OTA Masaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 10, 2018 at 16:30
 
Avatar
Name
OTA Masaki
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e210dfaedbe375cbb4c99559f7cff4c7.html
Affiliation
Tohoku University
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
日本学術振興会特別研究員(DC2) 日本学術振興会特別研究員(DC2), 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒研究センター
 
Mar 2010
 - 
Dec 2010
Guest Researcher, Kalrsruhe Institute of Technology (KIT)/Universität Karlsruhe
 
Apr 2007
   
 
助教, 東北大学大学院工学研究科
 

Education

 
 
 - 
Mar 2007
Chemical Engineering, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 2002
Faculty of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1998
埼玉県立浦和高等学校
 

Committee Memberships

 
Jul 2011
 - 
Today
宮城県藻類産業フォーラム  実行委員
 
Apr 2007
 - 
Today
SCF-TT研究会(超臨界流体ミニワークショップ)  実行委員
 
Apr 2007
 - 
Today
持続工学研究会  実行委員
 
Dec 2015
 - 
Nov 2017
文部科学省科学研究費補助金審査委員会  審査委員
 
Apr 2009
 - 
Mar 2017
化学工学会東北支部  運営委員(若手の会セミナー担当)
 

Awards & Honors

 
Apr 2018
The Young Scientists’ Prize, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
 
Oct 2017
日本学術振興会平成29年度審査委員の表彰, 日本学術振興会
 
Oct 2017
安心かつ安全な食品製造のための新たな抽出技術の開発, 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団研究助成, 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団
 
Feb 2017
藻類のミルキング培養法による省エネ型バイオ燃料生産プロセスの開発, 公益財団法人発酵研究所一般研究助成, 公益財団法人発酵研究所
 
研究課題3
Jul 2016
経口物質製造における安心安全な抽出分離溶媒の開発, 公益財団法人戸部眞紀財団研究助成, 公益財団法人戸部眞紀財団
 
Mar 2013
藻類バイオマス由来油脂類の生産促進機構の解析, 公益財団法人トーキン科学技術振興財団第23回トーキン科学技術賞(奨励賞), 公益財団法人トーキン科学技術振興財団
 
Jan 2013
藻類バイオマス利活用推進のための高二酸化炭素濃度下無滅菌培養技術の開発, 一般財団法人前川報恩会研究助成, 一般財団法人前川報恩会
 
Jan 2012
次世代機能性バイオマス開発のための微細藻類におけるCO2耐性機構の解明, 財団法人国際科学技術財団研究助成, 財団法人国際科学技術財団
 
Apr 2010
常温かつ低圧域での操作性を考慮した高含有率・高速吸着を目指す水素貯蔵媒体の開発, 財団法人新井科学技術振興財団研究助成, 財団法人新井科学技術振興財団
 
Jan 2010
二酸化炭素の固定・変換・有効利用に関する研究, 財団法人青葉工学振興会青葉工学研究奨励賞, 財団法人青葉工学振興会
 
Mar 2009
安心かつ安全性の高い経口物を製造するための新規方法論の開発, 財団法人向科学技術振興財団研究助成, 財団法人向科学技術振興財団
 
Nov 2007
水生バイオマスの工学的利用推進のための高選択的油脂生産制御法の開発, 財団法人日本証券奨学財団研究調査助成, 財団法人日本証券奨学財団
 
Sep 2007
微細藻類からの高効率バイオ燃料生産のための糖質の高選択的生産機構の解明, 財団法人日揮・実吉奨学会研究助成, 財団法人日揮・実吉奨学会
 
Aug 2007
微細藻類の工学的利用推進のための代謝物の高選択的生産における機構解明と数学モデル構築, 財団法人服部報公会工学研究奨励援助, 財団法人服部報公会
 
