2) 31-44   2010年
「現代日本語に浸透した学術用語」(依頼原稿)
日本語学(明治書院)   29(15) 26-34   2010年
Diversification of postpositions in Japanese (in English)
Glottometrics (RAM-Verlag, Luedensheid, Germany)   19 70-79   2009年
明治24年版『改正増補哲学字彙』の可能性
埼玉学園大学紀要人間学部篇   9 1-13   2009年
S Curve Analysis with Multiple Logistic Regression for Language Change (共著)(in English)
Glottotheory: International Journal of Theoretical Linguistics   1(1) 120-123   2008年
敬語意識の変化を予測する記憶モデル―多変量S字カーブによる解析―(査読付)
社会言語科学   11(1) 64-75   2008年
「言語変化のS字カーブ―解析手法の比較とその適用事例」(査読無)
埼玉学園大学紀要人間学部篇   8 1-11   2008年
井上哲次郎の欧州留学と『哲学字彙』第三版の多言語表記
埼玉学園大学紀要人間学部篇   7 1-14   2007年
多変量S字カーブによる言語変化の解析―仮想方言データのシミュレーション―(共著)
計量国語学   26(3) 79-93   2007年
The selection of scholarly terms in basic vocabulary lists (in English)
語彙研究(語彙研究会)   (4) 21-42   2006年
「双方向サービスと携帯電話向け放送の今後」(依頼原稿)
日本語学(明治書院)   22(8) 18-27   2003年
明治期学術漢語の一般化の過程−『哲学字彙』と各種メディアの語彙表との対照−
日本語科学 (国立国語研究所編, 国書刊行会刊)   (11) 100-114   2002年
New Kango of the early Meiji era: their survival and disappearance from Meiji to the present (in English)
Glottometrics (RAM-Verlag, Luedensheid, Germany)   (1) 63-86   2001年
『哲学字彙』改版にあたっての訳語の変動
都留文科大学国文学論考   (37) 8-16   2001年
外国語辞書にみられる明治初期「学術漢語」の計量的分析
学芸国語国文学(東京学芸大学国語国文学会)   (33) 65-76   2001年
Analysis of Japanese vocabulary by the theory of Synergetic Linguistics (in English)
Journal of Quantitative Linguistics   6(3) 239-251   1999年
日本語と西欧語の基本語彙の対照研究
計量国語学   19(4) 186-202   1994年
諸言語の基本語彙の有効性の比較
計量国語学   18(7) 311-323   1992年
文体の自動変換−デアル体への変換
計量国語学   17(3) 123-133   1989年
文体の自動変換−ダ体からデス・マス体へ
計量国語学   16(7) 313-326   1988年

Misc

 
学会参加報告「QUALICO2014 (国際計量言語学会大会)」
真田 治子
計量国語学   29(6) 228-231   2014年   [依頼有り]
Book Review: Kango Jisho Ronko (Study of dictionaries of Chinese origin words) (in Japanese)
Nihongo no Kenkyu (Study of Japanese Linguistics)   9(3(254)) 84-89   2013年   [依頼有り]
書評・今野真二著『漢語辞書論攷』
日本語の研究(日本語学会)   9(3) 84-89   2013年   [依頼有り]
Report on QUALICO2012 (International Quantitative Linguistics Conference) (in Japanese)
Keiryo Kokugogaku (Mathematical Linguistics)   28(6) 226-228   2012年   [依頼有り]
学会参加報告「QUALICO2012 (International Quantitative Linguistics Conference)」
計量国語学   28(6) 226-228   2012年   [依頼有り]
学会参加報告「Report of a symposium of MLSJ」 (in English)
IQLA Newsletter   3(2&3) 1-2   2012年
科学研究費補助金研究・基盤研究(C)研究成果報告書(平成19年度〜平成22年度・課題番号19520402)「『哲学字彙』にみられる近代学術用語の現代日本語への定着過程の検証 付・井上哲次郎『懐中雑記』における西洋人学者一覧(索引)」pp.173 (ISBN 978-4990542504)
真田治子研究室      2011年
経済学部の教授ってどんな人?
