櫻井 玄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/03 19:44
 
アバター
研究者氏名
櫻井 玄
 
サクライ ゲン
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/niaes/introduction/chart/0704/index.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
農業環境変動研究センター 環境情報基盤研究領域 統計モデルユニット
職名
研究員
学位
博士(理学)(九州大学)
その他の所属
東京大学 (非常勤講師)
科研費研究者番号
70452737

プロフィール

私の研究の関心は、いわゆる「Food security」です。持続可能な社会のための最重要課題の一つは、食料の安定供給技術の開発と平等な分配の確保であると考えます。特に、私の現在の主な研究テーマは、次世代作物モデルの開発及び気候変動と作物の生産性との関係の解明です。モデリングと計算機統計学の手法を用い、また、生態学という私のバックグラウンドを活かし、課題克服に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
国立研究開発法人 農業・食品産業総合技術研究機構 農業環境変動研究センター (旧 独立行政法人 農業環境技術研究所) 統計モデル解析ユニット 研究員
 
2009年10月
 - 
2013年9月
独立行政法人農業環境技術研究所 大気環境研究領域 ポスドク研究員
 
2008年4月
 - 
2009年9月
九州大学 農学研究院生物的防除研究施設 ポスドク研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
九州大学 大学院理学研究院生物科学専攻 ポスドク研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
九州大学 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
九州大学 理学研究科 生物科学専攻 修士課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
九州大学 理学部 生物学科
 

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
水稲の作柄予測手法検討会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本農業気象学会  編集委員
 
