中埜 貴元

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/28 10:50
 
アバター
研究者氏名
中埜 貴元
 
ナカノ タカユキ
所属
国土交通省 国土地理院
部署
地理地殻活動研究センター
職名
研究官
学位
博士(理学)(富山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2003年3月
国土交通省 国土地理院 係員
 
2003年4月
 - 
2008年3月
国土交通省 国土地理院 北陸地方測量部 係員
 
2008年4月
   
 
国土交通省 国土地理院 地理地殻活動研究センター 地理情報解析研究室 研究官
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2010年9月
富山大学 理工学研究科 生命環境科学専攻(博士後期課程)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
富山大学大学院 理工学研究科 生命環境科学専攻(博士前期課程)
 
1996年4月
 - 
2000年3月
富山大学 理学部 地球科学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本地図学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本地理学会  企画専門委員
 

受賞

 
2016年11月
国土交通省 平成28年度国土交通省国土技術研究会イノベーション部門Ⅰ優秀賞
 
2016年11月
日本活断層学会 若手優秀講演賞
 
2015年11月
日本活断層学会 若手優秀講演賞
 
2014年12月
ISPRS ISPRS Technical Commission VIII Symposium 2014 “2nd Best paper presentation in Oral category” Landform Monitoring in Active Volcano by UAV and SFM-MVS Technique
受賞者: NAKANO Takayuki, KAMIYA Izumi, TOBITA Mikio, IWAHASHI Junko and NAKAJIMA Hidetoshi
 
2012年11月
東京大学空間情報科学研究センター CSIS DAYS 2012優秀研究発表賞 航空レーザ測量による浦安市の液状化沈下量の面的把握
 

論文

 
Non-tectonic liquefaction-induced large surface displacements in the Aso Valley, Japan, caused by the 2016 Kumamoto earthquake, revealed by ALOS-2 SAR
Satoshi Fujiwara, Yu Morishita, Takayuki Nakano, Tomokazu Kobayashi and Hiroshi Yarai
Earth and Planetary Science Letters   474C 457-465   2017年7月   [査読有り]
Small-displacement linear surface ruptures of the 2016 Kumamoto earthquake sequence detected by ALOS-2 SAR interferometry
Satoshi Fujiwara, Hiroshi Yarai, Tomokazu Kobayashi, Yu Morishita, Takayuki Nakano, Basara Miyahara, Hiroyuki Nakai, Yuji Miura, Haruka Ueshiba, Yasuaki Kakiage and Hiroshi Une
Earth, Planets and Space   68(160)    2016年   [査読有り]
MMSを用いた津波浸水深判読の有用性の検証
岡谷隆基・小荒井衛・中埜貴元
地図   54(2) 17-27   2016年   [査読有り]
2014年長野県北部の地震で出現した地表地震断層における地中レーダ浅部地下構造調査
中埜貴元・宇根 寛
活断層研究   43 133-148   2015年   [査読有り]
干渉SARで捉えた2014年11月22日長野県北部を震源とする地震に伴う地表変位
中埜貴元・飛田幹男・中島秀敏・神谷 泉
活断層研究   43 69-82   2015年   [査読有り]

