Kohroki Katsuhisa

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Kohroki Katsuhisa
E-mail
kohroki.katsuhisa.guu.tsukuba.ac.jp
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Life and Environmental Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D. (Agriculture)(Kyushu University)
Research funding number
00403965

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Feb 2005
Researcher, Forest Policy Research Institute
 
Mar 2005
 - 
Mar 2007
Assistant Professor, Kyushu University, Faculty of Agriculture
 
Apr 2007
 - 
Jul 2010
Assistant Professor, Kyushu University, Faculty of Agriculture
 
Jul 2010
 - 
Sep 2011
Associate Professor, Graduate School of Life & Environmental Sciences, University of Tsukuba
 
Oct 2011
   
 
Associate Professor, Faculty of Life & Environmental Science, University of Tsukuba
 

Education

 
Apr 1987
 - 
Mar 1991
Department of Forestry, Faculty of Agriculture, Kyushu University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1993
Master Program in Forestry, Graduate School, Division of Agriculture, Kyushu University
 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
Doctoral Program in Forestry, Graduate School, Division of Agriculture, Kyushu University
 

Published Papers

 
山口広子;興梠, 克久
日本森林学会大会発表データベース   130    Mar 2019
横浜市有道志水源林は2016年に経営開始から100周年を迎えた。近年森林のもつ公益的機能が注目されているが、道志水源林は経営開始時から水源涵養機能の発揮に留意して森林経営を行ってきた。近年の大きな変化として、1991年に水源涵養機能に留意した木材生産を主目的とする経営方針から、木材生産を従目的化し水源涵養機能の発揮を最優先させるよう経営方針が転換されたことがあげられる。公有水源林の経営展開を扱った研究として泉(2004)があるが、近年の道志水源林の経営に関して包括的な議論を行った研究はない...
興梠, 克久;浦井教光
日本森林学会大会発表データベース   130    Mar 2019
群馬県森林組合連合会は2011年に渋川県産材センターを設立した。これは、利用が遅れていた間伐材を大量に1次加工する施設で、3m材の無選別受入、A~C材の全量・定額買取等の特徴をもち、森林組合の素材生産が活発化する契機となった。本研究では、センター稼働を受けて森林組合が造林型組合から林産型組合へどのように転換したか、県森連がセンターを設立した意義を明らかにするため、センターと出荷量上位3つの森林組合に対して2018年に聞き取り調査を行った。まず、造材作業の単純化、高性能林業機械の導入により、...
現代林業労働問題と「緑の雇用」
興梠,克久
Sanrin   (1619) 68-76   Apr 2019
Hishida,Ayumi;Tachibana,Satoshi;Kohroki,Katsuhisa
The Japanese Forest Society Congress   130 29   Mar 2019
<p>[in Japanese]</p>

Books etc

 
平成29年度「緑の雇用」事業の評価に関する調査報告書
興梠,克久 (Part:Contributor, 調査の目的と方法(1-5),「緑の雇用」研修生の就業経緯と研修に対する意識(6-53),集合研修講師の確保・育成-大分県の事例-(196-208),まとめ(227-237))
全国森林組合連合会   Feb 2018   
森林管理制度論
Kohroki,Katsuhisa (Part:Contributor, 林業担い手像の再構成)
日本林業調査会   Sep 2016   ISBN:9784889652475
「緑の雇用」のすべて
興梠,克久
日本林業調査会   Feb 2015   ISBN:9784889652444
宇沢弘文・関良基編『社会的共通資本としての森』
興梠,克久 (Part:Contributor, 興梠克久「林業労働力のキャリア形成支援と『緑の雇用』制度」)
東京大学出版会   Apr 2015   ISBN:9784130302524
佐藤宣子・興梠克久・家中茂編著『林業新時代-「自伐」がひらく農林家の未来-』
大内環;興梠,克久 (Part:Contributor, 大内環・興梠克久「自伐林家による林地残材の資源化-『土佐の森』方式・『木の駅プロジェクト』を事例に-」)
農山漁村文化協会   May 2014   ISBN:9784540092312

Conference Activities & Talks

 
水源涵養機能を重視した森林経営への転換-横浜市有道志水源林を事例に-
山口広子;興梠, 克久
第130回日本森林学会大会   20 Mar 2019   日本森林学会
渋川県産材センターの稼働に対する森林組合の対応
興梠, 克久;浦井教光
第130回日本森林学会大会   20 Mar 2019   日本森林学会
Role of forest insurance for forest management risk in private forest: Focusing on company-owned forests
菱田, 歩海;立花, 敏;興梠, 克久
第130回日本森林学会大会   22 Mar 2019   日本森林学会
吉野林業における山守制度の展開過程と新たな 取り組み
永冶和久;興梠, 克久;泉英二
林業経済学会秋季大会   16 Nov 2018   林業経済学会
自伐林家グループの動向
开楚;興梠, 克久
林業経済学会秋季大会   16 Nov 2018   筑波大学

Research Grants & Projects

 
Farm Forestry in Japan
Forestry Enterprises in Japan
Forest Zoning
Forest Loss Compensation System in Japan
Non-timber Forest Products in Japan