吉村 正志

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 19:56
 
アバター
研究者氏名
吉村 正志
 
ヨシムラ マサシ
eメール
myoshimuraant-database.org
URL
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/index.html
所属
沖縄科学技術大学院大学
部署
生物多様性・複雑性研究ユニット
職名
Staff Scientist
学位
博士(農学)(岩手大学 (帯広畜産大学))

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
沖縄科学技術大学院大学 生物多様性・複雑性研究ユニット
 
1996年
 - 
1999年
 利尻富士町立 鴛泊中学校 教諭
 
2004年
 - 
2004年
 国立大学法人九州大学熱帯農学研究センター(研究機関研究員)
 
2005年
 - 
2005年
 California Academy of Sciences (Postdoctoral fellow)
 
2005年
 - 
2008年
 日本学術振興会特別研究員(PD:九州大学熱帯農学研究センター)
 
2008年11月
 - 
2014年3月
カリフォルニア科学アカデミー 昆虫学研究室 博士研究員
 
2008年
 - 
2008年
 九州大学熱帯農学研究センター 学術特定研究者
 

学歴

 
 
 - 
2001年
帯広畜産大学 畜産学研究科 畜産環境科学専攻修士課程
 
 
 - 
2004年
岩手大学 連合農学研究科 生物環境科学専攻
 
 
 - 
1993年
酪農学園大学短期大学部  酪農科
 
 
 - 
1996年
酪農学園大学 酪農学部 酪農学科
 

受賞

 
2008年
日本昆虫学会あきつ賞2008
 

論文

 
Ross S. R. P. -J., Friedman N., Dudley K., Yoshimura M. & Economo E. P.
Ecological Research   33 135-147   2017年   [査読有り]
Ikeda, T. Yoshimura, M. Onoyama, K. Oku, Y. Nonaka1, N. Katakura, K.
Parasites & Vectors   7(357)    2014年   [査読有り]
Yoshimura M, Fisher BL
Zootaxa   3341 1-31   2012年6月   [査読有り]
吉村 正志, 鵜川 義弘, 緒方 一夫
昆蟲. ニューシリーズ   15(2) 105-110   2012年4月
A revision of male ants of the Malagasy region (Hymenoptera: Formicidae): Key to genera of the subfamily Proceratiinae
Yoshimura, M. & Fisher, B.L.
Zootaxa   2216 1-21   2009年   [査読有り]
Yoshimura, M., Hosoishi, S., Kuboki, Y., Onoyama, K. & Ogata, K.
Entomological Science   12(2) 194-201   2009年   [査読有り]
Yoshimura, M., Onoyama, K. & Ogata, K.
Species Diversity   12 89-112   2007年   [査読有り]
A new sibling species of the genus Strumigenys, with a redefinition of S. lewisi Cameron
Yoshimura, M. & Onoyama, K.
Memoirs of the American Entomological Institute   80 664-690   2007年   [査読有り]
A revision of male ants of the Malagasy region (Hymenoptera: Formicidae): Key to subfamilies and treatment of the genera of Ponerinae
Yoshimura, M. & Fisher, B. L.
Zootaxa   1654 21-40   2007年   [査読有り]
The Oriental species of the ant genus Probolomyrmex (Insecta: Hymenoptera: Formicinae: Proceratiinae)
Eguchi, K., Yoshimura, M. & Yamane, S.
Zootaxa   1376 1-35   2006年   [査読有り]
Azuma, N., Takahashi, J., Kikuchi, T., Yoshimura, M., Onoyama, K. & Higashi, S.
Molecular Ecology Notes   5 118-120   2005年   [査読有り]
A new record of a dacetine ant, Strumigenys godeffroyi Mayr, 1866 (Hymenoptera: Formicidae) from Japan
Yoshimura, M. & Onoyama, K.
Edaphologia   71 9-10   2003年   [査読有り]
Ants from scats and pellets in the nests of the Japanese Wryneck Jynx torquilla japonica
Yoshimura, M., Hirata, T., Nakajima, A. & Onoyama, K.
Ornithological Science   2 127-131   2003年   [査読有り]
Male-based keys to the subfamilies and genera of Japanese ants (Hymenoptera: Formicidae)
Yoshimura, M. & Onoyama, K.
Entomological Science   5 421-443   2002年   [査読有り]
The ants of the genus Proceratium (Hymenoptera: Formicidae) in Japan
Onoyama, K. & Yoshimura, M.
Entomological Science   5 29-49   2002年   [査読有り]