Mar 2007
微細藻類および脂質の生産性制御に関する研究, 東北大学大学院工学研究科長賞, 東北大学
 
Feb 2005
CO2を利用した環境調和型メタンハイドレート回収に関する速度論的研究, 第13回日本エネルギー学会年次大会奨励賞, 日本エネルギー学会
 

Published Papers

 
OTA Masaki
Chemical Engineering Research and Design   136 251-261   Aug 2018   [Refereed]
Yuki Hoshino, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith Jr., Hiroshi Inomata
The Journal of Supercritical Fluids   136 37-43   Feb 2018   [Refereed]
Masaki Ota, Yoshiaki Hashimoto, Megumi Sato, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   425 65-71   Oct 2016   [Refereed]
Masaki Ota, Yoshitaka Kato, Hiromoto Watanabe, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith, Jr., Hiroshi Inomata
Bioresouce Technology   100(21) 5237-5242   Jul 2009   [Refereed]
Hiroyuki Komatsu, Masaki Ota, Richard L. Smith Jr., Hiroshi Inomata
Journal of the Taiwan Institute of Chemical Engineers   44(4) 517-537   2013   [Refereed][Invited]
基礎物性に基づく高圧抽出分離プロセスの開発
大田昌樹
分離技術   47(6) 374-378   Dec 2017   [Refereed][Invited]
Masaki Ota, Satoshi Sugahara, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   434 44-48   Feb 2017   [Refereed]
小野巧,秋元啓太,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
化学工学論文集   44(1) 67-70   Jan 2018   [Refereed]
大田昌樹,濱野裕一郎,菱沼藤丸,平賀佑也,宇敷育男,小野巧,佐藤善之,猪股宏
化学工学論文集   44(2) 103-106   Mar 2018   [Refereed]
Extraction of functional lipids from Nannochloropsis sp.
大田昌樹,松井勇樹,濱邊友理,佐藤善之,猪股宏
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI      2018   [Refereed]
大田昌樹,小田絵里佳,片岡駿友,佐藤善之,猪股宏
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI      2018   [Refereed]
Taku Michael Aida,Ryouma Maruta, Yuuhiko Tanabe, Minori Oshima, Toshiyuki Nonaka, Hiroki Kujiraoka, Yasuaki Kumagai, Masaki Ota, Iwane Suzuki, Makoto M. Watanabe, Hiroshi Inomata, Richard L. Smith Jr
Bioresource Technology   228 186-192   Mar 2017   [Refereed]
Ikuo Ushiki, Naoto Takahashi, Taichi Shimizu, Yoshiyuki Sato, Masaki Ota, Richard L. Smith Jr., Hiroshi Inomata
The Journal of Supercritical Fluids   120 240-248   Feb 2017   [Refereed]
Chisato Oba, Masaki Ota, Koichiro Nomura, Hironori Fujiwara, Jiro Takito, Yoshiyuki Sato, Yasushi Ohizumi, Hiroshi Inomata
Phytomedicine   27 33-38   Jan 2017   [Refereed]
寺谷彰悟、大田昌樹、佐藤善之、猪股宏
Journal of the Japan Petroleum Institute   60(1) 26-33   Jan 2017   [Refereed]
Takumi Ono, Moe Kyoda, Ryosuke Amezawa, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   453 13-23   2017   [Refereed]
Masaki Ota, Megumi Sato, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith Jr., Hiroshi Inomata
The Journal of Supercritical Fluids   128 166-172   2017   [Refereed]
Jiro Takito, Masaki Ota, Chisato Oba, Hironori Fujiwara, Kiyoshi Murata, Kikuji Yamaguchi, Nobuyuki Uozumi, Masanori Nakamura, Hiroshi Inomata, Yasushi Ohizumi
Planta Medica International Open   3 e60-e63   Dec 2016   [Refereed]
Takumi Ono, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Molecular Physics   114(20) 2974-2982   Dec 2016   [Refereed]
Taku Michael Aida, Toshiyuki Nonaka, Shinya Fukuda, Hiroki Kujiraoka, Yasuaki Kumagai, Ryoma Maruta, Masaki Ota, Iwane Suzuki, Makoto M. Watanabe, Hiroshi Inomata, Richard Lee Smith Jr.
Algal Research   18 61-68   Jul 2016   [Refereed]
Ikuo Ushiki, Yoshiyuki Sato, Masaki Ota, Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   420 58-67   Jul 2016   [Refereed]
菅原啓,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
化学工学論文集   42(2) 42-47   Jul 2016   [Refereed]
Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Industrial & Engineering Chemistry Research   55(7) 2163-2173   Apr 2016   [Refereed]
Naoto Takahashi, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Journal of Supercritical Fluids   107 226-233   Feb 2016   [Refereed]
Taichi Shimizu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Chemical Engineering Research and Design   104 174-179   Dec 2015   [Refereed]
Takumi Ono, Ryosuke Amezawa, Ayako Igarashi, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   407 198-208   Nov 2015   [Refereed]
Yuya Maeta, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
Fluid Phase Equilibria   405 96-100   Nov 2015   [Refereed]
橋本吉晃,大田昌樹,佐藤善之,大泉康,猪股宏
化学工学論文集   41(5) 293-297   Sep 2015   [Refereed]
Masaki Ota, Motohiro Takenaka, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
Biotechnology Reports   7 24-29   Sep 2015   [Refereed][Invited]
Masaki Ota, Motohiro Takenaka, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
Biotechnology Progress   31(4) 1053-1057   Sep 2015   [Refereed][Invited]
T. Shimizu, I. Ushiki, M. Ota, Y. Sato, N. Koizumi, H. Inomata
Chemical Engineering Research and Design   95 64-68   2015   [Refereed]
Masaki Ota, Mika Hayashi, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Kagakukougaku-Ronbunshu   41(2) 73-77   2015   [Refereed]
Hiroyuki Komatsu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Masaru Watanabe, Richard L. Smith, Jr. and Hiroshi Inomata
AIChE Journal   61(3) 992-1003   2015   [Refereed]
Yoshiaki Hashimoto, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Kagakukougaku-Ronbunshu   40(6) .481-485   Aug 2014   [Refereed]
Yuki Matsui, Ryo Katayama, Yuki Tamura, Shogo Teratani, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
Journal of the Japan Petroleum Institute   57(3) 118-124   May 2014   [Refereed]
Takumi Ono, Kyouhei Horikawa, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
JOURNAL OF CHEMICAL AND ENGINEERING DATA   59(4) 1024-1030   Mar 2014   [Refereed]
秋元 啓太、大田 昌樹、佐藤 善之、猪股 宏
Kagakukougaku-Ronbunshu   40(2) 79-83   Feb 2014   [Refereed]
Hiroyuki Komatsu; Masaki Ota; Yoshiyuki Sato; Masaru Watanabe; Richard L Smith Jr.
Chemical Engineering Science   108(28) 270-282   2014   [Refereed]
T. Shimizu, I. Ushiki, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata
Journal of Chemical Engineering of Japan   45(8) 615-621   Jan 2013   [Refereed]
Taichi Shimizu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata, Yoshinao Nakagawa, Tetsuya Nanba