立正大学経済学部ニュース2010   2-2   2010年
2008年・2009年における日本語学界の展望・数理的研究
日本語の研究(日本語学会)   6(3) 114-119   2010年
平成20(2008)年国語国文学界の動向・国語学・近代日本の言語生活解明に向けて
文学・語学(全国大学国語国文学会)   197 54-57   2010年
話題の「辞書引き学習」3カ月後の効果は…:コメント
日本経済新聞電子版2010年8月19日付      2010年
「第276回研究発表会 新聞の用例から見た改定常用漢字表」の紹介(論文評)
近代語研究会会報   90 5-5   2010年
「第278回研究発表会 現代における「国語意識史」記述の試み―新語“なにげに”を例に―」の紹介(論文評)
近代語研究会会報   90 5-5   2010年
学会参加報告QUALICO 2009 (International Quantitative Linguistics Conference)
計量国語学   27(3) 120-121   2009年
「第255回研究発表会 現代における「〜る」動詞の造語研究―品詞による動詞化の多様性―」の紹介(論文評)
近代語研究会会報   No.84 5-5   2008年
学会参加報告「5th Trier Symposium on Quantitative Linguistics」
計量国語学   26(4) 139-140   2008年
日本語の性質を多角的な視点で分析する国語学
リクルート進学ネット      2008年
好奇心の授業・“ケータイ”と言われて、頭に浮かぶのは携帯電話?それとも何かを持ち運ぶこと?
リクルート進学ネット      2008年
研究のHeimat
Echos ドイツ学術交流会東京30周年記念文集   142-143   2008年
研究室探訪
埼玉学園大学学報   13 6-6   2008年
書評・高野繁男著『近代漢語の研究―日本語の造語法・訳語法―』
日本語学会
日本語の研究   3(3) 40-45   2007年
「第243回研究発表会 前島来輔『漢字御廃止之議』の成立問題」の紹介(論文評)
近代語研究会会報   No.80 5-5   2007年
「第228回研究発表会 明治期における女性語の研究」の紹介(論文評)
近代語研究会会報   No.74 5-5   2005年
田中章夫先生について
学習院国語国文学会学会報   (31)    2002年
専門用語の一般化に関する計量的研究
学習院大学・博乙101号      2001年
最近の論文から(第35回)(論文評)
近代語研究会会報   No.50 2-2   2001年
基本語彙の基本性についての分析
(学習院大学大学院へ提出)      1992年

書籍等出版物

 
The choice of postpositions of the subject and the ellipsis of the subject in Japanese. In: Ludmila Uhlirova, Gabriel Altmann, Radek Cech, Jan Macutek (eds.) "Empirical Approaches to Text and Language Analysis", pp. 190-206.
真田 治子
Luedenschied, Germany: RAM-Verlag社   2014年   ISBN:978-3-942303-24-8
Word length: aspects and languages(共著) (in English) (Koehler R., Altmann, G. (Eds.),『Issues in Quantitative Linguistics 3.(Studies in Quantitative Linguistics. vol.13))
Luedenschied, Germany: RAM-Verlag   2013年   ISBN:978-3-942303-12-5
中国へ伝播した二十世紀初頭の日本の哲学用語─『哲学大辞書』と中国の宣教師が編纂した術語集の比較─(近代語学会編『近代語研究』第17集.)
東京: 武蔵野書院   2013年   ISBN:978-4838602674
Thematic Concentration in Japanese Prose. In: Methods and Applications of Quantitative Linguistics (in English) (Obradovic, Kelih, Koehler (eds.) Selected papers of the VIIIth International Conference on Quantitative Linguistics (QUALICO) in Belgrade, Ser
Berglade: Akademska misao   2013年   ISBN:9768-86-7466-465-0
「哲学字彙」稿本と『英独仏和哲学字彙』の成立 (近代語学会編『近代語研究』第16集)
東京: 武蔵野書院   2012年   ISBN:978-4838602599
Vocabulary richness in some Japanese texts (in English) (Gabriel Altmann, Peter Grzybek, Sven Naumann, Relja Vulanovi (eds.) (2012):『Synergetic Linguistics: Text and Language as Dynamic Systems. To Reinhard Koehler on the Occasion of his 60th Birthday』)
Wien: Praesens Verlagミ   2012年   ISBN:978-3706907002
質問調査における統計的検定の考え方 (荻野綱男・田野村忠温編『講座ITと日本語研究・第8巻質問調査法と統計処理』)
東京: 明治書院   2012年   ISBN:978-4625434457