2015年7月
 - 
2016年4月
農林水産省科学技術計算システム設計作業部会  委員
 

論文

 
Varying benefits of irrigation expansion for crop production under a changing climate and competitive water use among crops
Masashi Okada, Toshichika Iizumi, Takaaki Sakamoto, Mizuki Kotoku, Gen Sakurai, Yasuaki Hijioka, Motoki Nishimori
Earth's Future   doi: 10.1029/2017EF000763    2018年5月   [査読有り]
A model of silicon dynamics in rice: an analysis of the investment efficiency of Si transporters
Sakurai, G., Yamaji, N., Mitani-Ueno, N., Yokozawa, M., Ono, K., and Ma, J.F.
Frontiers in Plant Science   doi: 10.3389/fpls.2017.01187.    2017年6月   [査読有り]
Global gridded crop model evaluation: benchmarking, skills, deficiencies and implications
Müller, C., Elliott, J., Chryssanthacopoulos, j., Arneth, A., Balkovic, J., Ciais, P., Deryng, D., Folberth, C., Glotter, M., Hoek, S., Iizumi, T., Izaurralde, R.C., Jones, C., Khabarov, N., Lawrence, P., Liu, W., Olin, S., Pugh, T.A.M., Ray, D.K., Reddy, A., Rosenzweig, C., Ruane, A.C., Sakurai, G., Schmid, E., Skalsky, R., Song, C.X., Wang, X., de Wit, A., and Yang, H.
Geoscientific Model Development   10 1403-1422   2017年4月   [査読有り]
Fukuda, K., Yanagawa, A., Tuda, M., Sakurai, G., and Kamitani, S.
Applied Entomology and Zoology   5(4) 641-651   2016年8月   [査読有り]
Porwollik, V., Müller, C., Elliott, J., Chryssanthacopoulos, J., Iizumi, T., Ray, D.K., Ruane, A.C., Arneth, A., Balkovič, J., Ciais, P., Deryng, D., Folberth, C., Izaurralde, R.C., Jones, C.D., Khabarov, N., Lawrence, P.J., Liu, W., Pugh, T.A.M., Reddy, A., Sakurai, G., Schmid, E., Wang, X., de Wit, A., and Wu, X.
European Journal of Agronomy   88 10-21   2016年8月   [査読有り]
Okada, M., Iizumi, T., Sakurai, G., Hanasaki, N., Sakai, T., Okamoto, K., and Yokozawa, M.
Journal ofAdvances in Modeling Earth Systems   7(3) 1409-1424   2015年9月   [査読有り]
Yamaji, N.*, Sakurai, G.* (* equally contributed), Mitani-Uenoa, N., and Ma, J.F.
PNAS   112(36) 11401-11406   2015年9月   [査読有り]
Sakurai, G.,Satake, A., Yamaji, N., Mitani-Ueno, N., Yokozawa, M., Feugier, F.G., and Ma, J.F.
Plant & Cell Physiology   56(4) 631-639   2015年5月   [査読有り]
Satake, A., Sakurai, G., and Kinoshita, T.
Plant Cell Physiology   56(4) 583-585   2015年5月
Sakurai, G., Yonemura, S., Kishimoto-Mo, A.W., Murayama, S., Ohtsuka, T., and Yokozawa, M.
PLOS ONE   DOI: 10.1371/journal.pone.0119    2015年3月   [査読有り]
Sakurai, G., Iizumi, T., Nishimori, M., and Yokozawa, M.
Scientific Reports   4(4978) 1-5   2014年5月   [査読有り]
Iizumi, T., Luo, J., Challinor, A.J., Sakurai, G., Yokozawa, M., Sakuma, H., Brown, M.E. and Yamagata, T.
Nature Communications   5(3712) 1-7   2014年5月   [査読有り]
Iizumi, T., Tanaka, Y., Sakurai, G., Ishigooka, Y., and Yokozawa, M.
Journal of Advances in Modeling Earth Systems   doi: 10.1002/2014MS000311    2014年5月   [査読有り]
Yonemura, S., Nouchi, I., Nishimura, S., Sakurai, G., Togami, K., and Yagi, K.
Biology and Fertility of Soils   50 63-74   2014年1月   [査読有り]
Iizumi, T., Sakurai, G., and Yokozawa, M.
Journal of Agricultural Meteorology   6(4) 243-254   2013年12月   [査読有り]
Iizumi, T., Yokozawa, M., Sakurai, G., Travasso, M.I., Romanernkov, V., Oettli, P., Newby, T., Ishigooka, Y., and Furuya, J.
Global Ecology and Biogeography   23 346-357   2013年11月   [査読有り]
Satake, A., Kawagoe, K., Saburi, Y., Chiba, Y., Sakurai, G., and Kudoh, H.
Nature Communications   4 ncomms3303   2013年8月   [査読有り]
Iizumi, T., Sakuma, H., Yokozawa, M., Luo, J., Challinor, A.J., Brown, M.E., Sakurai, G., and Yamagata, T.
Nature Climate Change   3 904-908   2013年7月   [査読有り]
Yonemura, S., Yokozawa, M., Sakurai, G., Kishimoto-Mo, A.W., Lee, N., Murayama, S., Ishijima, K., Shirato, Y., and Koizumi, H.
Journal of Forest Research   18(1) 49-59   2012年12月   [査読有り][招待有り]
Sakurai, G., Himuro, C., and Kasuya, E.
Journal of Evolutionary Biology   25(7) 1291-1297   2012年7月   [査読有り]
Iizumi, T., Takayabu, I., Dairaku, K., Kusaka, H., Nishimori, M., Sakurai, G., Ishizaki, N.N., Adachi, S.A., and Semenov, M.A.
Journal of Geophysical Research   117(D11) D11114-D11114   2012年6月   [査読有り]
黄色高圧ナトリウムランプによる大規模路地圃場のヤガ類被害防止法
高田裕司・柏尾具俊・寺本健・松尾和敏・高木正見・櫻井玄
九州病害虫研究会報   57 55-63   2012年   [査読有り]
Sakurai, G., Jomura, M., Yonemura, S., Iizumi, T., Shirato, Y., and Yokozawa, M.
Soil Biology & Biochemistory   46 191-199   2012年   [査読有り]
Sakurai, G., Iizumi, T., and Yokozawa, M.
Climate Research   49 143-154   2011年   [査読有り]
Sakurai, G. and Kasuya, E.
Animal Behaviour   75(4) 1367-1373   2008年   [査読有り]
Sakurai, G. and Kasuya, E.
Journal of Ethology   26(1) 93-98   2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
地球環境変動の生態学
横沢正幸・櫻井玄 (担当:分担執筆, 範囲:土壌における炭素動態とモデリング)
共立出版株式会社   2014年2月   

