中井 啓

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/07 02:52
 
アバター
研究者氏名
中井 啓
 
ナカイ ケイ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
准教授
学位
博士(医学)(筑波大学)
科研費研究者番号
50436284

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
   
 
筑波大学 医学医療系 放射線腫瘍科 准教授
 
2016年4月
 - 
2018年8月
茨城県立医療大学 附属病院  准教授
 
2007年4月
 - 
2016年3月
筑波大学 大学院人間総合科学研究科 講師
 
2005年10月
 - 
2007年4月
筑波大学 人間総合科学研究科 産学官連携研究員
 
2003年4月
 - 
2005年9月
那珂中央病院 脳神経外科 医長
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1994年3月
群馬大学 医学部 
 
2001年4月
 - 
2005年3月
筑波大学 人間総合科学研究科 機能制御医学専攻
 

受賞

 
2006年10月
フェアチャイルド賞
 

論文

 
がん治療におけるParticle Therapyの現状と展望
石川 仁;中井 啓;野中 哲生;櫻井, 英幸
癌と化学療法   46(8) 1219-1225   2019年8月
顕微鏡下脳神経外科手術で用いられる人工髄液は血小板活性化を増幅させ、止血促進に寄与する.
上妻行則;山本哲哉;石川栄一;吉田文代;阿久津博義;松田真秀;中井, 啓;鶴田和太郎;高野晋吾;松村, 明;二宮治彦
日本血栓止血学会誌   26(2) 222   2015年
Sekino, Y.;Okumura, T.;Fukumitsu, N.;Iizumi, T.;Miyauchi, D.;Mizoguchi, N.;Murofushi, K.;Ohnishi, K.;Mizumoto, M.;Nonaka, T.;Nakai, K.;Ishikawa, H.;Tsuboi, K.;Sakurai, H.
RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   133(1) S771-S772   2019年4月
Opportunities for using an accelerator-based epithermal neutron source for boron neutron capture therapy.
SY, Taskaev;VV, Kanygin;VA, Byvaltsev;AA, Zaboronok;OYu, Volkova;LV, Mechetina;AV, Taranin;AI, Kichigin;AI, Iarullina;IA, Eliseenko;K, Nakai;E, Sato;T, Yamamoto;E, Ishikawa;Matsumura, A
Biomed Eng   52(2) 73-76   2018年   [査読有り]
Y, Shimizu;K, Nakai;H, Kadone;S, Yamauchi;S, Kubota;T, Ueno;A, Marushima;K, Hiruta;A, Endo;H, Kawamoto;Matsumura, A;Y, Sankai;Y, Hada;M, Yamazaki
J Spinal Cord Med   41(6) 710-717   2018年   [査読有り]
Radiobiological response of U251MG, CHO-K1 and V79 cell lines to accelerator-based boron neutron capture therapy.
E, Sato;A, Zaboronok;T, Yamamoto;K, Nakai;S, Taskaev;O, Volkova;L, Mechetina;A, Taranin;V, Kanygin;T, Isobe;BJ, Mathis;Matsumura, A
J Radiat Res   59(2) 101-107   2018年   [査読有り]
筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
粟飯原輝人;石川, 仁;和田哲郎;福光延吉;大西かよ子;中井啓;長谷川正午;硲田猛真;鈴木実;原晃;櫻井英幸
日本癌治療学会誌   50(3) 2169   2015年
丸島 愛樹;河本, 浩明;上野, 友之;松下, 明;五月女 康作;門根, 秀樹;渡邊, 大貴;羽田, 康司;遠藤, 歩;清水, 如代;晝田, 佳世;廣瀬, 聖一郎;石川 公久;中井, 啓;鶴田 和太郎;滝川 知司;伊藤, 嘉朗;鶴嶋 英夫;山本, 哲哉;井上, 貴昭;山崎, 正志;松村 明
脳卒中   40(2) 112-116   2018年3月   [査読有り]
<p>脳卒中急性期において,ロボットスーツHAL が効果的な病態を把握するために,HAL 介入試験のプロトコルの実行可能性と安全性を評価するとともに,HAL による介入効果を検証した.【方法】脳卒中急性期患者36 例に対し,HAL の段階的治療プログラムの実行可能性と安全性,および身体機能,日常生活動作の評価を行った.【結果】HAL 介入前後において,歩行速度,12 段階片麻痺機能評価,NIHSS,Barthel index,motor FIM の有意な改善を認めた.それらは,HAL によ...
脳神経外科リハビリテーションにおけるロボティクス技術の応用
中井, 啓;松村 明
脳神経外科   42(7) 605-613   2014年7月