Misc

 
Semi-automated landform classification for hazard mapping of soil liquefaction by earthquake
Takayuki Nakano
Proceedings of the 2017 International Cartographic Conference   Track P 3704.2 1-9   2017年7月
Field survey of non-tectonic surface displacements caused by the Kumamoto Earthquake around Aso Valley
Takayuki NAKANO, Tomokazu KOBAYASHI, Kazuki YOSHIDA and Satoshi FUJIWARA
Bulletin of the GSI   64 47-54   2016年
熊本地震に伴い生じた地表の亀裂分布図の作成
吉田一希・関口辰夫・中埜貴元
国土地理院時報   128 201-206   2016年
だいち2号干渉SARによる熊本地震で生じた小変位の地表断層群の抽出
藤原智・矢来博司・小林知勝・森下遊・中埜貴元・宇根寛・宮原伐折羅・仲井博之・三浦優司・上芝晴香・撹上泰亮
国土地理院時報   128 147-162   2016年
Nakano, T., Wada, K., Yamanaka, M., Kamiya, I. and Nakajima, H.
The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences   2016-January 1201-1205   2016年
だいち2号SAR干渉解析により捉えられた平成26年(2014年)長野県北部の地震に伴う地殻変動と地表変形
森下遊・山田晋也・山中雅之・吉川忠男・和田弘人・矢来博司・中埜貴元・飛田幹男・小林知勝・中島秀敏・神谷 泉
国土地理院時報   127 47-56   2015年
地震時地盤被害予想システムの構築
神谷 泉・小荒井 衛・乙井 康成・中埜 貴元
国土地理院時報   126 61-66   2014年
無人機による西之島地形計測の高精度化
飛田 幹男・神谷 泉・中埜 貴元・岩橋 純子・大角 光司・高桑 紀之
国土地理院時報   125 145-154   2014年
無人航空機による西之島空中写真の撮影とその分析
飛田 幹男・神谷 泉・岩橋 純子・中埜 貴元・髙桑 紀之
国土地理院時報   125 115-124   2014年
設計図等を活用した屋内空間の三次元GISデータの作成とその課題について
乙井 康成・神谷 泉・小荒井 衛・中埜 貴元
国土地理院時報   125 59-71   2014年
平成25 年(2013 年)台風第26 号に伴い伊豆大島で発生した大規模土砂災害に関連した地形解析
中埜 貴元・岩橋純子・小荒井衛
国土地理院時報   125 17-22   2014年
2011年3月12日長野県・新潟県県境付近の地震に伴う災害の特徴
中埜貴元・小荒井 衛・乙井康成・小林知勝
国土地理院時報   123 35-48   2013年
面積調でみる東京湾の埋め立ての変遷と埋立地の問題点
小荒井 衛・中埜 貴元
国土地理院時報   124 105-115   2013年
Liquefaction damage in the Kanto region caused by the 2011off the Pacific coast of Tohoku Earthquake in Japan, and the land condition of damaged areas detected by time-series geospatial information
Mamoru KOARAI, Takayuki NAKANO
Bulletin of the GSI of Japan   61 21-32   2013年
津波被害を車で把握-360度撮影
岡谷 隆基・小荒井 衛・中埜 貴元
画像ラボ   24(11) 33-38   2013年   [依頼有り]
仙台市の丘陵地における地すべり性地表変動の状況
佐藤浩・中埜貴元
国土地理院時報   122 153-161   2011年
東日本大震災における液状化被害と時系列地理情報の利活用
小荒井衛・中埜貴元・乙井康成・宇根 寛・川本利一・醍醐恵二
国土地理院時報   122 127-141   2011年
東日本大震災における津波浸水域の地理的特徴について
小荒井衛・岡谷隆基・中埜貴元・神谷泉
国土地理院時報   122 97-111   2011年
自然残留磁化を用いた小笠原硫黄島における堆積年代の予察的研究
59 15-20   2011年
中縮尺レベルの地理空間情報の時空間化に関する検討
中埜貴元・小荒井衛
国土地理院時報   121 51-61   2011年
小荒井 衛,飛田幹男,矢来博司,中埜貴元,小白井亮一
写真測量とリモートセンシング   47(3) 2-3   2008年
凍土における地中レーダ探査法と高密度電気探査法の適用研究
中埜貴元、酒井英男、鈴木輝之、田中謙次、飯田肇
立山カルデラ砂防博物館研究紀要   (7) 37-42   2006年
富山県立山地域における雪氷の構造の地中レーダー探査法による研究 -内蔵助雪渓での調査を中心として-
酒井英男、浦泰宏、中埜貴元、岸田徹、飯田肇、室井克則
立山カルデラ砂防博物館研究紀要   (7) 23-30   2006年
立山カルデラ内のどじょう池の地中レーダ探査
酒井英男、中埜貴元、澤田豊明、野村成宏、堀井雅恵、飯田肇、國香正稔
立山カルデラ砂防博物館研究紀要   (3) 15-24   2002年