Journal of the Japan petroleum institute   56(5) 312-316   Dec 2012   [Refereed]
Ikuo Ushiki; Takashi Asaka; Yusuke Yoshizawa; Kazunori Kashiwagi; Masaki Ota; Yoshiyuki Sato; Hiroshi Inomata
Journal of Chemical Engineering of Japan   45(12) 931-938   Dec 2012   [Refereed]
宇敷 育男、寺谷彰悟、大田 昌樹、佐藤 善之、猪股 宏
Kagakukougaku-Ronbunshu   38(6) 391-396   Dec 2012   [Refereed]
Measurement of the adsorption equilibria of hydrogen and of carbon dioxide in clathrate and semi-clathrate hydrates
Hiroyuki Komatsu, Atsushi Hayasaka, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Masaru Watanabe, Richard Lee Smith Jr.
6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS2012)      Oct 2012
OP 12
Hydrogen bond lifetime in supercritical methanol-water mixture
Takumi Ono, Yuki Maeda, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS2012)      Sep 2012
PP25
Measurement and Prediction of VOCs Adsorption Equilibria on Activated Carbon in Supercritical Carbon Dioxide
Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
10th International Symposium on Supercritical Fluids   P-1302    May 2012   [Refereed]
Tuesday Poster Session Presentations - II
P-1300 Separation Processes P-1302
4:45 pm to 6:30 pm
All posters are on display all day Monday and Tuesday Pacific Concourse is the location of the Poster Sessions, Exhibits and Breaks
宇敷 育男、寺谷彰悟、大田 昌樹、佐藤 善之、猪股 宏
Kagakukougaku-Ronbunshu   37(6) 512-517   Dec 2011   [Refereed]
Prediction of Adsorption Equilibria on Activated Carbon in Supercritical Carbon Dioxide
I. Ushiki, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata
9th International Conference on Separation Science and Technology      Oct 2011   [Refereed]
Preparation of Mesoporous Silica-supported FT Catalysts Using Supercritical Fluids
T. Shimizu, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata
9th International Conference on Separation Science and Technology      Oct 2011   [Refereed]
財団法人新井科学技術振興財団平成21年度研究成果集
大田昌樹
常温かつ低圧域での操作性を考慮した高含有率・高速吸着を目指す水素貯蔵媒体の開発      Apr 2011
Masaki Ota, Yoshitaka Kato, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith, Jr., Rosa Rosello, Clemens Posten, Hiroshi Inomata
Bioresouce Technology   102 3286-3292   Feb 2011   [Refereed]
Hiroki Yoshioka, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Masaru Watanabe, Hiroshi Inomata, Richard L. Smith, Jr., Cor J. Peters
AIChE Journal   57 265-272   Jan 2011   [Refereed]
大田昌樹,入内島斎,野村幸一郎,佐藤善之,猪股宏
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI   57(11) 464-471   Dec 2010   [Refereed]
佐藤 恵、武田 圭右、大田 昌樹、佐藤 善之、猪股 宏
Kagakukougaku-Ronbunshu   36 466-471   Dec 2010   [Refereed]
安心かつ安全な経口物を製造するための新規方法論の開発
大田昌樹
財団法人向科学技術振興財団平成20年度研究報告集      Dec 2010   [Refereed][Invited]
Hiroyuki Komatsu, Hiroki Yoshioka, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Masaru Watanabe, Richard L. Smith, Jr., Cor J. Peters
Journal of Chemical Engineering Data   55(6) 2214-2218   Jun 2010   [Refereed]
Phase equilibrium of hydrogen + cyclopentane clathrate hydrate
H. Komatsu, H. Yoshioka, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata, R. L. Smith Jr
5th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS2009)      Oct 2009   [Refereed]
Masaki Ota, Hiromoto Watanabe, Yoshitaka Kato, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
Journal of Separation Science   32 2327-2335   Jun 2009   [Refereed][Invited]
Masaki Ota, Yoshitaka Kato, Hiromoto Watanabe, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
Biotechnology Progress   25(2) 492-498   Apr 2009   [Refereed][Invited]
Biotechnology Progressの2009年3月のMost Accessed Articles 10
微細藻類からの高効率バイオ燃料生産のための糖質の高選択的生産機構の解明
大田昌樹
財団法人日揮・実吉奨学会平成19年度研究助成金受給者研究報告集   26 7-9   Mar 2009   [Invited]
Y. Nagai, H. Yoshioka, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata, R. L. Smith Jr., Cor. J. Peters
AIChE Journal   54(11) 3007-3016   Nov 2008   [Refereed]
Solublility estimation of Unshu Citrus-peels components in supercritical CO2 using a dynamic extraction model
M. Ota, I. Iriuchijima, Y. Sato, R. L. Smith, Jr., H. Inomata
8th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST08)      Oct 2008   [Refereed]
FP-18
Effect of metastable zone on supercritical antisolvent crystaliztion for EGDS
H. Inomata, K. Kashiwagi, D. Takahashi, M. Ota, Y. Sato
8th International Conference on Separation Science and Technology      Oct 2008   [Refereed]
AO-10
高橋麻耶子、大田昌樹、保科貴亮、渡邉賢、佐藤善之、猪股宏
日本エネルギー学会誌   87(9) 713-718   Sep 2008   [Refereed][Invited]
高橋麻耶子、相澤雄一、大田昌樹、保科貴亮、渡邉賢、佐藤善之、猪股宏
日本エネルギー学会誌   87(9) 706-712   Sep 2008   [Refereed]
Tsutomu Aida, Ai Yamazaki, Makoto Akutsu, Takumi Ono, Akihiro Kanno,Taka-aki Hoshina, Masaki Ota, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith, Jr., Hiroshi Inomata
REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS   78 1151111-1151113   Oct 2007   [Refereed]
Masaki Ota, Takeomi Saito, Tsutomu Aida, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith, Jr. and Hiroshi Inomata
AIChE Journal   53(10) 2715-2721   Oct 2007   [Refereed]
M. Takahashi, H. Watanabe, J. Kikkawa, M. Ota, M. Watanabe, Y. Sato, H. Inomata, N. Sato
Analytical Science   22 1441-1447   Nov 2006   [Refereed]
M. Ota, Y. Abe, M. Watanabe, R. L. Smith, Jr., H. Inomata
Fluid Phase Equilibria   228/229 553-559   May 2005   [Refereed]
M. Ota, K. Morohashi, Y. Abe, M. Watanabe, R. L. Smith, Jr., H. Inomata
Energy Conversion Management   46 1680-1691   May 2005   [Refereed]
Methane recovery from its hydrate using pressurized CO2
M.Ota, K.Morohashi, Y.Abe, M.Watanabe, R.L.Smith, Jr., H.Inomata
Proceeding of 10th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design   115   May 2004   [Refereed]
Guest molecule exchange of CH4-hydrate in the presence of liquid CO2
M. Ota, K.Morohashi, Y.Abe, M.Watanabe, R.L.Smith, Jr., H.Inomata
Proceeding of 3rd International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation   313-320   May 2003   [Refereed]

