MATSUMOTO Yuji

J-GLOBAL         Last updated: Dec 17, 2018 at 16:19
 
Avatar
Name
MATSUMOTO Yuji
Affiliation
Kindai University Junior College Division

Research Areas

 
 

Published Papers

 
松本 有二
會計   193(4) 444-457   Apr 2018
渡邉 志, 白濱 成希, 松本 有二, 塚本 博之, 中谷 直史, 森 幸男
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌 = Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   19(2) 53-65   Dec 2017
松本 有二
静岡産業大学情報学部研究紀要   (19) 253-269   2017
松本 有二
静岡産業大学情報学部研究紀要   (18) 77-95   2016
WATANABE Satoshi, SHIRAHAMA Naruki, TSUKAMOTO Hiroyuki, MATSUMOTO Yuji, NAKAGAWA Masafumi, MIYAMOTO Kazunori, NAKAYA Naofumi, TOMITA Masashi, MORI Yukio
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   17(1) 31-38   Jul 2015
This paper discusses that distribution of the subjective evaluation (ex. information skills) by using Visual Analog Scale (VAS) and Likert Scale (LS). The subjects are 346 students (288 male and 58 female students) and in order to analyze their su...

Misc

 
WATANABE Satoshi, IKEGAMI Fumiko, TSUKAMOTO Hiroyuki, MATSUMOTO Yuji, TOMITA Masashi, MORI Yukio, SHIRAHAMA Naruki
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   17 439-447   Mar 2015
松本 有二
静岡産業大学情報学部研究紀要   (18) 97-105   2016
MORI Yukio, KINOSHITA Naoto, SHIMIZU Mitsuhiro, TAKAKI Shun, NIITSUMA Shin, TOMITA Masashi, NAKAGAWA Masafumi, SHIRAHAMA Naruki, MIYAMOTO Kazunori, NAKAYA Naofumi, TSUKAMOTO Hiroyuki, MATSUMOTO Yuji, WATANABE Satoshi
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   16(1) 33-40   Apr 2014
This paper describes the correlation between the classified subjective evaluation based on Visual Analog Scale (VAS) and the changes of vital signs for the effects of viewing to the pleasant/unpleasant images which are specified as IAPS (Internati...
渡邉 志, 太田 匠, 大見 翔輝, 川島 智耶, 杉本 裕紀, 山本 祐弥, 塚本 博之, 松本 有二
静岡産業大学情報学部研究紀要   (18) 357-370   2016
松本 有二
静岡産業大学情報学部研究紀要   (19) 253-269   2017
WATANABE Satoshi, MATSUMOTO Yuji
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   15 307-320   Mar 2013
WATANABE Satoshi, MATSUMOTO Yuji, TOMITA Masashi, MORI Yukio
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   15(2) 1-10   Oct 2013
This paper describes correlation between the subjective evaluation by using visual analog scale (VAS) and heart rate variability (HRV) for the effects of the 1/f fluctuation music. The experiment employed 21 healthy subjects. HRVs of the subjects ...
WATANABE Satoshi, TSUKAMOTO Hiroyuki, MATSUMOTO Yuji
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   16 379-395   Mar 2014
WATANABE Satoshi, AGATA Masashi, AKITAYA Kento, OGAWA Yuto, MATSUMOTO Yuji, TOMITA Masashi, KONDOU Yuuki, TAKEUCHI Yuudai, MORI Yukio
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   14(1) 19-26   May 2012
This paper describes the correlation between the subjective evaluation by using Visual Analog Scale (VAS) for the effects of the unpleasant sound, and Heart Rate Variability (HRV) analysis. The experiment employed 16 healthy subjects. HRVs of the ...
MATSUMOTO Yuji
Journal of International Association of Project & Program Management   2(1) 119-128   Oct 2007
These days many organizations try to adopt autonomous organization mechanism (AOM) in order to obtain management flexibility and to improve decision-making process. This paper analyzes the effects that flat-organization as AOM and performance-meas...
松本 有二
Journal of Shizuoka Sangyo University   (11) 115-128   2009
Yuji MATSUMOTO
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   10 67-78   Jan 2008
経営学教育では、理論と事例研究が中心に行われている。しかし、実務経験の少ない学生を対象とする学部レベルの経営学教育ではこれだけで十分とは言えない面が見られる。本研究は、近年実務の分野で導入が進んでいるBSC(バランス・スコアカード)の作成作業が、その十分とは言えない面を補う手段となるかどうかについての可能性を検証することを目的としている。教育効果を検証するためには確認すべき事項が多い。このため今年度は、実践研究の手法なども参考にして、本研究の検証に向けた試行実験を行うこととした。試行実験の...
Yuji MATSUMOTO
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   8 13-35   Mar 2006
計画策定と予算編成機能を統合化したシステムとしてPPBSが知られている。このシステムは、公共部門では新しい予算編成システムとして、また、民間部門では、マネッジドコストの管理技法として期待されていた。実際、アメリカ連邦政府がこのシステムを採用した実績もある。しかしアメリカ連邦政府は、わずか3年でこのシステムを放棄し、民間部門でもPPBSは利用できないとの評価が定着しているとされている。このPPBSの「失敗原因」については、既に各種の研究がなされており、いくつかの失敗原因が、指摘されているとこ...
Yuji MATSUMOTO
Bulletin of Shizuoka Sangyo University   8 37-51   Mar 2006
本稿は、組織行動の観点から、自治体の契約について考察したものである。はじめに、これまでの一連の入札制度改革の取組について概観し、その後、契約の当事者すなわち、受注希望企業と自治体の組織行動について考察する。最後に、契約の完備性との関係を検討する。受注希望企業の行動として特徴的なことは、入札に参加しようとする企業の中には、個々の入札で金銭的な利得のみを求めているとは限らないということである。企業は中長期的な企業戦略に基づいて入札に参加する場合もあるし、資金繰りなどの短期的な理由に基づいて入札...

Research Grants & Projects

 
Public accounting