書籍等出版物

 
空間情報による災害の記録 伊勢湾台風から東日本大震災まで
日本写真測量学会編 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅳ.1 昭和東南海地震-尾鷲津波災害)
鹿島出版会   2012年   

講演・口頭発表等

 
阿蘇外輪山北西部の活断層におけるGPR探査(速報)
中埜貴元・宇根 寛・佐藤 浩
日本活断層学会2017年秋季学術大会   2017年11月25日   
宅地盛土の地震時安全性評価パラメータの改良
中埜 貴元
日本地理学会2017年秋季学術大会   2017年9月29日   
Semi-automated landform classification for hazard mapping of soil liquefaction by earthquake
Takayuki Nakano
28th International Cartographic Conference (ICC2017)   2017年7月4日   
SAR干渉解析による斜面変動検出-四国山地、朝日山地の事例
中埜 貴元中埜貴元・山中雅之・小林知勝・森下遊・藤原智・仲井博之
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月24日   
宅地盛土形状把握のための旧地形データの効率的作成手法の検討(その2)―仙台地区の事例―
中埜貴元・川又基人
日本地理学会2017年春季学術大会   2017年3月28日   
最新の空間計測技術でとらえる地形とその変化 [招待有り]
中埜 貴元
2017年地学オリンピック「とっぷ・レクチャー」   2017年3月12日   
干渉SARが捉えた小さな地表変位 -熊本地震を例に- [招待有り]
中埜貴元・藤原智・森下遊・小林知勝
防災科学技術研究所 土砂災害予測に関する研究集会 -熊本地震とその周辺-   2016年12月8日   
Pi-SAR-L2データによる高土壌水分地域の抽出に関する検討
中埜 貴元
日本写真測量学会平成28年度秋季学術講演会   2016年11月11日   
液状化ハザードマップ作成のための地形分類情報の効率的整備手法の開発
中埜 貴元
平成28年度国土技術研究会   2016年11月1日   
熊本地震に伴う熊本市内の地表変位と地下構造との関係
中埜貴元・森下遊・小林知勝・藤原智・宇根寛
日本活断層学会2016年度秋季学術大会   2016年10月30日   
宅地盛土形状把握のための旧地形データの効率的作成手法の検討
中埜 貴元
2016年日本地理学会秋季学術大会   2016年9月30日   
Precursory Slope Deformation Around Landslide Area Detected By InSAR Throughout Japan
Nakano, T., Wada, K., Yamanaka, M., Kamiya, I. and Nakajima, H.
XXIII International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS) Congress   2016年7月13日   
液状化リスク評価のための地形・地盤分類情報の効率的整備手法の開発
中埜 貴元
第45回国土地理院報告会   2016年6月8日   
GIS解析による新潟県内の地震跡遺跡の空間分布特性
中埜貴元・酒井英男・加藤 学・泉 吉紀
日本文化財科学会第33回大会   2016年6月5日   
空中写真判読による平成28年(2016年)熊本地震で発生した地表の亀裂分布
中埜貴元・宇根 寛・関口辰夫・坂井尚登・吉田一希
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
SfM/MVS技術による湛水面標高モデルの生成に関する検討-洪水氾濫と河道閉塞を例に
中埜 貴元
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月24日   
平成27年9月関東・東北豪雨における鬼怒川周辺の浸水範囲と地形との関係-下妻市前河原地区周辺の事例
中埜貴元・小荒井衛・岩橋純子
2016年日本地理学会春季学術大会   2016年3月21日   
地理空間情報整備における無人航空機(UAV)の活用について
中埜 貴元
平成27年度専門課程 先端地理空間情報技術〔センシング〕研修   2015年12月9日   
2014年長野県北部の地震に伴う地表地震断層周辺の浅部地下構造と地殻変動
中埜貴元・宇根 寛
日本活断層学会2015年度秋季学術大会   2015年11月27日   
航空レーザDSMデータへの地形量解析の適用による地表粗度分類の検討
中埜 貴元
日本写真測量学会平成27年度秋季学術講演会   2015年10月30日   
リモートセンシングデータを用いた250mメッシュ微地形区分の細分化手法の検討
中埜 貴元
2015年日本地理学会秋季学術大会   2015年9月19日   
Construction of Real-time Inference System for Key Hazard Extent Distribution on the Ground caused by Earthquakes (RISKHEDGE)