Misc

 
微細藻類からのバイオ燃料生産研究の最近の情勢
大田昌樹
Petrotech   33(2) 96-100   Jan 2010
微細藻類のカスケード利用と超臨界流体技術
大田昌樹
NTSセミナー講演要旨集 第4講      Dec 2009
二酸化炭素の固定・変換・有効利用に関する研究
大田昌樹
翠巒      2010
溶解度パラメーターに関する最近のTOPICS
大田昌樹
化学工学   80(12) 802-802   Dec 2016
ドイツが主導するエネルギーシフトの視察旅行を終えて
大田昌樹
Guten Tag   22    Dec 2012

Conference Activities & Talks

 
Green Solvent Selection for Replacing Halogenated Solvents in Processing of Organic Solar Cells
Alif Duereh, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
6th International Solvothermal and Hydrothermal Association Conference (ISHA2018)   11 Aug 2018   
3B09
High pressure counter-current extraction of hops extract
Yuki Hoshino, Masaki Ota*, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST17)   9 Nov 2017   
Study on correlation methodology of solubility of natural components in supercritical CO2 with/without ethanol co-solvent -A versatile aggregation parameter based on thermal pressure coefficient-
Masaki Ota*, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith, Jr., Hiroshi Inomata
11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST17)   9 Nov 2017   
分子動力学を用いたKirkwood-Buff理論に基づく高温高圧アルコール水溶液の密度ゆらぎの解析
(東北大院工) (学)洞 俊貴・ ○(学·技基)古川 凌・ (正)小野 巧・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第49回秋季大会(名古屋大)   20 Sep 2017   
膜乳化法における液滴生成形状を考慮した液滴径予測モデルの検討
(東北大院工) ○(正)小野 巧・ (東北大工) 佐藤 優衣・ (東北大院工) (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第49回秋季大会(名古屋大)   20 Sep 2017   
超臨界含浸法に向けたメソポーラスシリカへの金属前駆体吸着平衡のモデリング
(東北大院工) ○(学·技基)小池 美旺・ (広大院工) (正)宇敷 育男・ (東北大院工) (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第49回秋季大会(名古屋大)   20 Sep 2017   
天然物の機能性材料化に向けての新しい無次元数(アグリゲーションパラメーター)の応用
(東北大院工) ○(正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)スミス リチャード・ (正)猪股 宏
化学工学会第49回秋季大会(名古屋大)   20 Sep 2017   
高圧気液平衡に基づくホップエキスの分画における操作因子の効果
(東北大院工) ○(学·技基)星野 友貴・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第49回秋季大会(名古屋大)   20 Sep 2017   
詳細構造解析データを用いた重質油系の高温高圧相平衡推算法
(東北大)佐藤 颯真, 岩崎 良亮, 大田 昌樹, 佐藤 善之, 猪股 宏, 寺谷 彰悟
日本エネルギー学会第26回年次大会   1 Aug 2017   
1-4-3
緑藻Botryococcus brauniiが生産する炭化水素の湿式連続抽出技術の開発
(東北大)○大田昌樹,濱野裕一郎,平賀佑也,佐藤善之,猪股宏
日本エネルギー学会第26回年次大会   1 Aug 2017   
3-2-3
Supercritical Fluid Technology for Food Processing
Masaki OTA, Hiroshi Inomata
International Food Research Conference 2017 (IFRC 2017)   25 Jul 2017   
Plenary 2
緑藻Botryococcus brauniiのミルキング培養法に関する定量的評価
(東北大院・工)○大田昌樹, 濱野裕一郎, 平賀佑也, 佐藤善之, 猪股宏
第19回マリンバイオテクノロジー学会(東北大)   2 Jun 2017   
P-B-17
高圧気液平衡に基づく天然物エキスの精密分画に関する研究
(東北大院工)○(学)星野友貴・(学)菅原啓・(正)大田昌樹・(正)佐藤善之・(正)猪股宏
29 May 2017   
詳細構造解析データに基づく重質油系の相平衡推算に関する研究
◯(学)佐藤颯真・ (正)大田昌樹・ (正)佐藤善之・ (正)猪股宏
第19回宮城懇話会先端研究発表会   29 May 2017   
A107
MD シミュレーションによる高温高圧下のメタノール水溶液周囲の配位構造解析
(東北大院・工)○(正)小野 巧,(東北大院・工)(学)洞 俊貴,(東北大院・工) (正)大田昌樹,(東北大院・工)(正)佐藤善之,(東北大院・工)(正)猪股 宏
分離技術会年会2017(明治大学)   26 May 2017   
S1-2
パルプ蒸解水溶液からのバニリンの超臨界CO2抽出
(東北大院・工)○(学)古川凌,Alif Duereh,(正)大田昌樹,(正)佐藤善之,(正)猪股宏
分離技術会年会2017(明治大学)   26 May 2017   
S4-P5
常温から水の臨界点近傍におけるアルコール水溶液の密度・粘度測定および温度・圧力・アルコール種依存性の検討
(東北大院・工)〇(学)茂垣貴久,(学)経田萌,(協)小野巧,(正)大田昌樹,(正)佐藤善之,(正)猪股宏
分離技術会年会2017(明治大学)   26 May 2017   
S1-P2
乳製品副産物からの超臨界流体抽出とモデル適用による抽出挙動の解析
(東北大院工) ○(学·技基)小田 絵里佳・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏・ (シャローム) 金 辰彦・ 関家 映兒
化学工学会第82年会(芝浦工業大学)   6 Mar 2017   
PA117
微細藻類Botryococcus brauniiが産生する炭化水素の連続抽出に関する検討
(東北大院工) (学)濱野 裕一郎・ (正)平賀 佑也・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第82年会(芝浦工業大学)   6 Mar 2017   
PA141
高温高圧アルコール水溶液の密度・粘度挙動と自己・相互拡散係数の関係
(東北大院工) (正)○小野 巧・ (学)洞 俊貴・ (学)経田 萌・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第48回秋季大会(徳島大)   6 Sep 2016   
F207
分子動力学法による高温高圧メタノール水溶液の熱力学量算出に関する検討
(東北大院工) (学)○洞 俊貴・ (正)小野 巧・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第48回秋季大会(徳島大)   6 Sep 2016   
F206
使用済活性炭再生プロセスの最適化に向けた超臨界CO2雰囲気下におけるVOC吸脱着挙動に関する検討
(東北大院工) (学)○菊地 孝一・ (東北大院環) (正)宇敷 育男・ (東北大院工) (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏・ (ダイダン) (正)伊藤 康孝
化学工学会第48回秋季大会(徳島大)   6 Sep 2016   
F302
超臨界法による担持触媒調製へ向けたメソポーラスシリカに対する金属前駆体吸着挙動の測定及び速度論的モデリング
(東北大院環) (正)○宇敷 育男・ (東北大院工) 高橋 直人・ (学)小池 美旺・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (東北大院環) (正)Smith Richard・ (東北大院工) (正)猪股 宏
化学工学会第48回秋季大会(徳島大)   6 Sep 2016   
F313
高圧流体を用いた医薬食品製造におけるエントロピー型溶解度パラメーターの応用
(東北大院工) ○ (正)大田 昌樹
化学工学会第48回秋季大会(徳島大)   6 Sep 2016   
F308
メタンハイドレートに関する複合解離反応モデルの構築
(東北大)小野優太朗, 大田昌樹, 渡邉賢, 塚田隆夫, Richard Lee Smith Jr., 小松博幸
日本エネルギー学会第25回年次大会   9 Aug 2016   
2-2-3
Botryococcus braunii の藻体循環利用プロセスに向けた コロニー連続解砕法の検討
(東北大)濱野裕一郎, 平賀佑也, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
第8回藻類バイオマスプロセス開発研究会(筑波大学)   8 Aug 2016   
A7
Nutrient recovery from defatted microalgae (Aurantiochytrium limacinum) with high temperature water using a continuous flow reactor
T. M. Aida, K. Ozawa, T. Nonaka, S. Fukuda, Y. Tanabe, M. Ota, I. Suzuki, M. M. Watanabe, H. Inomata, R. L. Smith, Jr.
The 6th International Conference on Algal Biomass, Biofuels and Bioproducts   27 Jun 2016   
O2.11
Adsorption behavior of metal precursors on mesoporous silica in supercritical carbon dioxide
Ikuo Ushiki, Naoto Takahashi, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith Jr. and Hiroshi Inoma
14th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design 2016(PPEPPD 2016)   22 May 2016   
3 – P39(May, 25, 12:30-15:00)
高温高圧アルコール水溶液の特徴的な密度・粘度挙動の解析および相関手法の検討
(東北大院工) 小野巧, 雨澤亮介, 経田萌, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
化学工学会第81年会(関西大学)   13 Mar 2016   
N113
重質油系の相平衡計算における留分キャラクタリゼーションの影響
(東北大院工) 岩崎良亮, 阿部光平, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
化学工学会第81年会(関西大学)   13 Mar 2016   
ZAP310
乳製品副産物に含まれる機能性成分のカスケード分画に関する検討
(東北大院工) 小田絵里佳, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏, (シャローム)金辰彦, 関家映兒
化学工学会第81年会(関西大学)   13 Mar 2016   
ZAA226
重質油系相平衡計算における留分の物性値推手法の影響