大学生のための社会人入門トレーニング・コミュニケーション編(共編共著)
東京: 三省堂   2011年   ISBN:978-4-385-36543-5
Distribution of Motives in Japanese Texts (in English) (Grzybek, P., Kelih, E., Macutek, J. (eds.) 『Text and Language』)
Wien: Praesens Verlagミ   2010年   ISBN:978-3706906258
Logistic regression model for predicting language change (共著) (in English) (Koehler R. (Ed.)『Issues in Quantitative Linguistics』)
Luedenschied, Germany: RAM-Verlagミ   2009年   ISBN:978-3-9802659-9-7
井上哲次郎の欧州留学中の日記と自筆ノートにみられる西洋人学者 (『日本近代語研究5』)
東京: ひつじ書房   2009年   ISBN:978-4894764323
「基本語彙」「類似度」「漢字の機能」(分担執筆)(計量国語学会編『計量国語学事典』)
東京: 朝倉書店   2009年   ISBN:978-4254510355
現代日本語学入門・韓国語版(共著)
韓国文化史社   2009年   ISBN:978-8957266342
井上哲次郎の欧州留学と日記中の西洋人氏名人物・欧文書名について (『漢字文化圏諸言語の近代語彙の形成―創出と共有』)
関西大学出版部   2008年   ISBN:978-4873544649
On simplifications of Japanese writing system(共著・筆頭著者) (in English) (『Problems of General, Germanic and Slavic Linguistics. Papers for 70-th anniversary of Professor V. Levickij』)
Chernivcy, Ukraine: Books - XXIミ   2008年   ISBN:(No ISBN)
Synergetic linguistics and Japanese lexicology (in English) (Koehler, Kaliushchenko, Levickij (eds.) 『Typological and quantitative problems of lexicology』)
Chernivcy, Ukraine: Rutaミ   2007年   ISBN:978-9665688976
「語彙」「意味」「文字・表記」(分担執筆)(荻野綱男編『現代日本語学入門』)
東京: 明治書院   2007年   ISBN:978-4625704000
現代の教科書に残る明治期学術漢語 (『日本近代語研究4』)
東京: ひつじ書房   2005年   ISBN:978-4894762343
Investigations in Japanese Historical Lexicology(単著)(in English)(科学研究費補助金(研究成果公開促進費・学術図書)交付図書)
Goettingen, Germany: Peust & Gutschmidt Verlag ミ   2004年   ISBN:978-3933043122
2004, 2008 (Revised Edition)
近代日本語における学術用語の成立と定着(単著)(科学研究費補助金(研究成果公開促進費・学術図書)交付図書)
東京: 絢文社   2002年   ISBN:978-4915416040
Comparison of effectiveness of various basic vocabularies (in English) ( G. Altmann (ed.) Quantitative Linguistics Vol. 53, Glottometrika 14)
Trier, Germany: Wissenschaftlicher Verlag Trierミ   1993年   ISBN:978-3884760819

講演・口頭発表等

 
「A co-occurrence and an order of valency in Japanese sentences」
真田 治子
Qualico2014 International Quantitative Linguistics Conference, 於Palacky University (Olomouc, Czech Republic), 要旨集pp.102-103.   2014年   
真田 治子
日本語学会2014年度春季大会(於早稲田大学)70周年記念シンポジウム「“学術日本語”の歴史と未来―大学教育国際化時代を迎えて―」, 予稿集pp.8-12.   2014年   
Transference and adaptation of the terms from Japan to China at the beginning of the 20th century (Poster) (in English)
CIL19 Les Congres Internationaux des Linguistes, The International Congress of Linguists (ICL), 国際言語学者会議.   2013年   
招待講演「Japanese philosopher INOUE Tetsujiro's view of multi-lingualism: A reference to his diary and notebooks written during his study in Europe 1884 - 1890」 (in English) [招待有り]
於ベルリンフンボルト大学日本文化研究センター付属森鴎外記念館 (Germany)   2013年   