Misc

 
地域の協力で観測網 防除体制整備に大きな力
吉村正志
琉球新報      2017年   [依頼有り]
ヒアリ対策「離れ業」県と連動、平時から継続調査
吉村正志
琉球新報      2017年   [依頼有り]
足元の自然が導く未来
吉村正志
琉球新報      2016年9月   [依頼有り]
博物館はタイムカプセル
吉村正志
琉球新報      2016年8月   [依頼有り]
人も自然も「多様性」
吉村正志
琉球新報      2016年7月   [依頼有り]
生き物に出会う技
吉村正志
琉球新報      2016年6月   [依頼有り]
誰も知らない雄アリの世界
吉村正志
琉球新報      2016年5月   [依頼有り]
アリとの衝撃の出会い
吉村正志
琉球新報      2016年4月   [依頼有り]
Okeon 美ら森プロジェクト
吉村正志, 芳田琢磨, 小笠原昌子 and エヴァン・エコノモ
目からウロコの生物実験展   87-89   2016年   [依頼有り]
高等学校科学研究実践活動に対する,単位時間採集法を用いたアリ類研究の提案と実践
吉村正志, 芳田琢磨, 小笠原昌子 and エヴァン・エコノモ
環境教育研究紀要   18 43-47   2016年
沖縄市のアリ類と、Okeon美ら森プロジェクト
吉村正志
沖縄市の自然 やんばるの入口   62-69   2016年   [依頼有り]
マダガスカルの自然と昆虫(2)
吉村 正志, 橋本佳明 & 山根生気
昆虫と自然   50 27-30   2015年
生物多様性のホットスポット, マダガスカル島のアリ
吉村 正志
昆虫と自然   48 15-18   2013年
日本産ウロコアリ属における2003年以降の分類学的変更
吉村 正志 & 小野山 敬一
蟻   31 1-12   2008年   [査読有り]
日本産アリ類画像データベース2003年版以降の変更点
吉村 正志, 久保田 政雄, 小野山 敬一 & 緒方 一夫
蟻   31 13-28   2008年   [査読有り]
日本産アリ類画像データベース2007年ベータ版の公開
吉村 正志
昆虫と自然   42 12-15   2007年
屋久島のアリ類
細石 真吾, 吉村 正志, 久保木 謙 & 緒方 一夫
蟻   30 47-54   2007年   [査読有り]
アリ類の分類体系 ?ボルトンによる最近の変更より-
緒方 一夫, 久保田 政雄, 吉村 正志, 久保木 謙 & 細石 真吾
蟻   27 13-24   2005年   [査読有り]
大雪山国立公園東部で収集されたクマゲラの死亡個体
川辺 百樹, 田中 康夫, 須田 修, 根本 国彰, 川島 絵美, 松田 まゆみ & 吉村 正志
上士幌町ひがし大雪博物館研究報告   25 51-52   2003年
和名に関する覚え書き
寺山 守, 小野山 敬一, 緒方 一夫 & 吉村 正志
蟻   26 48-50   2002年   [査読有り]
北海道離島におけるアリ類 (その3、天売島編)
吉村 正志
利尻研究   19 27-35   2000年
アリとキノコの良い関係
吉村 正志
北海道キノコの会会報   43 38-39   2000年
北海道離島におけるアリ類 (その2、礼文島編)
吉村 正志
利尻研究   18 49-54   1999年
利尻島クマゲラ糞中からのアリ類
吉村 正志
利尻研究   18 35-36   1999年
北海道離島におけるアリ類 (その1、利尻島編)
吉村 正志
利尻研究   17 33-38   1998年
ウミネコ(Lalus crossirostris)の外部計測値と胃内容物について
小杉 和樹, 佐藤 雅彦, 吉村 正志, 吉村 真理子 & 坂本 里恵
利尻研究   17 39-40   1998年

書籍等出版物

 
日本産アリ類画像データベース2003
アリ類データベース作成グループ   2003年   ISBN:ISBN4-9901615-0-5
Ants of Japan
GAKKEN   2003年   ISBN:ISBN4-05-402016-X
日本産アリ類全種図鑑
学研   2003年   ISBN:ISBN4-05-401792-4
日本産アリ類画像データベース2008
アリ類データベース作成グループ   2008年   ISBN:ISBN978-4-9901615-4