Misc

 
土壌残留性農薬ヘプタクロルの検出方法の精緻化及び他農薬への応用の考察
櫻井 玄・清家 伸康
統計数理研究所共同研究リポート   395 39-48   2018年3月
土壌残留農薬の圃場内最大値の推定方法の探索
櫻井玄・清家伸康
統計数理研究所共同研究リポート   375 43-50   2017年3月   [依頼有り]
環境変動が全休の同時不作確率に及ぼす影響のコピュラを用いた解析
櫻井玄・横沢正幸・飯泉仁之直
統計数理研究所共同研究リポート   343 39-49   2015年
イネの根におけるケイ素吸収・輸送過程のモデル化と実証研究との連携
櫻井玄
JSMB Newsletter   76 1-4   2015年
植物栄養と数理モデルの接点ー数理モデルで植物栄養の仕組みを理解する
馬建鋒・小林高範・山地直樹・小林安文・小山博之・岩本明敏・櫻井玄
日本土壌肥料学会誌   86 226-230   2015年
全球作物統計データを用いた過去の気候変動の影響評価
櫻井玄・飯泉仁之直・横沢正幸
統計数理研究所共同研究リポート   320 25-36   2014年
セクシャルコンフリクトの可能性
櫻井玄
日本生態学会誌   59 316-318   2009年   [査読有り][依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
作物のミネラル輸送システムの統合解析
科学研究費助成金: 特別推進研究
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 馬 建鋒
気候変動下の貿易自由化と世界食料市場のシステミックリスク:多地域DSGEモデル評価
文部科学省: 科学研究費助成金 基盤B
研究期間: 2016年6月 - 2019年3月    代表者: 國光 洋二
文部科学省: 科学研究費助成金 基盤B
研究期間: 2014年8月 - 2018年3月    代表者: 横沢 正幸
ミミズの炭素貯留機能の謎を解く: 長期培養・最新安定同位体解析手法からのアプローチ
文部科学省: 科学研究費助成金 挑戦的萌芽
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 金田 哲
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 櫻井 玄