◯(学)岩崎良亮・ (学)阿部光平・ (正)大田昌樹・ (正)佐藤善之・ (正)猪股宏
第18回宮城懇話会先端研究発表会   10 Mar 2016   
A103
単一細孔を用いたエマルション生成挙動観察および生成モデルの検討
(東北大工) ヌルルアティカ, 洞俊貴, 小野巧, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
第18回化学工学会学生発表会(浜松大会)   5 Mar 2016   
D108
高温高圧アルコール水溶液の密度・粘度測定及び溶液構造の考察
(東北大工) 経田萌, 雨澤亮介, 小野巧, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
第18回化学工学会学生発表会(浜松大会)   5 Mar 2016   
A101
緑藻Botryococcus brauniiのミルキングを目指した炭化水素抽出法の検討
(東北大)濱野裕一郎, 平賀佑也, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
第7回藻類バイオマスプロセス開発研究会   4 Feb 2016   
A707
Measurement and modeling of adsorption equilibria of metal complex in supercritical carbon dioxide for metal-supported porous materials
Ikuo Ushiki, Naoto Takahashi, Taichi Shimizu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata, Richard L. Smith Jr.
International Symposium on Supercritical Fluids (ISSF) 2015   11 Oct 2015   
超臨界流体精留塔を用いた天然物抽出エキス分画に対する操作因子の効果
(東北大院工) (学)○菅原 啓・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第47回秋季大会(北海道大)   9 Sep 2015   
超臨界CO2雰囲気下における多孔性シリカへの触媒金属前駆体の吸着平衡測定と解析
(東北大院工) (学)○高橋 直人・ (東北大院環境) (正)宇敷 育男・ (東北大院工) (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第47回秋季大会(北海道大)   9 Sep 2015   
担持触媒調製に向けた超臨界CO2中におけるメソポーラスシリカへの金属前駆体の吸着平衡
○ ( 学 ) 髙橋直人・ ( 正 ) 宇敷育男・ ( 正 ) 大田昌樹・ ( 正 ) 佐藤善之・ ( 正 ) 猪股宏
第17回宮城懇話会先端研究発表会   7 Sep 2015   
A115
超臨界流体精留塔を用いた天然物エキスの分画
○ ( 学 ) 菅原啓・ ( 正 ) 大田昌樹・ ( 正 ) 佐藤善之・ ( 正 ) 猪股宏
第17回宮城懇話会先端研究発表会   7 Sep 2015   
A107
Development of a generalization model of VOCs adsorption equilibiria on various adsorbents under supercritical carbon dioxide conditions by using the Dubinin-Astakhov equation
Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata*
7th International Symposium of Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation   4 Aug 2015   
OP 7
Prediction of VOCs adsorption equilibria on various adsorbents in supercritical carbon dioxide by using pure component adsorption data
Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata*
7th International Symposium of Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation   4 Aug 2015   
PP 2
Dynamic properties of methanol-water mixture in the temperature range up to 476.2 K and high pressure via molecular dynamics simulation
Takumi Ono, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata*
7th International Symposium of Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation   4 Aug 2015   
PP 4
培養の高効率化に向けたBotryococcus brauniiのミルキング培養法の検討
(東北大)菱沼藤丸,○大田昌樹,宇敷育男,佐藤善之,猪股宏
日本エネルギー学会第24回年次大会   4 Aug 2015   
3-10-3
溶媒+常圧残油軽質留分系の相平衡測定および相挙動予測法の開発に向けた検討
(東北大)○岩崎良亮,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
日本エネルギー学会第24回年次大会   4 Aug 2015   
1-4-1
Continuous hydrocarbon production from Botryococcus braunii
F. Hishinuma, M. Ota, I. Ushiki, Y. Sato, H. Inomata
The 5th International Conference on Algal Biomass, Biofuels and Bioproducts   7 Jun 2015   
P2.21
Liquefacation of oil extracted microalgae using high temperature water
T. M. Aida, R. Maruta, Y. Tanabe, Y. Kumagai, T. Nonaka, I. Suzuki, M. M. Watanabe, M. Ota, H. Inomata, R. L. Smith, Jr.
The 5th International Conference on Algal Biomass, Biofuels and Bioproducts   7 Jun 2015   
P1.72
Hydrothermal treatment of municipal sludge for microalgae cultivation
T. M. Aida, T. Nonaka, S. Fukuda, M. Ota, I. Suzuki, M. M. Watanabe, H. Inomata
The 5th International Conference on Algal Biomass, Biofuels and Bioproducts   7 Jun 2015   
P2.33
重質油改質プロセスの構築を目的とした溶媒+重質油系相平衡の測定およびモデル化
(東北大院工)○(学)阿部 光平,(学)岩崎 良亮,(協)大田 昌樹,(正)佐藤 善之,(正)猪股 宏
分離技術会年会2015   28 May 2015   
S1-P15
高圧CO 2 を用いた貧溶媒化法によるローヤルゼリー含有タンパク質の分離濃縮法の検討
(東北大院工)○(学)小田 絵里佳,(学)菅原 啓,(協)大田 昌樹,(正) 佐藤 善之,(正) 猪股 宏
分離技術会年会2015   28 May 2015   
S4-P5
乳素材含有機能性成分の超臨界CO2抽出を用いたカスケード的分離
(東北大院工)(学)片岡 駿友,(協)大田 昌樹,(正)佐藤 善之,○(正)猪股 宏
分離技術会年会2015   28 May 2015   
S4-6
超臨界法による担持触媒調製に向けたメソポーラスシリカへの金属前駆体吸着平衡測定
(東北大院工) ○(学)清水 太一・ (学)高橋 直人・ (正)宇敷 育男・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第80年会(芝浦工大)   19 Mar 2015   
V314
超臨界CO2を用いた活性炭からのVOC脱着実験および速度論モデルによる相関
(東北大工) ○(学)菊地 孝一・ (東北大院工) (正)宇敷 育男・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
第17回化学工学会学生発表会(八戸大会)   7 Mar 2015   
C09
微細藻類由来のバイオ燃料精製に向けた減圧蒸留の検討
(東北大工) ○(学)吉澤 優一朗・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
第17回化学工学会学生発表会(八戸大会)   7 Mar 2015   
D22
微細藻類のエネルギー利用に向けた脱溶媒工程における 蒸留プロセスの検討
(東北大)○吉澤優一朗、菱沼藤丸、宇敷育男、大田昌樹、佐藤善之、猪股宏
第5回藻類バイオマスプロセス開発研究会   6 Feb 2015   
A7 14:30-14:45
緑藻Botryococcus braunii 循環利用を目指したミルキング方法の検討
(東北大)〇菱沼藤丸,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
第5回藻類バイオマスプロセス開発研究会   6 Feb 2015   
A11 15:40-15:55
振動管および毛細管法による476 K, 40 MPaまでのアルコール水溶液の密度・粘度同時測定
(東北大工)○小野巧,五十嵐礼子,雨澤亮介,大田昌樹,佐藤善之,猪股 宏
第35 回日本熱物性シンポジウム   24 Nov 2014   
D301
天然物抽出エキスの分離精製に向けた超臨界流体抽出法の適用性
(東北大院工) 菅原啓, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏
化学工学会新潟大会2014   22 Nov 2014   
Q119
非平衡 MD 法による高温高圧メタノール 水溶液粘度に与えるメタノール分子の親 水基の影響の検討
(東北大工)○堀川喬平、小野巧、大田昌樹、佐藤善之、猪股宏
第28回分子シミュレーション討論会   12 Nov 2014   
口頭発表L(非平衡系)318S
Measurements of Vapor-Liquid Equilibrium by a Newly Developed Flow-Type Apparatus for Modeling a Rectification Process
Y. Maeta, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata
10th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST14)   30 Oct 2014   
AP-14
Prediction of VOCs Adsorption Equilibria Under Supercritical Carbon Dioxide Conditions
I. Ushiki, M. Ota, Y. Sato, H. Inomata
10th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST14)   30 Oct 2014   
AO-02
超臨界水を用いた重質油改質プロセス構築を目指した相平衡測定および計算
(東北大)○岩崎良亮,松井勇樹,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
第51回石炭科学会議   22 Oct 2014   
29.
ONE-POT SYNTHESIS OF MESOPOROUS SILICA SUPPORTED PLATINUM CATALYSTS BY USING SUPERCRITICAL CO2
Taichi Shimizu, Hiroki Matsumoto, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