脳神経外科におけるリハビリテーションにロボティクスを併用することによって、相加相乗効果が期待されている。例えば歩行支援においては、理学療法士などの介入のみでは困難であった正しい動作姿勢をとることが可能になるといった変化をもたらし、ひいては神経回路の接合を向上させることが見込まれている。リハビリテーションとロボティクス、ヒト支援ロボット、ロボティクス応用リハビリテーションの概念、脳機能評価法、歩行支援、上肢リハビリテーション支援、咀嚼嚥下機能・失語・高次脳機能訓練について概説した。
ホウ素中性子捕捉療法に用いる新規ホウ素化合物の開発の現状
中井, 啓
茨城県立医療大学紀要   22 1-9   2017年3月   [査読有り]
ホウ素中性子捕捉療法に用いられるホウ素化合物の開発について現状を示す。中性子捕捉療法の原理と歴史的背景、発生するα線およびリチウム核の放射線生物学的効果、中性子捕捉療法に必要なホウ素化合物の性能について述べ、これまでに用いられた2種類の化合物の特徴、これまでに検討された低分子化合物、高分子化合物について概略を述べる。現時点ではすぐに臨床応用可能な材料が存在しているわけではなく、低分子化合物ではホウ素含有の医薬品開発が行われており、高分子化合物では、リード化合物や、Drug Delivery...
歩行困難な肢体型筋ジストロフィーに対するロボットスーツHALの歩行練習効果に関する症例報告
古閑, 一則;中井, 啓;吉川 憲一, 小貫 葉子, 松下 明, 冨田 和秀, 河野 豊
茨城県立病院医学雑誌   34(2) 9-14   2018年3月   [査読有り]
日常生活で歩行困難な肢体型筋ジストロフィー患者に対してHALを用いた歩行運動処置(HAL-T)を実施した。HAL-T前後で膝屈曲・伸展トルク、血清クレアチンキナーゼ(CK)の評価を行った。本症例は40代女性、発症より約40年経過しており症状は緩徐に進行、約10年前より車椅子を用いていた。通常リハでは歩行練習が困難であったが、HALと免荷式歩行器を併用し歩行練習が実施可能となった。HAL-T前後ではCK値の増加無く膝伸展トルクに改善を認めた。HAL-Tの特徴として、筋を過用することなく歩行練...
ロボットスーツHALを用いた歩行練習により、下肢筋力および歩行能力が改善したCharcot-Marie-Tooth病の1例
古閑, 一則;中井, 啓;河野 豊, 吉川 憲一, 吉川 芙美子, 松下 明, 冨田 和秀
運動障害   27(9) 29-34   2017年12月   [査読有り]
症例はCharcot-Marie-Tooth病の53歳女性。下肢筋力低下および足関節の背屈制限のため、反跳膝を伴うトレンデレンブルグ歩行を呈していた。HAL医療用下肢タイプ(HAL)を用いた歩行練習を週3回、計9回実施したところ、膝関節屈曲・伸展の最大トルクの増大、2分間歩行テスト(2MWT)およびTimed Up and Goテスト(TUG)の改善を認めた。HAL装着時の歩行立脚期の膝角度を解析した結果、HAL装着により反張膝が改善した良好な歩容で歩行練習が行えていた。HAL使用に伴う過...
E, Sato;A, Zaboronok;Yamamoto, Tetsuya;Nakai, Kei;Taskaev, Sergey;OlgaVolkova;Mechetina, Ludmila;Taranin, Alexander;Kanygin, Vladimir;Isobe, Tomonori;J.Mathis, Bryan;Matsumura, Akira
J Radiat Res   59(2) 101-107   2018年3月   [査読有り]
In the current article, we provide in vitro efficacy evaluation of a unique accelerator-based neutron source, constructed at the Budker Institute of Nuclear Physics (Novosibirsk, Russian Federation), for boron neutron capture therapy (BNCT), which...
Boron neutron capture therapy for malignant glioma: our experience at the reactor and preclinical evaluation of an accelerator-based neutron source.
A, Zaboronok;V, Kanygin;SYu, Taskaev;OYu, Volkova;LV, Mechetina;AV, Taranin;AI, Iarullina;AI, Kichigin;VA, Byvaltsev;E, Sato;K, Nakai;EL, Zavjalov;AE, Akulov;E, Ishikawa;BJ, Mathis;T, Yamamoto;A, Matsumura
Congress of Eurasian Association of Pediatric Neurosurgeons, Congress proceedings   22-23   2017年
Perspectives of combined photodynamic diagnosis and accelerator-based neutron capture therapy of malignant glioma using photosensitizer- and 10B-containing liposomes.
A, Zaboronok;S, Taskaev;R, Muhamadiyarov;A, Kichigin;O, Volkova;L, Mechetina;E, Sato;K, Nakai;T, Yamamoto;A, Taranin;V, Kanygin;BJ, Mathis;A, Matsumura
