基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 環境情報基盤研究領域 統計モデルユニット 主任研究員
東京大学 (非常勤講師) 非常勤講師
学位
博士(理学)(九州大学)

研究者番号
70452737
J-GLOBAL ID
200901020016675678

外部リンク

私の研究の関心は、いわゆる「Food security」です。持続可能な社会のための最重要課題の一つは、食料の安定供給技術の開発と平等な分配の確保であると考えます。特に、私の現在の主な研究テーマは、次世代作物モデルの開発及び気候変動と作物の生産性との関係の解明です。モデリングと計算機統計学の手法を用い、また、生態学という私のバックグラウンドを活かし、課題克服に取り組んでいます。

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7

論文

  37
  • Müller, C, Elliott, J, Kelly, D, Arneth, A, Balkovic, J, Ciais, P, Deryng, D, Folberth, C, Hoek, S, Izaurralde, R.C, Jones, C.D, Khabarov, N, Lawrence, P, Liu, W, Olin, S, Pugh, T.A.M, Reddy, A, Rosenzweig, C, Ruane, A.C, Sakurai, G, Schmid, E, Skalsky, R, Wang, X, de Wit, A, Yang, H
    Scientific Data 6(50) 1 - 22 2019年5月  査読有り
  • Yonemura Seiichiro, Kaneda Satoshi, Kodama Naomi, Sakurai Gen, Yokozawa Masayuki
    JOURNAL OF AGRICULTURAL METEOROLOGY 75(2) 103 - 110 2019年4月  査読有り
  • Schewe, J, Gosling, S.N, Reyer, C, Zhao, F, Ciais, P, Elliott, J, Francois, L, Huber, V, Lotze, H.K, Seneviratne, S.I, van Vliet, M.T.H, Vautard, R, Wada, Y, Breuer, L, Büchner, M, Carozza, D.A. Chang, J, Coll, M, Deryng, D, de Wit, A, Eddy, T.D, Folberth, C, Frieler, K, Friend, A.D, Gerten, D, Gudmundsson, L, Hanasaki, N, Ito, A, Khabarov, N, Kim, H, Lawrence, P, Morfopoulos, C, Müller, C, Müller Schmied, H, Orth, R, Ostberg, S, Pokhrel, Y, Pugh, T.A.M, Sakurai, G, Satoh, Y, Schmid, E, Stacke, T, Steenbeek, J, Steinkamp, J, Tang, O, Tian, H, Tittensor, D, Volkholz, J, Wang, X, Warszawski, L
    Nature Communications 10(1005) 1 - 14 2019年3月  査読有り
  • Yokohata, T, Tanaka, K, Nishina, K, Takahashi, K, Emori, S, Kiguchi, M, Iseri, Y, Honda, Y, Okada, M, Masaki, Y, Yamamoto, A, Shigemitsu, M, Yoshimori, M, Sueyoshi, T, Iwase, K, Hanasaki, N, Ito, A, Sakurai, G, Iizumi, T, Nishimori, M, Lim, W.H, Miyazaki, C, Okamoto, A, Kanae, S, Oki, T
    Earth's Future Doi:10.1029/2018EF000945 2019年2月  査読有り
  • Fukuyama, R, Sakurai, G
    Journal of Agricultural Meteorology online first 2019年  査読有り

書籍等出版物

  1
  • 横沢正幸, 櫻井玄(担当:分担執筆, 範囲:土壌における炭素動態とモデリング)
    共立出版株式会社  2014年2月 

MISC

  5

講演・口頭発表等

  62