講演・口頭発表等

 
Potential benefits of changing the planting date to account for seasonal weather forecasts
Gen Sakurai, Takeshi Doi, Masashi Okada, Motoki Nishimori, Masayuki Yokozawa
European Geophysical Union General Assembly   2018年4月8日   
Mathematical modeling of silicon absorption and transportation in rice
Gen Sakurai, Naoki Yamaji, Namiki Mitani-Ueno, Masayuki Yokozawa, Keisuke Ono, Jian Feng Ma
International Symposium on Agricultural Meteorology   2018年3月   
Benefits of seasonal forecasts
Gen Sakurai, Motoki Nishimori, Masashi Okada, Masayuki Yokozawa
American Geophysical Union Fall Meeting   2017年12月13日   
Analysis of the expression dynamics of Si transporter gene using mathematical model in rice
Gen Sakurai, Naoki Yamaji, Namiki Mitani-Ueno, Masayuki Yokozawa, Keisuke Ono, Jian Feng Ma
7th International Conference on Silicon in Agriculture   2017年10月14日   
作物モデルを用いた各国の作物生産性ポテンシャルの逆推定
櫻井玄
農業気象学会2017年全国大会   2017年3月27日   
地球温暖化影響から適応へ - 動き出す政策・研究の焦点
櫻井玄
日本生態学会第64回全国大会   2017年3月16日   
Future possible crop yield scenarios under multiple SSP and RCP scenarios [招待有り]
Gen Sakurai
American Geophysical Union Fall Meeting   2016年12月12日   
Modeling mineral transportation and its control
Gen Sakurai
International Workshop on Soil-Microbe-Plant Interaction   2016年12月2日   
Future potential productivity: an analysis of global crop yield using process based model
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Motoki Nishimori, Masashi Okada, Masayuki Yokozawa
Adaptation Futures 2016   2016年5月10日   
広域作物モデルにおける誤差の空間相関の取り扱いが予測に及ぼす影響
櫻井玄・横沢正幸
日本農業気象学会2016年全国大会   2016年3月17日   
How much has the past climate change affected the past yields of the major crops all over the world?
Gen Sakurai
International Symposium on Agricultural Meteorology   2015年3月19日   
The past and future impact of climate change on the major crops: the analysis of the global yield
Gen Sakurai
International Seminar and Workshop on "Rice Research Collaboration: Past and Future"   2015年3月2日   
The past impact of climate change on the yield of major crops [招待有り]
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Motoki Nishimori, Masashi Okada, Masayuki Yokozawa
American Geophysical Union Fall Meeting   2014年12月16日   
環境変動が全球の同時不作確率に及ぼす影響のコピュラを用いた解析
櫻井玄 ・飯泉仁之直・横沢正幸
統計数理研究所共同研究集会 (26-共研-5005)   2014年12月5日   
The past impact of climate change on the global yield of major crops [招待有り]
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Motoki Nishimori, Masashi Okada, Masayuki Yokozawa
The 6th ASIAHORCs Joint Symposium   2014年11月27日   
櫻井玄
日本土壌肥料学会2014年度東京大会   2014年9月   
The role of Casparian strips and Lsi transporter distribution in efficient Si transport in rice
Gen Sakurai
6th International Conference on Silicon in Agriculture   2014年8月   
イネのケイ素輸送におけるカスパリー線の役割とトランスポーター配置
櫻井玄・馬建鋒・佐竹暁子
日本植物生理学会2014年全国大会   2014年3月19日   
過去の四半世紀における二酸化炭素濃度増加に伴う作物収量増加量の推定
櫻井玄・飯泉仁之直・横沢正幸
日本生態学会2014年全国大会   2014年3月16日   
スモールスケールのモデルをラージスケールに展開するにはどうしたらいか? - 作物モデルを用いた全球の作物収量シミュレーションの試み -
櫻井玄・飯泉仁之直・西森基貴・横沢正幸
平成25年度文部科学省数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究 ワークショップ『気候モデルの農業への応用2』   2014年1月16日   
A data-oriented semi-process model for evaluating the yields of major crops at global scale (PRYSBI-2)
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
American Geophysical Union Fall Meeting   2013年12月13日   
全球作物収量統計データを用いた過去の気候変動の影響評価
櫻井玄・飯泉仁之直・横沢正幸
平成25年度統計数理研究所共同研究集会「環境・生態データと統計解析」   2013年11月1日   
全球の作物収量統計データを用いた作物成長モデルの データ同化及び世界の作物生産性への気候変動影響の解析 [招待有り]
櫻井玄
共同利用・拠点ワークショップ「大規模データと情報科学による生命(植物)科学の未来」   2013年10月4日   
作物収量統計データを利用した作物成長モデルのMCMCによる全球キャリブレーション
櫻井玄・飯泉仁之直・横沢正幸
日本地球惑星科学連合2013年大会   2013年5月   
統計収量データを用いた作物モデルのアップスケール - アメリカ・ブラジル・中国を例として -
櫻井玄・飯泉仁之直・横沢正幸
日本農業気象学会2013年全国大会   2013年3月   
表面から内部を観察する - 二酸化炭素発生量の垂直プロファイルの推定 -
櫻井玄・米村誠一郎・岸本(莫)文紅・横沢正幸
日本農業気象学会2013年全国大会   2013年3月   
データ同化の基礎的理解とバイオインフォマティクスへの応用、オミックスデータへの応用可能性 [招待有り]
櫻井玄
第2回Rでつなぐ次世代オミックス情報統合解析研究会   2013年3月   
A quantitative estimation of the benefit of atmospheric carbon dioxide elevation during the past few decades to the past crop yield
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
RCN FORECAST New Investigators Conference 2012   2012年10月   
Correcting CO2 fertilization effect on crop growth using field observation data by Bayesian method
