小池 伸介

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:49
 
アバター
研究者氏名
小池 伸介
eメール
koikescc.tuat.ac.jp
URL
http://www.tuat.ac.jp/~leco/conservation/
所属
東京農工大学
部署
農学研究院自然環境保全学部門
職名
准教授
学位
博士(農学)(東京農工大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2008年4月
- 日本学術振興会特別研究員
 
2008年5月
   
 
- 東京農工大学大学院
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京農工大学 農学部 地域生態システム学科
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京農工大学 農学研究科 自然環境保全学専攻
 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京農工大学 連合農学研究科 資源・環境学専攻
 

受賞

 
2015年3月
日本生態学会 日本生態学会 宮地賞 生物多様性維持機構としての大型哺乳類をめぐる生物間相互作用
 
2013年11月
公益財団法人農学会 日本農学進歩賞 森林生態系における果実食動物の生物間相互作用に関する研究
 
2013年9月
日本哺乳類学会 日本哺乳類学会 奨励賞 ツキノワグマの長期研究とこれからの姿-採食生態を中心にして-
 
2012年3月
日本森林学会 奨励賞
 
2010年11月
信州フィールド科学賞
 

論文

 
Characteristics of fruits consumed by mammalian frugivores in Japanese temperate forest
Koike S, Masaki T
Ecological Research   in press    2019年1月   [査読有り][招待有り]
Reproductive histories of Asian black bears can be determined by cementum annuli width
Tochigi K, Tamatani H, Kozakai C, Inagaki A, Naganuma T, Myojo H, Yamazaki K, Koike S
Mammal Study   43 in press   2018年12月   [査読有り]
ツキノワグマの秋期における堅果樹種および人為景観に対する選択の個体差と性差
根本 唯・小坂井千夏・山﨑晃司・小池伸介・正木 隆・梶 光一
哺乳類科学   in press    2018年12月   [査読有り]
Enari H, Koike S, Enari H, Seki Y, Okuda K, Kodera Y
Acta Oecologica   92 7-15   2018年10月   [査読有り]
Nakajima A, Koike S, Yamazaki K, Kozakai C, Nemoto Y, Masaki T, Kaji K
Mammal Study   43 167-178   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
ニホンジカの過増加により劣化した森林生態系の保全・再生に向けた基礎的研究
小池伸介・飯田泰地
自然保護助成基金成果報告書   26 109-122   2018年
教えて 日本のクマ事情
小池伸介
自然保護   557 1-10   2017年
クマ、人、森のつながりから学ぶ
小池伸介
教科研究   205 10-15   2017年
山でクマに出会わないために
小池伸介
山と渓谷   148-151   2016年
ツキノワグマの長期研究とこれからの姿−採食生態を中心にして−
小池伸介
哺乳類科学   53 369-371   2013年