SEMINAR ON AEROGELS - Properties-Manufacture-Applications   6 Oct 2014   
Hybrid aerogels 
HA.5
乳素材含有機能性成分の分取に向けた超臨界CO2抽出法の検討
(東北大院工) ○(学)片岡 駿友 ・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏・(東北薬大)井ノ口仁一,(東北薬大)郷慎司
化学工学会第46回秋季大会(九州大)   16 Sep 2014   
超臨界COTex雰囲気下におけるVOC多成分系吸着平衡の測定及び推算モデルの開発
(東北大院工) ○(正)宇敷 育男 ・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第46回秋季大会(九州大)   16 Sep 2014   
Solvent Characterization: Key Parameters for Preparing Homogeneous Polyamic Acid (PAA) Solution
(東北大院工) ○(正)Alif Duereh ・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第46回秋季大会(九州大)   16 Sep 2014   
超臨界CO2抽出法を用いた乳素材含有機能性成分の分取の検討
○(学)片岡駿友・(正)大田昌樹・(正)佐藤善之・(正)猪股宏・(東北薬科大)井ノ口仁一・郷慎司
第15回宮城懇話会先端研究発表会   11 Sep 2014   
A108
緑藻Botryococcus braunii由来オイルの蒸留実験
(東北大)〇菅原啓,菱沼藤丸,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
第4回藻類バイオマスプロセス開発研究会   2 Aug 2014   
A213 16:40-16:55
緑藻Botryococcus brauniiの培養およびオイル抽出工程共存に関する研究
(東北大)〇菱沼藤丸,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
第4回藻類バイオマスプロセス開発研究会   2 Aug 2014   
A212 16:25-16:40
セミクラスレートハイドレートの相平衡に与える添加物の影響
(東北大)○後藤武蔵,大田昌樹,渡邉賢,RichardLeeSmithJr.,(新潟大)小松博幸
日本エネルギー学会第23回年次大会   19 Jul 2014   
2-2-2
天然物含有成分の気液平衡比測定とそれに基づく超臨界精留モ デル
(東北大工)(学)前田雄也,(協)大田昌樹,(正)佐藤善之,○(正)猪股 宏
分離技術会年会2014   28 May 2014   
S4-1
重質油改質プロセス構築に向けた常圧残油(AR)+溶媒系の相平衡測定および計算
○(学)岩崎 良亮,(学)松井 勇樹,大田昌樹,(正)佐藤善之,(正)猪股宏
分離技術会年会2014   28 May 2014   
Phase Equilibrium Study for Upgrading of Heavy Oils Using Supercritical Water
Hiroshi INOMATA*, Yoshiyuki SATO, Yuki MATSUI, Masaki OTA
14th European Meeting on Supercritical Fluids - EMSF 2014   20 May 2014   
Key note KSCF2
Influence of porous properties on mesoporous silica supported Pt catalysts for cinnamaldehyde hydrogenation in supercritical CO2
Taichi Shimizu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato. Hiroshi Inomata*
14th European Meeting on Supercritical Fluids - EMSF 2014   20 May 2014   
Oral OMS9
X-ray Compton Scattering Measurement of High Temperature High Pressure Water
Takumi ONOa, Masaki OTAa, Yoshiyuki SATOa, Masaru WATANABEa, Hiroshi INOMATAa, Ayako HAKOTANIb, Harumichi SETAb, Koichi NAKAHARAb, Masayoshi ITOUc, Yoshiharu SAKURAIc aTohoku University, Sendai; bSUNTORY GLOBAL INNOVATION CENTER LIMITED, Osaka; cJASRI, Sayo-gun, JAPAN
14th European Meeting on Supercritical Fluids - EMSF 2014   20 May 2014   
Poster SCF17
高温高圧アルコール水溶液の密度・粘度測定および推算法の構築
(東北大院工) ○(学)五十嵐 礼子・ (学)雨澤 亮介・ (正)小野 巧・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第79年会(岐阜大)   17 Mar 2014   
SC2 P05
高温高圧下におけるアルコール水溶液の密度・粘度測定および推算法の構築
○(学)五十嵐礼子・○(学)雨澤亮介・(正)小野 巧・(正)大田昌樹・(正)佐藤善之・(正)猪股宏
第14回宮城懇話会先端研究発表会   4 Mar 2014   
A106
減圧蒸留による微細藻類の有機溶媒抽出物からの溶媒回収の検討
○(東北大)菅原啓、大田昌樹、佐藤善之、猪股宏
第3回藻類バイオマスプロセス開発研究会   10 Feb 2014   
A212
緑藻Botryococcus brauniiからの脂質生産に向けた培養と有機溶媒抽出共存に関する研究
○(東北大)菱沼藤丸、野中利之、大田昌樹、佐藤善之、猪股宏
第3回藻類バイオマスプロセス開発研究会   10 Feb 2014   
A211
Botryococcus braunii由来糖によるAurantiochytrium培養に向けた研究
○(東北大)熊谷泰彰、丸田遼馬、鯨岡浩樹、野中利之、大田昌樹、相田卓、 Smith RL
第3回藻類バイオマスプロセス開発研究会   10 Feb 2014   
A203
循環型培養システム構築に向けたAurantiochytrium脂質抽出残さの熱水処理
○(東北大)丸田遼馬、田辺雄彦、野中利之、大田昌樹、相田卓、Smith RL
第3回藻類バイオマスプロセス開発研究会   10 Feb 2014   
A202
循環培養システムの構築に向けた汚泥の亜臨界水処理
○(東北大)野中利之、丸田遼馬、熊谷泰彰、鯨岡浩樹、大田昌樹、相田卓、Smith RL
第3回藻類バイオマスプロセス開発研究会   10 Feb 2014   
A201
Effect of porous properties on the structure and the catalytic activity of mesoporous silica supported rhodium catalyst prepared by supercritical CO2
Taichi Shimizu,a,* Masaki Ota,a Yoshiyuki Sato,a and Hiroshi Inomata a
The 4th Asia-Oceania Conference on Green and Sustainable Chemistry (AOC-4 GSC)   3 Nov 2013   
Extraction and analysis of lipid in Botryococcus braunii
(東北大院工)○菱沼藤丸,野中利之,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Measurements of density and viscosity of alcohol+water mixtures at high temperature and pressure
(東北大院工)○五十嵐礼子,雨澤亮介,堀川喬平,小野巧,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Fundamental study on incubation and condensation of culture medium for supercritical extraction of microalgae
(東北大院工)○濱邊友理,井口昌幸,野中利之,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Vapor-liquid equilibrium measurements for modeling of supercritical fluid rectification of natural components
(東北大院工)○前田雄也,大田昌樹,佐藤善之,瀧戸次郎,大泉康,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Local composition of water–methanol mixtures by molecular dynamics simulation from ambient conditions to high temperature and pressure region
.(東北大院工)○堀川喬平,前田悠希,小野巧,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Phase equilibrium study for hydrothermal upgrading process of bitumen
(東北大院工)○松井勇樹,片山遼,大田昌樹,佐藤善之,渡邉賢,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Development of an accurate prediction method for VOC adsorption equilibria under supercritical carbon dioxide conditions
(東北大院工)○宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Supercritical carbon dioxide regeneration of activated carbon used at industrial process
(東北大院工)○荒智博,宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Analysis of semi-clathrate hydrate formation kinetics in the presence of H2 of CO2 gas phase
(東北大院環境,東北大院工)○小松博幸,大田昌樹,渡邉賢,佐藤善之,スミスリチャード リー ジュニア
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
Extraction and Liquefaction of Microalgae with Hot and High temperature water
○Toshiyuki Nonaka, Ryoma Maruta, Masayuki Iguchi, Taku Michael Aida, Masaki Ota, Richard Lee ○Toshiyuki Nonaka, Ryoma Maruta, Masayuki Iguchi, Taku Michael Aida, Masaki Ota, Richard Lee ○Toshiyuki Nonaka, Ryoma Maruta, Masayuki Iguchi, Taku Michael Aida, Masaki Ota, Richard Lee ○Toshiyuki Nonaka, Ryoma Maruta, Masayuki Iguchi, Taku Michael Aida, Masaki Ota, Richard Lee ○Toshiyuki Nonaka, Ryoma Maruta
平成25年度化学系学協会東北大会及び 日本化学会東北支部70周年記念国際会議   28 Sep 2013   
2P125

