長 弘基

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/06 15:25
 
アバター
研究者氏名
長 弘基
 
チョウ ヒロキ
URL
http://hiroki-cho.jimdo.com/
所属
北九州市立大学
部署
国際環境工学部 機械システム工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2008年2月
富山工業高等専門学校 環境材料工学科 助手(助教)
 
2008年3月
 - 
2013年3月
大分大学 工学部 福祉環境工学科 助教
 
2013年4月
 - 
現在
北九州市立大学 国際環境工学部 機械システム工学科 准教授
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 第三学群 基礎工学類
 
2001年4月
 - 
2003年3月
筑波大学 理工学研究科 理工学専攻
 
2003年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 工学研究科 物性・分子工学専攻
 

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
日本機会学会  M&M部門分科会主査
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本機械学会  M&P部門 第5技術委員会
 

論文

 
S. Narumi, K. Takigawa and H. Cho,
Transactions of the Materials Research Society of Japan   40(4) 379-383   2015年   [査読有り]
T. Morita, Y. Nishimura, H. Fujiki, S. Kishimoto, Y. Takeda and H. Cho
Transactions of the Materials Research Society of Japan   40(3) 301-304   2015年   [査読有り]
H. Cho, D. Kotegawa, T. Sakuma, K. Yamauchi
Transactions of the Materials Research Society of Japan   38(3) 427-430   2013年   [査読有り]
H. Cho, M. Senju, Y. Takeda, T. Yamamoto, T. Sakuma
Transactions of the Materials Research Society of Japan   38(3) 423-426   2013年   [査読有り]
A. Suzuki, T. Yamamoto, H. Cho, T. Sakuma
Transactions of the Materials Research Society of Japan   38(1) 1-6   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
未利用向上排熱の有効活用技術と実用展開
長 弘基 (担当:分担執筆, 範囲:形状記憶合金熱エンジンの動作原理と排熱エネルギー回収システムの構想)
サイエンス&テクノロジー   2014年   
サーマルマネジメント ~余熱・排熱の制御と有効利用~
佐久間 俊雄, 長 弘基 (担当:分担執筆, 範囲:低温水駆動の熱エンジン)
株式会社エヌ・ティー・エス   2013年   
材料開発のための顕微鏡法と応用写真集 「Ti/Ni積層膜におけるTi/Ni界面組織」(p.168)
日本金属学会   2006年   
Thin Film Shape Memory Alloys “Ti/Ni multilayer thin films” p.110-123
Cambridge University Press   2009年   

講演・口頭発表等

 
強制冷却機構を付与したプーリ型SMA 熱エンジンの出力特性に及ぼすプーリ比の影響
中川 智加良, 藤木 大海, 竹田 悠二, 長 弘基, 細田 秀樹
日本機械学会九州学生会第47回学生員卒業研究講演会   2016年3月4日   
形状記憶合金を用いた位置保持制御アクチュエータの研究 [招待有り]
長 弘基
公益社団法人 計測自動制御学会 SI部門ソフトマテリアル応用部会「次世代アクチュエータ応用研究開発の最前線」   2015年12月13日   
Fabrication and output power characteristics of a pulley-type SMA heat-engine with the cooling mechanism in the pulley
H. Fujiki, C. Nakagawa, Y. Takeda, H. Cho
第25回日本MRS学術シンポジウム   2015年12月9日   
遠心鋳造法により作製したSMA熱エンジン用Ti-Ni素子の形状記憶特性に及ぼす熱処理条件の影響
藤木 大海, 中川 智加良, 竹田 悠二, 長 弘基
日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス   2015年11月22日   
渦巻きばね型形状記憶合金アクチュエータを用いた遊星歯車型SMA熱エンジンの試作とその動作特性
西 憲之, 竹田 悠二, 長 弘基
日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス   2015年11月22日   

競争的資金等の研究課題

 
形状記憶合金の機能劣化抑制技術および布状アクチュエータ制御システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 長 弘基
小型・高出力な強制冷却プーリー型形状記憶合金熱エンジン開発のための冷却機構の研究開発
一般財団法人前川報恩会: 平成27 年度学術研究
研究期間: 2015年12月 - 2016年12月    代表者: 長 弘基
形状記憶合金メッシュによるシート状アクチュエータ素材の開発
公益財団法人北九州産業学術推進機構: 平成27年度新成長戦略推進研究開発事業(シーズ創出・実用性検証事業)
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 長 弘基
渦巻きばね型形状記憶合金素子を用いた貯湯加熱型低温排熱回収機構の開発事業
財団法人JKA: 平成26年度自転車等機械工業振興事業補助金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 長 弘基
形状記憶合金を用いた位置およびトルク制御システムの構築と設計支援ツールの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 佐久間 敏雄