Izumi Kamiya, Takayuki Nakano*, Kosei Otoi and Hidetoshi Nakajima
27th International Cartographic Conference   2015年8月25日   
2014年長野県北部の地震に伴い出現した地表地震断層における地中レーダ探査
中埜 貴元・飛田 幹男・中島 秀敏・神谷 泉
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月28日   
UAVによる地上基準点の位置計測とその精度
飛田 幹男・中埜 貴元・神谷 泉・乙井 康成・岩橋 純子・中島 秀敏
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月25日   
2014年11月22日長野県北部の地震におけるSAR干渉画像に基づく地表変形現地調査結果
中埜 貴元・飛田 幹男・中島 秀敏・神谷 泉
2015年日本地理学会春季学術大会   2015年3月29日   
干渉SARによる地表変形箇所の把握-地すべり性変動と地表地震断層を例に- [招待有り]
中埜 貴元,中島 秀敏
第6回GIS-Landslide研究集会および第2回高解像度地形情報シンポジウム   2015年1月16日   
液状化が発生した利根川・鬼怒川旧河道における物理探査
中埜 貴元・小荒井 衛・須貝 俊彦
第24回環境地質学シンポジウム   2014年11月28日   
航空レーザ反射強度データと地表土壌水分率及び地形分類との関係
中埜 貴元・神谷 泉・小荒井 衛
日本写真測量学会平成26年度秋季学術講演会   2014年11月20日   
国土地理院地理地殻活動研究センターにおける最近の地理情報解析研究 [招待有り]
中埜 貴元
公益財団法人日本測量調査技術協会GIS部会   2014年11月18日   
無人航空機(UAV)による西之島の空中写真撮影と高精度地形計測
中埜 貴元・飛田 幹男・神谷 泉
平成26年度国土交通省国土技術研究会発表論文(自由課題(イノベーション部門)   2014年11月5日   
地理空間情報を活用した液状化発生可能性の評価について [招待有り]
中埜 貴元
地震調査研究推進本部地震調査委員会強振動評価部会第82回地下構造モデル検討分科会   2014年10月28日   
地中レーダ(GPR)探査による鬼怒川旧河道の浅部地下構造調査
中埜 貴元・小荒井 衛・須貝 俊彦
日本地理学会2014年秋季学術大会   2014年9月20日   
利根川旧河道の地下比抵抗分布と地表の土壌水分率との関係
中埜 貴元・小荒井 衛
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年5月   
地震による地盤災害特性データ(全国版)の作成及び過去の被害との比較
中埜 貴元・小荒井 衛・神谷 泉
CSIS DAYS 2013全国共同利用研究会   2013年11月   
土地条件データを用いた地震ハザード評価基準の再検討
中埜 貴元・小荒井 衛・神谷 泉
日本地理学会2013年秋季学術大会   2013年9月   
SAR干渉画像で捉えた静岡市口坂本地区の地すべりの前兆変動(速報)
中埜 貴元・小荒井 衛・大丸 裕武・三森 利昭・岡田 康彦・小川 明穂
2013年日本地理学会秋季学術大会   2013年9月   
Characteristic of foundation disaster distribution caused by a strong inland earthquake in fold region
中埜 貴元・小荒井 衛・乙井 康成・小林 知勝
IGU 2013 Kyoto Regional Conference   2013年8月   
Volcanic activity history of Io To Island in Ogasawara Archipelago estimated by the terrace chronology and crustal deformation observation
中埜 貴元・今給黎 哲郎・小荒井 衛・大井 信三・乙井 康成・佐々木 圭一
IAVCEI 2013 Scientific Assembly   2013年7月   
2011年長野県・新潟県県境付近の地震に伴う地盤災害の分布特性
中埜 貴元・小荒井 衛・乙井 康成・小林 知勝
日本地球惑星科学連合2013年大会   2013年5月   
東日本大震災における液状化被害の空間的特徴-浦安市での事例を中心に [招待有り]
中埜 貴元
第95回GIS研究会   2013年   
全国の地震による地盤災害特性データの作成
中埜貴元・小荒井衛・乙井康成・神谷泉
日本地理学会2013年春季学術大会   2013年   
航空レーザ測量による浦安市の液状化沈下量の面的把握
中埜貴元・小荒井衛・乙井康成・宇根寛
CSIS DAYS 2012   2012年   
新潟県における歴史時代の液状化痕跡の分布の特徴
中埜貴元・酒井英男・加藤学
日本国際地図学会平成24年度定期大会   2012年   
航空レーザ測量技術を用いた液状化沈下量の把握