(東北大院工,東北大院環)○野中利之,丸田遼馬,井口昌幸,相田卓,大田昌樹,スミスリチャード
CFD計算を用いた細孔膜法によるエマルジョン生成条件の検証
(東北大院工) ○(正)小野 巧・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏・ (住友大阪セメント) 野添 勉・ 木下 暢
化学工学会第45回秋季大会(岡山大)   16 Sep 2013   
XB213
天然物含有機能性成分の超臨界流体精留のモデル化に向けた気液平衡の測定
(東北大院工) ○(学)前田 雄也・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ 瀧戸 次郎・ 大泉 康・ (正)猪股 宏
化学工学会第45回秋季大会(岡山大)   16 Sep 2013   
R118
純成分吸着データを用いた活性炭に対する超臨界CO2-VOC混合系吸着平衡の高精度推算モデル開発
(東北大院工) ○(学)宇敷 育男・ (正)大田 昌樹・ (正)佐藤 善之・ (正)猪股 宏
化学工学会第45回秋季大会(岡山大)   16 Sep 2013   
N118
天然物含有機能性成分の超臨界流体精留の最適化に向けた気液平衡比測定
○(学)前田雄也・(正)大田昌樹・(正)佐藤喜之・瀧戸次郎・大泉康・(正)猪股宏
第13回宮城懇話会先端研究発表会   6 Sep 2013   
A104
Estimation Kamlet-Taft Solvatochromic Parameters and Solubility Parameter of Binary Solvent Mixtures for Nucleophilic Substitution and Homogeneous Reaction
Alif Duereh, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
International Symposium of Chemical-Environmental-Biomedical Technology 2013/The 5th International Symposium of Environmental Leaders   5 Sep 2013   
P31
Fundamental Study on Incubation and Condensation of Culture Medium for Extraction from Nannochloropsis Species
Yuri Hamabe, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata
International Symposium of Chemical-Environmental-Biomedical Technology 2013/The 5th International Symposium of Environmental Leaders   5 Sep 2013   
P23
緑藻Botryococcus brauniiからのオイル生産に向けた抽出法の検討
(東北大院工) ○(学)菱沼 藤丸 ・ (正)野中 利之 ・ (正)大田 昌樹 ・ (正)佐藤 善之 ・ (正)猪股 宏
化学工学会盛岡大会2013(3支部合同大会)   8 Aug 2013   