講演・口頭発表等

 
アリの種類判別の仕方・侵略的外来種との違い [招待有り]
吉村正志
平成30年度沖縄県地域環境センター環境啓発活動プログラム   2018年   
沖縄地域社会連携型環境モニタリングプロジェクト OKEON 美ら森プロジェクト [招待有り]
吉村正志
沖縄県立那覇国際高等学校   2018年   
「沖縄でのヒアリ発見」来るべきその日への備えとは?物流業界編
吉村正志
ヒアリ対策に関する説明会 in 那覇港   2018年   
OKEON美ら森プロジェクト:社会連携型環境モニタリングプロジェクトを利用した外来性アリ類監視システム
吉村正志, 芳田琢磨, 中村元紀, 諏訪部真友子 & Economo E.
日本生態学会大会第65回大会   2018年   
アリ研究とデータベース:名前と画像と文献と標本と分布とその活用 [招待有り]
吉村正志
自然史標本データ整備事業による標本情報の発信に関する研究会   2018年   
Surveillance system for invasive ants activated in Okinawa-jima Island in Japan
Yoshimura M., Yoshida T, Suwabe M., Nakamura M., Sueyoshi K., Kitamura M., Ogasawara K., Huang R.N., Lin H.M. & Economo E.P.
17th International Congress of the IUSSI   2018年   
The countermeasure of alien ants in Okinawa: collaboration between OKEON Churamori Project and Okinawa Prefecture [招待有り]
吉村正志
Invasive Ant '18 Conference   2018年   
地域連携型環境研究プロジェクト「OKEON美ら森プロジェクト」:そのデザインと実践 [招待有り]
吉村正志
北海道大学 CoSTEP2017 モジュール7講義   2017年   
「沖縄でのヒアリ発見」来るべきその日への備えとは:ヒアリ同定実習 [招待有り]
吉村正志
平成29年度沖縄外来種対策連絡会議   2018年   
OKEON美ら森プロジェクト:沖縄地域社会とつくる環境研究 [招待有り]
吉村正志
平成29年度新潟大学佐渡3施設合同フォーラム   2017年   
地域連携型の沖縄環境モニタリング研究「OKEON美ら森プロジェクト」と連携した沖縄県のヒアリ対策 [招待有り]
吉村正志
那覇市医師会勉強会   2017年   
Using the OKEON Churamori Project as a collaborative detection system for invasive ants
吉村正志, 芳田琢磨, 中村元紀, 諏訪部真友子 & Economo E.
International Conference in Zoological Sciences and Ants (11th ANeT)   2017年   
OKEON 美ら森プロジェクト:協働型環境研究でみえてきた、新しい高大連携の形
吉村正志
日本生態学会大会第64回大会   2017年   
OKEON 美ら森プロジェクト:新しい沖縄社会連携型の陸域環境モニタリングプロジェクト
吉村正志, 芳田琢磨, 小笠原昌子 & エヴァン・エコノモ
沖縄生物学会第53回大会   2016年   
沖縄からの新しい社会連携型環境モニタリングプロジェクト,「OKEON 美ら森プロジェクト」の始動
吉村正志, 芳田琢磨, 小笠原昌子 & エヴァン・エコノモ
日本生態学会大会第63回大会   2016年   
OKEON Chura-mori Project: a new environmental monitoring project in Okinawa, Japan
吉村正志, 芳田琢磨, 小笠原昌子 & エヴァン・エコノモ
The 25th International Congress of Entomology   2016年   
Starting the New Environmental Monitoring Network Project in Okinawa, Japan - Okeon Chura-Mori Project -
Yoshimura, M., M. Ogasawara, T. Yoshida & E. Economo
The 10th ANeT Meeting   2015年   
雄アリ生殖器の形態進化を追う
吉村正志
日本蟻類研究会第57回大会   2014年   
Male Genitalia and Ant Evolution
Yoshimura, M.
17th International Congress of the IUSSI   2014年   
Dracula antsの下克上:ヘラアゴハリアリ属Mystrium にみられる繁殖様式の多様性(Hymenoptera: Formicidae)
吉村正志
日本昆虫学会第74回大会   2014年   
Taxonomic mysteries in the Mystery ant genus Mystrium
吉村 正志
The 9th ANeT International Conference   2013年10月   
Why was the genus Amblyopone split from the genus Stigmatomma? (Hymenoptera: Formicidae) - Mandibular evolution in Dracula ants told from males -
吉村 正志
XXIV International Congress of Entomology   2012年8月   
How valuable are wing characters for ant systematics? [招待有り]
吉村 正志
XX Simpósio de Mirmecologia   2011年10月   
フクラミシリアゲアリphysocrema亜属の近縁種c. Ampullaris, C. Difformis, C. Sewardiにおける、働きアリ・雄アリ・女王アリの形態形質、ミトコンドリアdnaを用いた複合的な分類学的アプローチ