17th Annual Congress of the Korean Photodynamic Association, Congress proceedings   66-67   2017年
Accelerator-based neutron capture therapy: pre-clinical evaluation and prospective clinical use. International Conference “Physics of Cancer: Interdisciplinary Problems and Clinical Applications”
A, Zaboronok;V, Kanygin;S, Taskaev;O, Volkova;L, Mechetina;A, Taranin;A, Iarullina;A, Kichigin;V, Byvaltsev;E, Sato;K, Nakai;E, Ishikawa;BJ, Mathis;T, Yamamoto;A, Matsumura
Tomsk, Russian Federation, Book of Abstracts   101-2   2017年
Y, Shimizu;K, Nakai;H, Kadone;S, Yamauchi;S, Kubota;T, Ueno;A, Marushima;K, Hiruta;A, Endo;H, Kawamoto;A, Matsumura;Y, Sankai;Y, Hada;M, Yamazaki
J Spinal Cord Med 2017 [Epub ahead of print]   41(6) 710-717   2017年   [査読有り]
Context: The purpose of this report was to describe the improvement in walking ability using the Hybrid Assistive Limb (R) (HALO) intervention in the case of a patient with paraplegia after spinal cord injury whose condition deteriorated because o...
Gait training of subacute stroke patient using a hybrid assistive limb: a pilot study.
M, Mizukami;K, Yoshikawa;H, Kawamoto;A, Sano;K, Koseki;Y, Asakwa;K, Iwamoto;H, Nagata;H, Tsurushima;K, Nakai;A, Marushima;Y, Sankai;A, Matsumura
Disabil Rehabil Assist Technol   12(2) 197-204   2017年   [査読有り]
The voluntary driven exoskeleton Hybrid Assistive Limb (HAL) for postoperative training of thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament: a case report.
K, Fujii;T, Abe;S, Kubota;A, Marushima;H, Kawamoto;T, Ueno;A, Matsushita;K, Nakai;K, Saotome;H, Kadone;A, Endo;A, Haginoya;Y, Hada;A, Matsumura;Y, Sankai;M, Yamazaki
J Spinal Cord Med   40(3) 361-7   2017年5月   [査読有り]
脳卒中急性期に対するロボットスーツHAL による介入試験
丸島愛樹;河本浩明;上野友之;松下, 明;五月女康作;門根秀樹;渡邉大貴;羽田康司;遠藤, 歩;清水如代;晝田佳世;廣瀬聖一郎;石川公久;中井 啓;鶴田和太郎;滝川知司;伊藤嘉朗;鶴嶋英夫;山本哲哉;井上貴昭;山崎正志;松村, 明
脳卒中      2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Common Diseasesの病態生理と薬物治療
中井,啓 (担当:分担執筆, 範囲:第17章悪性腫瘍、脳腫瘍)
オーム社   2017年10月   ISBN:9784274220
膠芽腫に対する中性子捕捉療法
山本哲哉;中井, 啓;松村, 明 (担当:監修)
脳神経外科・医学書院   2008年4月   
陽子線治療
松村, 明;中井, 啓
NS NOW 7低侵襲時代の頭蓋底手術   2009年1月   
Tumors of the Central Nervous System, Volume 2 Gliomas: Glioblastoma (Part 2) Series: Tumors of the Central Nervous System, Chapter 25. GLIOBLASTOMA: BORON NEUTRON CAPTURE THERAPY,
Hayat;M.A., (Ed.);+中井, 啓
Springer   2011年1月   
TEXTBOOK for BNCT:Feasibility for Intramedullary Spinal Glioma
Kei, Nakai;Akira, Matsumura
Springer-Verlag Berlin Heidelberg   2013年6月   