Works

 
並/向流高圧連続抽出/気液平衡比測定システム
The Others   Sep 2013

Research Grants & Projects

 
CO2応用技術(固定化・変換・利用)の開発
The Other Research Programs
Project Year: Mar 2002   
微細藻類・バイオマスの工学的高度利用
Project Year: Apr 2004   
天然高付加価値成分の超臨界抽出・分離
Project Year: Apr 2005   
ハイドレート応用技術
Project Year: Apr 2002   
超臨界域を含む高圧技術の開発
Project Year: Apr 2002   

Patents

 
特開2011-162416 : 集合体粒子の製造方法
木下暢, 猪股宏, 大田昌樹, 秋元啓太
特開2012-244982 : 二酸化炭素有効利用装置
小野陽子, 津田昌幸, 中村二朗, 丸尾 容子, 猪股宏, 大田昌樹
特許公開2013-188157 : 微細藻類濃度決定方法および装置
山田巧, 小野陽子, 猪股宏, 大田昌樹
特許公開2013-213783 : 微細藻類成分量測定方法および装置ならびにプログラム
山田巧, 小野陽子, 猪股宏, 大田昌樹
特許公開2014-223024 : 微細藻類の培養方法および培養装置
山田巧, 丸尾容子, 猪股宏, 大田昌樹

Social Contribution

 
宮城県藻類産業フォーラム
[Others]  3 Sep 2011
藻類バイオマス利用についての県民の理解を推進する。

主催 宮城県藻類産業フォーラム実行委員会
持続工学研究会
協賛 NPO法人環境会議所東北
法人評価訪問調査・学生面談
[Others]  Oct 2007 - Oct 2008
東北大学の卒業生として、JABEEの法人評価訪問調査に対応した。
ゲーテ・インスティテュート主催ドイツ新エネルギー関連施設の視察
[Others]  28 Nov 2011 - 8 Dec 2011
ゲーテ・インスティチュートの支援を受け、ドイツ新エネルギー関連施設の視察を行った。学内7名、石巻専修大学3名、九州大学3名、日本大学1名、東北学院大学1名および報道関係3名の計18名の参加。フライブルク、ハンブルク、ベルリンの3箇所を視察。
第6回先端研究発表会座長
[Others]  15 Mar 2010
座長(A101-A106)
第2回先端研究発表会座長
[Others]  7 Mar 2008
座長(A101-A104)

Others

 
Oct 2017
化学工学会東北支部ニュースレターNo.99
Apr 2017   安心かつ安全な食品製造のための新たな抽出技術の開発
医薬食品製造分野においては,高付加価値な天然成分を抽出分離精製するためにときに高環境負荷の有機溶媒が多量に使用される.特に医薬品製造分野においては,目的物質の溶解性向上のために毒性の高い有機溶媒が選定されることも少なくなく,その残留においては副作用の問題が内在している.本研究では,このような問題を回避すべく,人体に無害な溶媒である高圧二酸化炭素,エタノールおよび水を組み合わせた新しい溶媒を創出することで,従来の有機溶媒の代替を目指した,環境や人間にやさしい食品製造の方法論を導くことを目的としている.特に本申請では,高圧二酸化炭素という低極性溶媒をベースとして,両親媒性であるエタノールおよび高極性の水という人体・環境にやさしい溶媒を添加して新たに高機能な抽出分離溶媒を調整するとともに,それらを温度・圧力・組成という次元のもとで自在に展開することで,天然物の高度で高機能かつ自由度の高い分離分画指針を高圧気液平衡関係に基いて獲得することを目的としている.
 具体的な実験対象は,数ある天然化合物の中から,相溶性が高いために極めて分離が難しいとされる生理活性カロテノイドの油脂類からの分離とする.特に,生理活性の高いアスタキサンチンなどのカロテノイドを油脂類から高度に分離する脱脂技術のオリジナル開発を目指す.
 生理活性カロテノイドの油脂類からの抽出分離に関する実験装置は,本申請にてオリジナル開発する.具体的には,「向流接触型高圧抽出装置」を新規に開発する.この開発は,2013年のオリジナル開発した連動式背圧弁の着想に遡る.この装置を用いて,藻類由来のアスタキサンチン抽出物を同伴する油脂類から抽出分離する予備実験を行った結果,80℃, 12.4 MPaにおいて,脱脂効率20%程度を達成することができた.ただ,現時点では背圧弁の最高使用温度が80℃と制限されるためこれ以上の効率は当該装置では難しいことが判明している.そのため,この装置をさらに120℃程度まで高温耐用仕様へと拡張することで脱脂効率を高める.
 以上より,本申請では生理活性の高い天然化合物としてカロテノイドと油脂類の分離を対象とするが,方法論は他の天然化合物,例えば香辛料などの抽出分離にも容易に拡張できるものである.毒性の高い有機溶媒を一切用いない抽出分離精製技術であるため在来型とは差別化される技術として将来性を期待している.
Apr 2017   藻類のミルキング培養法による省エネ型バイオ燃料生産プロセスの開発
地球環境問題の一つである二酸化炭素問題の対策として光合成の利用は不可避と考えられるが,その主たるバイオマス関連技術には課題が山積しており発展途上であることは否めない.このような中,申請者はこれまで藻類バイオマスが有する種々の優れた特徴に着眼し,関連する技術が抱える課題の解決に向けての基礎研究を産官の協力を得て約12年間続けてきた.その中で最近,藻類が細胞外に分泌するオイルを,あたかも牛などの動物から搾乳するかのように連続的に分離生産する「ミルキング培養法」の着想を得て,これを工学技術にすべく基礎研究を進めている.本研究では,このミルキング培養法による省エネ型の高速バイオ燃料生産システムの確立を目指し基礎研究を進める.
Oct 2016
化学工学会東北支部ニュースレターNo.95
Apr 2016   経口物質製造における安心安全な抽出分離溶媒の開発
本研究では,1年という研究期間のもと以下の研究テーマを設定している.研究は,大学院生2名の協力を得て推進する.

① 安心安全な溶媒を用いた抽出分離精製装置の開発(H28. 4~H28.8)
② エントロピー型溶解性パラメーター(SSP)による実験計画(H28. 8~H28.9)
③ 生理活性カロテノイドの油脂からの抽出分離精製実験(H28. 10~H29.3)