書籍等出版物

 
日本の食肉目・ツキノワグマ-温帯アジアのメガファウナ-
小池伸介 (担当:共著)
東京大学出版会   2018年8月   
わたしのクマ研究
小池伸介
さ・え・ら書房   2017年8月   
大型陸上哺乳類の調査法
小池伸介・山崎晃司・梶光一 (担当:共著)
共立出版   2017年7月   
クマ大図鑑 体のひみつから人とのかかわりまで
小池伸介
PHP研究所   2016年12月   
とちぎの野生動物 私たちの研究のカタチ・足尾・日光地域での12年間の調査から見えてきたクマの姿
小池伸介 (担当:共著)
随想舎   2016年2月   
野生動物管理システム・日本モデルの構築に向けて
梶光一・小池伸介 (担当:共著)
講談社   2015年6月   
野生動物管理システム・野生動物管理専門官の育成
梶光一・小池伸介 (担当:共著)
講談社   2015年6月   
野生動物管理のためのフィールド調査法・ツキノワグマ
小池伸介 (担当:共著)
京都大学学術出版会   2015年3月   
森林の分断化に伴う生物種の絶滅リスク評価及び優先保護地域の抽出:多摩丘陵における複数の種群・スケールの生物多様性を対象とした複合研究.
小池伸介
とうきゅう環境財団   2014年10月   
野生動物管理システム・北米とスカンジナビアの野生動物管理
小池伸介 (担当:共著)
東京大学出版会   2014年9月   
ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現状把握と軋轢抑止および危機個体群回復のための支援事業報告書・土地利用の歴史から九州のツキノワグマの生息状況を推定する
小池伸介 (担当:共著)
日本クマネットワーク   2014年4月   
教養としての森林学・森林と動物
小池伸介 (担当:共著)
文永堂出版   2014年2月   
フィールドの生物学12巻 クマが樹に登ると―クマからはじまる森のつながり
小池伸介
東海大学出版会   2013年9月   ISBN:978-4-486-01993-0
野生動物管理のための狩猟学・アメリカ合衆国の狩猟
吉田剛司・小池伸介 (担当:共著)
朝倉書店   2013年1月   ISBN:978-4-254-45028-6
Phenology and Climate Change Relationships between the fruiting phenology of Prunus jamasakura and timing of visits by mammals – estimation of the feeding period using camera traps.
Koike S, Morimoto H, Kasai S, Goto Y, Kozakai C, Arimoto I, Yamazaki K (担当:共著)
InTech publisher   2012年3月   
ツキノワグマの生態学 山岳科学ブックレット Vol.8. 種子散布者としてのツキノワグマが果たす生態系における役割.
小池伸介 (担当:共著)
オフィスエム   2011年9月   ISBN:4904570421
人身事故情報に関する報告書 関東地方でのツキノワグマによる人身事故の概要と特徴
山﨑晃司・小池伸介・丸山哲也・橋本幸彦 (担当:共著)
日本クマネットワーク   2011年3月   
日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学・食性と生息環境 特に果実の利用に注目して
小池伸介 (担当:共著)
東京大学出版会   2011年2月   
茨城県自然博物館 第43回企画展「熊-森のアンブレラ種-」図録 クマは森を育てている?~クマと果実の甘い関係~
小池伸介 (担当:共著)
茨城県自然博物館   2008年7月   
立山砂防カルデラ博物館 第19回企画展 立山カルデラの生き物たち「ツキノワグマの鼓動」図録 ツキノワグマは森で何を食べている?.
小池伸介 (担当:共著)
立山カルデラ砂防博物館   2008年7月   

講演・口頭発表等

 
The importance of Asian black bear Ursus thibetanus as scavenger in Japan.
Inagaki A, Maruyama T, Tochigi K, Yamazaki K, Koike S
26th International Association for Bear Research and Management.   2018年9月   
Behavior and activity patterns of Asian black bears before den entry.
Koike S, Iwasaki T, Kozakai C, Yamazaki K, Naganuma T, Inagaki A, Tochigi K, Myojo H
26th International Association for Bear Research and Management.   2018年9月   
Behavior-specific habitat selection by Asian black bear.
Myojo H, Naganuma T, Inagaki A, Tochigi K, Yamazaki K, Koike S
26th International Association for Bear Research and Management.   2018年9月   
Practicability of the collar mounted camera systems to the behavioral ecology studies on Asian black bears.
Yamazaki K, Furukawa U, Myojo H, Naganuma T, Inagaki A, Koike K, Morimitsu Y
26th International Association for Bear Research and Management.   2018年9月   
Impact of beechnut masting on reproductive success of Asian black bear.
Tochigi K, Yamazaki K, Kozakai C, Naganuma T, Koike S
26th International Association for Bear Research and Management.   2018年9月   

競争的資金等の研究課題

 
内的要因および外的要因がツキノワグマのナビゲーションに及ぼす影響評価
研究期間: 2017年 - 2018年
ツキノワグマはいつ脂肪を蓄えどのように利用しているのか?-その行動生態学的研究-
研究期間: 2017年 - 2017年
ロシア極東部に同所的に生息するツキノワグマとヒグマの種間関係と保全に関する研究
研究期間: 2017年 - 2017年
日本の樹木の多様性は山岳地形により地史的に高く保たれてきたのではないか?
研究期間: 2017年 - 2017年
ニホンジカの低密度過程における生態系レジリエンス機能の評価手法の検討
研究期間: 2017年 - 2017年