中埜貴元・小荒井衛・乙井康成・宇根寛・醍醐恵二
日本写真測量学会平成24年度年次学術講演会   2012年   
小笠原硫黄島の詳細な段丘編年と地殻変動観測による火山活動史の推定
中埜貴元・今給黎哲郎・小荒井衛・乙井康成・大井信三・佐々木圭一
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年   
2011年3月12日長野県・新潟県境付近の地震に伴う地盤災害の特徴
中埜貴元・小荒井衛・乙井康成・小林知勝
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年   
古い地図・空中写真等からみる東北地方太平洋沖地震による液状化分布
中埜貴元・小荒井衛・乙井康成・宇根寛
社会地質学会シンポジウム   2011年   
XML形式時空間データセットからの地形図描画ツールの開発
中埜貴元・小荒井衛
日本国際地図学会平成23年度定期大会   2011年   
「盛土脆弱性評価システム」のその後の展開
中埜貴元・小荒井衛
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年   
時空間データセットから抽出した土地利用データによる土地利用変遷分析
中埜貴元・小荒井衛
日本地理学会2011年春季学術大会   2011年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
干渉SARにより検出した地震に伴うノンテクトニック変動のメカニズム解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤B)(研究分担者)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 浩(日本大学)
ハザードマップにおける災害予測および避難情報伝達の機能向上に資する地理学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤B)(研究分担者)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 鈴木 康弘(名古屋大学)
宅地盛土の地震時安全性評価の実用化に向けたパラメータ解析と地形復元手法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 中埜 貴元
地理情報科学と都市工学の空間情報解析融合技術の戦略的活用
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤A)(連携研究者)
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 鈴木 勉(筑波大学)
干渉SARとレーザー測量による深層崩壊危険斜面ピンポイント検出技術
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)(研究分担者)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 大丸 裕武(森林総合研究所)
東日本大震災の災害地理学的検証-「想定外」回避のためのハザード評価手法の再検討-
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤A)(研究分担者)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 鈴木 康弘(名古屋大学)
活褶曲地帯における地震に伴う斜面変動と地形発達過程に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)(連携研究者)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 小荒井 衛(国土地理院)
小笠原硫黄島の詳細な段丘編年と地殻変動観測による火山活動の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)(研究分担者)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 今給黎 哲郎(国土地理院)
航空レーザ測量データを用いた景観生態学図の作成と生物多様性データベース構築への応用
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小荒井 衛(国土地理院)
地盤の脆弱性把握のための開発
国土交通省: 総合技術開発プロジェクト
研究期間: 2007年 - 2009年
米軍撮影空中写真による東南海地震等終戦前後の災害検証手法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)(連携研究者)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 鈴木康弘(名古屋大学)

社会貢献活動

 
JICAプロジェクト「スリランカ国防災強化のための数値標高モデル作成能力向上プロジェクト」詳細計画策定に係る事前調査団
【助言・指導】  JICA  2014年8月3日 - 2014年8月9日