講演・口頭発表等

 
Physical characteristic measurements for the neutron beam generated by the linac-based neutron source for BNCT in University of Tsukuba
Kumada, H;Takada, K;Tanaka, S;Matsumoto, Y;Naito, F;Kurihara, T;Nakai, K;Matsumura, A;Sakurai, H;Sakae, T
PTCOG58 MANCHESTER 2019   2019年6月10日   
Feasibility of Newly constructed LINAC based BNCT for malignant melanomas
Nakai, Kei;Kumada, H;Aihara, T;Matsumura, A;Sakurai, H
PTCOG58 MANCHESTER 2019   2019年6月10日   
脳梗塞急性期患者の脳機能ネットワークと運動機能の経時的変化.
松下, 明;丸島, 愛樹;上野友之;中井, 啓;羽田康司;河野, 豊
日本リハビリテーション医学会 第55回 学術集会   2018年6月28日   
Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma associated with inferior vena cava tumor thrombus
Yuta, Sekino;Nobuyoshi, Fukumitsu;Toshiyuki, Okumura;Takashi, Iizumi;Haruko, Numajiri;Kei, Nakai;Tetsuo, Nonaka;Hitoshi, Ishikawa;Koji, Tsuboi;櫻井, 英幸
第7回 日本台湾 放射線腫瘍学シンポジウム   2019年5月11日   Japanese Society for Radiation Oncology(JASTRO/公益社団法人日本放射線腫瘍学会)、Taiwan Society for Therapeutic Radiology and Oncology (TASTRO)
脳梗塞急性期の拡散強調画像と機能的MRIによる脳内ネットワーク所見.
松下, 明;中井, 啓;五月女康作;丸島愛樹;上野友之;羽田康司;山海嘉之;松村, 明
第43回日本脳卒中学会学術集会   2018年3月15日   

競争的資金等の研究課題

 
BNCTに用いるホウ素化合物のin vivo濃度定量法の確立及び薬物動態の把握
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 畢 春蕾
小型加速器中性子線源による病院内BNCT治療のための基礎的・臨床的研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 松村 明
病院併設BNCTにむけた血液・組織内ホウ素分析手法の最適化
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 中井 啓
実験の結果から、液体試料、付着細胞においては、micro-PIXE:/PIGEでホウ素の検出は可能であり、その分布を高濃度であればマッピングすることができる。BNCTにおいては、ビーム施設の問題はあるが、液体試料においては、臨床補助の可能性はある。細胞においては、治療に必要とされる30-40μgB10/g程度の組織内濃度では十分な定量的検出ができず、バックグラウンドに埋もれている状態であり、さらに一桁程度高感度ないしは高分解能の検出が必要であると考えられる。
頸部装着型機器による嚥下機能評価と食事介助支援装置の実用化
厚生労働省科学研究費補助金: 疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松村 明
血管内皮選択的BNCTを用いた脳血管再狭窄予防法の開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 中井 啓
候補薬剤送達システムとして、新規ホウ素含有脂質を合成し、リポソームに調整することで、ホウ素含有リポソームを作成した。EPR効果および接触細胞に対する接着機能を併せ持つ粒子を設計作成した。培養細胞および培地にホウ素含有粒子を添加し、中性子照射を行うことで、殺細胞効果をホウ素なし粒子に比べて高いことを証明し、また、細胞取り込み実験においてはリポソーム内をさらにホウ素クラスター水溶液を封入することによって、およそ新規粒子はさらに2.5倍のホウ素濃度を達成することを示した。

特許

 
2889302 : 「ホウ素クラスター修飾PEG脂質誘導体およびこれを用いた分子集合体」
松村 明;中井 啓;白川 真
ドイツ・フランス・イギリス