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
26th International Biometric Conference   2012年8月   
Actual benefit from elevated [CO2] during the past few decades to soybean production: an estimation based on a semi-process based crop model with FACE data
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
World Crop FACE Workshop 2012   2012年7月   
Application of Bayesian method to the estimation of the past effect of the increase of atmospheric CO2 concentration on crop production [招待有り]
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
日本生態学会関東地区会公開シンポジウム: Hierarchical modelling for the Environmental Sciences   2012年6月   
Application of Bayesian method for estimating past effect of climate change on crop production
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
International Society for Bayesian Analysis 2012 World Meeting   2012年6月   
土壌炭素動態モデルと長期観測データのデータ同化による土壌炭素分解率の温度依存性の推定
櫻井玄・上村真由子・米村正一郎・飯泉仁之直・白戸康人・横沢正幸
第61回理論応用力学講演会   2012年3月   
粒子フィルターを用いた土壌炭素プロファイルの推定
櫻井玄・米村誠一郎・岸本(莫)文紅・横沢正幸
日本農業気象学会2012年全国大会   2012年3月   
Assimilating photosynthesis model with the data of FACE experiment
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
The 5th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress   2012年3月   
Improvement of nitrogen dynamics in crop growth model with data assimilation method
Gen Sakurai, Shin Fukui, Toshiro Hasegawa, Hiroshi Obara, Yasuhito Shirato, Masayuki Yokozawa
International Symposium in Agricultural Meteorology   2012年3月   
Examining the effect of down regulation under high [CO2] on the growth of soybean assimilating a semi process-based model and FACE data
Gen Sakurai, Toshichika Iizumi, Masayuki Yokozawa
American Geophysical Union Fall Meeting   2011年12月   
RothCモデルへのベイズ的アプローチによる土壌炭素分解率の温度依存性の推定
櫻井玄・上村真由子・米村正一郎・飯泉仁之直・白戸康人・横沢正幸
日本生態学会第58回全国大会   2011年3月   
土壌有機炭素分解過程における温度感受性の推定-RothCモデルパラメータの逆推定-
櫻井玄・上村真由子・米村正一郎・飯泉仁之直・白戸康人・横沢正幸
日本農業気象学会2011年全国大会   2011年3月   
Bayesian inference of decomposition rate of soil organic carbon using a turnover model and a hybrid method of particle filter and MH algorithm
Gen Sakurai, Mayuko Jomura, Shinichiro Yonemura, Toshichika Iizumi, Yasuhito Shirato, Masayuki Yokozawa
American Geophysical Union Fall Meeting   2010年12月   
諫早湾干拓地における野菜類主要害虫の減農薬防除技術の開発 (1) 春ジャガイモを加害するアブラムシ類に対するオオムギのバンカープラントとしての効果
櫻井玄・高木正見・上野高敏・高田裕司・寺本健・松尾和敏・柏尾具俊
第54回日本応用動物昆虫学会大会   2010年3月   
配偶者選択の指標としてのしゃべり方の近さ
櫻井玄・橋彌和秀
第28回日本動物行動学会   2009年11月   
アルファルファタコゾウムシとその寄生蜂ヨーロッパトビチビアメバチの密度に及ぼす農地周辺環境の影響
櫻井玄・高木正美
第53回日本応用動物昆虫学会大会   2009年3月   
アズキゾウムシにおける雌雄間コンフリクト: 再交尾はやっぱりコスト?
櫻井玄・粕谷英一
個体群生態学会第24回年次大会 - シンポジウム「軍拡競走: コンフリクトと逃げる・追いかける進化」   2008年9月   
アルファルファタコゾウムシの寄生蜂ヨーロッパトビチビアメバチの定着率調査及び周りの空間構造との関係
櫻井玄・高木正美
第76回九州病害虫研究会   2008年11月   
Sex difference in preference for similar speech patterns in humans and its adaptive function.
Gen Sakurai, Kazuhide Hashiya
Human Behavior & Evolution Society 20th Annual Conference   2008年6月   
アズキゾウムシにおける骨片の機能の検証と系統間比較
櫻井玄・粕谷英一
第55回日本生態学会   2008年3月   
方言及び話し方の異同が異性及び同性への魅力判定に及ぼす影響
櫻井玄・橋彌和秀
人間行動進化学研究会第9回研究発表会   2007年12月   
方言の異同が対人魅力評価に及ぼす影響とその機能
櫻井玄・粕谷英一
日本動物行動学会第26回大会   2007年10月   
ハラスメントのコストと雌の複数回交尾戦略
櫻井玄・粕谷英一
第54回日本生態学会   2007年3月   
雌は再交尾によって雄のハラスメントを回避できるのか?-アズキゾウムシのペニス除去雄を用いた検証-
櫻井玄・粕谷英一
第25回日本動物行動学会   2006年10月   
ハラスメントのコストと複数回交尾のコスト
櫻井玄・粕谷英一
第3回個体群生態学会研究集会   2006年9月   
The female mating rates and the benefits of polyandry: The female interests are not reflected by the mating rate in the adzuki bean beetle.
Gen Sakurai, Eiiti Kasuya
11th Congress of the International Society for Behavioral Ecology   2006年7月   
雌の多回交尾の程度は雌の利害を反映していない-アズキゾウムシにおける系統間比較
櫻井玄・粕谷英一
COE若手研究者統合発表会   2006年2月   
雌の再交尾率は時間帯によって変化する
櫻井玄・粕谷英一
第24回日本動物行動学会   2005年11月   
雌の交尾回数が雌の適応度成分に及ぼす影響 -産卵数、孵化率、生存日数を含めた分析-
櫻井玄・粕谷英一
第52回日本生態学会   2005年3月   
アズキゾウムシ2系統間の雌交尾回数の違いに伴う産卵数の増減の比較
櫻井玄・粕谷英一
第23回日本動物行動学会   2004年12月   
メスの複数回交尾の進化: アズキゾウムシを用いた物質的な利益の検証
櫻井玄・粕谷英一
第51回日本生態学会   2004年3月   
メスの交尾回数とオスの交尾器付する骨片サイズの関係-メスの交尾回数が異なるアズキゾウムシ2系統間の比較-
櫻井玄・粕谷英一
第418回日本生態学会九州地区例会福岡例会   2003年12月   
アズキゾウムシにおけるメスの交尾回数の進化に伴うオス交尾器の進化
櫻井玄・粕谷英一
第22回大会日本動物行動学会   2003年10月   
なぜ系統間で交尾回数が異なるのか?アズキゾウムシにおける直接的利益の比較
櫻井玄・粕谷英一
第48回日本生態学会九州地区会   2003年5月   
アズキゾウムシの交尾行動-メスの交尾回数が異なる系統間の比較-
櫻井玄・粕谷英一
第50回日本生態学会   2003年3月   

受賞

 
2016年1月
国立研究開発法人農業環境技術研究所 農環研若手奨励賞