伊東 拓

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 03:20
 
アバター
研究者氏名
伊東 拓
 
イトウ タク
URL
http://navlab.su.cit.nihon-u.ac.jp/itoh_lab/doku.php?id=index.html
所属
日本大学
部署
生産工学部数理情報工学科
職名
専任講師
学位
博士 (工学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
成蹊大学 理工学部 情報科学科 助手
 
2008年4月
 - 
2012年6月
成蹊大学 理工学部 情報科学科 助教
 
2011年4月
 - 
2012年6月
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 非常勤講師
 
2012年7月
 - 
2015年3月
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
成蹊大学 理工学部 情報科学科 非常勤講師
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
山形大学 工学部 電子情報工学科
 
2001年4月
 - 
2003年3月
筑波大学 理工学研究科 理工学専攻
 
2003年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻
 

委員歴

 
2012年9月
   
 
日本シミュレーション学会  代議員
 

受賞

 
2014年10月
日本シミュレーション学会 Outstanding Presentation Award Investigation of Meshless Time-Domain Method with Interpolating Moving Least-Squares Based Shape Functions
 
2008年9月
日本応用数理学会 2008年度日本応用数理学会論文賞 (応用部門) 多重連結領域数値等角写像のPadé近似を用いた電荷点配置法
受賞者: 呂 毅斌,伊東 拓,櫻井鉄也
 
2006年4月
日本応用数理学会 日本応用数理学会・2005年度若手優秀講演賞 陰関数曲面モデルと属性情報関数の同時生成
 

論文

 
S. Ikuno, G. Chen, T. Itoh, S. Nakata, and K. Abe
Trans. on Magnetics   53(6) Art. no. 7202204   2017年6月   [査読有り]
T. Itoh, A. Saitoh, S. Ikuno, and A. Kamitani
Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering (JASSE)   3(2) 188-205   2017年4月   [査読有り]
S. Ikuno, G. Chen, S. Yamamoto, T. Itoh, K. Abe, and H. Nakamura
Plasma and Fusion Research   11 Art. no. 2406021   2016年3月   [査読有り]
T. Itoh and S. Ikuno
Trans. on Magnetics   52(3) Art. no. 7207404   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
伊東拓
Medical Imaging Technology   33(4) 185-189   2015年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
大野澄雄 編,伊東拓 (第9章),他著者9名 (担当:共著, 範囲:第9章 継承)
コロナ社   2014年10月   ISBN:978-4-339-02487-6
日本シミュレーション学会 編,他多数.担当範囲著者:伊東拓,仲田晋 (担当:共著, 範囲:第VII分野 (可視化)「陰関数曲面法と可視化」)
コロナ社   2012年2月   ISBN:978-4-339-02458-6

講演・口頭発表等

 
Parallelization of Variable Preconditioned Krylov Subspace Method for Linear System Obtained from Meshless Approaches
S. Ikuno and T. Itoh
18th SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing   2018年3月7日   
位置情報を利用した在室管理システムの開発
鹿島遼, 伊東拓
日本大学生産工学部第50回学術講演会 (講演概要集 pp. 859-860)   2017年12月2日   日本大学生産工学部
陰関数を用いた発泡金属のモデリング
野尻桃子, 伊東拓
日本大学生産工学部第50回学術講演会 (講演概要集 pp. 863-864)   2017年12月2日   日本大学生産工学部
Numerical Investigation of Convergence Property of Iterative Method for Linear System Obtained from Meshless Approaches
S. Ikuno and T. Itoh
JSST 2017 (Proceedings of JSST 2017, pp. 253-254)   2017年10月26日   
Numerical Investigation of Electromagnetic Wave Propagation Simulation in Double-Tapered Waveguide by Meshless Time-Domain Method
T. Itoh, S. Ikuno, and H. Nakamura
JSST 2017 (Proceedings of JSST 2017, pp. 94-96)   2017年10月25日   

競争的資金等の研究課題

 
メッシュレス法による微小スケール領域での電磁波伝搬シミュレーション
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 伊東 拓
3次元複雑領域における電磁波伝搬解析のための安定なメッシュレス法の開発と高速化
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 伊東 拓
複雑領域に対する陰関数ベース高速メッシュレス解析システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 伊東 拓
有限節点法,境界節点法の完全メッシュレス化とその工学的応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 生野 壮一郎
Delaunay分割に基づいた陰関数曲面の生成
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 伊東 拓

その他

 
2018年4月
筑波大学のスパコン(COMA)の学際共同利用研究課題:電磁界解析問題におけるMTDMとKrylov部分空間解法の高速化研究代表者:伊東 拓
2017年4月
東京大学/筑波大学のスパコン(Oakforest-PACS, COMA, HA-PACS/TCA)の学際共同利用研究課題:電磁界解析問題におけるMTDMとKrylov部分空間解法の高速化研究代表者:伊東 拓
2014年4月
筑波大学のスパコン(COMA, HA-PACS/TCA)の学際共同利用研究課題:電磁界解析問題におけるMTDMとKrylov部分空間解法の高速化研究代表者:伊東 拓