Employment of Japanese terms for Chinese dictionary by CLSC (Christian Literature Society for China) (in English)(口頭発表)
第7回宣教と言語学国際大会 (7th International Conference on Missionary Linguistics)   2012年   
Thematic Concentration in Japanese Prose (in English)(口頭発表)
Qualico2012 International Quantitative Linguistics Conference   2012年   
招待講演「Language Life and Gender in Japanese」 (in English) [招待有り]
於Rostock University (Germany) Philosophische Fakultaet, Institut fuer Anglistik-Amerikanistik   2012年   
助詞の使用度数に関する計量的分析方法の検討(口頭発表)
「コーパス日本語学の創成(語彙・文法・文体・表記)」プロジェクト共同研究発表会   2012年   
計量国語学に望むもの―国際計量言語学会(IQLA)からのメッセージ(パネリスト) [招待有り]
計量国語学会第56回大会シンポジウム   2012年   
Adaptation of philosophical terms from Japan to China (in English)(口頭発表)
AsiaLex2011 第7回アジア辞書学会, 於京都テルサ, 予稿集pp.446-450.   2011年   
招待講演「Quantitative Analysis of Japanese Vocabulary using h-index」 (in English) [招待有り]
於Paderborn University (Germany)   2011年   
学術用語の受容と伝播―『哲学字彙』の前の辞書・後の辞書(口頭発表)
近代語学会2011年度第2回研究発表会   2011年   
第9回徳川宗賢賞受賞論文(2009年度)優秀賞受賞記念講演・記憶モデルによる敬語意識の変化予測(共同) [招待有り]
第25回社会言語科学会研究大会, 於慶應義塾大学   2010年   
日本語の中に潜む無意識の規則性を探る―表記と音韻に関する計量的・実験的研究(講演) [招待有り]
東北大学大学院国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター第12回「言語・脳・認知」公開講座   2010年   
「哲学字彙」稿本と『英独仏和哲学字彙』の成立(口頭発表)
日本語学会2010年度春季大会, 於日本女子大学, 予稿集pp.169-175   2010年   
『哲学字彙』稿本の復元と明治24年版『改正増補哲学字彙』の可能性(口頭発表)
第266回近代語研究会, 於二松学舎大学   2009年   
Distribution of syllables in Japanese texts (in English)(口頭発表)
Qualico 2009 (International Conference on Quantitative Linguistics), 於Graz University(Austria), 予稿集pp.54-55.   2009年   
岡崎市における敬語意識の変化を予測する(共同発表)(口頭発表)
社会言語科学会第21回研究発表大会, 於東京女子大学, 予稿集p.186-189   2008年   
言語変化のS字カーブによる鶴岡市の共通語化予測(共同発表)(招待講演) [招待有り]
韓国国立国語院招待講演   2008年   
言語変化のS字カーブによる鶴岡市の共通語化予測(共同発表)(口頭発表)
日本語学会2008年度春季大会, 於日本大学文理学部   2008年   
A Multiple Logistic Curve Model for a Change in Language at OKAZAKI-City (共同発表) (in English)(口頭発表)
18th International Congress of Linguists (CIL18) (第18回世界言語学者会議), 於Korea University (Korea, Seoul), Handbook p.63   2008年   
言語変化のS字カーブの計量的研究―解析手法と分析事例の比較(パネリスト) [招待有り]
日本言語学会第137回大会公開シンポジウム「言語変化のモデル」, 於金沢大学, 予稿集pp.30-35.   2008年   
フィールド言語学にロジスティック回帰分析は寄与しうるか(共同発表)(口頭発表)
情報処理学会研究報告・人文科学とコンピュータ, 於総合研究大学院大学報告書「2007-CH-73」pp. 9-16   2007年   
漢字の諸性質の計量言語学的研究(1)(共同発表)(口頭発表)
情報処理学会研究報告・人文科学とコンピュータ, 於総合研究大学院大学報告書「2007-CH-73」pp. 17-24   2007年   
井上哲次郎の欧州留学と『哲学字彙』第三版の多言語表記(口頭発表)
ワークショップ「日本の言語・文字生活研究」, 於ドイツ-日本研究所   2007年   
井上哲次郎の欧州留学―『哲学字彙』第三版との関わりから―(口頭発表)
関西大学アジア文化交流研究センター第7回研究集会・漢字文化圏近代語研究会第6回国際シンポジウム「漢字文化圏諸言語の近代語彙の形成 創出と共有」   2007年   
Multiple Logistic Regression Analysis for Formulating a Change in Language(共同発表) (in English)(口頭発表)
5th Trier Symposium on Quantitative Linguistics at Trier University (Germany, Trier). Proceedings, p.22.   2007年   