細石真吾, 吉村正志, 丸山宗利, 山根正気, 緒方一夫
日本昆虫学会第71回大会   2011年   
Male-based taxonomy of ants in Madagascar
吉村 正志
Evolution: a rearch symposium taken by California Academy of Sciences and University of California, San Francisco   2010年10月   
日本産アリ類画像データベース2008年版の出版について
吉村正志, 鵜川義弘, 緒方一夫, 小野山敬一, 今井弘民, 久保田政雄
日本蟻類研究会第51回大会   2008年   
A Comparative Study of the Antennal Club in the Genus Crematogaster (Hymenoptera: Formicidae)
Hosoishi, S., Yoshimura, M. & Ogata K.
The 6th ANet meeting   2007年   
A comparative study of the male wings in the subfamily Proceratiinae (Hymenoptera: Formicidae)
吉村 正志
The 6th ANet meeting   2007年10月   
屋久島産のハリアリ属 Ponera 2種の分類学的な検討
吉村正志, 細石真吾, 小野山敬一, 久保木謙, 緒方一夫
日本蟻類研究会第50回大会   2007年   
屋久島のアリ相
細石真吾, 久保木謙, 吉村正志, 緒方一夫
日本蟻類研究会第50回大会   2007年   
日本産アリ類画像データベース2007ベータ版の公開
吉村正志, 鵜川義弘, 小野山敬一, 緒方一夫
日本昆虫学会第67回大会   2007年   
Taxonomic status of the genus Probolomyrmex: new information from the males (Hymenoptera: Formicidae)
Yoshimura, M. & Ogata K.
16th International Congress of the IUSSI   2006年   
ウロコアリStrumigenys lewisi,キタウロコアリS. sp.4,ミナミウロコアリS. sp.9についての分類学的検討
吉村正志, 小野山敬一
日本蟻類研究会第49回大会   2006年   
アリ類データベースシステムの現状と今後
鵜川義弘, 吉村正志, 今井弘民
日本蟻類研究会第49回大会   2006年   
ハナナガアリ属Probolomyrmexの分類への雄アリ形質からのアプローチ(Hymenoptera; Formicidae)
吉村正志, 江口克之, 山根正気, 緒方一夫
日本昆虫学会第66回大会   2006年   
Males of two dacetine genera Strumigenys and Pyramica (Hymenoptera: Formicidae)
Yoshimura, M.
5th ANet meeting   2005年   
ウロコアリ族Dacetiniの大あごの進化を雄アリの形態で考える
吉村正志, 小野山敬一, 緒方一夫
日本蟻類研究会第47回大会   2004年   
Odontomachus monticolaの分類学的再検討
吉村正志, 小野山敬一, 緒方一夫
日本昆虫学会第64回大会   2004年   
日本産アギトアリ属Odontomachusの分類学的検討
吉村正志, 小野山敬一, 緒方一夫
日本蟻類研究会第46回大会   2003年   
Usefulness of the taxonomic examination of male ants
Yoshimura, M. & Onoyama K.
14th International Congress of the IUSSI   2002年   
The Japanese Ant Image Database, Structure and Functions
Kihara A., Onoyama K., Ogata K., Terayama M., Yoshimura M., Kondoh M. & Tsukii Y.
14th International Congress of the IUSSI   2002年   
日本産ウロコアリ族Dacetini の雄アリの形態学的検討
吉村正志, 小野山敬一
日本昆虫学会第62回大会   2002年   
日本産アリ類の雄アリの検索表の作成
吉村正志
日本蟻類研究会第44回大会   2001年   
Male-based revision of Malagasy ants
吉村 正志
17th International Congress of the IUSSI   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
東南アジアの生物多様性保全のための雄アリ同定システムの構築
研究期間: 2005年 - 2007年
 アリ類の多様性を解明することは、同地域の生物多様性保全における基礎データとして重要である。本研究はライトラップなどで採集される雄アリについて、その形態情報からの同定システム構築を目指すものである。雄アリ形態情報は決定的に不足しているうえ、その体系化はまだ始まったばかりである。このため、本期間中に同地域の全体像を明らかにするには至らなかった。しかし、これまで明らかになっていなかった国内外のコレクション所有状況の把握とデータ化を行い、いくつかの分類群においては、雄アリ形態情報に基づく分類学的...
マダガスカルにおける雄アリ同定システムの構築と、雄形態に基づく分類学的研究
共同研究
研究期間: 2005年   
 カリフォルニア科学アカデミーが所蔵する膨大なマダガスカルコレクションを材料として、これまで同定が難しかった雄アリの同定システムを構築すると共に、雄アリの形態情報に基づいた属の再検討を行う。成果は、論文としての発表に加えて、アカデミーが運営するデータベースAntWeb上でも、オンライン同定システムとして公開予定。分類学や系統学的側面への貢献のみならず、ライトトラップやマレーゼトラップで単独採集された雄アリが同定可能になることで、同地域における生態学的、保全学的な研究材料としての利用にも道を拓く。