On Two Simplifications of the Japanese Writing System (共同発表) (in English)(口頭発表)
5th Trier Symposium on Quantitative Linguistics at Trier University (Germany, Trier). Proceedings, p.17.   2007年   
井上哲次郎の欧州留学と日記中の人物・書名について(口頭発表)
中日理論言語学研究会・北京大学外国語学院日本語日本文化学科主催「2007中日理論言語学研究国際フォーラム」(於北京大学)予稿集p.199   2007年   
研究フォーラム「研究内容、研究機関同士のネットワークのあり方」パネリスト(講演) [招待有り]
神道・日本文化研究国際シンポジウム(第5回)「神道研究の国際的ネットワーク形成」, 於國學院大學   2006年   
ジョン・ベンテリー(John R. Bentley)教授の発表「日本書紀のデジタル化:利益とチャレンジ」に関する解説(コメンテーター) [招待有り]
神道・日本文化研究国際シンポジウム(第4回)「オンライン時代の神道研究と教育」, 於國學院大學 報告書pp.110-129   2005年   
語の長さと使用頻度と古さについての検討―現代日本語に残存する『哲学字彙』の漢語の性質―(口頭発表)
計量国語学会 第48回大会, 於東京工業大学(『計量国語学』24巻7号pp.358-360)   2004年   
井上哲次郎の自筆ノートについての報告(口頭発表)
近代語研究会第217回研究発表会, 於学習院大学   2004年   
現代基本語彙に残る明治期学術用語の再検討(口頭発表)
語彙研究会大会, 於愛知学院大学   2004年   
Scholarly terms of Meiji era in foreign language dictionaries (in English)(口頭発表)
Asia-Lex2003 第3回アジア辞書学会, 於明海大学 要旨集pp.239-246   2003年   
語の伝播と定着の速度に関する研究−明治初期の用語の辞書における追跡調査から−(口頭発表)
情報文化学会第11回全国大会, 於東京大学(山上会館) 要旨集pp.32-35   2003年   
明治期学術漢語の一般化の過程−各種メディアの語彙表との対照−(口頭発表)
国語学会 2001年度春季大会, 於神戸松蔭女子学院大学   2001年   
現代の教科書に残る明治期学術漢語(口頭発表)
近代語研究会第188回研究発表会, 於福井大学   2001年   
明治期漢訳語の流れ−哲學字彙と各種語彙表との比較調査(口頭発表)
近代語研究会第142回研究発表会, 於鶴見大学   1997年   
Analysis of Japanese vocabulary by the theory of Synergetic Linguistics (in English)(口頭発表)
QUALICO-97 (Third International Conference on Quantitative Linguistics), 於Helsinki University (フィンランド)   1997年   
Study of word alternation in mainly the Meiji Era (in English)(口頭発表)
Trierer Kolloquium on Quantitative Linguistics 1996, 於Trier University (ドイツ)   1996年   
敬体・常体の自動変換(口頭発表)
学習院大学国語国文学会春季大会, 於学習院大学   1991年   
基本語彙の基本性についての検討(口頭発表)
計量国語学会 第35回大会, 於東京女子大学   1991年   
文体の自動変換−デアル体への変換(口頭発表)
計量国語学会 第33回大会, 於青山学院大学   1989年   
文体の自動変換−ダ体からデス・マス体へ(口頭発表)
計量国語学会 第32回大会, 於東京工業大学   1988年   

Works

 
明治後期の学術用語の伝播・浸透と現代日本語への影響に関する研究(科学研究費補助金・基盤研究C, No.23520567, 研究代表者)
2011年
認知類型論による文法格の意味図構築に向けて(科学研究費補助金・基盤研究C, No.20520346, 研究分担者)
2009年
『哲学字彙』にみられる近代学術用語の現代日本語への定着過程の検証(科学研究費補助金・基盤研究C, No.19520402, 研究代表者)
2007年 - 2010年
電子政府6万字種データベースに準拠した海外日本語研究者向けWeb漢字辞書の作成(科学研究費補助金・基盤研究C, No.16520290, 研究協力者)
2006年
『英仏独和哲學字彙』(哲學字彙第三版)で増補された語の研究(田島毓堂語彙研究基金・研究助成, 研究代表者)
2004年 - 2006年
『Investigations in Japanese Historical Lexicology』(科学研究費補助金・研究成果公開促進費, 研究代表者)
2003年
『近代日本語における学術用語の成立と定着』(科学研究費補助金・研究成果公開促進費, 研究代表者)
2001年
基本的語彙群における語の交替についての計量的研究(科学研究費補助金・特別研究員奨励費, 研究代表者)
1995年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
明治時代から現代までの日本語の変化についての計量的研究
経常研究
研究期間: 1992年 - 2010年
哲学字彙第3版の訳語の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年
シナジェティックス理論を用いた日本語の分析
経常研究
研究期間: 1992年 - 2010年
S字カーブを使った言語変化の研究